Gメン75海外ロケシリーズ第7弾(南太平洋ニューカレドニア・ロケシリーズ)
 No.213 
ニューカレドニアの逃亡者<前編>
 No.214 
ニューカレドニア大追跡<後編>
         
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一
===============================================================================================================
 No.219 
ニューカレドニア新婚殺人事件
 
         (脚本)高久進、池田雄一(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一

 
[制作エピソードはココをクリック]

 
☆Gメンでは今回初めて、赤道越えした海外ロケ。2週間で3本の撮影をこなすという強行日程だったとのこと。
 「週間TVガイド」誌ではカラーでロケだよりが特集された。その他の雑誌では、「
ザ・ベストワン」誌がこの時の撮影模様を、
 特集していた。
 南太平洋の大自然をバックにGメンの国際的な活躍をスリリングに描いたシリーズであった。
 
 さて今回の舞台はメラネシアにあるフランス領ニューカレドニア。タヒチと並んで<天国にいちばん近い島>と呼ばれている
 常夏の島である。(島は爽やかな風が吹き、日差しは強いがどちらかというと常春という気がした。−91年渡航−)
 首都ヌメアがあるグランドテール島、その沖合いにある灯台が目印のアメデ島で大ロケーションが敢行された。
 No.214で津川蛍子警部補が都市ゲリラ一味に捕えられた島は、アメデ島だが、本島であるグランドテール島のどこかと合成され
 たようだ。アメデ島は平坦な島で、監禁された廃墟のバックにあるような山はこの島にはない。
 多分、北東部にあるヤンゲン付近のロケかと思われるが、確認できなかった。
 協力は、ニューカレドニア政府観光局、UTAフランス航空(エールフランス航空に吸収され現在はない)、コスモスツアー。
 現地警察のボス・ルイ警部役では、Gメンおなじみのヤン・エリック氏が登場。No.219のみフランス語を披露して下さった。
 
 シリーズの<特報>は、No.213、214のもので、No.211「
通勤バスから消えたキャリアガール」より2週連続で放送され、No.219の
 予告は、通常の予告編であった。(No.213終了後の214予告も通常のもの)
 <特報>では小田切警視が登場するカットがあるが、これはNo.219のカットを流用したものであった。
 (No.213、214では小田切警視は欠場。)
 
 
  
写真協力:睡蓮75さま
 
◆睡蓮75さまによるとこちらは当時のTBS広報誌(LOVELY) 。広報誌は、当時、別の記事を友人O氏に見せていただいたことがある。
 写真では、ニューカレドニアロケの合間の食事風景、夏木陽介氏、竹田かほり氏の自転車散歩など楽しい風景が収められている。
 
南太平洋のGメン-8月25日に「ニューカレドニア新婚殺人事件」を放送!・・・(注)実際は8月11日に放送・・・
 「Gメン75」(土ヨル9時)のメンバーが、ニューカレドニアで大活躍−世界を駆けるGメンの名にふさわしく海外ロケの多いのがこの番組の特色で、今回のロケが
 通算7度目。しかし、赤道を越えるのは初めてとあって、丹波ボス以下、いささか緊張気味。
 碧い海、白い砂、明るい陽光の島・ニューカレドニアは、天国に一番近い島といわれる最後の楽園。この島を舞台に、わずか2週間で3本の作品を撮り上げる
 早業を見せるロケ隊に、のんびりムードの島の人はびっくり。それでも観光局の全面協力でロケはスムーズに進み、ロケの合間にはヌーディスト・ビーチで目の
 保養をしたりでメンバーは大喜びだった。
 
 
■写真解説より
 ※夏木陽介も熱帯ムードに満足。※島の子供は人なつっこい。※観光気分のGメンたち 左から若林豪、伊吹剛、丹波哲郎、夏木マリ、有希俊彦、千葉裕
 ※健康いっぱいのメラネシア美人 ※夏木の悩殺ポーズが碧い海に映える。 撮影・森本佳秀 福島では日曜ヒル4:30から放送
 

 No.214で、黒木警視正が第二次世界大戦中、ゼロ戦に乗った少尉だった過去が語られるシーンは興味深い。
 追い詰められた日系メラネシア人の祖父・アキナガ・トミタロウ(おいおいNo.213ではトミジロウと言い間違えていらっしゃる^^)
 が拳銃で自殺しようとするシーンがあるが、とっさに拳銃を押さえる黒木警視正のシーンは、絵になっていた。
 元祖アクションスターの気合が充分に感じられたシーンであった。
 東南アジアや、諸外国で暴利をむさぼるエコノミックアニマルと蔑まれた当時の日本経済の問題点を浮き彫りにした内容であったが、
 前編は回想シーンが少々長く、間延びした感無きにしも有らず・・といった点が惜しい。

 
 

  
週間TVガイド誌特集ページより

 
★No.213、214あらすじ
 
立花警部は、津川蛍子警部補、田口刑事を伴ってニューカレドニアへ向かった。
 東京で総合商社・国友商事の社長が4人の外国人に誘拐され身代金100万ドルが奪われた。
 黒木警視正らの捜査で、犯人グループは、南米やヨーロッパで暗躍する<都市ゲリラ>という犯罪組織
 の一味と判明する。容疑者の一人は、日系メラネシア人でアキナガ・リュータロー。
 誘拐された社長は射殺死体となって発見された。
 Gメンは激怒し、逃亡したリュータローの行方を追ってニューカレドニアへ飛んだのだった。
 
 現地警察の協力を得て、アキナガ邸を張込むが、アキナガ一家の抵抗は激しい。蛍子がジミー少年を手なづけ、リュータローの
 行方を聞き出そうとしたとしたとき、国籍不明の謎の女が行動を開始した。
 蛍子は、その女性を尾行したが、リュータローの一撃を受け、クルーザーに乗せられたまま消息を絶った。
 一方、東京では都市ゲリラの一味である中国人・陳とベトナム人・グエンが逮捕された。
 彼らには根強い反日感情が渦巻いていた。そんな時、主犯の日系人・オオニシがシドニーからニューカレドニアへ向かったことを
 インターポール(国際刑事警察機構)を通じて知った黒木は、村井、中屋を伴い現地へ飛んだ!

 
★No.219あらすじ
 
国際テロ組織による銀行襲撃事件を追っていた小田切警視は、久保宏を容疑者として割り出す。
 宏は、国外逃亡を計画し、タミコと偽装結婚。外務省を欺いてニューカレドニアへ逃亡した。
 小田切は部下の早川刑事を現地に派遣。ヌメア警察と協力し、二人の行方を追わせたが、1ヶ月後、早川と宏は消息を絶ち、
 タミコだけが日本に帰国する。
 彼女をマークする警視庁。何者かの呼び出しで再びニューカレドニアへ飛んだタミコを追って小田切は単身現地へ飛ぶ。
 インターポールからの情報で、国際テロ組織のコマンドがインドネシアに続々と集結していることが判明する。
 組織は国際経済会議襲撃を企てているらしい。
 タミコをマークする小田切は、彼女の別荘で組織のコマンドの死体を発見する。
 そして謎の女リサの出現。彼女はなぜかタミコの命を狙っていた!消息を絶った早川と宏は何処に・・・?



                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る