-->

 シナリオワールドNo.338
刑事が許可した殺人事件

 


              ★警部!撃たせて下さい!!

  タイトル  相違点
本編 「刑事が許可
した殺人事件」
 ◎シナリオナンバー338

シナリオの展開
 
 ・山中/昭和55年11月末。群馬県草津郊外、奥沢刑事(35)
   対峙する平井勝(22)、発射される弾丸
 ・喫茶店/矢口芳子(19)。刑事を撃ったと告白する勝。
 ・病院/
奥沢が亀山刑事、大里刑事に指令を下す。
 
・裏通り/芳子に逃亡をそそのかす勝。
 ・町の通り/平井ヤスに勝の行く先を聞く亀山。
 ・ローカル線プラットホーム/亀山と大里、改札口を出る。列車に隠れる勝と芳子。
 ・××署/勝を指名手配。
 ・車両/勝と芳子。−タイトル−
  
 

 ・東京/一年後 帰宅中の古田刑事。スカートを切られた女性(芳子)。
 ・派出所/被害届を見て落ち着かない芳子。不審に思う古田。
  指名手配のポスターを見て慌てる芳子。
 ・アパート/芳子を招き入れる勝。
 ・群馬県警××署/奥沢に古田から電話がかかってくる。芳子の特徴を尋ねる。
  上京を決意する奥沢。
 ・列車/撃たれた時のことを思い出す奥沢。
 ・アパート裏/奥沢とともにやってきた古田、陽子、風間。
 ・部屋の中/勝を逮捕する奥沢。犯人逃亡幇助罪で連行される芳子。
 ・警視庁地下取調室/勝を締め上げる奥沢。やってくる黒木、立花。
  草津までの護送を古田に命じる黒木。芳子の無実を訴える勝。警察への不信感を
  ぶちまける勝。

 ・特急列車/古田にハンドバッグの件を語る奥沢。真相は違うとくってかかる勝。
 
・回想/草津の喫茶店。勝の母親ヤスがハンドバッグ盗難犯人として疑われる。
  取り調べ担当は奥沢。
 ・山中 回想/母は無実、警察のでっち上げだという勝。公務執行妨害だと威圧する
  奥沢。

 ・列車(現実)/父を殺したのは奥沢だと告げる勝。正当防衛だと言う奥沢。
  手錠のまま古田とトイレへ向かう勝。鈍器で殴られ昏倒する古田。発見する奥沢。
 ・捜査課/勝の逃亡が伝えられる。自分の過去を古田に語る奥沢。父は駐在。
  とらえたコソ泥に恩を仇で返され殺された。

 ・町の通り/古田、
大里、亀山がヤスに聞き込み。勝の実家を張り込む古田。
  
山形育ちの貧しかった過去を思い出す古田。
 ・草津ヴィレッジホテル/古田と合流する立花。ハンドバッグを盗んだのは自分だと
  告白する芳子。ヤスは無実だった。
 ・町外れの道/妹・こずえに声をかける勝。
 ・町外れ/ヤスを張り込む奥沢。
勝はGメンに射殺されるかもしれない。勝が帰って
  来たら自分教えろとヤスに告げる奥沢
。妹・こずえが帰宅。勝が帰ってくる。
  様子をうかがう奥沢。
 ・家の中/入ってくる古田、陽子、風間。座っているヤス。父はコソ泥ではないと
  告げるヤス。真実が知りたいと語る古田。

 

 ・回想/徳治(52)が気付かずに持ってきた新聞の山に札束。警察に届けると
  ヤスに告げる徳治。踏み込んでくる奥沢。徳治の言うことを信じない奥沢。
  拳銃を抜く奥沢。抵抗する徳治。負傷する奥沢。逃げる徳治に弾丸を発射。
 ・現実/無念さに泣くヤス。警察に真実を話したが取り合ってもらえなかった事実を
  知る古田。その後、勝はグレた。
  奥沢の正当防衛が認められ、貧しく虐げられた遺族らは無念の涙をのむ。
  立花が入ってくる。
  平井勝を逃がしたのは奥沢ではないかと告げる古田。
  徳治殺しの真相が露見するのを恐れた犯行ではと疑う古田。
  こずえは、ヤスが勝の居場所を奥沢に告げたことを語る。
  
助けを請うヤス。走る古田。

 ・山中/銃声。射殺された勝。
  逃げようとしたから撃ったと古田に告げる奥沢。
  古田の怒りがこみ上げる。拳銃を奥沢に向ける古田。
  制止する立花。
  撃たせてくれと懇願する古田。
  遠ざかる奥沢。
  職権乱用で奥沢を告発することを誓う古田。

  
粉雪舞う山中。見守る立花、風間、陽子。

 
 
 
 -END- 

   
     
  

  


  
                                  ▲シナリオ段階でも草鹿刑事は欠場。 

  
 
▲ロケ地は草津高原と決まっていた。おそらく決定稿かと思われる。

 
 
                                  

  
 ▲提携先ホテルもシナリオに刷り込まれていた。

◆役名表記:
奥沢刑事
・平井勝

・平井ヤス

・平井徳治
・平井こずえ
・矢口芳子
・亀山刑事

・大里刑事
・喫茶店のマスター

・若い警官
・電車の若い男
・勝の弟
・勝の妹
・捜査員たち
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 シナリオ段階では地元署の名は××署。本編では白根署であった。
 ドラマ展開はシナリオと大差ないが、上記の部分にカット、若干の変更が加えられていた。
 シナリオにあった古田の山形在住時代の貧しい暮らしぶりを思い出すシーンは本編ではカット。

 「逃亡者」でのラストシーンはGメンを語る上で欠かせない名シーンであるが、さすがにそこまではリメイク
 されることはなかった。しかし、寒さに耐えながら張り込む古田刑事の地道な活動には別の熱い思いが
 感じられる作品に仕上がっていた。ラストの谷村昌彦氏のこみ上げるような言葉には重みが感じられ
 なかなかいい幕引きとなっていた。

 勝が列車から逃走した際、古田刑事は何者かに殴られ意識を失う。誰が古田刑事を倒したのか
 という部分があるため、No.338は原作であるNo.91と比べて感情と感情がぶつかりあうよりも真相を暴く
 謎解きのようなカタチにやや傾向している。

  
No.91「逃亡者」
  
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る