-->

 シナリオワールドNo.319〜320
香港カラテ
北京原人
香港カラテ
北京原人
       PART2
香港ロケーションロケ手帳 記載事項より抜粋

 


    ★(周)警部、お久しぶりです!

  タイトル  撮影参加者
本編 「香港カラテ対北京原人」
「同PART2」
 ◎スタッフ
   @近藤照男・・・プロデューサー
   A山口和彦・・・監督
   B蓑輪雅夫・・・助監督
   C原田昌樹・・・同
   D下村和夫・・・撮影
   E林順一郎・・・撮影助手
   F原田清一・・・同
   G高橋弘・・・・・照明
   H林実・・・・・・・衣装・小道具
   I末永和雄・・・制作助手
   J加藤直三・・・制作担当
   K森本佳秀・・・番組宣伝
   LTBS・・・・・・・ 同  
  
   
シナリオ 「香港カラテ対北京原人」
「同PART2」
 ◎出演者(日本側)
  
@若林豪A千葉裕BセーラC范文雀D下塚誠
   E角友司郎・・・陳
   F竜咲隼人・・・呉
   G麓 政司・・・・李
   H河合絃司・・・周警部

  

  

           第17次香港カラテロケシリーズ
  
 No.319〜 香港カラテ 
      
  北京原人 −前・後編−
        
        
(宿泊先)HOTEL HOLIDAY INN HARBOUR VIEW
              <10 CHING YEE RD.,KOWLOON>

        
(海外ロケエイジェンシー)トラベル日本<片淵氏>

  

 ★6月24日(水)
  7:30新宿スバルビル前出発(スタッフ・キャスト)
  9:30新東京国際空港着(出国手続)南ウイング
  11:15新東京国際空港発(CX501便)
  ●搭乗者:スタッフ@〜L、出演者D〜G
  14:35(現地時間)香港啓徳空港着
 
 
★6月25日(木)ホテル7時出発
  香港サイド<市場の全景、飯屋の中、香港全景>
  シグナルヒル<九竜の街、シグナルヒル、木蔭、香港の街一部>
 
 出演:立花、田口、陽子、マリコ、大介、周、張雲竜、葉虎将、ゴールド、蘇、馬、徐、

 
★6月26日(金)ホテル7時開始
  九竜ステーションビル<啓徳空港ビル表、プラットホーム、駅舎の裏手、インサート、近くの道、駅全景、
                 田園風景、列車の中>
  ホテルハーバービュー内<ホテル一室>

  ●香港到着者:若林豪、千葉裕、セーラ、范文雀、河合絃司
 
 出演立花田口陽子マリコ大介、張雲竜、葉虎将、ゴールド、蘇、

  


 ★6月27日(土)ホテル8時出発
  
九竜サイド<香港の街ロールスロイスの走り、豪華ホテル実景、香港の街>
  ホテルハーバービュー<スイートルーム、ホテル全景、大介部屋、ホテル実景>
  リョウユー<難民街、難民街中庭、難民街屋上>

  出演立花田口、陽子、マリコ大介、張雲竜、葉虎将ゴールド、徐、陳、呉、李、汪

 ★6月28日(日)ホテル6時出発
  
紛嶺A地<山門の表、回廊風の建物の中庭>・・・老園ケ公祠
  ●日本帰着者:若林豪、河合絃司(CX500便16:20香港発21:15成田着)
 
 出演:立花、田口陽子マリコ、大介、周、張雲竜葉虎将、ゴールド、蘇、、徐、

  


 ★6月29日(月)ホテル7時出発
 
 スターフェリー<スターフェリーの桟橋、海の見える場所>
  シグナルヒル<シグナルヒル>
  紛嶺B地<路地、路地先の空地>・・・丙岡村
  ホテルハーバービュー<陽子の部屋>

  出演:立花、田口陽子マリコ、大介、周、張雲竜葉虎将、ゴールド、蘇、、徐、

 ★6月30日(火)ホテル7時出発
  
紛嶺C地<細い路地、或る建物の内部、薄暗い場所>・・・鬼家
  紛嶺A地<荒れた家の中>

  ●日本帰着者:范文雀、セーラ、千葉裕(CX500便16:20香港発21:15成田着)
  
出演:立花、田口、陽子、マリコ、大介、周、張雲竜葉虎将、ゴールド、蘇、、徐、

 ★7月1日(水)ホテル7時出発
 
 ショウブラザー近く<海の見える草原>
 
 出演:立花、田口、陽子、マリコ、大介、周、張雲竜葉虎将ゴールド、徐、

 ★7月2日(木)<予備日>ホテル7時出発
  
実景<香港地区警察署>
  啓徳空港<空港滑走路キャセイをねらう>

  
出演:立花、田口、陽子、マリコ、大介、周、張雲竜、葉虎将、ゴールド、蘇、馬、徐、陳、呉、李、汪

 
★7月3日(金)
  
実景撮影後帰国準備
  14:30ホテル出発
  16:20(CX500便)香港啓徳空港出発

  ●搭乗者:スタッフ@〜L、出演者D〜G
  
21:15新東京国際空港着

  



−香港ロケーション ロケ手帳−
  シナリオサイズの小冊子で、ロケの日程や小道具、ロケ参加者などが記載されているものである。
  「Gメン75」のみならず、私が確認したものでは「特捜最前線」も海外ロケの際はロケ手帳なる小冊子が
  存在した。上記の記録はそのロケ手帳から抜粋したものである。
 
尚、上記日程は1981年のもので、実際のロケ日程は飛行機の運行時間等、変更になった可能性もある。
  詳細は、今となってはスタッフ、キャストのみ知るところであろう。
  また、香港編の場合、全員が一緒に出国し帰国したのではないことが判る。これは「Gメン82」も同様で
  あった。 

 (蛇足かな^^?)
  本編で立花警部と周警部の再会をにおわせる挨拶があったが、「香港の女カラテ対Gメン」3部作の
  姉妹編であるならば、周警部ではなく陳警部・・・ですよね^^;


        

    

    

    

    

    

    

      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る