-->

 シナリオワールドNo.231
   危機一髪!
     車椅子の女刑事       
  


         ★これで大丈夫だ・・・。
      

  タイトル  相違点
本編 「 危機一髪!
車椅子の女刑事」
 
 
◎展開上、大きな変更点は無し。ラストのオチも映像化されている。
シナリオ 「危機一髪!
車椅子の女刑事」
 ★シーン26・明男の部屋
 
シナリオ:武井が部屋に飛び込んできたことは誰も知らないと
 ミキに告げる。明男に抱きつくミキ。強く抱きしめる明男。
 
本編:明男のセリフの後、自然に倒れるギター。
 倒れる音に驚き、抱きつくミキ。

 
 ★シーン27・病室
 
シナリオ:夕食を食べるすみが武井失踪の新聞記事に目をやる。
 その後、入室する医者と看護婦が精密検査結果を告げる。
 退院をすすめるが、すみは、リウマチの痛みをネタに居座ろう
 とする。家に帰れば娘、息子、孫に爪弾きされる身を医者に
 告げ懇願する。
 
本編:新聞記事を読んだあとのシーンはカット。

 
 
 ★シーン31・病室

 
シナリオ:すみがいなくなったことを看護婦に尋ねる蛍子。
 
本編:看護婦の登場はなく、蛍子の心情のみを描写。


 ★シーン46・工事資材置場の空地
 シナリオ:ライトバンを乗り捨て逃げるように去る明男。

 本編:カット


 ★シーン49・病室とシーン50・病院の表(入れ替え)
 シナリオ:明男が蛍子の病室に入る。蛍子は明男の部屋へ向かう。
 明男は蛍子の病室で看護婦にみつかるが老警官の存在はなし。
 掃除をする看護婦を余所目に窓からアパート方面を覗く。  

 本編:蛍子が明男の部屋へ向かう。明男が蛍子の病室に入る。
 蛍子が読んでいたノベルズを発見したたずむとき、入室した老警官
 と看護婦にみつかる。見舞い客を装った明男はそのまま部屋で待機
 を余儀なくされる。
 

 ★シーン66・アパート裏手の坂道
 シナリオ:蛍子を殺そうとする明男に立花警部が声で制止する。  

 本編:拳銃を発砲し、明男を制止する立花警部。
 
 

 

  
 No.231 危機一髪! 
       車椅子の女刑事


        (脚本)池田雄一(撮影)吉田重業(監督)山内柏
       

  
  ◆役名表記:庄司明男、ミキ、すみ(田中すみ)、武井、医者、看護婦A、看護婦B、ウェイトレス、警官A、
  老警官、タクシー運転手、主婦、編集部員、若い男、若い女、交換手の声
  ※「ミキ」は本編映像の表札では「今田ミキ」(シナリオには表記なし)

 
(出演者は空欄) 
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
※覗き魔ばあさんが感づいた恐ろしい作業・・・?

 シナリオナンバー231。(本編同様)
 
 
◆シーン26
 ちょっとした演出で緊迫感を高める工夫がなされている。このあたりの手法は『キイハンター』
 から受け継がれたスリルあふれる手法でもある。

 
◆シーン49
 ★犯行を隠す:追う側(明男)追われる側(蛍子)
 ★犯行を暴く:追う側(蛍子)、追われる側(明男)
 
 大筋ではシナリオ、本編ともに大差ないが、本編ではシーンの順番を組み替えたりと小刻みに
 変更されている。それぞれの緊張感を最大限に高めるような変更となっている。
 
 ※「車椅子の女刑事」とほぼ同一プロットだが、映画「裏窓」を思わせるシーンにスリル溢れる
 サスペンスは見るものを釘付けにする。
 犯罪とは無縁の暮らしを続ける明男だったが、ふとしたことが原因で犯行に走らざるを得なくなる
 までの推移も見所。やりきれない人間模様が展開する。
 
あらすじ
 

 
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る