-->

 シナリオワールドNo.328〜329
香港カラテ
VS手裏剣
香港カラテ
VS手裏剣
         PART2
 


              ★たとえ刺し違えても・・
                 奴らを倒します・・・・・


  タイトル  相違点
本編 「香港カラテ
VS赤い手裏剣
の女」
「同PART2」
 ◎シナリオナンバー326&327(合本)

シナリオの展開
 
 ・
新界/大陸横断鉄道で中国から香港に向かう冴子。
 ・回想/中国で生き別れた姉を思う母・フサ。
 ・香港大邸宅/稽古に励む苗、程、
郭、毛、大男・洪殿昌、幹部・袁 海星、
  大幹部・賀 亜東、ボス・
モーガン

 ・空港/雑役婦・揚玉華(44歳)に金をバラまく郡司政信(63歳)、内海(30歳)
 ・大邸宅/モーガンと会う郡司ら。骨壷を見せる賀。人骨をかじる洪。
 ・-タイトル-
 
 

 ・難民街/冴子と同じ古い写真を見る玉華。郡司に憎悪を募らせる。
 ・大邸宅/郡司に麻薬密輸計画を語る
モーガン
 ・ビクトリアピーク/
第二次世界大戦中、特務機関員だった過去を内海に告げる
  郡司
雷王少年にバッグを奪われそうになる冴子。玉華に刺される郡司。
 ・
香港総合病院/郡司に事情聴取する冴子。
 ・香港地区警察/Gメン本部と連絡をとる冴子。
汪警部(40歳)と落ち合う冴子。
  玉華の似顔絵を渡す。
 ・難民街/玉華と会う若い娘・
 蘭英(21歳)。36年前の郡司の悪事を語る
  玉華。冴子と
を見て逃げ出す少年・雷王。汪、蘭英に玉華の行方を尋ねる。
 ・路地/張り込む冴子。
雷王を発見する。助けに入る蘭英。合気道で闘う冴子。
  
ヌンチャクを手にした男の登場。倒される冴子。

 

 ・廟の中/意識朦朧の冴子。童謡を歌う母・フサ。
 ・廟の表/
ヌンチャクを手にした男(=張雲竜)と出会う冴子。
 ・
冴子がGメンと知り驚く雲竜。蘭英と雷王雲竜の弟子。
 ・
海の見える場所/玉華(日本名:津村ひで)と会う冴子。姉との再会。
  戦争中、収容所で自分達を売り飛ばした郡司の悪事を語る。二人の姉は死亡。
 ・
冴子の依頼でホテルに向かう雷王。
 ・玉華の部屋/日本の着物を差し出す冴子。
 ・
香港総合病院/障害事件はなかったことにと懇願する冴子。
  身分剥奪を警視庁に掛け合うと脅す郡司。過去の悪事を公表すると迫る冴子。
  香港マフィアに玉華暗殺を命じる郡司。組織とつながっていた
汪警部
 ・
Gメン本部/母の具合悪化を冴子に知らせる黒木。看病するマリコ、陽子。
 ・難民街/苗、程、
郭、毛、洪、袁が路地を行く。刺される玉華。見ていた雷王。
  
手裏剣の女・蘭英登場!マフィアとの死闘。雲竜に知らせる雷王。雲竜のヌンチャク
  がうなりをあげてマフィア相手に大立ち回り。


 <つづく>
 

 ・前編解説。
 ・
ヌンチャクでマフィアと闘う雲竜。
 ・
操車場/刺された玉華。介抱する雷王。マフィアのアジトに雲竜と向かう冴子。
  雷王の案内でアジトへ向かう。

 ・大邸宅/僧侶に化けた運び屋を日本へ向かわせる
モーガン
 ・
空港/僧侶出国をGメン本部に報告する冴子。
 ・成田空港/僧侶を連行する立花、田口。
 ・地下取調室/遺骨収集団だと告げる僧侶。正体を暴く黒木。
  カラテで立花に襲い掛かる僧侶。拳銃で応戦する立花。骨壷の人骨が覚せい剤と
  判明する。郡司は総裁の座をめぐり金のためにマフィアと手を組んだことがわかる。
 ・香港警察/Gメン本部からのテレックスを冴子に渡す

 ・大邸宅/密輸失敗の知らせを受ける
モーガン。激怒。冴子暗殺を命じる。
 
 

 ・
海沿いの道/苗、袁らが冴子をカラテで急襲。応戦する冴子。助けに入る蘭英。
  身を隠す蘭英、冴子。
 ・玉華の部屋/冴子に写真を返す玉華。写真の姉・三人は死んだと告げる。
  自分は本当の姉ではなく境遇が似ていただけだと言う。玉華は姉だと告げる冴子。
 ・
屋上/人骨の電送写真を雲竜に見せる冴子。
  
