-->

 シナリオワールドNo.321〜322
キャンピングカー
に乗った鬼婆
キャンピングカー
に乗った鬼婆
           PART2
 


        ★神様!仏様!キリスト様!
                マリコ!!助けてくれ!!


  タイトル  相違点
本編 「キャンピングカー
に乗った鬼婆」
「同PART2」
 ◎シナリオナンバー321&322(合本)

シナリオの展開
 
 ・鬼婆の面に字幕。鬼婆伝説の解説。
 ・大菩薩峠。マリファナを吸っていた3人の男女が鬼婆に殺害される。

 ・-タイトル-
 
 

 ・麓の道。走るキャンピングカー。夏休みが取れた田口とマリコ。
 ・
何処へ行くか訊くマリコ。大菩薩峠の小説の解説をする田口。
 ・
賀川刑事も参加する予定だったが用事があり欠席。という事実があった。
 ・駐在の横森巡査に道を尋ねる田口。
 ・谷川でテントを張る田口、ビキニに着替えたマリコがキャンピングカーから
  出てくる。渓流で泳ぐマリコ。眺める鬼婆。
 ・
声をかけるが老婆は姿を消す。

 ・岩の下や川の中から次々と惨殺死体が発見される。
 ・岩に書かれた”おにばばあ”という血文字を発見する田口ら。
 ・鬼婆伝説の時代劇。
 ・マリコに鬼婆伝説の解説をする田口。
 ・駐在に連絡をしようとキャンピングカーに向かう田口ら。
 ・タイヤを外されたキャンピングカーに驚く。気味の悪い老婆を発見する
  マリコ。Gメン本部に連絡をしようと提案する田口。
 ・谷間の一軒家。留守。
 ・マリコが別の家に行く。
を発見し悲鳴を上げる。向かう田口。
 ・
を放り出すマリコ。田口の首に絡みつく。気絶する田口。

 ・
蛇嫌いをマリコに打ち明ける田口。
 ・村の一角。樵の赤間、笠井と出会う。電話のありかを尋ねる。
 ・惨殺事件のことを告げ、笠井らを現場に連れてゆくが死体が消えていた。
 ・老婆が凝視している。
 ・夜。カレーを作った田口がマリコに勧める。
 ・
缶詰の肉を見てパリでおこったオランダ女子学生殺害事件を語るマリコ
 

 

 ・キャンピングカーに帰るマリコと田口。
 ・キャンピングカーで
を発見するマリコ。バーベキュー用の棒で蛇を
  絡め放り出す。
田口の首にまたしても絡みつく蛇。卒倒する田口。
 ・
シャワーを浴びて寝ようとシャワールームに入るマリコ
 ・シャワールームに隠された死体が出てくる。
 ・
バスタオル姿のマリコを見て驚く田口

 ・死体を発見する田口。
死体を埋葬する田口
 ・
山梨県警に連絡し検視するまでの仮埋葬だと告げる田口。
 ・半狂乱になって田口の元から逃げるマリコ。
 ・
足を踏み外し崖から滑り落ちるマリコ
 ・マリコの腕をつかみ崖の上に引き上げる田口。
 ・鬼婆が突き落とそうとしたと告げるマリコ。
 ・キャンピングカーの中で一緒に休んでと告げられ驚く田口。

 ・両手両足を縛られる田口。簡易ベッドで休むマリコ。
 ・マリコの夢。(時代劇)
 ・姉(陽子)、下僕(田口)山賊に襲われ下僕が殺される。
 ・あばら家で老婆の介抱を受ける姉妹。
 ・鬼婆の正体を見てしまった姉妹が追われる。
 ・お武家様(立花)が助ける。3人の鬼婆と闘うお武家様。
 ・無数の鬼婆に化身し苦戦するお武家様。

 ・立派な武士(黒木)が現れる。幻には心眼を開け!と伝授。
 ・夢から覚めたマリコ。
 ・窓の外に鬼婆の顔。悲鳴に起こされる田口。
 ・ひるむマリコに激を飛ばす田口。頭にきたマリコ。闇夜にひとり飛び出す。
 ・鬼婆3人の密会を発見するマリコ。自分達を殺そうとたくらむ計画を知り
  逃げ出すマリコ。追う鬼婆。一軒家にたどりつくマリコ。
 ・老婆を見て卒倒するマリコ。
  -つづく-

 

 ・前編の解説。

 ・たどりついたあばら家で老婆を見て卒倒するマリコ。
 ・キャンピングカー。マリコに縛られた縄をほどいている田口。
 ・窓ガラスに鬼婆の顔が映る。姿を消す鬼婆。
 ・バーベキュー用の棒を手にし車の外へ出る田口。
 ・出刃包丁で襲い掛かる鬼婆。応戦する田口。撤退する鬼婆三人組。

 -タイトル-

 ・夜明け。マリコの行方を捜す田口。
 ・山道で老婆と出会う田口。手招きで呼び寄せられる田口。
 ・あばら家でマリコと再会する田口。老婆は八木沢ふゆ乃(65歳)。

 ・鬼の面をつけた三人組の心当たりを尋ねる田口。知らないと告げるふゆ乃。
 ・ふゆ乃が山村から離れられない理由を語る。
 ・東京に出た孫娘ゆり子(16歳)の帰りを待っているという。
 ・十年前の台風で家は崩壊。孫娘ゆり子とともに救出され方目を失った過去
  を語る。
 ・田口はゆり子に記憶があった。三ヶ月前、副都心駅前で通り魔事件が発生。
  殺害現場に出向く立花らGメン。
 ・出刃包丁で刺されたゆり子がいた。
 ・三ヶ月経ってもゆり子の身元はわからずマスコミに協力を依頼した捜査本部。
 
