-->

 シナリオワールドNo.305
   
ノーパン喫茶殺人事件    
                
  


     ★警視庁捜査一課の人間だ            

  タイトル  相違点
本編
「ノーパン喫茶
  殺人事件」 
     
 
 
◎シナリオナンバー305
シナリオ
「ノーパン喫茶
   殺人事件」
シナリオの展開
 
 ・スタイル喫茶店内。礼子の動きを追う中年男。お使いに出る礼子。
 ・付近の道。礼子に迫る中年男。南雲警視が助けに入る。
 ・三年前の礼子との出会いを回想する南雲。
南雲の鞄を奪う礼子
 ・交番。信州へ帰る汽車賃・1万円を渡す南雲。
 ・借りた1万円を返す礼子。
 −タイトル−
  
 
※返るはずのない一万円が戻ってきた^_^;

 ・翌日、礼子の店に出向く南雲。南雲が警視庁の人間と知りうろたえる誠一。
 ・礼子にサイフをプレゼントする南雲。誠一と結婚する夢を語る礼子。
 ・礼子の代わり方が気がかりな南雲。誠一と礼子の葛藤。
 ・南雲の部屋。送り返されたサイフを見て考え込む南雲。
 
 ・Gメン本部。黒木に相談する南雲。珈琲を入れる杏子。
 ・田口と杏子に誠一をマークするよう命じる黒木。
 ・スタイル喫茶。客を装う田口。
暴走族スタイルの青年・山崎と内藤。
 ・Gメン車。杏子に誠一のライターを差し出す田口。指紋検出を依頼。
 ・
@店内の様子を照れながら語る田口。スタイル喫茶にやや反発気味の杏子
 
 ・店内。田口の素性が気になる山崎。誠一に注意喚起する。
 ・
A警視庁鑑識課。杏子が持ってきたライターから浮かび上がる誠一の指紋。
 ・夜更けの繁華街。車内の田口と合流する杏子。前科なしと報告。
 ・Gメン車で張り込む杏子と田口。
Bスタイル喫茶に再び憤然とする杏子。
  
苦笑する田口。
 
 ・店内。給料を渡す経営者・安東。礼子の同僚・美津子と照代が帰ってゆく。
 ・誠一と腕を組んで帰る礼子。車内で見つめる田口と杏子。
 ・給料日だが節約を心がける礼子。
 ・礼子の部屋。店をやめてくれないかと告げる誠一。拒む礼子。
 ・
C礼子の回想。田舎道の葬式。母親の骨壷を持つ礼子、父親。
  
田舎道の反対側から花嫁行列が来る。骨壷を抱いて立ちすくむ礼子。
  
父と母は貧乏で結婚式を挙げることができなかったことを思い起こす。

 ・誠一に結婚の夢を語る礼子。何気なく窓の外を見てハッとなる誠一。
 ・田口らの車を不審に思う。
数えて電気を消すよう告げる誠一。
 ・引き上げるGメン車。
D憤然としたように眺める誠一。
 ・
南雲の差し金だと礼子に告げる誠一。警察をなぜか忌み嫌う誠一。
 
 ・
E南雲の部屋。南雲に報告する田口と杏子。思い過ごしか・・と考え込む南雲。
 ・
電話が鳴り面会の知らせを受ける南雲。
 ・
警視庁表。礼子と落ち合う南雲。もう一度プレゼントしようとする南雲。
 ・
拒む礼子。自分達を疑う行為に反発する礼子。
 ・
この仕事しか高給を得る方法がないと告げる礼子。
 ・
夢を買いたいだけ。警察は疑うことが商売だと罵り去ってゆく礼子。
  心を痛める南雲。

 
 ・
ゲームセンター。暴走族スタイルの山崎、内藤に近づく誠一。
 ・店の金庫から現金を盗む計画を誠一に語る山崎。手引きを要求。
  

 
 ※戻されたプレゼント。誠一をマークする田口と杏子。

 ・
二台のバイクにまたがる山崎と内藤。誠一と店に入る二人。
 ・合鍵を作るのに苦労したと告げる誠一。
 ・
F屋台のおでん屋。礼子と美津子、照代がはしゃいでいる。
  店長の安東が来る。
忘れ物を取りに事務所へ戻ると告げる安東。
 ・店の事務所。金庫の札束をつめる3人。安東が発見する。

