Gメン75 
怒涛の海外ロケシリーズ


↓渡航回数の数字をクリックするとロケ解説へ★横の地名をクリックすると地図を見ることができます。(航空写真切替OK)

渡航回数 話数 放送日 シリーズ名 セリフと言語 ロケ国、地域 備考
86〜88、94 77.1.8〜1.29、3.5 ヨーロッパロケシリーズ 字幕
フランス語
フランス
パリ
ニース
ベルギー
ブリュッセル
 
105、106 77.5.21、5.28 香港−マカオロケシリーズ
<香港−マカオシリーズ>とナレーションされたこともあった
字幕
英語、広東語
香港、マカオ  
126〜127 77.10.15〜10.22 香港−マカオシリーズ第二弾 字幕
英語、広東語
香港、マカオ  
145〜148、160 78.3.4〜3.25、6.17 ヨーロッパロケシリーズ 字幕
スペイン語
フランス語
デンマーク
コペンハーゲン
ドラゴア

スペイン
マドリッド
チンチョン
トレド

フランス
パリ
 
55 175〜176 78.9.30〜10.7 78香港−マカオロケシリーズ 吹き替え 香港、マカオ  
201〜202 79.4.7〜4.14 79香港ロケ・カラテシリーズ 吹き替え 香港  
213〜214、219 79.6.30〜7.7、8.11 南太平洋
ニューカレドニアロケシリーズ
吹き替え
219・字幕
フランス語
ニューカレドニア  
227〜228 79.10.6〜10.13 79香港ロケ・カラテシリーズ
ナレーションは<79香港カラテロケシリーズ>
吹き替え 香港  

249、250、251 80.3.8、3.15、3.22 80ヨーロッパ縦断ロケシリーズ
特報のラストシーンでは<ヨーロッパロケシリーズ>と表記
吹き替え デンマーク
コペンハーゲン
ヘルシンガー
フランス
パリ
ギリシア
アテネ
ロドス島
企画段階では
ギリシア、ユーゴ
での東欧シリーズ
という案もあった
10 267〜268、270 80.7.12〜7.19、8.2 80香港カラテロケシリーズ 吹き替え 香港  
11 292〜294 81.1.10〜1.24 81香港カラテロケシリーズ 吹き替え 香港  
12 307〜308 81.4.25〜5.2 シンガポールロケ・
ハードボイルドシリーズ
吹き替え
307のみ字幕
フランス語、英語
シンガポール
フランス
(カット流用)
 
13 319〜320 81.7.18〜7.25 第17次香港カラテロケシリーズ 吹き替え 香港、中国  
14 328〜329 81.9.19〜9.26 81香港の女カラテシリーズ 字幕
広東語
香港、中国  
15 SP(355)
82.4.3
Gメン75スペシャル 字幕
フランス語
デンマーク、フランス
ルアーブル
オンフルール
企画段階では
イタリアかアメリカ
という案もあった
16 10〜11 83.1.23〜1.10 香港カラテロケシリーズ<Gメン82> 吹き替え 香港  
17 13、14 83.2.13、2.20 香港カラテロケシリーズ<Gメン82> 吹き替え 香港、タイ  
18 SP
93.4.13
月曜ドラマスペシャル特別企画 字幕
英語
ハワイ
オアフ島
ハワイ島

 



★舞台は世界!
スケールの大きな刑事ドラマ★
 

★Gメンが渡航した国々(赤色)

「所轄管内の狭い範囲に縛られる事の無いGメンにすれば、海外の話なども含めて何でも出来る。
それで単なる刑事ものにはしなかったのです。」

 <週刊テレビ番組・97年1月発行 人気番組の系譜38回>近藤照男プロデューサー・コメント

Gメン75シリーズは、類稀な壮大なスケールの刑事アクションドラマだった。
舞台は日本国内に留まらず、ヨーロッパ、東南アジアなどへ18回も撮影の為、渡航した。
過去の捜査ものドラマの中では渡航回数、作品数ではトップである。
合計43話。約4クール分が全て国外で撮影されたTV番組は日本ではGメン75シリーズ以外には
存在しない。
日本政府をバックにした管轄を持たない特別潜入捜査班という設定ならではである。

このスケールの大きさもGメン75シリーズの魅力の一つであった。
ただ単に、現地へ行って撮影した・・というドラマが多い中、Gメンでは現地の雰囲気や現地ならでは
の素材を生かしたドラマ作りが上手かった。
また一度の撮影で数多くの観光地を廻るといった方式は取らず、1〜2箇所をじっくり滞在し、
撮影するという方式もGメンならではであった。
ドラマの海外編となると、とかく移動シーンが多くなりストーリー性がおろそかになる傾向にあるが、
Gメンは腰を据えた撮影をすることで、日本国内での撮影と同様の臨場感を損なわず、
かつ異国情緒を生かし、高水準なストーリー性をも維持できたのだと思われる。

香港ロケでは、現地の国際クンフーアクションスター大量出演で、類稀な香港映画的な娯楽大作
に仕上がっていた。倉田保昭氏の尽力の賜物であろうと推察できる。
「女性自身」誌の特集<Gメン75さよならアルバム>によると、香港編は、倉田氏の為に企画されたようなものだったとのこと。
言語習慣の違いによる困難な捜査活動も交えた描写は、他では真似の出来ないものだった。
末期は字幕スーパーによるセリフまわしが、吹き替えになり臨場感が減少した感もあったが
当時のスタッフ談によれば、視聴者への配慮からということだった。
賛否両論あるところだが、当時、私の周りでは、やはり海外ロケは臨場感の高まる字幕スーパーで
という声が圧倒的だった。


 
『ザ・ベストワン』誌の”Gメン75海外ロケ メモリーグラフ”より
資料提供:
暗闇坂亭ももんがさま


−主な捜査ものドラマの海外渡航回数(作品数ではありません)−

「ザ・ガードマン」(12回)・・・スイス、フランス、モナコ、イギリス、ポルトガル、 スペイン、オランダ、モロッコ、グアム、 ハワイ、 沖縄(占領下)
「はぐれ刑事純情派」(6回)・・・ドイツ、ギリシア、オーストラリア、ハワイ、韓国
「太陽にほえろ!」 (5回)・・・スイス、フランス、カナダ、オーストラリア、ハワイ
「新・二人の事件簿」(5回)・・・スイス、フランス、香港、シンガポール、タイ、アメリカ(タイトルバック)
「特捜最前線」(3回)・・・イタリア、フランス、ベルギー、オランダ、ハワイ
「キイハンター」 (2回)・・・沖縄(占領下)、ハワイ
「ザ・ボディガード」(2回)・・・アメリカ、香港、マカオ
「燃える兄弟」 (2回)・・・スイス、ハワイ
「大空港」(2回)・・・フランス、西ドイツ、オランダ
「プレイガール」(2回)・・・グアム、サイパン、フランス
「アイフル大作戦」 (1回)・・・ハワイ
「7人のリブ」(1回)・・・シンガポール、タイ、香港(タイトルバック)
「特別機動捜査隊」(1回)・・・ハワイ
「大捜査線」(1回)・・・香港、シンガポール

「西部警察PARTIII」(1回)・・・フランス
「ゴリラ警視庁捜査第8班」 (1回)・・・台湾、フィリピン
「はみだし刑事情熱系」(1回)・・・台湾
「東京メグレ警視シリーズ」(1回)・・・ニューカレドニア

                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る