-->

 シナリオワールドNo.254
   警視庁の女スパイ
    
   新女Gメン!中島はるみ       
  


        ★ここがお前の墓場だ!!
             

  タイトル  相違点
本編
「警視庁の女スパイ」
 
 
◎前編で予定されていたシーンが、後編に移行。
シナリオ
「警視庁の女スパイ」
 <後編>
 ★シーン202(総合病院・病室)

 
シナリオ:立花、南雲が火野を尋問。口を割らない火野。
 
本編:カット
 ※冒頭芥川氏のナレーションの後に予定されていたシーン。
   (このシーン前編より流用) 

 
★シーン215〜218(向かい側のビル・洗面所〜階下の廊下)
 撃たれて気を失った影山が意識を取り戻し、防弾チョッキを脱ぎ捨てる。
 仲間の峰谷が警官の制服を持って来て影山に放る。
 警官隊の群れに紛れ込む影山と峰谷。
 
本編:カット
 
※屋上(シナリオでは庭)で吹雪と出会う立花らのシーンの後に挿入
   される予定だった

  
 
 ★シーン223(廊下)

 
シナリオ:入院した島谷の容態を南雲に尋ねる黒木。黒木がSPの杏子
 に応援を依頼したと告げる。
 黒木は立花、南雲に影山の狙うターゲットは誰かと尋ねる。
 その後、ビルの一室で狙撃銃を組み立てる影山のシーン。

 本編:入院した島谷の容態を南雲に尋ねる黒木。黒木がSPの杏子
 に応援を依頼したと告げる。
 黒木は立花、南雲に影山の狙うターゲットは誰かと尋ねる。
 この後に
シナリオ前編に書かれてあったシーン72〜78(が登場。

 


 (

 
黒木は雑司が谷の広瀬電気店に出向く。雅代と広瀬元巡査に会う。
 次に雅代と広瀬のなれそめの回想シーン。その後、
 踏み切りがある側道で、めぐみと広瀬の姿を見て一家の幸せをぶち壊
 させてはならないと誓う黒木。

 
★シーン253(屋上)
 
シナリオ:おなじみ警視庁屋上での語らい。
 黒木、南雲、立花は大都会の屋並みを眺めながら、影山の殺しの腕前、
 警察の動きがもれていることを語る。
 向かいのビルから影山の狙撃を受ける。身を潜める黒木、南雲、立花。
 立花、南雲が拳銃で応戦。姿を消す影山。結城警視正の秘書が怪しい
 と告げる黒木。 

 本編:カット
 
※屋上での語らいは、『Gメン』ではおなじみ。
 できれば今回でも見たかったが、全体の流れから考えてカットもやむなしか・・と思う。
 古くは『キイハンター』黒木&村岡、黒木&島。最近の二時間ワイド「右京警部補」や
 「警部鬼沢平吉」でも名残が感じられる。


 
★シーン274(ターミナル駅構内)
 
シナリオ:電話する結城の秘書・令子の右五番目が庄司。
 本編:電話する結城の秘書・令子の左九番目が庄司。

 

 
★シーン288(下水溝の中)
 
シナリオ:警官隊の催涙弾で襲撃されたテロリストのアジトから逃げた
 影山。狙撃銃を抱えながら下水につかりながら逃げる。

 本編:カット。警視庁地下取調室のシーンに移る。

 
★シーン289(警視庁・地下取調室)
 シナリオ:南雲が庄司らに世界情勢を語る際、イランとアフガニスタンの
 例を挙げる。

 本編:具体的な国名は伏せる。

 
シーン290〜293( 公園<夜明け>〜ドブ川の中)
 
シナリオ:警官に追われる影山、撃つ影山、射殺される警官。
 疲れて庄司の言葉を思い出す。自分には娘がいること。雅代の住所。

 
本編:ここではカット。

 
★シーン295(店内<広瀬電気店>)
 シナリオ:テレビに映る影山を見て、めぐみを抱きしめる雅代。
 このあとに、
シーン290〜293(
 警官に追われる影山、撃つ影山、射殺される警官。
 疲れて庄司の言葉を思い出す。自分には娘がいること。雅代の住所。
 