 ・安東を突き飛ばして逃げようとする誠一。
Gキーホルダーの鍵束が落ちる。
 ・安東を刺す山崎。部屋を飛び出す誠一、山崎、内藤。
 ・
Hバイクに乗って逃げる3人。すれ違った屋台のラーメン屋が振り返る。
  
スタイル喫茶事務所。安東、電話這い寄り110番。救急車が来る。
 
 ・初動捜査を開始する南雲。合流する立花、中屋、島谷、田口、杏子。
 ・安東は重症だが命は取り留めると告げる
南雲。
 ・
I落ちていたキーホルダーの鍵束。指紋の照合を杏子に依頼する南雲。
 ・店内に入る立花。
 
J珍しそうにハンガーにかかっているミニスカ衣装を見る立花。
 ・礼子が事件に絡んでいないことを案じる南雲。
 
 ・
礼子の部屋。不安な目を時計に注ぐ礼子。午前三時。
 ・Gメン本部。
キーホルダーの指紋は誠一。誠一逮捕を命じる立花。
 ・
K自分の甘さがなければ事件は未然に防げたと悩む南雲。
  
警官にも感情はあると告げる黒木。
  人を信じたいが現実がそれを裏切ると告げる立花。

  
 
 
 
※銃声一発!南雲警視最後の捜査線

 ・礼子の部屋。
中屋らが入ってくる。誠一の容疑を告げる田口
 ・
L家宅捜索をはじめる島谷ら。唖然とした表情で見ている礼子。
 ・
M参考人として動向を促される礼子
 
 ・
N警視庁地下取調室。誠一の立ち回り先を探ろうとする南雲。
  
犯行に礼子が加わってるのではと疑う南雲。睨みつける礼子。
  
南雲との葛藤。吐き気を催す礼子。駆け寄る杏子。
  
心配そうに廊下に立つ南雲。妊娠を告げる杏子。

 ・
国道ドライブイン。山崎と内藤のバイクが停まる。
 ・
Oキーホルダーを落としたことを告げる誠一。
 
バイクの後部に誠一を乗せて走り出す山崎。
 ・裏町の路地。高飛びを促す山崎。自首を言い出す誠一。
 ・誠一を刺す山崎。もみ合う二人。山崎の指輪が抜け落ちる。
 
 ・逃走する山崎、内藤。
P公衆電話BOXに這い寄る誠一。
  
礼子の部屋。座り込んでいる礼子。
  
礼子の電話が鳴る。誠一と言葉を交わす礼子。
  
店長・安東を殺したのは自分ではないと告げる誠一。

 ・警察病院。霊安室。安置された誠一の遺体。放心状態の礼子。
 ・南雲に怒りをぶつける礼子。金庫から盗まれた金の一部が誠一のポケット
  から出てきたと告げる南雲。札束を叩き落す礼子。誠一を信じると叫ぶ。
 ・結婚式のインサートフラッシュ。

 ・
Q上京し中華料理店で誠一と知り合った過去を告げる礼子。
  
お金が貯まらなかった過去を告げる。
  
誠一を誘ってスタイル喫茶勤めを始めた理由を語る礼子。
  誠一を誘ったことを後悔する礼子。

 ・現場に落ちていた指輪の心当たりを聞く南雲。
 ・山崎を思い出す礼子。反応に気づく南雲。
 ・
南雲に心当たりを語る礼子。一緒に行くよう促す南雲。プレゼントのサイフを
  渡す南雲。快く受取る礼子。

