-->

 シナリオワールドNo.296
    
 雪の夜
    悪魔が生んだ赤ん坊

  
  制作/睡蓮75さま、構成/睡蓮75さま、KAJITA巡査            
  


     ★誰だ?貴様・・・             

  タイトル  相違点
本編
「雪の夜
 悪魔が生んだ
    赤ん坊」 
     
 
 
◎シナリオナンバー295
シナリオ
「雪の夜
 悪魔が生んだ
   赤ん坊」
 
 
※かよが何者かに誘拐された!長野県警察本部からも捜査主任が応援に! 

 
シナリオの展開
 ・ちぐさと、かよは別々に暮らしており、立花に手紙を書いている時かよが、
  やってくる。
 ・医師が往診する
 ・かよが行方不明になる。
 
 ・Gメン本部ビル(S#15)
 ・Gメン本部、吹雪が電話を取り立花が事件を知る(黒木と立花の会話あり)
 ・夜行列車で黒谷町に行く立花


 ※黒木警視正、三度、黒谷町土俵入り! 蜂屋辰男がなぜここに?

 ・立花とちぐさが、かよが住んでる源治の山小屋を尋ねる(回想シーン)あり
 ・ちぐさが、かよの母親になると決めるセリフあり
 ・片桐家に2000万要求の電話
 ・黒谷署の捜査で蜂屋辰男(30歳)が連行される
 ・黒木が2000万持参で黒谷署に
  
 
※雪原の山岳地帯を舞台にしたクライマックス!

 ・蜂屋が望月家の墓参りをしている
 ・身代金受け取り後犯人バイクで逃走、死亡(石川守32歳)
 ・片桐家の墓地で
墓参りをしているちぐさ、蜂屋に誘拐される
 ・農家の小屋に監禁されるちぐさ、かよを見つける

 ・黒谷署に、ちぐさ誘拐の電話が
 ・立花と蜂屋の闘い
 ・蜂屋、逮捕される

 ・黒谷町総合病院で懸命の手当を受ける、かよ
 ・
かよの死
 ・
男泣きする立花
 ・
すべてを察知する黒木

 - END - 
 
  
  
            
  
※。 

 
 

        
   ※かよとちぐさ、立花の心の交流が丹念に描かれている傑作。

  
  
※本編とはまったく異なる衝撃的なラストシーン!

 ◆役名表記: 片桐ちぐさ、望月源治、望月かよ、蜂谷辰男(望月辰男)、岸本民子(かよの母親)、石川守、矢野捜査一課長、
 黒谷署署長ほか

  

 
今回は、睡蓮75さまのご協力によりシナリオ検証を執筆いただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。

 

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 ちぐさと、かよは一緒に暮らしている
 医師が往診するシーンがカット
 サブタイトル後Gメン本部のシーンがカット

 回想シーンで、焼き芋を焼いてるシーンは、本来セリフなどがあるシーン
 身代金取引場所のセリフはシナリオにはない
 身代金取引のシーン
 立花たちは山小屋にいるが、シナリオでは、山の中

 犯人が身代金を奪うシーン、シナリオでは防寒コートを、すっぽりかぶっている
 バイク逃走犯死亡現場、シナリオでは、ちぐさもいて、不安になるシーンがある
 シナリオでの、ちぐさが誘拐されるシーンは本編ではない
 たいまつを持って山狩りをするシーンはシナリオにはない

 犯人の指示で走り回る立花
 蜂屋に身代金を渡す立花。(シナリオでは鞄を持っている)
 立花「・・・・かよを連れて来い」というセリフ。シナリオでは「頼むから教えてくれ」と
 お願い口調

 立花が蜂屋に手斧で襲われるシーンはシナリオにはない。シナリオでは、立花は格闘の末がけから
 転落するようになっている
 山小屋で民子が鎌で殺されるシーンは、シナリオでは蜂屋の持ってる手斧で殺されてる
 格闘の末、蜂屋を逮捕
 3人で病院に向かうシーンでエンド

 本編では監禁されてたのは山小屋だが、シナリオでは「農家の納屋」

 -------------------------------------------------------------------------
 もしシナリオ通りのラストシーンなら、この後の黒谷シリーズの構成もまったく違ったものになってたかも
 しれません。
 この台本の所有者はバイク犯人の石川守、役の今井久さんの実使用台本です。
 -------------------------------------------------------------------------
 
以上、シナリオ検証:睡蓮75さま

 死んだ三匹目の魔物・望月源治の娘・かよを迎え、東京でちぐさとともに暮らす決意を固める立花警部。
 今回の作品は今後の黒谷町シリーズ(仮に命名)の展開を位置づける上でスタッフの間でもいろいろ案が
 出たと思われる。
 シナリオではかよが絶命する展開となっているが、本編では一命を取り留める。
 黒谷シリーズは当初、3部作で完結させる予定だったが好評につき続投。このあたりで一区切りしたかったか、
 あるいは”源治シリーズ”を一旦完結させる意向があったのかもしれない。

 結果的に、”立花−ちぐさ−かよ”の関係を堅持しつつ、シリーズは「Gメン’82」まで続くわけだが、
 ”立花警部−片桐ちぐさ”を取り巻く人間関係をより重厚に描くためにも、かよを生かしたのではないだろうか?
 興味深い一冊となっている。

 ところで、今回は長野県警本部から腕利きの捜査員・矢野捜査一課長が黒谷署へ派遣されている。
 相次ぐ殉職、相次ぐ魔物の出現。すべてGメン・立花警部に手柄を持ってゆかれているのに業を煮やした結果
 であろうか?黒谷署署長も第一線で奮闘!
 
  
フットワークの良さがウリや!

- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る