-->

ハードボイルドシリーズ

 

土曜の夜のアクションシリーズへの想いを以前雑誌で語ったことがあります。
1986年に発刊された
「テレビジョンドラマ」という雑誌の「キイハンターからスーパーポリス」特集
での冒頭のことです。
あの1ページが私の一連のシリーズへの想いの全てです。
雑誌は廃刊となってしまいましたが、1ページ自由に語らせていただいた当時の編集発行者・斎藤耕路氏
への感謝の意も込めて、一部修正を加えた熱い想いをここに留めておきたいと思います。
尚、文責は私個人ですが、
著作権は当時の「有限会社放送映画出版」に帰属いたします。


土曜の夜はTBSアクションドラマ!!
キイハンター、アイフル大作戦、バーディ大作戦、Gメン75、
スーパーポリス、
Gメン82・・・・


 
 土曜夜9時、TBSテレビは最もエキサイティングな時間を私たちに提供してくれた。
昭和43年4月6日、丹波哲郎をメインとする映画「007シリーズ」を彷彿させるような国際感覚溢れたアクションドラマ
キイハンター」(TBS)が産声をあげた。

 当時の刑事ドラマといえば、「
七人の刑事」(TBS)「特別機動捜査隊」(現テレビ朝日)に代表されるようなシリアス作品が
主流を占めていたがプロデューサー・近藤照男らの制作によるこの番組の登場は、TVドラマ界に新風を吹きこんだのだった。
 当時のアクションドラマと言えば、大映テレビ室の「
ザ・ガードマン」(TBS)が好評を博していたが、それにひけをとらない作品
に成長していった。

 「
キイハンター」は国際警察という架空の巨大な権力組織の中の秘密機関として設定され、その性格上扱う事件は国際的、
国家的な内容のものが大半を占めていた。また、千葉真一、谷隼人らの若手メンバーが存分に見せてくれたボディアクションは
老若男女を問わず幅広いファンを掴んだ。だが、ビジュアル優先、アクションのみを追求しなかった点にこのドラマのうまい隠し味
がある。痛快なドラマ展開も然る事ながら内容にも一考を要した。

 当時のベトナム戦争、中東動乱、激動の世相を反映させたテーマの中で描かれるさまざまな人間模様や、反戦推奨の高水準な
作品もあれば、メインシナリオライターである池田雄一、小山内美江子お得意の推理劇あり、東映ヤクザ映画よろしく千葉真一、
宮内洋主演の「サイコロGメンシリーズ」。そして玉川良一、ジェリー藤尾、好演の現在では失笑を買うようなナンセンス作品。
中丸忠雄主演の本格捜査ドラマ。大川栄子扮する谷口ユミの夢の中の物語だけで進行するという当時ならではのお遊び企画等、
実にバラエティに富んだ内容であった。

 これは他に類を見ないジャンルのドラマである。視聴者の期待感をそそる様々な手法に溢れたドラマ制作を近藤氏はこの時期
に育んでいったに違いない。後の「
アイフル大作戦」(TBS)から「スーパーポリス」(TBS)に至る一連のシリーズにも影響を与えて
行くのである。
  
 「
アイフル大作戦」「バーディ大作戦」(TBS)はシリーズ作品で、「キイハンター」ほど国際的ではなく、設定も私立探偵になった
こともあり、身近な事件を素材にした作品が主流になった。全編コミカルではあるが、スピーディな展開、痛快なアクションは衰える
どころか、ますます磨きがかけられ丹波哲郎の豪快な蹴りも冴え渡り、1週間の憂さをぶっ飛ばすにふさわしい娯楽作品に
仕上がっていた。谷隼人、川口厚ら若手メンバーのイキの良さに高久進、池田雄一らの冴えるシナリオ群がパワフルな面白さを
引き出し、加えて痛快かつ重厚な菊池俊輔のサウンドがドラマを盛り上げていった。
 「
アイフル大作戦」<東京−沖縄 華やかな大追跡>に見られるような本格社会派作品も存在し、大人の観賞にも充分耐えうる
ドラマであった。

 近藤氏のドラマは現実をフィクションに取り入れ、独特なタッチで問いかける作品が多かった。
Gメン75」「Gメン82」(共にTBS)でそれは確立されて行く。設定は探偵から再び権力機構である警察に移るが、Gメンも
キイハンター同様権力に縛られない特殊セクションという設定である。
 <東京−沖縄縦断捜査網>三部作、<日本降伏32年目の殺人>等に代表されるようなフィクションの面白さに現実の
社会苦境を加味した秀作も多数制作され、過去におけるどの作品よりもシリアスで、ハードなドラマ作りを前面に押し出して行った。

 また、過去の作品はどれも起承転結方式の標準的なパターンに固執していたが、「
Gメン75」シリーズではレギュラーの
ナレーションを効果的に被せ無駄の無いドラマ作りに努めた。<恐怖のロープウェイ><黒人兵カービン銃乱射事件>
<三本指の刑事>等のようにオープニングからタイトルまでは、クライマックスから始まるという期待感を駆り立てるような絶妙な
テクニックにも酔いしれたものである。

 そして、絵になるようなラストショットは映画のような雰囲気すら醸し出していた。加えて「
キイハンター」のようにサスペンスあり、
ミステリーありアクションありというバラエティな素材も健在で、舞台も日本国内各地のほか、ヨーロッパ、東南アジア、南太平洋など
幾度か足を運び、スケールの大きなドラマとして私たちの感性を揺さぶりつづけた。

 「
Gメン75」シリーズは近藤氏の意図するドラマの全てが集約されているようだ。
だからこそ、氏の作品作りの基となった記念作品「
キイハンター」のメンバーの役名を「Gメン」にも与えたのであろう。
そして、より一層大きく発展させるため「
スーパーポリス」へと続けたかったに違いない。
 画一化されない自由でかつ個性的な魂の尊さと行動力の必要性を問い、真実への限りなき追求による人間の強さ、弱さを
謳いあげた一連のシリーズは永遠の名作である。


★敬称は略させていただきました。

  ☆戻る                                  

  ☆TOPへもどる