No.39 新春テニス
          
 曲線美杯争奪戦
            (脚本)池田雄一(撮影)林七郎(監督)山内柏
            (出演)宇佐美淳也、司美智子、岡田京子、ピエール・カラメロ、サリー・メイ
                 木村元、太宰久雄、ほか

 ☆1974年の新春を飾る特別企画作品。
 タイアップは草津高原ホテルヴィレッジ。
 この作品は、リアルタイムでしか見たことがなく詳細な記録が現時点では出来ません。
 「週刊TVガイド」誌の解説を元に出きる限りの再現を試みたいと思います。
 再放送化が実現した際に、詳細を記録して行きます。
 
 リアルタイムで記憶している事は、涼子のテニスルック。
 中世のヨーロッパ貴族のような井出達でアラビア石油商と対戦するシーン。
 三平やマリたち若手組の声援で、ハッスルする校長・涼子の活躍をユニークに
 描いて行く。オイルショック当時の国際情勢を背景に、石油の利権をめぐる国際的な
 陰謀にアイフルスタッフが撒きこまれて行くスリルとサスペンスのアクションドラマ!
 肩の凝らない娯楽作品だった。

−あらすじ−
 石油取引の為、来日したアラビア半島某国国王・モハメドアリは石油の利権を巡る陰謀
 渦巻く大国のスパイ組織に狙われていた。
 来日早々、組織の男・クラウスに狙撃されたが、危機一髪!難を逃れた。
 暗殺未遂事件に遭遇したアリは激怒。日本との石油取引は一切やめると言い出した。
 この事件に頭を痛めた警視庁のため、涼子が一肌脱ぐ事にした。
 アリは熱狂的なテニスマニア。取引交渉再開の条件はテニスの試合でアリに勝つ事。
 涼子がその役を引き受けることになった。
 奮起した涼子は特別に特訓を重ね、アリとの対戦に備えるが、このことを嗅ぎつけた
 クラウスはラケットに爆破装置を仕掛け再びアリ暗殺を目論む・・・。

 


    日本・アラブの石油取引を賭けた爆弾テニス!

                      


                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る