熱き想い2−フィクションの中のノンフィクション


ハードボイルド「Gメン75」には、他のドラマとは明らかに異なる特出した面白さがありました。
その一つに、フィクションではあるが、
史実に基づいたフィクションが織り交ぜられていたことです。
これは、「Gメン75」で初めて使われた手法ではなく、近藤照男プロデューサー制作のドラマでは、
よく使われていた手法でした。

たとえば、キイハンター。
No.132「日本アルプス大追跡作戦」でのナチス残党による国家犯罪の復活、
No.34「墓を掘る殺し屋たち」での日本軍の東南アジア諸国での戦争犯罪、
No.163「南の海を渡る殺人部隊」ではベトナム戦争をベースにしたストーリー。
No.165「真珠湾から来た謎の女」では日本軍の真珠湾攻撃の真相・・・などなど。
「アイフル大作戦」や「バーディ大作戦」でもこのような史実に基づくストーリーの面白さを楽しむ
事ができました。

しかし、何と言っても「Gメン75」の凄い点は、史実の当事者である国家や事件がぼかされて
表現される事は稀で、大半は、あぁ、あの事実を取り入れたんだな・・と判らせるような制作法が
取られていた事です。放送当時の
世相を反映した作品も数多く見られました。

この<フィクションの中のノンフィクション>にドラマの深みを感じつつ、高まる期待が増幅されて、
番組に惹きつけられて行ったのも事実でした。
ここでは、そんな「Gメン75」ならではのフィクションの面白さを放送順に記録して行きます。



                           
☆次へ
                           
                           
☆戻る

                           
☆TOPへ戻る