メン75制作エピソード  
     −今回は「週間テレビ番組」誌番組解説欄より要約引用

 ☆本放送当時、「週間TVガイド」誌などに作品のあらすじが掲載されていたのは、皆さんご存知かと思います。
 作品によっては、あらすじのみならず撮影秘話や面白いエピソードが添えられていたものもありました。
 本放送をご覧になられた方には、その時の雰囲気を懐かしんでいただき、ご覧になられたことがない方には
 当時の空気を少しでも感じていただけたら・・と思います。
 てもとにある資料に基づき、紹介して行きます。末期の方が掲載枠も大きいため順に遡って行く予定です。
 全話揃っていませんので、あらかじめお断わりしておきます。(_ _)

★★ 
  
 
↑コペンハーゲン中央駅
  でのアクション!
 
 
↑クリスチャニアで反戦運動
  家を追う田口




 
  No.249 コペンハーゲン女子留学生殺人事件 

 ★出発!
 出発に際して「ヨーロッパは初めて」という千葉裕、宮内洋は、引越しでもするような大荷物を持って
 来た。「向こうは寒いって聞いたから、全部防寒具です。」
 それに引きかえ、ベテラン丹波哲郎は荷物少々と麻雀パイ持参。
 「ヨーロッパで役満を!」と大張りきり。
 
 
★デンマーク!
 一日目の撮影は、元米軍キャンプ跡、今はヒッピー村と化したクリスチャニア。
 冬期のため住人は三千人ほどだったが、夏期は10倍にふくれあがる。とにかく寒く、さすがのGメンたち
 も、待機中は重ね着してカイロを入れ、靴にはトウガラシを詰め込むという防寒装備。
 それでも動いてないと耐え切れず、夏木マリ、千葉裕らは空手まがいの体操を。
 これが「暖かくなる」と好評で”
Gメン体操”と名付けられた。

 二日目も大雪。
 コペンハーゲン港では、丹波哲郎の息子・丹波義隆がピストルで撃たれ逃げ回るシーンを撮影した。
 義隆は撃たれて死ねば出番は終わりとあって、震えながら「早く殺して!」と頼むが、スタッフは非情?
 にも「
あす、もう一度撮るからね

 義隆が希望通り死んだのは三日目。
 ハムレットの城として有名なヘルシンガーの”クロンボール城”で、たっぷり三十分かけて冷たくなった。
 OKが出た後も震えはとまらず、ロケバスに逃げ込みみんなのコートを羽織ってもまだガタガタ。
 それに対し、父親の丹波ボスは、悠々と城見学を決め込み”王様の椅子”に座ってニンマリ。
 まさに明暗分けたデンマーク・ロケ。

 
★夜!
 夏木マリ、千葉裕らはホテル近くのスナックに入り浸り。
 「ここのヤングたちと話すのがとっても楽しい」というわけ。特に異性に対する考え方の違いに驚かされ
 た。ここでは、14歳前後になると独立資金を貯めはじめ、18歳で独立というケースが一般的。
 ・・・中略・・・。独立しないと奇異な目で見られるというだけに「もしかしたら、日本のヤングは恵まれ
 過ぎているのかも」と夏木たちは”反省”。


 
当時の「週刊テレビ番組」誌・<Gメン欧州ロケ珍こぼれ話集!!>記事からの抜粋である。
 ヨーロッパへ三度目のロケに出かけたGメン75ご一行。
 この回は吹雪のデンマーク・ロケ。丹波哲郎氏のご子息、丹波義隆氏がゲスト出演で親子水入らず?
 の共演であった。
 宮内洋氏・著<ヒーロー神髄>によれば、ギリシア、フランス、デンマーク以外に、この時のロケで
 東ドイツ(現・ドイツ)へも足を伸ばされたということが書かれてあった。
 しかし、作品の中でドイツを舞台にしたシーンは見られなかった。
 ナチ残党が絡む事件がテーマだった「Gメン対エーゲ海の骸骨」で何らかの形で挿入する予定でも
 あったのであろうか。
 ★★★★
 このロケでのお土産は以下の通りと書かれてあった。
 海外ロケの多い「Gメン75」は、当時、他の刑事ドラマ出演者から大変羨ましがられていたそうである。


 
黒木警視正・・・・・・・バラの根のパイプ。有名なパイプの店<DAN>で購入されたとか。
              「このパイプは俺にくわえられる為に作られたと思えるほどすばらしい出来。
              禁煙をやめたらパイプ党になるぞ」
 
 
津川警部補・・・・・・・大量の陶器、家庭用品。<ビング&グリュンダール>で購入とのこと。
              とても手荷物とは扱ってもらえず、日本へ直送手続きをとる羽目になられたそうだ。

 
島谷刑事・・・・・・・・・銀のウイスキーボトル。以前から狙っておられたという。

 
田口刑事・・・・・・・・・ジョージイエンセンの銀皿。ご満悦だったそうだ。

 

 
あらすじはこちらへ
 

                                         ☆戻る

                                         ☆TOPへ戻る