−’78SKY ACTION SERIES−

 

               
 
   No.172  大空のギャング <前編>
   
No.173  大空からの脱出  <後編>
               (脚本)池田雄一(撮影)下村和夫(監督)山内柏


 ★好評だった月1回のハードアクションシリーズの一環として企画されたスペクタル!
 数あるGメン75のアクション編の中で、このシリーズは実に手に汗握る展開が楽しめた。
 撮影用も含め、単発機3機を駆使して大空の大アクション!
 既に<刑事ドラマ>の域は越えていて、エンタテインメントとしての要素が濃い作品群だった。
 ロケは新島、神子元島及びその上空で敢行。
中央航空のほか、新島観光協会全面協力に
 よる陸、海、空に展開するダイナミックなロケ!外国映画並みの迫力に仕上がっていた。
 番組後編のEDの後には、香港編の特報つき。この時期のGメン75は正に向かうところ敵無し
 状態の番組だった。
 関西地区では、前編の視聴率が30%を越し、後編が25%以上を記録した。
 
 プロット自体は「キイハンター」No.196<1972紅の翼大空を行く>とほぼ同じだが、より設定に
 リアリティを持たせての再登場。脚本、監督は「キイハンター」作品と同じコンビが選ばれた。
 「キイハンター」で操縦桿を握るのは、島竜彦。「Gメン75」では速水涼子。どちらも操縦経験が
 ないという設定だった。以下は「キイハンター」の<特報>予告の再現である。

             
 
★★「キイハンター」1972元旦特番の<特報> ←キイハンターへ
 プロフェッショナル・キイハンター。1972年の新春を飾るファーストシグナルは・・・
 キイハンターが悠々と新春の大空を楽しむ最中、緊急指令!
 某国スパイによる細菌兵器の汚染地区に患者発生!
 海上の孤島にある敵の秘密研究所から血清を奪取せよ!
 タイムリミットは5時間。キイハンターは直ちに医者と女性患者を乗せて出発したが
 突然機上で医者が現した正体は、何と逃走中のスパイだった。
 キイハンターは直ちに必死の闘争を展開。
 一人は目指す島にパラシュートで降下、残る機上のキイハンターは女性患者と

 
力を合わせて人も飛行機も傷つきながら最後の瞬間まで大空の大決戦!
 
キイハンターが新春元旦放送の大スペクタル!<1972紅の翼 大空を行く>

 「キイハンター」では、島が熱病に犯された患者の血清を某国の孤島に奪いに行くとき
 病院職員に化けたスパイにハイジャックされる・・という無国籍タッチ。
 「Gメン75」では、涼子が手術用の血液を輸送する飛行機に同乗。国外逃亡を企てる病院職員
 に化けた麻薬組織の男にハイジャックされる・・という現実にありそうな設定に変更された。
 どちらも、クライマックスは
陸と空との息詰まるコンタクトによる着陸劇であった。
 
 「Gメン75」ではNo.170「結婚サギ常習犯」のあとに<特報>予告が出たと記憶していたが、
 荒馬宗介さまの情報では、No.169「深夜バスの乗客大量殺人事件」の後の可能性も大。
 今後の検証課題としたい。
 スカイアクションシリーズ特報は「キイハンター」とは異なり、画面には<特報>の文字がなか
 った。効果音付きの予告編だったが、芥川隆行氏のナレーションはNo.171「太平洋大捜査網」の
 後の通常の予告編と同じ内容のものだった。
 視聴者にはかなり好評の企画であったが、スタッフには不評だったと撮影所で聞かされたことが
 ある。
 かなりハードなロケだったようで、緊張の連続だったに違いない。後の作品では、再度企画される
 ことはなかった。

 この作品が放送された数年後のイタリアでのこと。操縦中に死亡した機長の代わりに同乗者が
 セスナを操縦。陸の管制塔と、空の救援部隊が無線で操縦をサポートしながら無事着陸・・
 といったニュースが新聞に載った。
 スカイアクションシリーズが現実のものとなってしまった。
 <↓1986年5月30日(金)朝日新聞朝刊>

  


                 −’78SKY ACTION SERIES−

                               ☆戻る

                               ☆TOPへ戻る