-->

 シナリオワールドNo.291
      

    女たちの
      殺人忘年会
    
          
  


      ★俺は刑事として
          
デカとして死にたい!             

  タイトル  相違点
本編
「女たちの
  殺人忘年会」 
     
 
 
◎シナリオナンバーも291。
シナリオ
「女たちの
 殺人忘年会」
 
 
※Gメンの忘年会恒例行事前は黒木VS立花の腕比 べ。 

 
シナリオの展開
 ・教会の近くの外人墓地。黒衣の女・井草夕子が立ち上がり墓地を後にする。
 ・一台の黒い高級車が夕子に近づく。同じく黒衣の女。夕子を乗せ車は立ち去る。
 ・車内で会話する黒衣の女たち。夕子を見送る謎の黒衣の女。
  <タイトル>

 ・スナック「アリス」に夕子が入ってくる。コートを着たままコーヒーを飲む。
 ・トランプのカードをシャッフルする夕子。
 ・警視庁地下射撃場で腕試しをする黒木、立花。
 ・Gメン本部。若手らが忘年会場へ向かおうとする。島谷は大掃除。
 ・スナック「アリス」。田口が現れる。夕子が近づく。
 ・サイレンサーの銃口を店員の恵子につきつける。
 ・弾き語りがスナックを訪れるが夕子の指示でママ・ゆかりが追い払う。
 
 ・仮面の男がギターでリズムを奏でながら店に入ってくる。
 ・ゆかりが驚く。仮面を取る男。中屋だった。
 ・室内の異常に気がつく中屋。抵抗しようとした中屋を拳銃で殴る夕子。
 ・拳銃をGメンらに向けたままカードをシャッフルする夕子。
 ・隙をみてフライパンを手にかけようとする田口。
 ・夕子のサイレンサーが火を噴く。
 ・めくったカードを見て笑う夕子。自分の計画がうまく行く暗示だと言う。

 
 
 
※シナリオではスナック「アリス」(西銀座七丁目付近という設定)
  幹事は吹雪刑事?全員参加なのに南雲警視がいないのは寂しいですね・・
  「結城だ。南雲警視の代わりに私が来た。世論は納得済みだよ。いいね!」などという遊びがあれば
  面白かったのですが^^;

 ・ワインをゆかりに頼む夕子。恵子に毒見させようとする。
 ・田口に立花を呼ぶよう要求する。銃口は恵子に向けられている。
 ・Gメン本部。ねじり鉢巻腕まくりで掃除に励む島谷。 
 ・電話が鳴る。テーブルをジャンプして電話を取る島谷。
 ・田口のバカ丁寧な言葉使いに不信感を持つ島谷。電話を切る。

  
 
※ビルごとぶっ飛ばすよ!拳銃を捨てるの捨てないの!

 ・スナックアリスに電話が鳴る。電話の主は島谷。
 ・中屋が電話を取る。田口の様子がおかしいことを告げる島谷。
 ・中屋は立花のセカンドネームを告げスナックには来ないよう連絡する。
 ・スナックアリスの異常を察知した島谷は、捜査一課の忘年会に出席している立花
   を呼び出す。 
 ・忘年会が閉会したことを知る島谷。掃除を放り出したままGメン本部を飛び出す。
 ・教会の墓地。立花は洋風の墓石に手を合わす。井草純一警部補の墓。

 ・井草は立花の同期。親友だった。
 ・立花は井草が麻薬中毒になったことを思い起こしていた。
 
 ・タクシーに乗る立花。西銀座にあるスナックアリスへ向かう。
 ・夜8時半。スナックアリス。トランプのカードをめくる夕子。
 ・自分の不吉なしらせを暗示するカードが出て顔を曇らせる夕子。
 

  
 
※真夜中の赤レンガ倉庫の死闘!これぞGメン75といったポーズ。立花&島谷!
  
 
 ・スナックの扉をたたく音。ゆかりに開けさせようとする夕子。
 ・島谷が飛び込んでくる。銃口を夕子に向ける島谷。身構える中屋。
 ・夕子は黒衣の前をはね、身体にまきつけたダイナマイトを見せる。
 ・ビルごとぶっとばすと脅迫する。どさくさにまぎれて警察手帳にメモする中屋。
 ・島谷から拳銃を取り上げ、島谷を殴り飛ばす夕子。
 ・立花が来たら一発でし止めると豪語。行動の原動力は立花への憎しみだった。
 ・タクシーの中で井草の最後を思い起こす立花。
 ・倉庫街で銃弾を浴び息絶える井草。

 ・渋滞に巻き込まれるタクシー。
   タクシーを降りて歩いて忘年会場アリスへ向かう立花。
 ・スナックアリス。島谷を治療する中屋。血で汚れた手を洗うようすすめる夕子。
 ・洗面所で顔を洗い、小窓から警察手帳を外へ投げる中屋。

 ・落ちてきた中屋の警察手帳を拾う婦人警官。
 ・トランプ占いを続けている夕子。
 ・婦人警官が店に入って来る。夕子の目の前で警察手帳を中屋に返す。
 ・夕子、警察手帳をひったくる。

