Gメン75を作った人たち<スタッフのねらい>

 

メン75 -->




↑78東映カレンダーより
 背景は当時の大泉撮影所



Gメン75スタッフのねらい
 
Gメン75は、一言でいえば「警察の中の警察」という設定で、その為、必然的に警察内部の
恥部をえぐる作品が生まれてくる。
もうひとつの狙いは、刑事ドラマだからといって、単に犯人を追うだけの作品にしたくない
ということである。
刑事も人間であると同時に、犯人もまた人間であり、犯罪に走るにはそれなりの動機が
ある。犯人側の動機をハッキリと描き、人間としての刑事と対決させる。
そこから生じるさまざまな問題を、人間として生きる苦しみ哀しみ、そこに焦点を合わせた
ハードなドラマ作りをめざしている。−−−−−−
それがGメン75の全スタッフのねらいである。



                       高久進−映人社刊「ドラマ」創刊号(79年)より引用


”Gメン”とは、GOVERNMENT MEN の略。警視庁の外部特殊チームで、殺人でも
麻薬密売でも、いかなる犯罪にも捜査を広げられる自由な刑事集団という設定・・・

所轄管内の狭い範囲に縛られることのないGメンにすれば、海外の話なども含めて何でも
できる。それで単なる刑事ものにはしなかったのです。

権力組織の秘密機関という設定は「キイハンター」と同様だが、以来貫かれているのは
その権力機構に縛られないということ・・・

とにかく権力を傘に着るのが嫌だった。いずれにしてもヒューマンなドラマにしたかった
からです。


丹波哲郎を中心としたキャスト陣が異彩を放つ・・・
ホームドラマではない、おしゃれなものにしたかったこともあって、バタくさい目鼻立ちの
はっきりしたキャスティングにした。


                       近藤照男
                       −東京ポスト「週刊テレビ番組」(97年・1月31日号)
                       テレビ史を飾った人気番組の系譜より抜粋引用


ほかの刑事モノより一味違った人気の秘密は?
私の考えでは、ドラマが長い間テレビ界で生きのびてゆく秘訣は、まず筋(脚本)がしっかり
していることにあると思います。この番組では一本の脚本に、半年もかけることがあります。
ピストルの撃ち合いやカー・アクションはアクセサリーに過ぎません。

                       近藤照男
                       −女性自身「テレビ人気番組の秘密をさぐる
                       Gメン75アクションも恋もある抒情派刑事もの」より抜粋

ほかの刑事ものと違う点をあげれば、まずバタ臭さがあることでしょうね。ロケ地にしても渋谷
のハチ公前よりは原宿を選ぶといったふうに意識しているし、刑事たちの呼び方にしても、
ニックネームは使わずに、名字かまたは役職で呼び合うようにしています。
もう一つの違いは、悪人像の描き方。
犯人がなぜ犯罪を犯すにいたったか、その悪の論理を十分に描き、犯人の心情をクローズ
アップするように心がけている。こういったことが、われわれの基本姿勢になっているんです」


                       鷹森立一
                       −女性自身「テレビ人気番組の秘密をさぐる
                       Gメン75アクションも恋もある抒情派刑事もの」より抜粋




  ←<Gメン75>タイトル撮影フィルムより

☆Gメン75第355回目の最終回は皆さんご存知の2時間ワイドスペシャル。
その特別番組のラストは、全レギュラーとスタッフ名が列記されたEDでしたね。
そこには「Gメン75を作った人たち」と銘打たれていました。
レギュラーこそ全メンバーが記載されていましたが、スタッフ名はほんの一部の方のみでした。
当時、制作デスクの方にお尋ねしたところ、全スタッフを載せたかったのだが、スペースに
制約が有り、全てのスタッフ名の列記は困難とのことでした。
  
一つの作品を完成する為には、レギュラー、ゲストのほか、様々な制作スタッフの方々の熱意
があってこそと撮影所見学を通じ、感じました。
ここに掲載するのはGメンスタッフ及び協力会社の方々です。
番組EDのクレジットから転記させていただきますが、ここに記載されない数多くのスタッフ、
出演者も制作に携わり、数々の名作を世に送り出されたことを記憶に留めておきたいと
思います。
CSの再放送が続く限り更新して、当時のスタッフの方の熱い意志を受け継ぎ完成できれば・・
と思います。

[スタッフ一覧へ


 

                               ☆戻る

                               
☆TOPへ戻る