-->

 シナリオワールドNo.299
    
  青い目の人形
      バラバラ殺人事件

  
              
  


   ★決着は俺がつける!!             

  タイトル  相違点
本編
「青い目の
 人形バラバラ
   殺人事件」 
     
 
 
◎シナリオナンバー299
シナリオ
「青い目の
 人形バラバラ
   殺人事件」
 
 
※人形の死亡通知書を受取った立花。 

 
シナリオの展開
 ・冒頭の
字幕
  ”
これは孤独なひとりの老人と青い目の人形との不思議な愛の物語である
 ・コーヒーを飲むGメン。ひなまつりの件での立花と杏子のやりとり。
 ・Gメン本部で島田老人からの死亡通知を受取る立花警部。
 ・島田の元へ車を走らせる立花。
 ・立花の回想。(島田との出会い。医師とのやり取り。東京湾での再会。島田家)
 
 ・ナオミの本名はルーズ・ナオミ(ニューヨーク州ロチェスター生まれ)
 ・寺で島田と再会する立花。バラバラにされた人形。−タイトル−
 
 ・島田の回想(ナオミがバラバラにされた現場)
 ・島田の無念の思いに答えようと誓う立花。
 ・所轄署捜査課に出向く立花。荒れる中学生釈放を求める教頭の姿を見る。
 ・Gメン本部。黒木が青い目の人形の歴史を語る。
 ・インサートフラッシュ。戦争当時のニュース。

 ・黒木に捜査を申し出る立花。承諾する黒木。
 ・島田家に向かう立花。ひな祭りの思い出を語る島田。
 ・杏子がやってくる。
 ・中屋らが立花に目撃情報を提供。校内暴力に走る中学生の存在。

 ・中学校へ向かう中屋、島谷、田口、杏子。
 ・寒川、松重らが同級生にリンチを加える。制止する島谷、田口、中屋。
 ・教師・白石律子が何か言いたげに杏子に近づく。言いかけて去る律子。
 ・警視庁地下取調室。寒川、松重、岡垣、大室、広沢が取調べを受ける。

 ・甘ったれるなと暴言を吐く寒川を
睨みつける立花。
 ・警視庁屋上。寒川らに襲われ島田に助けられた過去を立花に告げる律子。

 
 ※第二次世界大戦中の歴史と荒れる中学生問題がGメンの前に立ちはだかる!

 ・結婚が決まっていたので打ち明けられなかったと告げる律子。
 ・インサートフラッシュ。ナオミをバラバラにする寒川ら。
 ・暴行罪で逮捕できることを律子に告げる立花。うなづく律子。
 
 ・地下取調室。中屋らに五人の釈放を要求する教頭。
 ・PTAの方針を告げる教頭。律子の告訴を知り取り下げを要求する教頭。
 ・告訴を取り下げる決意をする律子。釈放される寒川ら五人。
 
 ・島田家。島田との約束を果たせなかったことを詫びる立花。
 ・戦時中、教師として軍国主義を教えていたこと。特攻隊で命を落とした教え子ら
  の過去を語る島田。
 ・教師を辞めた理由、妻が軍部の要請に逆らい人形・ナオミを隠していたこと、
  以後、夫婦でナオミを可愛がっていたことを語る島田。

 ・Gメン本部。戦時中の教育、荒廃した現代教育の共通点を語る黒木。
 ・青い目の人形ナオミの叫び。
 ・島田家。夢から目覚める島田。
 ・ナオミの無念の思いをかみ締める島田。

 ・ナオミの遺品を焼く島田。
 ・
あだ討ちを誓う島田。
 ・ゲームセンターでゲームに熱中する大室、広沢。
 ・
表に出ろと促す島田。

 ・運河沿いに連れてこられる大室、広沢。チェーンを手にした二人に杖で対抗
  する島田。
 ・ナオミのインサートフラッシュ。
 ・血まみれで倒れる二人。

 
 
※炸裂!立花怒りの鉄拳!

