-->

 シナリオワールドNo.292〜294
    
81香港カラテロケシリーズ 
  
香港女カラテGメン
  香港女カラテGメンPART2
  香港女カラテGメンPART3

  
★3作のシナリオ展開を掲載する関係で、下へ下へと長文になります。あしからずm(_ _)m               


  ★今度ばかりは約束を破る!             

  タイトル  相違点
本編
「香港の
  女カラテ対
     Gメン」 
     
 
 
◎シナリオナンバー292、293、294。(合本)
シナリオ
「香港の
  女カラテ
   対Gメン」
 
 
※世界麻薬Gメン会議壊滅を狙う香港コネクション!燃える島谷 (風見志郎?)カラテ! 

 
シナリオの展開
 ・香港の大邸宅。香港カラテの立ち回りを見せるカラテ使い。
  (カラテ立ち回り・・・沙/汪、馬、除、會/巨漢:銭)
 ・テラス。ボスのジャクソンが秀蘭から世界麻薬Gメン会議開催の事実を知る。
 ・世界中から集まる麻薬Gメン殺害を配下に指令するジャクソン。
 ・FBI捜査官が到着。秀蘭の出迎えを受け駐車場ビルに連れ込まれカラテ使いの
  餌食に。続いてインタポール捜査官。
  難民アパートの屋上で血祭りに上げられ路上に落下。
ここで<タイトル>
 
 ・香港の大邸宅。報告を受けるジャクソン。次の標的は警視庁の白鳥警視。
 ・日本人を嫌う秀蘭、白鳥個人に恨みを持つ本多。
 ・空港の到着ゲートから出てくる白鳥。狙いをつける秀蘭。随行する島谷らに気づく。
 ・想定外の随行員に接触のチャンスを逃す秀蘭。汪と馬に尾行を命じる秀蘭。

 ・香港警察で陳警部から国際麻薬捜査官連続殺人事件を聞く島谷、杏子、白鳥。
 ・麻薬会議中止を知る。”香港コネクション”の仕業と睨む陳。
  組織の全貌はまだ掴んでいない陳。白鳥護衛を島谷、杏子に促す。
 
 ・香港島を眺める白鳥。島谷らに
第二次大戦中、中国に住んでいた経歴を語る。
 ・
生き別れた娘の消息を気にかける白鳥を励ます島谷、杏子。


 ※”力保健”のPOPが踊る下町の一角。このさりげないCMがくどいように画面に^^;

 ・杏子は張姉弟と会う時間をもらい香港島へ向かう。
 ・張姉弟との東京でのなれそめを思い起こす杏子。
 ・組織に利用され日本へヘロインを密輸しようとし身柄を拘束された過去があった。
 ・密輸の首謀者は元警官の本多だった。
 ・白鳥と杏子の尽力で姉弟は国外退去処分ですんだ。

 ・アイスキャンディーを売っていた弟・リャンが杏子に気づく。水上生活者の船で
  姉・麗花とも再会する杏子。秀蘭に気づく杏子。
 ・陳警部のことばを思い出し、尾行する杏子。
 ・路地から飛来するナイフ、
合気道の構えに入る杏子。秀蘭の手引きで飛び出す
  除、會、汪、馬。
合気道で応戦する杏子。カラテの蹴りを浴びて苦戦。
 ・強烈な蹴りで昏倒する杏子。杏子を連れ去る汪ら。
 ・様子を見ていた張 雲竜。

 ・大邸宅。本多の姿を確認する杏子。
 ・巨漢の銭らに提案する本多。杏子を人質に押収されたヘロイン奪還を語る。
 ・
本多に踊りかかる杏子。振り払って突き飛ばす本多。
 ・短剣を投げる沙。昏倒する杏子。
 
 ・麗花とリャンの下に帰ってきた兄の雲竜。
 ・麗花が雲竜の持っているショルダーバッグに気づく。
 ・ショルダーバッグから杏子の手錠や警察手帳が出てくる。
 ・麗花とヤンは東京での出来事を思い出す。
 ・東京に行った事実を雲竜に語るリャン。

