-->

 シナリオワールドNo.252
   15年前の
      女の死体       
  


      ★あの涙は決して嘘じゃない・・・!
             

  タイトル  相違点
本編 「 15年前の
    女の死体」
 
 
◎津川警部補の登場シーンが用意されていた。
シナリオ 「15年前の
    女の死体」
 ★シーン1・三多摩地区(夜)
 
シナリオ:昭和三十九年十二月四日午后十時三十分 東京多摩市」
 
本編:東京都K市郊外 昭和三十九年二月四日
 
 
★シーン7・法廷内
 
シナリオ:××署
 
本編:大高署
 
 
 ★シーン8・警視庁・南雲の部屋(回想)

 
シナリオ:市川刑事が新聞をビリビリ引き裂く。
 本編:新聞は手にしているものの引き裂くシーンは無し。

 
★シーン9・法廷内
 
シナリオ:裁判長の朗読のあとナレーションなし
 本編:裁判長の朗読の後、南雲警視のナレーション有。

 
★シーン10・地裁・表
 
シナリオ:蛍子「でも・・・警察の捜査にも、きっと足りない点が・・」
 本編:島谷のセリフになっている。
 
シナリオ:田口「しかし、常に百パーセント完全を求められたンじゃ・・」
 本編:中屋のセリフになっている。

 
★シーン13・法廷内
 
シナリオ:市川「あの涙は決して嘘じゃない!それなのに・・・(略)・・
          ・・・私は必ず奴が犯人だってことを証明してみせます!」
 本編:市川刑事の取調べシーンが挿入され、市川の心の内面をえぐる
 ような描写になってサブタイトル。

 
★シーン36・歩道橋
 シナリオ:南雲(N)市川刑事を病院に運ぶ一晩を病院で過ごす。

 本編:南雲(N)市川刑事を自宅へ運ぶ一晩を自宅で過ごす。

 
★シーン41・刑事課、42・団地 部屋
 シナリオ:市川が娘の死に対し、花房警部に証言する。
 その後、団地内で市川と娘・英子の回想シーン

 本編:カット。

 
★シーン53・Gメンの部屋
 シナリオ:南雲「四十年間、警察のために命を捧げてきた一人の老刑事
           のために、死んだ娘さんの供養のためにもな」

 本編:黒木ボスのセリフに摩り替わっている。

 
★シーン61・公園付近
 シナリオ:立花、中屋がラーメン屋に聞き込む。
 
本編:島谷が制服警官に聞き込む。

 
★シーン62・インサートフラッシュ
 シナリオ:深夜公園に入ってゆく英子の証言をするラーメン屋。

 本編:立花が監察医(河合弦司)に聞き込みをする。

 
★シーン63・公園付近
 シナリオ:深夜、中屋が屋台のラーメン屋に聞き込む。

 本編:深夜、中屋と田口がラーメン屋に聞き込む。

 
★シーン64・Gメンの部屋
 シナリオ:南雲「市川英子に連れの男がいたとすると、他殺の疑いは
          ますます濃くなるな」 

 本編:黒木ボスのセリフになっている。

 
★シーン75・団地 部屋
 シナリオ:市川が線香をあげに来た柳田を殴りつけようとするが南雲が
       制する。

 本編:市川が線香をあげに来た柳田を殴りつける。

 
★シーン80・ホテル全景
 シナリオ:南雲(N)「柳田のものと一致すれば重要な物証になる・・・
             我々は柳田の毛髪を手に入れるべくホテルに急行
             した。」

 本編:Gメン本部
 黒木「柳田のものと一致すれば重要な物証になる。」
 
 Gメン本部外(Gメン車に乗り込む南雲、立花ら)
 南雲(N)「我々は柳田の毛髪を手に入れるべくホテルに急行した。」

 
★シーン82・ホテル玄関
 シナリオ:市川が拳銃を向けて柳田を連行。プロデューサーともみ合う。

 本編:市川がエレベーターで柳田に拳銃をつきつけ屋上へ連行する。

 
★シーン86・ホテル屋上
 シナリオ:ラストに終結したGメンは、南雲、立花、蛍子、島谷、中屋、
 田口。

 本編:蛍子を除く。(南雲、立花、中屋、島谷、田口)
 
 

 

  
 
       

 
 
(シナリオNo.252 15年前の女の死体)
  
  ◆役名表記:市川刑事、市川英子、柳田善次、佐々木、花房警部、松野弁護士、刑事A(所轄署)、
  刑事B(所轄署)、裁判長、廷吏、サラリーマン客A、サラリーマン客B、テレビ・プロデューサー、
  ラーメン屋、制服警官、女子大生(高木順子)

 
 
------------------------------------------------------------------------------
 


 冤罪をテーマに、無実を主張する男の証言に疑問を持った担当捜査員と、被告、被告の支援者
 との闘いを描く。初期Gメンならば、初老の刑事はラストで被告に返り討ちにされていたと思われる。
 時の流れであろうか描き方も随分と変わってきたものである。

 放送当時は、多くの冤罪事件が明るみに出た背景がある。
 一歩間違えば、無実の人間が罪を被り、自由を奪われる。その反面、無実を主張し自ら手を下した
 犯罪をもみ消そうとする人間がいないとも限らない。

 どちらの恐怖も現実には起こりうる・・・という重みの有るテーマであった。

 印象的なのはシーン75。
 柳田に市川刑事がつかみかかることで、警察側の立場を悪くさせ、ひょっとしたら柳田は無実なの
 かもしれないという念を視聴者に抱かせたことであろうか。

 今回、シナリオを手にしてみて驚いたことは、一作前のギリシャ編で姿を消した”津川蛍子警部補”
 がGメンの一員として描かれていることだ。
 つまりシナリオ上では、本作品が津川警部補の最終編である。
 しかし、津川警部補の消息を描いていない点は、本編と同じ。その後の「帰って来た女刑事シリーズ
 ・パリから来た車椅子の女刑事」まで待たねばわからない点に不満が残る。

 作品の構成はシナリオ、本編とも大きな違いはないが、南雲のセリフを黒木に変更したり、
 分割したりと微調整のあとが見られる。

- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る