 ・大室、広沢が撲殺された現場に合流する立花ら。
 ・所轄署から犯人は老人だと告げられる。
 ・島田家に向かう立花。庭先で焼かれたナオミを発見する。
 ・全てを悟って島田の行方を捜す立花。

 ・島田家の墓地に向かう立花。島田が来た痕跡を発見する。
 ・線路沿いで島田を発見する立花。
 ・島田と立花の葛藤。
 ・遮断機の向こう側に行ってしまう島田。

 ・焦る立花。
遮断機が上がるのを待つ。遮断機が上がり駆け出す立花。
 ・ドライブインで気勢を上げる寒川、暴走族ら。
 ・駐車場で寒川らの前に立ちふさがる島田。
 ・オートバイで島田に立ち向かう寒川ら。
 ・
ナオミのインサートフラッシュ。

 ・宙に舞う島田。絶命。
 ・現場に急行する立花ら。白バイ警官の報告を受けGメン車に乗り込む立花。

 ・
運転は島谷
 ・波止場でのGメン車とオートバイの対激戦。
 ・
Gメン車に接触し転倒するオートバイ。
 ・決着は俺がつけると立花が乗り出す。
 ・炸裂する立花怒りの鉄拳!
 ・容赦ない連打!

 ・
別な日。岸壁に佇む立花。
 ・
島田の歌声がかぶさる。
 ・
汽笛を鳴らしながら沖へ向かう外国貨物船。
 ・悲しみの目の立花。
 
 ・立花のナレーション
 ”
人形には魂が宿るという。孤独だった島田老人の魂は、青い目の人形ナオミの
  心の中に、しっかりと宿っていたに違いない


 - END - 
 
  
  
               
  

 
     

            
   ※出だしとラストが本編と異なる。

 ◆役名表記: 島田老人(源一)、白石律子、教頭、捜査主任、寒川、松重、岡垣、大室、広沢、医師、看護婦、おばさん、
 刑事A、白バイ警官A、白バイ警官B、中学生たち、暴走族たち、青い目の人形ナオミほか

  

 

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 ≫ 相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪
 ・冒頭の字幕。”人形には人の魂が宿るという だが人形は恨みや憎しみを知らない”
 ・取調室で寒川を締め上げる立花。
 ・ナオミのあだ討ちの言葉はなく表情のみ。道行く島田に絡む大室ら。大室らに殺意を燃やす島田。
 ・遮断機を越して通過する電車の前に立ち止まる立花。
 ・クライマックス。Gメン車の運転は田口。窓から身を乗り出す島谷。
 ・ラスト。黒木が歴史をかみ締めるように歌う”青い目の人形”の童謡。
 ・島田の墓地に佇む立花。
 ・”人形には人の魂が宿るという。青い目の人形ナオミと島田老人。二人の魂はあの天国でめぐり逢えた
  だろうか・・・”(立花のナレーション)。仏像の表情のアップ。
 
 -------------------------------------------------------------------------
 Gメン75 200回台最後の作品。

 大きな違いはクライマックスからラストのまとめ方である。
 温厚な島田老人が殺意を抱くまでの心理描写。本編ではセリフよりも表情のみで
 全てを悟らせるようなシーンが多用されている。また、島田がゲームセンターから出てきた
 大室らの前に立ちふさがるパターンよりも、絡まれたあと殺意を抱くカタチに変更されて
 いる点も見逃せない。
 本編では感情移入しやすい工夫が随所に取り入れられていた。

 人形の歴史の全てを知る黒木ボスがひとりかみ締めるように歌うシーンは絶品である。
 続く立花の悲しみのラスト。
 外国船の波止場から島田老人の歩んできた過去が眠る墓地に変更したこと。
 老人と人形・ナオミの人格を別物にし、仏像の表情に全てを結びつける幕引きは
 脚本家、監督、編集等スタッフ全ての力量の集大成であろう。
 心に残る作品のひとつである。
 -------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る