 ・杏子を連れ去った悪党をやっつけるよう雲竜に頼み込むリャン。
 ・父親の死、ヘロイン密売組織を摘発しようとしなかった香港警察、仇を討つため
  立ち上がったことを思い起こす雲竜。
 ・(回想)ヌンチャクとカラテで組織のカラテ使いを一網打尽にした雲竜。
 ・(回想)上司の陳警部に逮捕される雲竜。
 ・(回想)過剰防衛の罪に問われた雲竜は、武器のヌンチャクを封印した。

 ・大邸宅。日本人への憎しみを杏子に向ける秀蘭。
 ・秀蘭の投げたナイフに身構える杏子。
 ・沙のカラテが杏子を襲う。
合気道で必死に応戦する杏子
 ・巨漢・銭が攻撃に加わる。すさまじいカラテの集中攻撃。
 ・沙の攻撃と銭の一撃で
壁に吹っ飛ぶ杏子。STOP

 <
つづく
  
 
※杏子の善戦むなしくリャンとともに窮地に陥る!立ち上がるドラゴン!

 ・前編の解説のあと<
タイトル

 ・波止場。ヌンチャクの封印は破れないとリャンに告げる雲竜。
 ・ホテル。杏子誘拐の知らせを電話で受ける白鳥。
 ・九龍シグナルヒルに呼び出される白鳥。
 ・九龍シグナルヒル。白鳥と島谷の前に現れる本多。彼を逮捕しようと近づく島谷。
 ・本多の背後に立つ秀麗と銭。要求を伝え、去る幹部ら。追う島谷。
 

 
・中腹の道。銭、秀蘭、本多を尾行する島谷。路上の木にひそんでいた徐、會が
  襲いかかる。躍り出てくる汪、馬。必死に戦う島谷。蹴りが炸裂!戦闘員四人逆襲、
  島谷昏倒。
止めを刺そうとした會めがけて小石が飛ぶ。雲竜登場!逃げる戦闘員
 ・雲竜、倒れた島谷のポケットから警察手帳を発見。

 ・Gメン本部。白鳥からの連絡を受け香港コネクションの要求をのむ黒木。

 ・麗花の船。島谷を介抱するリャン、麗花。リャンの依頼でもヌンチャクの封印を解く
  ことをためらう雲竜。
 ・九龍城。リャンと島谷が潜入。組織のアジトを教えるリャン。麻雀に励む徐ら配下。
 ・見張りをリャンに頼み、香港警察の陳に知らせるべくその場を離れる島谷。
  會につかまるリャン。
 ・リャンが帰ってこないことを心配する麗花。立ち上がる決意をする雲竜。
 

  

 
※ところで、白鳥警視ぃ、”力保健”飲み過ぎ^^?!
  
 
 ・九龍城。陳とともに汪ら配下を問い詰めるが埒が明かない、立ち去る二人。
 ・様子を見ていた雲竜。自力で立ち向かうことを決意。四人を締め上げる。
 ・大邸宅。監禁された杏子の部屋にリャンが放り込まれる。
 ・救出の願いを鳩に託すリャン。一羽目は失敗。二羽目は打ち落とされる鳩。

 ・雲竜が立ち上がったことを知り、雲竜抹殺の指令を下すジャクソン。
 ・街を行く雲竜が網で捕らえられる。廃墟で吊るされ痛めつけられる。
 ・日本人を嫌う秀蘭、恩義を感じる雲竜の葛藤。本多登場。

 ・Gメン本部。身代金と押収したヘロインを持ってくる中屋、田口。香港へ全員で
  飛ぶ指令を下す黒木。
 
 ・廃墟。逆襲に転じる雲竜。傷だらけで船に戻る雲竜。
 ・香港警察。黒木らが到着。人質救出第一の黒木と意義を唱える陳。
  電話がかかってくる。白鳥一人で取引に来るよう要求する組織。
 ・シグナルヒルで本多と落ち合う白鳥。持ち出したヘロインと身代金
  を本多に渡す白鳥。陳と武装警官が現れ逮捕される本多。激怒するジャクソン。
 ・監禁部屋で馬に
おどりかかり拳で撃退する杏子。逃走を図る。
 ・行く手を阻まれる杏子、リャン。沙、銭、秀蘭、汪登場!
 ・部屋に戻る杏子ら。吊り天井が刻一刻と落ちてくる。<
つづく>   

