-->


 Gメン82 シナリオワールド
No.1
 GメンVS
   白バイ強盗団

 


           ★撃つなら撃て!!

  タイトル  相違点
題名 「GメンVS
白バイ
強盗団」
 ◎シナリオナンバー1

シナリオの展開
 
 ・軍用基地将校室/ドル紙幣が詰まった現金ケースと武器輸送を指示するミラー大佐。
 ・軍用トラックに積み込まれるのを見守る副官と滝口部長刑事、刑事A。
 ・軍用トラックを先導する警視庁交通機動隊の白バイ警官。
 ・軍用基地ゲート/二台の白バイが来る。けげんな顔をする滝口。
 ・先導した警官がニセモノだと気づく滝口。ニセ白バイを追うよう白バイ警官に指示。
 ・軍用トラック/米兵AとBが異変に気づく。いつもと違うルートだ。
 ・ニセ白バイ警官から軍用トラックめがけて弾丸が発射される。
 ・射殺される米兵。

 ・教会/早坂かおり(19歳)が坂を下りてくる。
 ・街角/青信号を確認し横断するかおりが軍用トラックに轢かれる。
 ・走り去るトラック。
かおりのロザリオが転がっている。−タイトル−
   
 

 ・Gメン本部/
××基地の軍用トラック強奪事件を知る黒木らGメン。
 ・立ち上がる立花。ロッカーから拳銃を取り出す冴子、陽子。
 ・雑木林の道/Gメン車到着。
捜査一課の車が到着。島刑事が飛び出す
 ・捜査の指揮を取る滝口に近づく立花。
 ・検問にひっかからず逃走した軍用トラックの件を報告する滝口。
 ・捜査員Aから引き殺された女子大生・かおりの身元が語られる。
 ・街角/冴子が手を伸ばしたロザリオを拾い上げる男。捜査一課の早坂警部補。

 ・駆け寄って来た島から警察病院へ行くよう告げられる早坂。
 ・警察病院霊安室/立花と合流する早坂。
 ・壁にもたれるようにして立ちつくす早坂。
 ・今朝のかおりとのやりとりを思い出す早坂。かおりの遺体をみつめ犯人逮捕を決意。

 ・基地将校室/ミラー大佐と語り合う警視庁国際外事局・加納警部。40歳。
 ・怒りをぶちまけるミラー。今日が除隊の日。
 ・警視庁会議室前の廊下/刑事部長が本部長となり捜査会議。
 ・黒木、本部長、捜査一課長、立花、加納、早坂、冴子、陽子、滝口、島。
 ・MPが基地内の不審者の割り出しをしていることを告げる加納。
 ・米兵を射殺した軍用拳銃は一年前基地の武器保管庫から強奪されたもの。
 ・
二台のニセ白バイの捜査をGメンが受け持つことになる。
 ・犯人は警察内部の可能性もあると言及する黒木。
 
 ・警視庁/かおり死亡のニュースを聞き亜紀(23歳)が加納警部のもとにやってくる。
 ・早坂と合う亜紀。
××航空スチュアーデスとの馴れ初めを思い出す早坂。
 ・教会/ひき逃げに遭う前に教会を訪ねたかおり。早坂と亜紀の結婚式を申込に
  きたことが判明する。
 ・礼拝堂/かおりの葬儀。島が耳打ち。軍用トラック発見に色めき立つ早坂。
 ・葬儀会場を出る早坂。
引きとめる亜紀。葬儀のことを頼む早坂
 
 ・横浜港/クレーンで引き上げられる軍用トラック。
 ・立花らと合流する早坂。
 ・武器と現金がなくなっていることが判明。
 ・白バイから暴走族が捜査線上に浮上する。

 ・
広い車線/天野のオートバイにかぶさるGメン車。
 ・指紋カードを天野に突きつけ締め上げる早坂。
 ・何者かに撃たれる天野。冴子も負傷する。
 ・発射された弾丸は、軍用トラック襲撃の弾丸と一致。
 ・
基地の街/滝口が殺された天野の姉が経営するスナックをあたる。赤松を割り出す。


 

