降板編・Gメン75 、Gメン82MMMMMMM
話数 最終登場タイトル
(帰って来た女刑事シリーズは除外)
降板メンバー<レギュラー> 降板理由
33 1月3日 関屋警部補・殉職 関屋警部補 殉職
103 また逢う日まで響圭子刑事 響圭子刑事 インターポールへ転属
渡米(ノベルズでは結婚退職)
104 77.5.14津坂刑事・殉職 津坂刑事 殉職
201、202 Gメン対香港カラテ軍団
Gメン対香港カラテ軍団PART2
草野刑事 香港で孫老人の遺志を
継ぐべく
辞職
203 また逢う日まで速水涼子刑事 速水涼子刑事 外事課へ戻りインターポールへ研修
(後にFBI捜査官として帰国)
企画では殉職の予定もあった。
204 ミスター・ブー殺人事件 山田刑事 城西署署長に見込まれ栄転
222、223 大暴走!バスジャック
                スナイパー
バスジャック対四人の狙撃者
小田切警視 不明
特殊部隊の指揮官を務めた
エピソードだったのでそのまま
留任となったと思われる。
設定では人事異動の為、降板。
企画では殉職の予定もあった。
226 電話魔 村井刑事 不明
設定では海外研修。
インターポールかFBIへ去った
と思われる。
企画では殉職の予定もあった。
251 Gメン対エーゲ海の骸骨 津川蛍子警部補 不明
インターポール本部捜査官
となって帰国するエピソード
No.280「パリから来た車椅子の女刑事」
があった為インターポールへ転属した
と思われる。
305 ノーパン喫茶殺人事件 南雲警視 捜査一課専属
「私は捜査一課の人間だ」というセリフ
があったことから、Gメンと警視庁の
兼務は、とかれたと思われる。
306 サヨナラGメンの若き獅子たち 中屋警部補、島谷刑事、
吹雪杏子刑事
捜査ミスによる異動辞令
中屋警部補→
捜査一課(左遷)
島谷刑事→
捜査四課(左遷)
吹雪刑事→
FBIへ研修
330 19歳の金髪美女強盗団 田口刑事、マリコ・寺岡刑事 田口刑事→FBIへ転属
マリコ刑事→
帰国(シンガポール警察)
  ☆但し、次回331話の冒頭。
   黒木のナレーションで明確にされただけ。
355 Gメン75スペシャル
サヨナラGメン75また逢う日まで
草鹿刑事、古田刑事、
風間刑事
不明
草鹿刑事はGメン82へスライドされる
案もあった。
Gメン82
17
サヨナラGメン82 黒木警視正、立花警部、
早坂警部補、沢田刑事、
島刑事、賀川陽子刑事、
津村冴子警部補
黒木以下全員、パリのインターポール
本部へ派遣。

                                              ↑オレンジ色は降板に関連付けされた活躍編があったGメン



 ハードボイルドな降板・・・?

 1.突然姿を消してしまうなんて・・・
 Gメン75シリーズでは、過去何回かのレギュラー入れ替えが行なわれた。
 登場編は、各々デビューエピソードがあり新メンバーの見せ場が用意されていたものの、降板編となると降板の理由付け
 が不明のままGメン本部を去って行くレギュラーが多かった。
 Gメン75、Gメン82合わせてレギュラー総数計25名(Gメン93春、帰って来た若き獅子たち、を除く)。
 降板理由が明確で、かつ降板に関連付けされた活躍編が用意されたGメンは上記のオレンジ色のメンバー9名のみ
 であった。
 当時の番組ファンあるいはレギュラーメンバー個人のファンは、納得がいかない結末に不満を抱いたものだった。
 ただ、村井刑事や小田切警視のように降板する際、結末まで企画されていたレギュラーもいた。
 企画の練りすぎで時間切れとなり降板編の制作が間に合わなかったというファンの説もあるが、
 なぜ他の刑事ドラマと異なり有終の美を飾ることなくレギュラーが去って行くのかは、今となっては不明である。
 <No.355扱いの「サヨナラGメン75また逢う日まで」は番組終了というやむを得ない側面を考慮しなければ
  ならないが・・・。>

 過去の近藤照男プロデューサー制作のドラマでは、レギュラーの降板理由が描かれない作品は少なく、私の知る限り
 では、「バーディ大作戦」の韋駄典介(沖雅也)、ココ(和田アキ子)だけだったと思う。
 セミレギュラーでは「キイハンター」の松原薫(野添ひとみ)、滝裕二(沖雅也)、
 「バーディ大作戦」の榊冴子(木ノ実ナナ)、加納弘子(牧れい)、加納めぐみ(斎藤里花)、
 が何時の間にか姿を消していた。


 2.多くを語らない・・・
 殉職や転属などで消える刑事ドラマ・レギュラーにつきものの別れ際の涙。そして回想シーン。
 「Gメン」では極力それらを避けたドラマ展開になっていた。
 仲間が殉職しても全員で見守るのみ。また、転属や辞職の際でも、多くを語らず、必要最小限のセリフのみ。
 この私情を挟む余地がないドライな制作タッチがGメンとしての魅力でもあった。

 


                              ☆戻る

                              ☆TOPへ戻る