-->

 シナリオワールドNo.249
   コペンハーゲン
   女子留学生殺人事件       
  


    ★こんな姿を見るために
     コペンまで来たわけじゃないんだ・・・!
             

  タイトル  相違点
本編 「 コペンハーゲン
  女子留学生
    殺人事件」
 
 
◎本編との大差はなし。
シナリオ 「コペンハーゲン
  女子留学生
    殺人事件」
 ★シーン23・インサートフラッシュ
 
シナリオ:北爆による絨毯爆撃
 
本編:カット
 
 

 ★シーン38・飛ぶスカンジナビア航空・機内
 
シナリオ:黒木と螢の会話に70年代のベトナム戦争、80年代の
 イランなどの石油問題、西アジアのアフガニスタン紛争が折り込ま
 れてある。
 
本編:国際情勢の会話はなし。

 
 
 ★シーン39・インサートフラッシュ

 
シナリオ:反米のデモが吹き荒れるイラン。アフガニスタンになだれ
 込むソ連の戦車、機甲部隊。

 本編:カット

 
 

 

  
 No.249 コペンハーゲン 
        女子留学生殺人事件


        (脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一
       

 
 
(週刊テレビ番組誌巻末特集より)
  
  ◆役名表記:北見秀雄、一瀬昌代、唐沢達也、大河原、
  ◆以下、シナリオ本文より・・・
  石垣(大河原の付き人)、マダム(日本人バーのマダム)、チャーリー、コルベリ警部、秘書(コルベリの秘書)、
  ハムレットの声(大友龍三郎)
  
(出演者名はおそらく空欄) 
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
※吹雪の北欧に展開する反戦家とGメンの葛藤!

 シナリオナンバー249。(推測)

 
◆シーン38、39
 シナリオでは吹雪の想定はなされていなかったようだが、決定稿と本編に大差はなかった。
 ただ、ベトナム戦争のみならず、ソ連のアフガニスタン侵攻やイラン・イラク戦争に絡む会話、
 インサートフラッシュを準備していたあたりは、国際情勢に明るい高久進氏の手腕が感じられる。
 80年代に差し掛かったころの世界情勢を、風化しつつあるベトナム戦争と絡めることで、
 北見秀雄の願いをより印象的に描きたかったように思われる。

 今回のヨーロッパロケは、3話連続モノではなく一話完結の集合体という構成。
 一話で舞台設定をいくつか変えなければならない点等、海外ロケの雄大さを描くには少々無理が
 感じられる。作品のテーマとしては面白いので、せめて前・後編くらいにわけて制作していただけ
 ればより深く心情を描くことができたのでは・・・。
 
 ベトナム戦争当時の北欧はヒッピーで溢れかえっていたので、近藤照男プロデューサーも
 当地をロケ地に選ばれ、じっくり描きたかったと思われる。
 
あらすじ
 

 
                       

 


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る