 ・赤松は交通機動隊員。寮に向かう立花ら。自殺死体で発見される赤松。
 ・捜査本部/現職警官の犯行に驚く本部長。
 ・街/聞き込みをする早坂。赤松の交友関係を洗う。
 ・警視庁の表/着替えを持ってくる亜紀。
 ・
公園夢の中で結婚できないと告げる早坂の話をする亜紀。反論する早坂。
 ・
Gメン本部/退院した冴子。沖縄県警捜査一課から来電
 ・
軍用トラックから強奪されたM16ライフルが見つかったことを知る立花
 ・
那覇市郊外で試射された事実を黒木に報告する立花

 ・那覇市バーの路地/新里を追う沖縄県警捜査一課の沢田。
 ・沖縄県警/新里を取り調べる沢田。
 ・高級クラブ店内を監視する沢田。退役したミラーがいる。
 ・Gメン本部/高級クラブ経営者は軍用トラック輸送の責任者ミラーであることが判明。
 ・共犯者の存在を感じ取る立花。
 ・捜査本部/軍用拳銃横流しルートにミラーが浮上。不起訴になっている事実。
 ・担当捜査官が加納であることが明るみに。

 ・亜紀は
北海道へフライト中。早坂には内密に事件を解決したいと黒木に告げる立花
 ・
早坂がやってくる。別な部屋へ促す立花
 ・捜査から外すことを本人に告げる立花。怒りに任せ反論する早坂。
 ・
命令を下す黒木
 ・部屋を出ていく早坂。島に理由を問いただす早坂。泣きそうな顔でこらえる島。
 ・加納が容疑者であることをしゃべる島。

 ・
羽田空港/勤務を終えた亜紀に加納の居場所を問いただす早坂。
 ・空港アナウンスに従い電話を取る亜紀。
 ・沖縄に来るよう告げる加納。
 ・飛び立つ旅客機。
 ・捜査本部/亜紀と沖縄へ向かった早坂のことを黒木らに報告する島。
 ・
自分と沖縄へ飛ぶよう立花に命令を下す黒木

 ・
××ホテル/早坂、亜紀と合流する沢田。
 ・単独行動を取るなというGメンからの伝言を早坂に告げる沢田。
 ・加納からのメッセージを受け取る亜紀。
 ・軍用基地の見える場所/兄の加納を待ち続ける亜紀。張り込む早坂、沢田。
 ・
サトウキビ畑の中から加納が現れる。
 ・事件の一部始終と、戦後アメリカ占領下の沖縄での貧しい暮らしを思い出し語る加納。
 ・ミラーに助けられた過去と、東京でミラーと再会した事実を語る加納。
  
 

 ・ミラーの軍用拳銃横流しに目くばせした真実を知る早坂。
 ・早坂が二人の前に姿を現わす。国外逃亡の計画を問い詰める。
 ・許しを請う加納。
 ・
赤松隊員と暴走族・天野を射殺した犯人かと加納に問いただす
 ・滝口部長刑事の犯行であることが語られる。
 ・銃声が響き、加納と亜紀が倒れる。逃げる滝口。射殺される滝口。
 ・ミラーの運転する車が走り去る。
 ・沢田の車に乗る早坂。
 ・軍用基地に逃げ込むミラー。

 ・日本の警察が基地内に踏み込むことはできないと早坂に告げる沢田。
 ・
基地を睨みつける早坂
 ・黒木らの車がやってくる。
 ・司令官と交渉することを告げる黒木。
 ・司令官の部屋/英語で司令官を追及する黒木。反論する司令官。
 ・基地の裏門/ミラーの車が走り出す。
 ・冴子の放った銃弾がミラーの車のタイヤを貫く。
 ・砂浜/スーツケースを持って逃走するミラー。猛然と追い詰める早坂。
 ・ミラーが銃弾を放つ。早坂の一弾がミラーを倒す。
ドル紙幣がスーツケースから
  
舞いあがる。黒木らが近づいてくる。
 ・
ロザリオを握りしめる早坂
 ・黒木のN「新しい一歩を踏みだしたGメン」

 
  
東京・沖縄に展開するハードアクション!
 
