Gメン75海外ロケシリーズ第四弾(ヨーロッパロケシリーズ) ・・・制作エピソードへ
 
    

    No.145 北極回りSK980便 <前編1・コペンハーゲン、マドリッド、チンチョン編>
    No.146 
マドリッド闘牛場の殺し屋 <前編2・マドリッド、チンチョン、トレド編>
    No.147 
パリ行スペイン特急 <後編1・マドリッド、パリ編>
    No.148 
ヨーロッパ特急大爆破 <後編2・パリ、シャンティ、コペンハーゲン、ドラゴア編>
          (脚本)高久進(撮影)下村和夫(監督)鷹森立一
 ==================================================================================================================
    No.160 国外逃亡者 <マドリッド、チンチョン、パリ編>
          (脚本)池田雄一、高久進、西島大(撮影)吉田重業(監督)山口和彦


 ★Gメン75シリーズ史上、最高のスケールで展開した海外ロケ作品と言っても過言ではないこのシリーズ。
 連続4部作+番外編の5作品を一度に海外で撮り上げたTVドラマは当時存在しなかったと記憶している。
 最近では「
HOTEL」(製作−TBS・近藤照男プロダクション)が1クール全編ハワイロケという企画で話題になったが、当時では「Gメン75」
 でしか成し遂げ得なかった壮大なスケールのシリーズであった。
 関西地区では25%から30%強の視聴率を記録した作品でもあった。

 撮影は鷹森班、山口班の2班体制で、SASスカンジナビア航空(SK)の翼を借って、
延べ一ヶ月間で撮影された豪華版。
 ロケ国は、スペイン、フランス、デンマークの3ヶ国。
 ロケの模様は、週間TVガイド誌(78年3/3号)でのカラー特集<
Gメン75息つく暇もないヨーロッパ捜査網>で紹介されていた。
 同記事によると、ロケ隊は、毎朝8時には宿舎を出発し、日が沈むまでの強行スケジュールをこなしたとのこと。
 速水涼子刑事役の森マリアさんのコメントも記されてある。「海外ロケは楽しいけど疲れるわ」
 
 さて、<愛と感動と大アクション!>と高らかに謳いあげられた4部作。なんと<特報>はNo.142「
エレベーター密室殺人事件」から
 3週連続で放送されるという前代未聞の宣伝ぶり。いかに力が入ったシリーズであったかが判る。
 1回目の特報と2回目は同じパターンだったが、2回目では1回目にあった<パリでベールを脱いだイスラエルの殺し屋組織>という表現が
 <パリでベールを脱いだ殺し屋組織>に変更されていた。
 3回目の特報は、パターンを変え、「
北極回りSK980便」の効果音、セリフ付き予告編のロングバージョンであった。
 通常はEDの後に<番組はフィクションである>旨のテロップが流されるが、このシリーズは史実をベースにしすぎていたためか、
 OPの前とEDの後の双方に、フィクションテロップを挿入するというパターンが取られた。
 また、テロ組織を支援する東側の大国やテロ組織と利害が対立するモサツを支援する西側の大国、砂漠の難民キャンプ・・という
 表現は、当時の国際情勢から照らし合わせて考えるとどの国を指しているのか一目瞭然だっただけに、スタッフも相当神経を使われた
 結果と解釈できる。
 本編に登場する<モサツ>という組織も、実在するイスラエルの<モサド>がモデルになっていたと思われる。
 
 そして、このシリーズより主題歌が「追想」から「
」に変更され、新しいBGMもいくつかお披露目となったことはご存知の通り。
 しかし、No.145デンマークへ立寄った後、飛行機を乗り換え、スペインへ向かう小田切警視らの深刻な表情に被せられたBGMは
 新作ではなく「
アイフル大作戦」第一話でお披露目されたBGMの復活であった。
 同回でのシーン。サイレンサーで殺された兄について、バーでロメロ警部(ヤン・エリック)の尋問を受ける宗方紀子(島かおり)の
 シーン。「道」アレンジのほんわかしたBGMの後にかかる深刻なBGM。新BGMであるが、実はこれも「アイフル大作戦」のBGM
 である。その後「Gメン75」のBGMとしても永く使用される事となった。

 4部作の本放送時、愛知地区では一切予告編が流されず、番宣写真にサブタイトルが表記されるのみの予告であった。
 しかし86年からスタートしたCBC<アクションシリーズ>枠での再放送では、「マドリッド闘牛場の殺し屋」の後、「パリ行スペイン特急」の
 予告編(通常の予告バージョン)の存在が明るみになった。
 愛知以外の地域では、通常の予告が全話に渡って放送されていた可能性も捨てきれない。
 事実、「サヨナラGメン75また逢う日まで」の放送前、東京では愛知では放送されなかった<Gメン75スペシャルニュース>が放送されて
 いたのである。(詳細は、KOUJIさんのHP−TVの殿堂−で紹介されてます。)
 
 現在も尚くすぶリ続ける中東情勢、そして当時の東西冷戦を背景に、人間の愛と裏切り、信頼をテーマに国際テロリストに立ち向かう
 Gメンや各国警察の活躍をハードボイルド・タッチで描いた傑作として心に残っている。



★No.145〜148あらすじ
 スペインの首都・マドリッドで日本人商社マンが何者かにサイレンサーで射殺された。
 インターポールからの情報で、商社マンと最後に接触した男が判明。数年前、クアラルンプールで発生した某国大使館占拠事件による
 日本政府の超法規的措置で釈放され中東へ逃亡した国際テロリスト・田口文男だった。
 彼は日本国内で、連続企業爆破事件を引き起こしたテロ組織の人間で、実の母親も彼の作った爆弾で死亡していた。
 小田切警視は、草野刑事、速水涼子刑事を伴いスペインへ飛んだ。
 マドリッド警察本部殺人課・ロメロ警部の協力を得、田口の足取りを追うGメン。一方、殺された商社マンの部屋からは<ピレネー山脈
 を越えるとそこはアフリカ>というフランス語の暗号文が発見される。
 それは、ブリュッセルで起きた大使館ジャック事件でも使用された暗号文だった。そしてなぜかそれは警視庁に送られていたのだ。
 暗号文は何を意味するのか?誰が送ったものなのか?
 小田切らは商社マンの恋人でフラメンコダンサー・イザベルに近づく。
 そのイザベルは、ロメロ警部もマークしていた。テロ組織の武器庫を急襲したロメロにイザベルの自動小銃が火を吹いた!


★No.160あらすじ
 速水涼子刑事の元に1通の国際郵便が届く。
 数年前、米軍基地周辺でヒキ逃げ事故を起こし、消息不明となった涼子の高校時代の先輩・松川妙子からのものだった。
 マドリッドで病に倒れ、日本に帰国したいという文面だった。
 妙子は国際的なレーシングカーのスター・ジョージ戸倉と交際していたはず。
 その妙子が何故マドリッドにいるのか?真相を探るべく涼子は単身、スペインへ飛ぶ。
 涼子がマンションを訪れた時、部屋にはマドリッド警察の捜査官がいた。
 彼女はジプシーの女に刺され、重症を負ったことが判明する。

 



                                        ☆戻る

                                        ☆TOPへ戻る