-->

 シナリオワールドNo.311
   
裸の女の死体を運ぶ刑事    
                
  


  ★何で俺のクルマに死体が集まってくる・・・?            

  タイトル  相違点
本編
「裸の女の  死体を運ぶ刑事」 
     
 
 
◎シナリオナンバー311
シナリオ
「裸の女の死体を運ぶ刑事」
シナリオの展開
 
 ・ビル街の駐車場。
草鹿の車は新車
 ・
ロックのリズムでご機嫌な草鹿。追い抜かれる草鹿。ぶつけられる草鹿の車。
 ・追撃戦!追う白バイ警官A,B。逃げ去る車。捕まる草鹿。
 ・警察手帳を置いてきたことに苦笑する。後部トランクを開けさせる警官B。
 ・下着姿の女の死体。手錠をかけられる草鹿。
 −タイトル−
  
 
※今までのGメンではなかったコミカルなカーアクション!(本編のみ)

 ・
Gメン本部。非番の黒木が立花の呼び出されていた。
 ・
草鹿の緊急逮捕を報告する立花。前回の賀川刑事逮捕を思い出し、ため息。
 ・
若手Gメンを呼び出せと指令を出す黒木。
 ・
婦人警官の寮・マリコの部屋。陽子がショッピングに誘う。携帯ブザーが鳴る。
 ・修理工場。オートバイに乗る田口。呼び出しブザーが鳴る。
 
 ・所轄署捜査課。立花が出向く。取調中の草鹿。
 ・ラーメン屋の出前を回想する草鹿。
 ・出前先の婦警・今井と平岡にディスコに誘われる草鹿。のびるラーメン。
 ・陽子、田口、マリコも現れる。田口は草鹿の車、陽子とマリコは司法解剖。
  立花は草鹿の下宿先へ行く。
 ・ラーメン店。草鹿とのなれそめを語る虎次郎。
 
 ・(回想)夜の公園で殺された亀田まどか婦警。捜査一課時代の草鹿が担当。
 ・葬式の後、ラーメンを虎次郎らに食べさせる草鹿。
 ・あまりの美味さに驚く虎次郎、熊子。
 ・一年後、犯人逮捕ができず捜査本部解散を詫びにきた草鹿。
 
 ・虎次郎らの願いで草鹿の下宿が決まった。
 ・(現実)草鹿に心当たりを尋ねる立花。
 ・マリコが車の傷を発見する。
24ヶ月のローン残を語る草鹿。
 ・ラーメン屋。まどかの遺影、虎次郎らに犯人逮捕を誓う。
 ・陽子とマリコが平岡婦警らに会う。マリコがマンホールの
中に落ちかける。
 ・マンホールの穴に向かって笛を吹くが反応無し。


 ・Gメン本部。当て逃げした盗難車をつきとめる田口。
 ・非番の日を気遣う黒木。
笑う黒木、立花、陽子、田口、マリコ。
 ・夜更けの駐車場。次々と死体が出てくる。(悪夢に悩まされる草鹿)
 ・(現実)駐車場に行く草鹿。またしても自分の車から死体が出て驚く。
 ・立花に電話で報告する草鹿。
 
 ・Gメン本部。電話を受ける立花。
 ・ビル街の駐車場。被害者は平岡婦警。所轄署も乗り出す。不運をなげく草鹿。
 ・手配中の盗難車を発見する田口。Gメン車に乗り込む陽子、マリコ。
 ・カーアクション!
 ・
英語で喋り捲るマリコ。何を言ってるか尋ねる田口。(田口の運転が下手。)
 ・
自分に運転させたら一発でしとめると豪語。頭にきた田口。
 ・
俄然張り切る田口。吹っ飛ばされる盗難車。
 
 ・
盗難車から出てきたチンピラ松永(22歳)。
 ・
陽子が威嚇射撃。立ちすくむ松永。
  

 
 ※次々に投げ込まれる死体の謎!

