Gメン75海外ロケシリーズ第二弾(Gメン75特別番組/香港−マカオ・ロケシリーズ)
   No.105第一弾
 香港−マカオ 警官ギャング
   (脚本)高久進(撮影)下村和夫(監督)鷹森立一
  =============================================================
   No.106第二弾
 女刑事殺人第一課
   (脚本)西島大、高久進(撮影)下村和夫(監督)鷹森立一




         ★★ご存知!Gメンにスゴイ仲間が加わった!
 
                     日本から世界へ・・・
                                      
悪を裁くGメンの眼が光る!!★★
                                                 <週間TVガイド・カラースポットNo.558キャッチコピーより>

  
 週刊TVガイド誌77年4月22号より<協力:関屋二郎さま>TV朝日新聞77年 5月21日朝刊より<協力:荒馬宗介さま>

 ★1977年4月、Gメン75は立花警部補、中屋刑事、速水涼子刑事の新メンバーを迎えた<特別番組>で初夏の香港、マカオへ
 12日間の海外ロケを敢行した。二話分の撮影だが、前編、後編というものではなく、あくまで
新メンバーの登場Gメンとの顔合わせ
 主眼を置いた作品群だった。
 第一弾。速水刑事はインターポールの一員として麻薬組織を内偵中だったが、小田切警視の指揮下で警官による5億円強奪事件の
 捜査に加わる。第二弾では速水刑事が内偵していた麻薬組織を今度はGメン全員で追うという設定で、2作品は何となく繋がっている
 といった構成だった。
 
 さて、ヨーロッパ編に次いで2度目となった海外編のこのシリーズ。
 香港、マカオが舞台に選ばれたのは、草野刑事役の倉田保昭氏が香港でも人気のアクションスターであったこと。
 「Gメン75」が「
猛龍特警隊」というタイトルで半年遅れで香港でも放送され、常時30%近い視聴率をはじき出していたことなどが
 あったと思われる。
 当時、香港では、
毎週日曜夜8:30〜9:30というゴールデンタイムで放送されていた。
 香港駐在経験のある中内さまによれば、
広東語に吹き替えられて放送されていたとのこと。
 (台湾では北京語の字幕スーパー入りでビデオ化もされていた。こちらは89年8月、台北市のレンタルビデオ店で私も確認している。)
 週間TVガイド77年5月27日号のコミコミコーナーによると、放送日は麻雀パイの音が町から消えるくらいの人気と例えられていた。
 また、同号の記事を要約するといかに香港でもGメンの人気が高かったかが、垣間見えてくる。
 
 香港へ深夜到着したGメン撮影部隊。
 深夜にもかかわらず、地元ではニュースで取り上げられ、ワイドショーにも出演させられたりという熱烈歓迎ぶり。
 倉田保昭氏は「チョンティ・ポーチュン」と呼ばれ子供から大人まで絶大なる人気を誇っていたアクションスター。
 倉田氏がGメンのレギュラーでなければ、香港編は企画されなかっただろうと思われる。そして、後に一大名物シリーズに変貌
 し、好評を博した<香港カラテロケシリーズ>は存在しなかったかもしれない。
 撮影はファンの攻勢がものすごく、幾度か撮影が中断。やむなく倉田氏がオトリになってニセ撮影。その間に本物の撮影を進行させた
 とか。限られた日程での撮影だったので、スタッフも嬉しさの反面、さぞかしハラハラされたに違いない。
 
 この時のロケでは、地元の人気刑事ドラマとの相互出演による交流があったことも記されてある。
 Gメンのレギュラー陣が地元の人気ドラマ「
CID」に出演し、CIDのレギュラー陣が「Gメン75」に出演するというものだった。
 多分「
女刑事殺人第一課」の冒頭。香港島の波止場で草野らがマークしていた運び屋・神本の死体があがり、香港警察とGメンらが
 顔合わせするシーン。横並びで近づいてくる香港警察の捜査官集団が「CID」のレギュラーではないかと思われる。
 (詳細をご存知の方がおられましたら、是非お知らせ下さい。)
 その時の「CID」の番組宣伝文句は、<「猛龍特警隊」との合作番組!>だったとか。

  
初の香港、マカオロケ敢行!12日間で2作品撮影。
 週刊TVガイド誌77年5月27号より ”倉田保昭 大モテ 「Gメン75」新メンバーを加え 初夏の香港・マカオにロケ”と称し、モノクロ見開き2ページで特集!

No.105あらすじ 
 警視庁爆発物処理班を装ったギャングが、5億円を奪い、母子をはねて逃走した。
 死亡した妻子は、捜査一課警部補・立花の家族だった。ギャングの足取りを追う警視庁は、Gメンの協力を得、大捜査網を敷く。
 一方、奪われた紙幣の一部が、香港で発見された。
 立花は、部下の中屋刑事とともに執念の捜査を展開していたが、小田切警視はなぜか捜査から立花を外す。
 納得が行かない立花は、黒木警視に辞意を伝え、単身、香港へ飛んだ!

No.106あらすじ 
 インターポールから麻薬シンジケート摘発の為、香港に派遣されていた速水涼子刑事。
 Gメンの一員としての最初の捜査でもあった。
 マークしていた日本人の運び屋・神本が死体となって発見された。香港地区警察の協力を得、小田切警視のもと捜査を開始。
 涼子は草野刑事とともに、暗黒街の巣窟と呼ばれる無法地帯<九龍城砦>に潜入。
 謎の殺し屋に狙われるが、中国人医学生・呉に救われる。
 彼と麻薬シンジケートとのつながりを疑った草野は、アメリカ人医師・ジェームス・タイロンの存在を知る。
 彼は涼子のフルネームを知り何故か驚きの表情を見せる・・・。



                                         ☆戻る ☆エピソードガイドへ戻る

                                         ☆TOPへ戻る