Gメン75海外ロケシリーズ第9弾(80ヨーロッパ縦断ロケシリーズ)・・・制作エピソードへ(249)、(251

   
 ギリシャ(ロドス島)、デンマーク(コペンハーゲン)、フランス(パリ)
 No.249 
コペンハーゲン女子留学生殺人事件<コペンハーゲン、ヘルシンガー編>
 
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一
=====================================================================================================================
 No.250 
パリ・セーヌ河に浮んだ裸女<パリ編>
 
(脚本)西島大(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一
=====================================================================================================================
 No.251 
Gメン対エーゲ海の骸骨<アテネ、スニオン岬、ピレエフス、ロドス島編>
 
(脚本)高久進・西島大(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一


 
☆3度目のヨーロッパロケ編である。今回は従来とは異なり、1話完結で吹き替えによる構成でのシリーズ。
 80年1月29日から2月23日まで約1ヶ月間でSASスカンジナビア航空、オリンピック航空の協力で撮影された。 
 (*注:週刊TVガイド誌では16日間と記されてある)
 北は吹雪のデンマーク、フランスは霧雨のパリ、そして南は晴天に恵まれたギリシア、紺碧のエーゲ海はトルコに近いロドス島での
 大ロケーション!

 
 左:週刊テレビ番組誌、右&下:週刊平凡誌

 ギリシアでは、地元のアテネ市警の警官が名演技も披露するなど、Gメンのロケに好意的だった。(「ザ・ベストワン」誌の記事より)
 アテネにある<アクロポリスの丘>の麓の旧市街<プラカ地区>での撮影と思われる。
 −子供が津川警部補の警察手帳を拾い、警察官に届けるシーン−
 ロドス島ではアテナリンディア神殿での撮影が、遺跡管理者立会いのもとで進められたとのこと。
 まず、撮影部隊は、成田からギリシアへ飛び、フランス、デンマークと南から北へというルートで撮影された。
 「
週間TVガイド」誌によると、当初は、ギリシア、ユーゴスラビアでの東欧シリーズという企画案もあったとのこと。
 これは推測に過ぎないが、「Gメン対エーゲ海の骸骨」を数話に分けて放送する企画だったと思えて仕方なかった。
 また、「
ヒーロー神髄」(宮内洋著・風塵社刊)によれば、ベルリン(旧東ドイツ)へも足を伸ばされたとの記載があったが、
 本編ではドイツの風景が登場する事はなかった。「Gメン対エーゲ海の骸骨」で黒木の知人(ドイツ人)のハンス・ピルツ
 の生立ちを絡めたシーンが用意されていたのかもしれない。

  
ギリシア正教の牧師さんと津川警部補役の夏木マリさん
 
 また、今回のロケは、「
週間テレビ番組」誌でも特集され、「コペンハーゲン女子留学生殺人事件」のシナリオも余すところ無く紹介された。
 欧州編初参加の千葉裕氏、宮内洋氏は、防寒具を詰めた大荷物を持参。ベテランの丹波哲郎氏は雀パイ持参でロケに挑んだことが
 紹介されてあった。
 デンマーク初日の撮影は、コペンハーゲン南部にある元米軍キャンプ跡でヒッピー村となったクリスチャニア地区で敢行された。
 とにかく寒く、カイロや重ね着だけでは凌げず、千葉裕氏はカラテまがいの体操をして耐えぬいたそうだ。この時の体操は<Gメン体操>
 と名付けられ、撮影隊の間では好評だったそうだ。
 2日目も猛吹雪。コペンハーゲン港での撮影では、丹波義隆氏も根を上げたそうだが、スタッフには絵が気に入らなかったのか
 非情にも、翌日再撮影する旨を告げるヒトコマもあったらしい。
 このシーンはコペンハーゲンから列車で30分位北へ行ったところにあるヘルシンガーのクロンボール城でのシーンと合成された。
 その間、父親である丹波哲郎氏は、悠々と城見学をされていたとか。(^^)
 


 
No.249あらすじ<参考作品:No.118黒人兵カービン銃乱射事件、バーディ大作戦No.15北極へ向かって大追跡
 

 
★No.250あらすじ
 
セーヌ河に女性の死体があがった。日本人女性らしい被害者の身体的特徴は、パリで謎の消息を絶った田口刑事の姉・ナオミに酷似。
 彼女は5年前、絵の勉強の為、パリへ行ったままだった。世界各地で日本人旅行者が失踪する事件が相次ぎ、不安を隠せない田口。
 蛍子とともに身元確認の為、パリへ飛ぶ。
 パリ地区警察本部の協力で、死体は姉でないことがわかった。姉はどこにいるのか・・・。田口は悩む。
 姉・ナオミは蛍子とも面識があった。インターポール所属時代、パリで知り合った過去があった。
 彼女の消息を求めてパリの下町を行く蛍子は、偶然ナオミと再会する。しかし、今は娼婦に身を落としていた。
 蛍子は田口にナオミの消息を告げるのをためらい、素知らぬ顔で田口とともにナオミの行方を追う。
 蛍子の心は、Gメンとしての任務と人間としての感情との狭間で揺れ動くが・・・。

 
★No.251あらすじ
 
黒木警視正は、蛍子とともにインターポール・警察機構国際会議出席のためパリへ飛び、帰路、アテネに立寄った。
 知人のドイツ人・ハンスピルツを訪ねる為だった。その直後、ハンスはサイレンサーを持つ謎の男に射殺された。
 黒木はアテネ市警のオレステス警部と協力。ギリシア全域に捜査網を敷く。
 黒木とハンスは東京で知り合った。ハンスは第二次世界大戦中、生き別れた息子・藤崎邦夫を探しに来日していた。
 息子とは横浜で再会したが、その後ギリシアへ渡っていた。黒木は、アテネでツアー・コンダクターとして生計を立てる藤崎の元を訪ねる。
 その時、アテネ大学でハンスの司法解剖結果が判明した。
 ハンスの胃からギリシア国民銀行の鍵が出てきたのだ。その銀行に出向いた黒木は、金庫からハーケンクロイツのマークが入った古い地図
 を発見する。
 黒木と蛍子は、その地図に記されてある場所・エーゲ海のロドス島へ向かう。
 断崖絶壁にあるアテナリンディア神殿に何が隠されてあるというのか?現地へ向かう黒木のもとにも何者かの銃弾が発射された!
 そして西ドイツ政府からハンスの経歴の照会があった。何と、彼は第二次世界大戦中、ナチスドイツ・アドルフヒトラーの直属秘密機関
 エスエス隊員であったことが判明。
 今も大量虐殺の戦犯として世界各国の警察に追われているナチ親衛隊隊員であった。黒木は、エスエス隊員の逃亡を手助けする
 組織「ODESSA」の存在を知るとともに、ナチス・ドイツの莫大な隠し資金の存在も知ることとなる・・・。
 その時、何者かに呼び出された藤崎が、ピレエフスに向かう途中の断崖で車ごと爆破され死亡する!


                                     ☆戻る

                                     ☆TOPへ戻る