黒谷町シリーズ   


放送日 話数 タイトル 魔物リスト 武器
80.8.23 273 怪談・死霊の棲む家 川田宏幸
80.9.03 276 夜囁く女の骸骨 望月源治 手斧
80.10.18 281 夜歩く魔物の花嫁 島田寅夫 猟銃
80.11.15 285 満月の夜 女の血を吸う男 望月源治 手斧
80.12.20 290 X’masカードの中の人骨 望月亀造 手斧
81.2.07 296 雪の夜 悪魔が生んだ赤ん坊 蜂屋(望月)辰男 手斧
81.3.21 302 露天風呂に浮かんだ白い死体 赤間徳治 手斧
81.6.20 315 独房の中の花嫁    
81.9.05 326 闇の中の女子大生殺人    
82.3.06 351 幽霊の指紋    
83.3.06 16 花嫁強盗団    

                   


 Gメン75を語る上で、特に欠かせない素材が、”香港カラテ”、”白バイ軍団”、”海外ロケ”、そして、
 架空の山村・長野県黒谷町に展開する”魔物との死闘”編である。

 長野県黒谷町は黒谷郡という架空の地名及び場所に設定されている。実際は東京都下の
 五日市、奥多摩、秩父、足尾銅山周辺で撮影。
 
 このシリーズは、大都会、空港、港、といった洗練された都会とは無縁の”山村”が舞台である。
 しかも小道具に ”手斧”、”大八車”。
 犯人には生まれつき犯罪者にならざるを得なくなったような”凶悪”性を持たせている。

 放送当時、話題になった邦画・八ッ墓村をイメージさせるようなホラー色いっぱいの世界観が
 広がっている。
 『ザ・ガードマン』の怪談シリーズと並ぶ”恐怖”が話題のシリーズであった。

 更生とは無縁の、どうしようもない救いようの無い凶悪犯と血みどろの死闘を展開する立花警部
 の孤軍奮闘編である。見所としては殉職刑事の妹・片桐ちぐさとの”純愛”。

 闇夜、山村、峠、ダム、渓谷・・・を背景に残虐きわまりない魔物たちとの闘いの中で、幾多の困難
 を乗り越えて愛を育んでゆくという異色のシリーズ。

 作品は一貫してひとつの流れを固持している性格上、監督は小松範任氏に一任されている。
 脚本も「幽霊の指紋」(小松範任)を除き、高久進氏が執筆した。

 詳しくは、CS放送と並行して追記して行くことにしましょう。
 
 

 
 

                                   ☆戻る

                                   ☆TOPへ戻る