 ・
サイフを抱きしめる礼子。

 ・
国道。山崎と内藤のバイクがぶっ飛ばして来る。
 ・前方に立つ礼子。
 ・礼子に気づく二人。山崎の頬をひっぱたく礼子。
 ・
もう逃げられない!死刑になれ!と叫ぶ礼子
 ・山崎、
バイクから飛び降り礼子に向かってナイフを振りかざす!
 ・銃声一発!ナイフがぶっ飛ぶ!
 ・拳銃を構える南雲。背後に立花、中屋、島谷、田口、杏子。

 ・慌てた内藤。
バイクを発進させる。Gメンたちの一斉射撃でバイクのタイヤを
  ぶち抜く。地面に崩れ落ちる山崎と内藤。

 ・礼子が南雲らを見迎える。
 ・
R南雲、礼子を見つめる。
  
見返す礼子。お辞儀をする礼子。
  
南雲のN「三年前と同じあどけなさを私は見た」
 
 
 −END−


 
  
  
                
  

 
      
       
      
       
       

      
     
     


 ◆役名表記:
 水野礼子<児島みゆき>、古川誠一<下塚誠>、照代<三崎奈美>、美津子<朝霧友香>、安東<早崎文司>、
 山崎<堀礼文>、内藤<深見博>、中年男<梅津栄>、礼子の父<空欄>、屋台のラーメン屋<泉 福之助>、
 鑑識課員<久木稔>、喫茶店の若者たち<空欄>

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記
 

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・山崎と内藤・・・暴走族ではなくヤクザ。
 ・誠一・・・・・・・・中華料理店の元店員ではなく礼子と知り合い足を洗った元ヤクザ。
           (山崎らとの断ち切れない関係を明確にしている) 
 
 ・カット・・・・・・・@〜R
 ・誠一が犯行に加わっていた事実・・・・「命を取り留めた安東と近所の目撃証言により判明」に変更。 
 ・Gメンたちの一斉射撃・・・・・・・中屋、島谷の見せ場を加えた捕り物に変更。

 -------------------------------------------------------------------------
 
 本編は、シナリオ段階のシーン入れ替え、カットを多用し心理描写を前面に押し出している。
 登場人物の設定とラストの心理描写は本編と全く異なっている点が興味深い。
 シナリオではしつこく礼子にプレゼントを渡そうとする南雲が描かれているが変更。

 ラストの礼子の心理描写は、まるで雪解け水のような感じで南雲とともに一直線に描かれているが
 本編は、夢を無理に買おうとしたことを悔やみ、復讐を決意する気持ちを秘めたまま山崎ら
 と対峙するまでを丹念に描く方向で修正。

 今回のシナリオでは、西島大、高久進の共著であるが、ざっと読み進めてみても本編ほどのキレが
 ないのは残念である。
 本編では、礼子の気持ちを代弁するかのような挿入歌「ごめんね」(谷山浩子)がドラマを盛り上げて
 いた。様々なスタッフの力量が補完し合ってひとつの作品が出来ていることを実感した。

 本編では南雲警視降板に関する情報は一切、語られていなかったが、シナリオでも同様。南雲警視
 のセリフに「警視庁捜査一課の人間だ」というものがある。
 今回の南雲警視はどこかよそよそしい。
 すでにGメンと警視庁のパイプ役を解かれ、本庁サイドの捜査員に納まったのではという意見が
 掲示板で語られたことが思い起こされる。

 このあたりは視聴者の判断に委ねるというスタッフの意思なのであろうか?小田切警視降板同様、
 今観てもどうもしっくりこない幕引きである。
 サブタイトルも山田刑事同様、最終編という設定を強く打ち出すようなタイトルにしてほしかったと
 思う。「また逢う日まで南雲警視」なんて期待していたのですが^^;

 クライマックス。島谷、中屋の見せ場が本編に付け加えられたことは嬉しかった。

 ともあれ、今回の作品を最後にGメンから警視庁サイドのキャリア警視が姿を消す。
 これはGメンの魅力を減速させる要因のひとつになったと思っている。

 次回より津村冴子警部補が着任するが、警視庁警備部からの出向という感も否めない。
 できることなら津村冴子警視とし、特別室を与えられているキャリア派という設定にしていただきたかった
 ものである。 
 
 
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る