本編:影山の回想シーンに、前編のシーン52が加えられている。
 
 雅代「あなたにとって私は、いったい何だったの?」
 影山「女さ」
 雅代「女?」
 影山「ただの女だ」

 
このシーンのあと、影山は雅代に電話をする。

 
※この描写に変えたことで、影山の人間としての心が垣間見える
   奥深いシーンになっている。  

 

 ★シーン297(早坂<本編では広瀬>電気店の店内)
 シナリオ:めぐみは広瀬の子供だとキッパリ告げる黒木。
 何度もうなずく広瀬。

 シナリオ:広瀬が黒木に告げるカタチに変更。

 
★シーン298(操車場)
 シナリオ:Gメンの狙撃配置
 立花・・・・・・・・・貨車のデッキ
 南雲・・・・・・・・・物陰
 中屋&田口・・・貨車の屋根に腹ばい
 島谷・・・・・・・・・片腕を吊った状態
 杏子・・・・・・・・・レールの上に片膝をついて構える

 本編:物陰から一斉射撃。(杏子の射撃シーンなし)

 

 
END  
 

  
 
       

 
  
(シナリオNo.253、254)
  
  ◆役名表記:影山 徹/楊 秋白、火野昭一/黄 文生、早坂雅代(本編では広瀬雅代)、
  早坂巡査(本編では広瀬)、早坂めぐみ(本編では広瀬めぐみ)、庄司、峰谷、曾根、冴田、
  木島、赤崎誠次、岩森貢、小泉令子婦警、法務大臣(本編のみ 「法務大臣 高木幸一」と表記)、
  裁判長、主任検事、外科医、看護婦、刑事局長、
  白バイ警官A、白バイ警官B、パトカーの警官A、パトカーの警官B、パトロール警官A、パトロール警官B

  ◆備考:病院・・・シナリオでは総合病院だが、本編では大隈病院
   
 
------------------------------------------------------------------------------
 
前編に戻る
 

 SP隊員・吹雪杏子の登場、Gメン加入の特別企画作品。
 まず興味深いのが、吹雪刑事の役名が当初は、”風見杏子”という設定だったこと。
 シャープなイメージの名前だが、連呼してみるとやや言いにくい点が気になった。おそらくスタッフの中にも
 同じ意見の方がいらっしゃったのでは・・と思う。

 また、つばの広いハット着用や、”ひびき”、”ふぶき”という類似性から考えて、
 初期女性Gメン・響刑事のイメージを踏まえつつ、プロとしての鋭さを持たせたキャラクターを狙った
 感じも受ける。

 考えすぎかもしれないが、ミステリアスな行動、力強さを感じさせる尾行や射撃シーンから考えて
 『キイハンター』の精鋭・”吹雪一郎”の役名を重ね合わせたかったのではないかと思えてくる。
 
 前編では、冷酷非情なテロリスト対Gメン&警視庁の死闘をスリリングに描写しているが、後編はテロリ
 スト影山の心の揺れ動きと、影山との過去をきっぱり断ち切る雅代、広瀬の心情にスポットを当てた
 構成に変更されている。
 
 シナリオの流れをもとに、もっとわかりやすく、スリリングに、と現場で臨機応変に組み替えたスタッフの
 力量にはいつもながら頭が下がる思いである。

 ラストシーンの一斉射撃は、6人体制のGメン時代を思い起こさせてくれるハードな幕引きだった。
 シナリオからも”Gメン”のイメージが固まりつつあった第二期を意識したクライマックスが感じられる。
 スタッフの新たなる”気合”を感じずにはいられない。

 本編では、テロリスト・影山の末路、野望を打ち砕かれた象徴のようなサングラスに、平和の象徴である
 鳩がかぶさるというエンディングショットが印象的だった。
 徐々にフェードインするような処理でエンディングテーマに持ってゆく流れは、中身こそ違うが、
 第一回「エアポート捜査線」ラストのひねりすら感じられる。

 シナリオと本編を見比べてみると、いかにスタッフが作品への愛着を持って仕事をされていたかが
 よくわかる。

 何度見ても飽きない展開である今回。数ある登場編の中でも自分の心の中では、最も輝いている作品
 である。
 
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る