 ・地下取調室。松永を締め上げる立花、草鹿。
 ・拳銃が下手だと告げ発砲する草鹿。
 ・チリチリ頭の草鹿の車を潰すよう頼まれたことを吐く松永。
  
梅津は下水掃除のベテラン。松永は飲み屋で知り合う。

 ・マンホールの中の穴。(回想)
  
スカートをはいた今井と平岡婦警を下から眺める。
  二人にみつかり叱られる梅津。

  
穴倉での仕事にストレスがたまって婦人警官に恨みを抱く。

 ・(現実)Gメン車から降りる草鹿、田口。マンホールを覗く。 
  
陽子、マリコはGメン車で待機。
 ・
マンホールの中に入る田口。
 ・身構える梅津。
 ・草鹿、田口が梅津と顔を合わせる。
 ・婦人警官の制服を手にした梅津。
 ・草鹿と梅津の死闘。
下水に落ちそうになる草鹿。 
 
 
田口に助けられる草鹿、足を滑らせ落ちかける田口。
 ・逃げる梅津。
 ・
地上で待機させた陽子に連絡するよう田口に告げる草鹿。
 ・
無線で指令を送る田口。
 ・
受けるマリコ。マンホールの出口を車のタイヤでふさぐ陽子。ニッコリ笑うマリコ。
 
 
 
※下水道に住む謎の男と草鹿の大捜査線!

 ・別のマンホールから逃げ出す梅津。
しまったと焦る陽子。
 ・草鹿も飛び出す!
 ・
建築中のビルの上。
 ・逃げ込む梅津。
足場を伝って上へ上へと逃げる梅津。
 ・威嚇射撃する草鹿。
 ・鉄パイプを持った梅津との戦い。
 ・草鹿の拳銃がビルから落下。

 ・ナイフで切りつける梅津。素手で応戦する草鹿。
 ・死闘の末、手錠をはめられる梅津。
  ビルの鉄柱につながれたまま宙吊りになる。
 ・高所恐怖症だったことを
自ら思い出すく草鹿。
 ・
目を閉じるよう草鹿にアドバイスを送る田口!鉄骨にしがみつく草鹿。
 
 ・
Gメン本部。草鹿が入ってくる。
  
虎次郎と熊子も入ってくる。
  犯人逮捕のお礼にラーメンを持ってきた。

  
喜ぶ田口、マリコ、陽子。黒木もの号令で一斉にラーメンをすするGメン。
 
 
 −END−


 
  
  
                
  

 
      
       
      
       ★前回の不運を嘆く立花警部
       

      
                                 
★マリコに煽られ追撃体制に入る田口

     
 
                                           ★ラーメンで締めるラストシーン

 ◆役名表記:
 亀田虎次郎、亀田熊子、亀田まどか、梅津、松永、今井理恵婦警、平岡治子婦警、捜査主任、署長、次席、白バイ警官A、
 白バイ警官B

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記
 

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・梅津(ゴロウ/シナリオでは設定なし)と松永・・・トラック運転手の同僚。
 
 -------------------------------------------------------------------------
 
 個人的には、、、城西署との合同捜査。ここはひとつ、土屋署長を登場させてほしかった^^;
 
 今までのGメンとは全く異なった描写が今回も見受けられる。
 全編を通してみるとお分かりいただけるが、往年の「キイハンター」〜「バーディー大作戦」の
 エッセンスが散りばめられているコミカルアクション編。

 冒頭のカーアクションまでは、シナリオの流れを生かしたままコミカルな側面を追加したような描写であった。

 今回はシナリオと本編では随所に異なった部分が見られた。(上記グレーの部分をご参照。)
 シナリオではマンホールに巣食う梅津の様子があまり描写されていないが、本編では冒頭からラストまで
 展開に興味がわくよう随所に散りばめられていた。

 冒頭のGメン非番のシーンはシナリオでは、草鹿逮捕のあとに描かれているが、それぞれが趣味を楽しむ
 様子は本編のみ。Gメンの素の部分が伺えて楽しい。
 シナリオの展開で興味深いのが、前週の「バスルーム切り裂き魔」を語る立花のシーンが用意されていた
 ことである。立花警部のセリフ。「一体どうなるんですかね。Gメンは・・」の部分はさすがに縁起が悪いのか
 シーンごと不採用。

 梅津の犯行動機、素性もシナリオと本編では異なっている。本編では、より説得力ある展開に仕上げられ
 ていた。本編ではマンホールの件に気づいたマリコが下水道に入り込み梅津と鉢合わせ。
 サスペンスタッチとなる展開もシナリオ段階では全く考えられていなかった。
 
 シナリオでも笑いとアクションを交えた今までのGメンとは異なる部分を打ち出しているが、本編では
 笑いのツボとシリアスな部分を再考し肩のこらない作風にまとめあげている。

 尚、末尾に登場人物の年齢設定を記しておきましょう。<虎次郎(55歳)、熊子(43歳)、まどか(20歳)>


 
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る