 -END- 

   
     
  

  


  
 ▲加納警部、加納亜紀のキャスティングは決定済み。 

  
 
▲早坂かおり役は未定                    ▲音楽担当が決定稿段階でも未定                            

  

 ▲遠慮がちな?黒木ボスのやりとりはバッサリCUT  ★津村警部補は”Gメン”と明確に打ち出されている。


 
 
 ▲勤務する航空会社名は××。              ▲エアポート捜査線から映像流用予定だった?

  
 

 
 ▲二発目を発射し、止めを刺す非情な早坂警部補のシーンは無し。現場で急遽決まったのかもしれない。

◆役名表記:
加納警部(峰岸徹)
・加納亜紀(岡まゆみ)

・滝口部長刑事
・本部長
・捜査一課長
・赤松隊員
・天野
・新里
・ジョゼフ・ミラー大佐

・司令官
・副官
・米兵A
・米兵B
・白バイ隊員A
・白バイ隊員B
・捜査員A
・早坂かおり
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 ★黒木警視正のワンポイント解説
 沖縄米軍の司令官めぃ。何度も同じことを言わせやがって。
 司令官は変わっても容疑者を匿う米軍の隠ぺい体質は、76年当時と何ら変わるところがない!
 立花なんてもっとひどいぞぅ。自分が小田切から浴びせられた言葉を覚えていて早坂にそっくりぶつけて
 知らん顔してるしな。
 そういえば沖縄県警の覆面パトカー。走りに徹した仕様だな。車検時に元に戻す作業も
 手間暇かかっているに相違ない。
 
 -------------------------------------------------------------------------------------
 
 島刑事と早坂警部補の登場シーンが本編とは逆。
 本編では島の登場は、教会前だがシナリオでは軍用トラック襲撃現場。

 シナリオでは亜紀が夢の中で、早坂から結婚できないと告げられた悪い予感を、早坂本人に告げているが、
 本編では、苦しむ早坂に何もしてあげられないもどかしさを告白する自然なシーンに変更。

 東京から沖縄へ場面が移り変わり、新里を追い詰める沢田のシーン。この前に、
 シナリオでは沖縄県警からGメン本部に電話がかかってくる設定になっている。本編では後の
 電話のシーンに集約されていて、舞台が沖縄に変わる展開はよりスピーディーなカタチに修正されていた。

 また、シナリオ全体を見渡してみると、細かな設定変更がいくつかある。
 クライマックスでの、早坂が加納警部を問い詰めるシーン。シナリオでは、加納が早坂に許しを請う設定に
 なっているが、本編では早坂が狙撃者は加納だと決め付け、加納は罪を逃れようと潜入捜査を隠れ蓑に
 早坂に言い寄るシーンに変更。激しいぶつかりあいに仕上げている点も興味深い。 

 シナリオでは在日米軍基地に逃げ込んだミラーを追跡しようと、米兵と揉みあう設定はないが、
 本編では日米協定など意に介せず、感情に任せて突き進む激アツな早坂の側面が浮き彫りに
 されていた。

 黒木警視正と立花警部が米軍将校室に乗り込むシーン。
 アメリカの国旗を手前に大きく映すことで、国家と国家のバランスが否が応でも感じられ
 今もなお大きな壁になっていることが伝わってくる。
 このような描写はシナリオ段階では描きにくい。まさにシナリオと現場の融合あってこその
 制作だと感じる。
 
 「西部警察PARTU」とぶつかりあうことを意識してか、シナリオ以上に本編では、過激な捜査を強調した
 作風に変更されている。(暴走族・天野を蹴る立花やラストで絶命したミラー元大佐に留めの一弾を放つ
 早坂なども同様)
 
 今、見なおしてみると、やはり「Gメン82」は日曜夜8時ではなく、土曜夜9時の路線。
 放送曜日と時間帯に変更がなければ、Gメンらしさをより自然に演出できたのでは・・という
 気がしてならない。 

 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
 上記冒頭の画像(左から2枚)は、ショートバージョンの予告篇より。これは残念ながらDVDボックスには
 収録されなかった。おそらく現存しないのかもしれない。
 DVDボックスの解説書によると、第一話は別のストーリーで企画されていたらしい。
 高久進先生の自白?^^
 詳しくはポニーキャニオン社より発売されているGメン82DVDボックスでご堪能ください。
 
        
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る