 
 
※中島はるみ&めぐみ姉妹共演  ※市場の雑踏に消えた草野刑事を彷彿とさせる”張 雲竜”

 ・ 前編〜中編の解説、吊り天井の部屋。落ちてくる槍。絶体絶命の杏子。
  <
タイトル
 ・取調室で本多を締め上げる陳警部。やりかたに意義を唱える白鳥警視。
 ・監房に連行される前に本多が白鳥に囁く。大事な話が有ると。渋々了承する陳。
 ・生き別れた娘に会う方法がある。夜、シグナルヒルへ行けと告げる本多。
 ・杏子に娘との過去を告白したことを思い起こす白鳥。
 ・吊り天井の恐怖にさらされている事実、自分を逃がすよう要求する本多。

 ・苦悩する白鳥。
 ・
深夜の監房。本多の部屋に一人の中国人が収監される、配下の汪だった。
 ・
鉄格子の鍵を開ける汪。看守を叩きのめす汪。逃走する汪、本多。
 ・シグナルヒルで娘とみられる女性と会う白鳥。女は秀蘭だった。
 ・秀蘭の首筋のホクロと白鳥の娘の写真と特徴が一致しているのを知る白鳥。
 ・自分を捨てた親への憎しみを吐露する秀蘭。詫びて日本へ帰ることを勧める白鳥。

 ・本多登場。ヘロインと一億円を秘かに持ってくるよう持ちかける本多。
 ・白鳥を振り返るが、そのまま去ってゆく秀蘭。見送る白鳥。
 
 ・白鳥が身代金、ヘロインとともに姿を消したことを香港警察で告げる中屋警部補。
 ・香港での白鳥の様子を島谷刑事らに問いただす黒木警視正。
 ・ケーブルカー山頂途中の駅で落ち合う白鳥と本多。
 ・白鳥の行動に罵声を浴びせる本多。苦悩する白鳥。
 ・ナイフが白鳥を貫く。汪、徐、馬のカラテが炸裂。倒れる白鳥の胸元に遺書。

 ・香港警察。遺書につづられた白鳥の呵責の念に触れる黒木。
 ・邸宅のテラス。ヘロインをボスのジャクソンに渡す本多。
 ・
アメリカに密輸するよう沙に指示を出すジャクソン。
 ・白鳥が殺されたことを知る秀蘭。感情が高ぶる。
 ・心の動揺をナイフ投げで紛らわす秀蘭。傷ついた鳩に気づく。

 ・吊り天井の部屋。怯える杏子、リャン。
 ・秀蘭が救出する。
 ・本多と沙の語らいを偶然聞いてしまう杏子。本多と秀蘭は境遇は同じでも親子では
  ない。
 ・リャン、鳩を大空に放つ。沙の槍は届かず飛び去る鳩。
 ・逃げる杏子、追う汪、馬、徐。秀蘭がナイフで杏子らを救う。
 ・杏子をかくまう秀蘭。自分が日本人であることを告げる目が涙にうるむ。

 
 
※燃えよドラゴン!香港怒りの必殺拳 。観たくなるでしょう^^。日本のTVドラマを超越し映画の域です!
 
 ・雲竜のもとへ鳩が戻ってくる。鳩に託したリャンのメモを見て立ち上がる!
 ・秀蘭の裏切りに激怒する銭。銭と沙の攻撃で倒される秀蘭。
 ・愕然とする杏子、汪、馬、徐が杏子に襲い掛かる。
 ・雲竜登場!ヌンチャクとカラテで沙、銭と闘う。
 
 ・裏庭。逃げようとする本多。行く手をさえぎる黒木らGメン。
 ・黒木、立花の指令で本多を逮捕する中屋ら。
 ・
陳に連れられてきた麗花とリャンが本多を睨む。
 
 ・テラス。死闘!雲竜VS銭。ヌンチャクで倒される銭。
 ・拳銃の照準を雲竜にあわせるジャクソン。最後の力を振り絞る秀蘭。
 ・ナイフを放つ秀蘭。雲竜のヌンチャクの連打がジャクソンを襲う。
 ・杏子、秀蘭を見つめる。
 ・秀蘭の手に白鳥が持っていた写真を握らせる杏子。
 ・
杏子のN「香港コネクションは壊滅し麻薬Gメン会議は開催された。
 