 ・”立花はスナックへ来るな”と書かれた手帳を見て激怒する夕子。

  
 
※俺はGメンとして聞いてるんじゃない!友だちとして聞くんだ!! この深みの有る映像は
 他のドラマではなかなか見られない。

 ・夕子、中屋に銃を向け引き金に手をかける。
 ・田口が飛び掛る。夕子の銃が暴発。田口が倒れる。
 ・井草の写真をテーブルに置き、自分の無念さを語る夕子。
 ・夕子は立花に幸せを壊されたと思い込んでいる。
 ・井草は麻薬捜査官でありながら組織のボス・堂島に買収され麻薬中毒になった。

 ・事実を認めようとしない夕子。
 ・麻薬取引現場に急行したときを思い出す中屋。
 ・回想。倉庫街での麻薬取引現場急襲。
 ・警視庁小会議室。報道関係者に囲まれる立花。麻薬ルート一斉手入れの報告。
 ・麻薬捜査官・井草の転落ぶりが新聞に書きたてられる。
 ・スナック・アリス。夕子、テーブルに戻りカードを切る。

 ・立花の末路を暗示するカードに笑みを浮かべる夕子。
 ・立花が入ってくる。
 ・夕子のサイレンサーが火を噴く。拳銃を抜き撃とうとする立花。
 ・恵子を盾にとりダイナマイトと拳銃で武装した夕子に気づく立花。

 ・立花への恨みを吐き出すようにぶちまける夕子。
 ・
井草が自殺しようとした事実を告げる立花。
 ・井草が不治の病に侵されていたことを語る立花。
 ・不治の病だからこそ残りの人生を刑事として生き、死にたいと立花に語った井草。
 ・潜入捜査官として組織にもぐりこみ情報をGメンに流すというものだった。
 ・回想。倉庫街での取引現場急襲。立花をかばって組織の銃弾に倒れた井草。  

 
 ・打ちひしがれる夕子
 ・いつのまにか黒衣を着たゆかりが立っている。
 ・ゆかりは麻薬組織のボス・堂島の情婦だった。
 ・ゆかりは巧みな方法でGメンに近づき、夕子をそそのかし自分の復讐を遂げようと
   した。
 ・ゆかりの手から拳銃がはじかれる。
 ・黒木登場!
 ・殺到する救急車とパトカー。負傷した田口、島谷、中屋が手錠をかけたゆかりを
   連行。夕子が両手を立花に差し出す。
 ・夕子に新しい人生を歩むよう告げる。杏子に連行される夕子。
 ・黒木が立花に諭す。「来年の忘年会までに腕を磨いておけ」
 ・立花の下に落ちていたカード。
 ・立花の天運の強さを表すカードだと告げる黒木。
 ・今年はいろいろなことがあった。来年も頼むぞと告げる黒木。
 ・微笑しうなづく立花の顔がSTOP。


 - END - 
 


  
 
       

  
シナリオナンバー”291”
  
                                         

        
  
立花警部のフルネーム。今回は立花一郎。(慎一、吾郎、五郎と様々である。)シナリオでは”立花一郎警視”と誤植あり。 
 
 
        
 
 ◆役名表記: 井草夕子、井草純一警部補、ゆかり、恵子、堂島、婦人警官、ホテル係員、タクシー運転手、外人、配下たち、
 新聞記者たち

                           
今回の大将はやっぱり島谷刑事?!


 
------------------------------------------------------------------------------
 

 ほぼ毎年、Gメンは新春になると笑いを取り入れた作品をぶつけてくるが、81年は特別番組を放送したせいか、
 年明け第一回は1月10日。いきなり81香港カラテロケシリーズ3部作から幕を開けた。
 そのせいか80年のしめくくりとして「'77元旦デカ部屋ぶっ飛ぶ!」の流れを組む本作品を制作。
 随所に特番っぽいエッセンスを散りばめている。
 上記の島谷刑事もいつになく笑いを誘う動きをしている^^

 さて、本作品。流れは本編と大差はなく、シナリオの展開を見てみると、微妙な修正が施されていることに気づく。
 報道陣に囲まれ捜査報告をする立花警部など、Gメンでは珍しいシーンも予定されていた。
 大きな変更点は、江波杏子さん好演の井草夕子。いきなり黒衣をまとう女として登場させるあたり、「’77元旦−」の
 中原早苗さんをイメージさせる。

 ラスト。スナックのママゆかりがいきなり黒衣に着替えてくるシーン等、不自然なものはあらかじめ修正。
 江波さんも黒衣より和服という設定が、往年の邦画のイメージを色濃く打ち出している。
 数ヵ月後にはGメンに加入するのだが、その前の最終テスト出演と思われる。

 それにしてもラスト。シナリオでは立花と黒木のやりとりで幕を引くわけだが、本編ではいきなり道路交通法違反?
 車道の真ん中を堂々とGメン歩きをかます黒木警視正たち^^。
 みんなで歩けば怖くない・・・ということでしょう。この勢いで新春もたのむぞ!とエールを送りたい作品でした★ 


- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る