街の人から人骨生成工場のことを聞いた蘭英。工場に乗り込む決意を固める
  雲竜。
 
廃工場/配下をヌンチャクでしとめる雲竜。覚せい剤の人骨を踏み潰す。
 
中庭/雲竜対香港マフィア。目潰しをくらいひるむ雲竜。蘭英に救われる。
 ・玉華の部屋/日本の着物を玉華に渡し帰国を促す冴子。
 ・
に逮捕される玉華。
 
 ・地下室/郡司の目の前で殺される玉華。
 ・津村家/子供が自分を呼んだと告げる母フサ。看病するマリコ、陽子。
 ・難民街の公園/玉華が連れ去られたことを知る雲竜。
 ・路地で玉華の亡骸を発見する蘭英ら。
 

 
 
 
・玉華の部屋/着物に着替え懐剣を手にする冴子。
 ・香港マフィアのアジトへ単身乗り込む冴子。
 ・
冴子の決意を知る雲竜。
 ・大邸宅/ひとりの人間として恨みを晴らすと継げる冴子。
 ・カラテ使いと冴子の死闘!
 
 ・
雲竜登場!
 ・
目が見えないはずの雲竜の鮮やかな攻撃。実は目は治っていた。


 
 
 
モーガンの銃蘭英を狙う。
 ・手裏剣で倒されるモーガン。懐剣で郡司を叩きつける冴子。
 ・
海の見える場所/ひとりたたずむ冴子。童謡がかぶさる。


 -END- 

   
     
  

  


  
                                   ▲張 雲竜 三度登場!!・・・の予定だった。

  
 
▲マフィアのボスは当初西洋人の予定だった。      ▲中国広東省ではなく香港の新界地区。

 
 
                                  ▲前編、タイトルの出だしが異なる。

  
 

  
 
▲張雲竜、Gメンとの再会シーン

  

  
                                   ▲レモン・・というと竜英傑(何宗道)を思い起こす。

  

  

◆役名表記:
・張 雲竜(カラテの先生/
林崇正)本編では雲竜は登場せず。つぼイノリオ似の先生に変更。
・胡 蘭英(女空手使い/孟秋)
本編では張 蘭英
・胡 雷王(蘭英の弟/李春華)
本編では妹・張 麗々
・楊 玉華(津村ひで/月丘千秋)
・郡司政信議員(田中明夫)
・内海秘書官(中村孝雄)
・汪 警部(杉江廣太郎)
本編では捜査主任・陳警部
・津村フサ(福田妙子)
・モーガン(香港マフィアのボス/江島)
本編は中国人
・賀 亜東(大幹部/?)
・袁 海星(幹部/?)
・洪 殿昌(大男/シュウカム)・・G馬場
・苗(カラテ使い/?)
・程(同/?)
・郭(同/?)
・毛(同/?)
・僧侶A(?)
・僧侶B(?)
・僧侶C(?)
・中国人の刑事A<役柄のみ記載。欠場>
・西洋人(ジョン・ラダルスキー)の格闘家はシナリオでは出てこない。 
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 ’81香港の女カラテシリーズ。
 役名、設定など細かな変更が随所に見られた今回のシリーズ。
 前編のオープニングテーマの導入部分。本編では序章のあとに流れる斬新な展開となっているが
 シナリオでは特に記載されていない。(「非情のライセンス(制作/東映)」のパターン)

 シナリオ段階では、カラテの先生役はなんとブルース・リャン氏。張雲竜が登場する予定だった。
 当初は、張雲竜の華麗なヌンチャクさばきやクンフーアクションを全面に押し出したシリーズにする
 予定だったことが読み取れる。
 全編を読む限りでは、女武芸家よりも張 雲竜と津村冴子警部補との絡みが主流。
 シナリオでは女カラテシリーズと謳っているが、女カラテ使いはどちらかというと張 雲竜のサポート役
 のようなポジションである。
 スケジュールの都合なのであろうか、本編では、ブルース・リャン氏演じるカラテの先生役が別の俳優
 (ベンジャミン・ラム)に変更され、立場も女武芸家・蘭英をサポートするという位置づけになっていた。
 シナリオとは逆のパターンである。
 (技に力強さを感じるアクションだっただけにもっと活躍場面を観たい俳優である。)

 字幕スーパー復活の本編だったが、映像化前の段階では、日本語のみ。
 通常、字幕が入るシーンには、「(英語)・・」というようにどの外国語にするか表記されている。
 急遽、何らかの事情で字幕スーパー方式にしたと思われる。

 自分が制作者ならば、今回のシリーズには汪 雲龍(倉田保昭)を登場させたいと思った。
 遠い異国の地で元Gメンだった草野泰明と津村冴子警部補が偶然出会う。
 しかし、草野、津村両方をクライマックスに活躍させると逆に不完全燃焼となる危険もはらんでいる。
 難しいものですね。単発で草野復活編を一本制作するしかないでしょうか^^;
  
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る