小田切警視・出演リスト

       警視庁警視   




 秘書に岡村節子巡査

       

 小田切警視

 夏木陽介
 YOSUKE NATSUKI 
 
    ■Gメン75/シナリオ■
警視庁サイドにいて、警視庁とGメン
の橋渡しをする任務を帯びている。
シナリオ役名欄でもGメンレギュラー
とは別格扱いだ。

 
       


 
Gメン75 出演 62回/全355話 登場比率17.4%( 出演期間第1話〜226話 登場比率27.4% )
 基本は、警視庁の小田切だが、時としてGメンの一員の視点で行動することもある。
 登場作品には、警察を揺るがす都市型犯罪捜査、国際的国家的な捜査、大がかりな包囲網を敷くものが多い。
  
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
 001 エアポート捜査線
 003 警官殺し!
 004 殺し屋刑事
 013 バスストップ
 016 Gメン皆殺しの予告
 018 警察の中のギャング
 020 背番号3長島対Gメン/
特別企画
 025 助教授と女子大生殺人事件
 027 東京−札幌 刑事の道
 029 死刑結婚式
 030 追跡と逃亡!石狩挽歌
 031 男と女のいる特急便
 033 1月3日 関屋警部補・殉職  
13話/33話(39%)
 -------------------------------------------------------------------------
 034 警視庁の中のスパイ
 036 女刑事を襲った男
 044 警視庁警視の妻の犯罪
 046 白バイ警官連続射殺事件
 053 殺人ドライブの謎
 056 魚の眼の恐怖
 057 刑法第十一条 絞首刑、その後・・・
 059 東京−沖縄縦断捜査網/
沖縄シリーズ
 060 暑い南の島沖縄の幽霊/
沖縄シリーズ
 061 沖縄に響く痛恨の銃声 /
沖縄シリーズ
 063 拳銃を撃てない警官
 065 真夏の夜の連続女性殺人事件
 068 小菅一丁目35番地 東京拘置所
 074 人を殺した女の顔
 082 刑法240条 強盗殺人罪
 086 パリ警視庁の五百円紙幣/
ヨーロッパロケシリーズ
 087 冬のパリの殺し屋/
ヨーロッパロケシリーズ
 088 パリ−紺碧海岸縦断捜査/
ヨーロッパロケシリーズ
 094 ブリュッセル国際空港の女/
ヨーロッパロケシリーズ
 096 定年強盗
 099 安楽死      
21話/71話(29%)
 -------------------------------------------------------------------------
 105 香港−マカオ警官ギャング/
特別番組・香港マカオロケシリーズ
 106 女刑事殺人第一課/
特別番組・香港マカオロケシリーズ
 
110 警視庁宮ノ森交番のトリック
 118 黒人兵カービン銃乱射事件
 123 野球場ナイター殺人事件/
前編
 124 極秘作戦逆探知/
後編
 132 Gメン恐怖の四日間/
前編
 133 死体の首を折る男/
後編
 137 '78新春大脱獄
 145 北極回りSK980便/
ヨーロッパロケシリーズ 
 146 マドリッド闘牛場の殺し屋/
ヨーロッパロケシリーズ 
 147 パリ行スペイン特急/
ヨーロッパロケシリーズ 
 148 ヨーロッパ特急大爆破/
ヨーロッパロケシリーズ 
 152 女だけの通夜
 158 警官だけを殺せ!/'
78ハードアクションシリーズ
 159 刑事が銃殺される時/'
78ハードアクションシリーズ
 169 深夜バスの乗客大量殺人事件
 171 太平洋大捜査網
 179 警察署長室ジャック
 184 警官嫌い
 189 危機一髪!お年玉爆弾カメラ
 200 大空港の幽霊  
22話/99話(22.2%)
  ---------------------------------------------------------------------------
 205 新Gメン対ニセ白バイ警官
 206 催眠術殺人事件
 218 梟の森みな殺しの夜
 219 ニューカレドニア新婚殺人事件/
南太平洋ニューカレドニアロケシリーズ
 222 大暴走!バスジャック/
'79ハードボイルドアクションシリーズ
 223 バスジャック対四人の狙撃者/
'79ハードボイルドアクションシリーズ 6話/22話(27.2%)
  ----------------------------------------------------------------------------

 ≪ 戻る

 

                      
                      ☆TOPへ戻る