Gメン75海外ロケシリーズ第12弾(シンガポールロケ・ハードボイルドシリーズ) 制作エピソードへ
        No.307 
新・Gメンの罠はヌード金髪死体  <前編>
        No.308 
新・Gメンの罠はヌード金髪死体PART2  <後編>  
                   
(脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)小松範任
                   
(協力)ホテルアポロシンガポール、ホテルアポロセントサ、コンパスクラブツアー(日新航空)

 
☆Gメン初のシンガポールロケ編!
  ★シンガポールはマレー半島の最南端に位置する国際都市である。
  拡大地図を表示

 シンガポール本島(シンガポールシティのチャイナタウン、アラブストリート、クリフォード桟橋など)や南に位置するセントーサ島でロケが
 敢行された。
 ネルソン波止場という地名が本編で登場するが、現地の主だった場所を探してみたが、発見することはできなかった。(調査90、92、95、00年)
 本島のマウントフェーバーからセントーサ島を結ぶエアリアル・ケーブルカーを借りきっての追跡シーンは迫力満点だった。
 約7日間という強行スケジュールの中、ロケの合間をぬって、レギュラー陣はリトルインディアやアラブストリートのサルタンモスク周辺の
 観光を楽しんだ模様で、当時の週刊TVガイド誌ではカラーページで紹介されていた。
 しかし、組織の男を追跡するカーアクションシーンや波止場でのアクションシーンは横浜港周辺での撮影。
 そして後編のクライマックス。殺し屋を追う草鹿刑事がトンネルを抜けるあたりからは、三浦半島の油壷か逗子マリーナ周辺にて撮影された
 ものと現地撮影のものとのミックスであった。
 クルーザーで駆けつける立花警部、田口刑事の洋上シーンも然り。
 シンガポールではなく、伊豆半島あたりでのロケのようであった。
 撮影許可が下りなかったか、あるいは日程的な問題でやむなく国内で撮影せざるを得なかったのであろう。
 そんなシーンでも、そこがシンガポールだと思わせる吉田重業カメラマンの腕は見事としか言いようがなかった。
 尚、この時撮影されたシンガポールでの風景シーンは、No.310「
バスルーム切り裂き魔」、No.347「生き返った5年前の死体」でも流用されて
 いた。
 また、No.307の冒頭、ヤシ並木はニューカレドニア編から流用し、旅客機の離着陸シーンも同じシリーズ内から流用されていた。
 パリでのシーンはNo.86「パリ警視庁の五百円紙幣」からの三部作で使用されたものからいくつか拾ってあった。

 

 
☆より華やかに!よりハードに!ファッショナブルな新メンバー!
 
今回から中屋警部補、島谷刑事、吹雪杏子刑事、南雲警視の後任として、インターポールから草鹿刑事、警視庁外事課から賀川陽子刑事
 同じく警視庁警備部から
津村冴子警部補、そしてシンガポール警察から研修生という名目で、マリコ・寺岡刑事が新たに加入。
 黒木警視正、立花警部、田口刑事を含め男性4名、女性3名というユニークなメンバー構成となり、Gメンは戦力を新たにすることとなった。
 このシリーズより、従来の「Gメン」では極力描かなかった
レギュラー刑事の私生活や、コミカルな要素を取り入れた作品が目立つようになり
 ハードボイルドタッチの行く末を按じたファンも多かった。
 当時、制作サイドでは準新番組として「Gメン75」を扱っており、巨大な番組宣伝ポスターも局の掲示板に飾られてあった。
 <
より華やかに、よりハードに国際犯罪を撃つ!新Gメンはカラフルなムードがいっぱい!
 <
田口刑事と、草鹿刑事のコンビネーションは、Gメンを引っ張って行くニュー・パワーになりそうだ。夏に向かって二人のアクションに注目
 ・・と「ザ・ベストワン」誌ポリスアクショングラフのカラー特集記事でも特集されていた。


 
☆アイキャッチの変更と泣かせるサウンド!
 
ストーリーのベースは、No.1「エアポート捜査線」で、草鹿刑事の境遇は、関屋警部補のそれと酷似していた。
 オープニングは前・後編ともカット。エンディングは後編のみ通常のパターンで編集されてあった。
 後編からのアイキャッチは、(★)が回転し(G)をなぞり(75)へ飛ぶときの文字アニメが変更された。
 従来の(G)は指が動くように(★)を弾いていたパターンだったが、後編からは(G)をなぞった後、(G)は変形せず、(★)を弾くパターン
 に変更された。
 また音楽も菊池俊輔氏に代わり、
ピエール・ポルト氏の起用。そしてNo.308からは義野裕明氏が加わり最終回スペシャルまでGメン75の音楽を
 両者が担当した。
 当初は菊池サウンドのイメージそのままという雰囲気があったが、<真夏の怪奇シリーズ>あたりからは徐々に乾いたサウンドから
 泣かせるサウンドへと変貌して行った。
 この音楽構成は「Gメン82」まで続き、「スーパーポリス」以降、近藤照男プロデューサー制作のドラマを義野裕明氏が単独で担当するまでに
 至った。

 
  ★2000年時点のシンガポール。熱帯地方独特のまったりとした空気がクセになる^^:

 
−あらすじ−
 シンガポールで一人の女性の射殺死体が発見された。彼女はシンガポール警察所属の潜入捜査官・シンシア。
 ヨーロッパと東南アジア全域を股にかけた国際的な犯罪組織、シンガポール・コネクションを内偵中だった。
 インターポール本部極東刑事課・草鹿刑事は、事件をパリで知り、放たれた弾丸のライフルマークが自分を
 撃った弾丸と同一であることに色めき立った!東京で取り逃がした殺し屋がシンガポールにいる・・・。
 草鹿は上司の竜崎警部とともに、事件の真相を求めてシンガポールへ飛んだ。
 現地で草鹿は、竜崎警部の妹で、国際線スチュワーデスの恋人・エリカと再会する。
 シンガポールで独自の捜査を展開していた草鹿は、謎の西洋人に襲われ、とっさに拳銃を発砲。
 射殺してしまう。殺人容疑でシンガポール警察に留置された草鹿の元に、Gメンの立花警部が現れた。
 宝石密輸事件を追って黒木警視正らとともに現地に来ていたのだ。
 釈放された草鹿は、組織のアジトと見られる人形製造工場を張込む。そこで謎めいた国籍不明の女性を発見する。
 一方、田口刑事は追跡中、シンガポール中央駅で謎の女性に行く手を遮られる!
 


 

                                      ☆戻る

                                      ☆TOPへ戻る