その他の特番ーーー


放送日 話数 タイトル ポイント
75.10.4 20 背番号3長島対Gメン 特報クラスの予告<特別企画>
76.4.3 46 白バイ警官連続射殺事件 特報予告
76.5.8 51 刑事訴訟法47条 女子大生ジャック 特報クラスの予告
76.10.2 72 恐怖のロープウェイ 特報クラスの予告
77.8.20 118 黒人兵カービン銃乱射事件 通常予告、ステファニーがゲスト
77.9.24 123 野球場ナイター殺人事件 <連続誘拐事件・前編>
77.10.1 124 極秘作戦 逆探知 <連続誘拐事件・後編>
77.11.26 132 Gメン恐怖の四日間 ロッキード事件がモデル<前編>
77.2.3 133 死体の首を折る男 ロッキード事件がモデル<後編>
78.7.15 164 消えた乳母車の赤ちゃん 通常予告に効果音
79.2.24 195 プロ野球殺人事件 通常予告に黒木のセリフ入り
79.11.24 234 女たちの拳銃泥棒 ロールクレジットのED、新曲「ウイング」披露 
79.12.15 237 カーアクション強盗団 特報クラスの予告
80.7.5 266 殺人暴走オートバイ集団!三途の川 特報クラスの予告

☆上記の作品は、No.20を除き、特にシリーズ名はなかったが、予告編が通常のものと異なるもの、
あるいは、通常の予告編であってもゲスト名が表示されたもの(No.118)、エンディングが通常と
異なっていたもの(No.234)をピックアップして、独断と偏見で特番扱いとさせていただいた。
Gメン75の特別企画作品全般に言える事だが、この特番に合わせて新BGMを披露するという
パターンが多かった。


No.20 背番号3長島対Gメン 
(脚本)池田雄一(撮影)下村和夫(監督)深作欣二

関屋を逆恨みする女がダイナマイトを持ってプレー中の野球場を占拠するというダイナミックな
内容だった。
犯行の予告を野球選手の写真に託す・・といった推理劇でもあり関屋と爆弾魔の駆け引きが
見応え満点。


No.46 白バイ警官連続射殺事件 
(脚本)高久進、新井光(撮影)下村和夫(監督)鷹森立一

番組改変期に当てたアクション編・・かな?と思ったが、アクションはほどほどに、警察の組織的な
不正を暴くという「警察の中の警察=Gメン」の正式な任務を描いた、いわばGメン組織結成の
原点を見せてくれた作品でもあった。警察の中の不正をテーマにしたストーリーが多い76年作品
を象徴するかのような出来であった。
キイハンターの仲谷昇(村岡室長)、アイフル、バーディの川口厚(原田三平)、そして当時グラビア
で人気を博した いけだももこ がゲスト出演された。


No.51 刑事訴訟法47条 女子大生ジャック 
(脚本)高久進、西島大(撮影)下村和夫(監督)鷹森立一

番組スタート1周年にあたる頃に放送されたことから、放送1周年記念特別企画と思われる。
特に予告編では触れられてなかったが、国会議事堂上空から札束を撒き散らせ!という
理不尽な要求をつき付けられる政府高官と犯人側のダイナミックな対決が1周年企画を
感じさせるには充分な設定だった。刑訴47条とは何ぞや?と言われかねないラストが残念。

No.72 恐怖のロープウェイ
(脚本)高久進(撮影I林七郎(監督)鷹森立一

こちらも10月改変期にあてた特番。
キイハンターからの流れを汲むシリーズの面目躍如といった大掛かりなロケが見物だった。
白根火山ロープウェイを借りきって、ヘリコプターも駆使するスリリングなアクション巨編だった。

No.118 黒人兵カービン銃乱射事件 
(脚本)高久進、新井光(撮影)下村和夫(監督)山口和彦

ハワイのトップモデル・ステファニーが米軍少尉として登場する国際捜査編。
Gメンに限らず、近藤照男氏のアクションシリーズは<国際性>が特色でもあり、外人、
外国貨幣、字幕スーパー、の多用が魅力でもあった。海外ロケ以外でも国際センスあふれる
ストーリー展開は他の刑事物には真似の出来ない高水準な作品が多かった。
No.120「覗かれた女の部屋」も米軍基地が舞台で、この作品と同時撮影と思われる。


No.123 野球場ナイター殺人事件 
No.124 
極秘作戦 逆探知 
(脚本)池田雄一(撮影)下村和夫(監督)山口和彦

前後編の連続誘拐事件もの。影なき誘拐魔の犯行の動機が徐々にベールを剥ぐように
判明する展開は絶品だった。犯行の背景にある人間の極限状態に置かれた時の心理は
考えさせられるものがあった。


No.132 Gメン恐怖の四日間 
No.133 
死体の首を折る男 
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一

高久進脚本の面白さが凝縮されたような国際的、国家的なサスペンス。
日本政府とGメンの心理戦が見事に描かれた大作である。特報クラスの予告でも良かった
くらい緊迫したストーリーであった。


No.164 消えた乳母車の赤ちゃん
(脚本)池田雄一(撮影)吉田重業(監督)山内柏

厳密に言えば特別企画作品ではない。しかし誘拐された乳児がビルから放り投げられる
シーンで通常の予告編BGMが切られ、効果音が被せられたのを見たときは、どんな展開になるの
だろうか?と1週間がとても長く感じられた作品であった。変則的な予告編の第一弾。


No.195 プロ野球殺人事件
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)小松範任

No.164と同様の変則的な予告編に特番の匂いを感じた。
ヘリコプターを駆使し、富士山麓でのダイナミックな追撃シーンが迫力満点。
当時問題になった某野球選手のドラフト問題をベースにした内容だった。

No.234 女たちの拳銃泥棒 
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一

夏木マリの新曲完成記念のような企画だった。大掛かりな見せ場はないが、都会に生きる
前科のある女性とパリでパントマイム留学を夢見る青年との心の交流。そして悲劇的な結末は
ハードボイルドスピリッツ全開!

No.237 カーアクション強盗団 
(脚本)掛札昌裕(撮影)吉田重業(監督)山口和彦

「西部警察」に対抗するというより、元祖アクションドラマの実力を再確認していただこうという
スタッフの気負いが感じられた全編カーアクション巨編。
ハードアクションと、犯行の裏に潜む動機、やりきれない結末の絶妙なバランスが良い。


No.266 殺人暴走オートバイ集団!三途の川 
(脚本)高久進(撮影)内田安夫(監督)山口和彦

特報クラスの予告編はいきなり交番爆破シーンで始まるハードアクション編。
精鋭化した暴走族に潜入する島谷、田口、杏子ら若手Gメンたちのファッションにも注目。
都会に生きる一人の青年とGメンの連帯感。そして絶望。最後に青年が選択した道は
あまりにもやりきれなかった。これぞハードボイルド。辛口の作品。

                                     ☆戻る

                                     ☆TOPへ戻る