 ・ゆり子が持っていた鞄には大麻が入っていた。
 ・衝撃を受けるふゆ乃。裏山に生えている野生の大麻があると告げるふゆ乃。
 ・ふゆ乃の回想。大麻を売ってお金にし、ふゆ乃の目を治すと告げ村を出た
  ゆり子。
 ・ふゆ乃を励ますマリコ。犯人逮捕を約束するマリコ。
 ・雑貨屋の車が通りかかる。
 ・
オート三輪。雑貨屋の猿田(30歳)が赤間と笠井に派手なTシャツを薦めて
  いる。

  

 ・田口がクルマの借用を申し出る。承諾する猿田。
 ・山道を下る
オート三輪
 ・カーブでブレーキが利かず焦る田口。バウンドするクルマ。
  派手な音で
演歌がカーラジオから流れる。
 ・ハンドルを切る田口。荷台の雑貨が投げ出される。
 ・ハンドルが折れ驚く田口。
 ・迫る谷底。絶体絶命の田口。胸で十字を切り叫ぶ田口。
  「
神様、仏様、キリスト様、お助け下さい!
 
 ・谷底に落下する
オート三輪
 ・運転席から身を躍らせる田口。
路上に投げ出された田口。
 ・対岸の崖の上。鬼面を被る猿田、赤間、笠井。
 ・あばら家。野生の大麻の場所を尋ねるマリコ。
  案内するふゆ乃。廃屋。誰かが刈り取った大麻だと継げる。
  乾燥した大麻に火をつけるふゆ乃。
 
 ・燃える廃屋。猛然と駆け寄る鬼婆三人組。
 ・ゆり子を殺したのが三人組だと知るふゆ乃。川原で惨殺された三人組
  の男女も廃屋から大麻を盗んだから殺したことを告げる。
 ・仇をとろうと踊りかかるふゆ乃が殺される。かけよるマリコ。
 ・三人組と応戦するマリコ。
 ・逃げるマリコ。田口が現れる。出刃包丁を持った鬼婆との死闘。
 ・
棒で鬼面を叩き割る田口。正体は笠井だった。

 ・川に飛び込むようマリコに叫ぶ。マリコと田口激流の逃走。
 ・流される田口ら。キャンピングカーに飛び乗る鬼婆。
 ・急流に流される田口の前に滝が現れる。
 ・
つかまった丸太を離し岸に向かって泳ぐ田口とマリコ。落下する丸太
 ・崖を降りるマリコと田口。鬼婆の出刃包丁が飛んでくる。
 ・もう一度川に飛び込むことをマリコに告げる田口。
 ・マリコは拒むが飛び込む決意を固め二人で飛び込む。

 ・走るキャンピングカー。
 ・下流の川原。疲労困憊したマリコと田口。
自分達のキャンピングカー
  から出てきた鬼婆に驚く田口ら。

 ・田口を置き去りにして逃げ出すマリコ。田口、棒で鬼面Bと戦う。
 ・鬼面Aはマリコを追う。
 ・駐在から飛び出してきた立花警部。拳銃を放つ!はじけ飛ぶ出刃包丁。
 ・拳銃の台尻で鬼面を叩き割る立花。雑貨屋の猿田だった。
 ・立花に経緯を報告するマリコ。
 ・田口が叩きのめした鬼面B(赤間)を連れてくる。

 ・マリコに駆け寄る陽子。
 ・レジャーに来て迷宮入りの事件を解決した手柄を称える立花。
  田口とマリコの泣き笑いの表情。
 ・大菩薩峠(夕暮れ)。マリコの老婆への叫びがエコーする。
 
 -END- 


 

  
   
シナリオ 「キャンピングカー
に乗った鬼婆」
「同PART2」
 
  

  


  

  
 
▲当初は賀川刑事にも声掛けしていた。

 
 
                                    ▲世間を騒がせたパリ人肉事件にも触れていた。

  
 ▲スペシャルゲストはカエルではなくヘビだった!

  

  

  

  
 
                                        ▲本編:マリコーッと叫ぶ田口はアドリブ?

  

  
 

◆役名表記:
 八木沢ふゆ乃、八木沢ゆり子、猿田、赤間、笠井、横森駐在、男A、女A、女B、時代劇の若夫婦
 


*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 ’81真夏の怪奇シリーズ 第一弾、第二弾。
 怪奇というより笑いとスリリングな激流アクション、カーアクション、時代劇が見所の娯楽大作。
 「キイハンター」的な作風の異色シリーズ。
 前編はGメンには珍しいお笑い編。
 後編では田口刑事役の千葉裕氏渾身のカラテアクションも堪能できる見せ場あり。
 シナリオにはないが、マリコが本編で被っていた帽子のエピソードや谷底に落下する田口の絶叫する
 セリフなど随所に変更が見られ、それぞれドラマに花を添えている。
 後編ラスト。手錠をまさぐる横森巡査の表情もシナリオにはない部分である。
 劇伴には、なつかしいキイハンターの曲や菊池サウンド時代のGメンの曲などが使用されているのも嬉しい。
 
 放送当時も賛否両論あった今回の前・後編だが、キイハンターからなじみのある自分にとっては、
 たまにはよし!と頷いた夏のアクションドラマであった。 
 
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る