 - END - 
 


  
 
       

  
  
※Gメンのシナリオは連続モノだと合本となる。今回は3部作で一冊にまとめられていた。注目!アクション監督:ブルースリャン氏
 

  

  
※主要キャストは既にシナリオに書き込まれていた。”香港協力”という項目にも注目。日本、香港の映画並みの合作である。                                          

        
  
※冒頭、FBI捜査官及びインターポール(表記はインタポール)捜査官とのやりとりのみ英語の予定だった。 
 
 
        
   ※吹雪杏子刑事も当初はすさまじい合気道のアクションが予定されていたようだ。(第一弾)

 ◆役名表記: 張雲竜(ブルースリャン)、呂秀蘭(アニー・リー)、沙翠玉(オメイメイ)、銭烈山(ヤンシー)
   ジャクソン(CLEN THOMSON)、白鳥警視(鈴木瑞穂)、本多貢元刑事(辻萬長)、張麗華(中島めぐみ)、張少年(中井徹)、
   陳警部(河合弦司)、汪<配下>、馬<配下>、除<配下>、會、麻薬の売人、FBI捜査官、インタポール捜査官、
   看守A、看守B、雲竜の父親
  
*張 雲竜の弟・ヤンはシナリオ段階では”張 少年”表記のみでフルネームの紹介は本文の中でも無し
   ( )内のキャスト名はシナリオでも表記あり。

                           
Gメン75初にして最後の”3話連続モノ”の香港カラテロケ編。
 このシナリオは都内某所にある古書店で偶然発見し、購入したものである。今から数年前のことだったので、
3部作とはいえ2千円台で購入できたのは幸運だった。

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 今回は連続モノなので一気に紹介することは時間的にも困難だったため、更新型にて展開を紹介して行きます。
 あしからずご了承願います。m(_ _)m

 まず第一弾。大筋は本編と大差ないが、以下の点が若干本編とは異なる。

 ・インターポール捜査官、FBI捜査官と語る秀麗。英語で日本語字幕の予定だった。
 ・シナリオでは白鳥警視の過去を第一弾で告知してしまっている。
 ・本編では杏子が無抵抗のまま倒されるイメージで描かれているが、シナリオでは必死の応戦が加えられている。
 ・本編ではカラテの演舞で<タイトル>だが、シナリオではインターポール捜査官落下で<タイトル>
 ・父を殺され激怒した雲竜が配下を血祭りにあげる回想シーン。シナリオでは巨漢・銭との対決シーンは無し。

 第一弾の本編を見る限り、吹雪刑事は弱すぎ。。シナリオでの合気道応戦アクションを映像化していただければ
 もっと緊迫した描写になったと思う。
 
 --------------------

 第二弾。以下の点に若干の変更がなされている。

 ・昏倒した島谷。止めをさされそうになるところを雲竜が救出。島谷が警官であることを知る。
 ・監禁部屋から逃げ出そうとする杏子の拳での格闘シーン。(本編ではさらっと合気道)

 ---------------------
 第三弾。
 
 本多が組織の配下とともに脱獄するシーンが割愛されたほか、シナリオと本編との違いはごくわずか。
 本編では本放送と地上波再放送(関東、中部)、CS放送ではエンディングに大幅な変更がなされた。
 本放送ではEDテーマは中国語版「面影」(心影)だったが、地上波再放送、CSでは「遥かなる旅路」であった。
 今回の三部作は、香港・日本の合作という側面から、おそらくEDテーマは香港では「遥かなる旅路」、日本では
 「心影」のバージョンが流されたのではと思う。

 今回で、ブルースリャン氏好演のシリーズは一旦幕引きとなるが、今回のシリーズが好評だったのか
 再びドラゴンこと
張 雲竜を登場させたエピソードが製作される。
 「香港カラテ対北京原人」(前後編)しかし、
シナリオではなんともう1シリーズ存在するのである。
 時期を見てご紹介しましょう。お楽しみに(^^♪
 
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る