-->

 シナリオワールドNo.2173時間30分
   銀行支店長夫妻の秘密       
  


     ★こうして、
      じっとしているだけでいいんだ・・・


  タイトル  相違点
本編 「 3時間30分銀行支店長
夫妻の秘密」
 
 
◎展開上、大きな変更点は無し。
シナリオ 「銀行支店長夫妻の秘密」  ★シーン15・陸運局の中
 
シナリオ:乗用車の登録リストをチェックする田口が
 得意げにクルマの知識を中屋に告げる。
 
本編:このシーンはカット。

 
 ★シーン22・ガレージ
 
シナリオ:少年・佐川清が通知書を母親に見せる。
 
本編:このシーンはカット。

 
 
 ★シーン25・佐川家・リビングキッチン

 
シナリオ:”リモコンヘリコプター”
 
本編:”リモコンパトカー”


 ★シーン27・表の通
 シナリオ:母親の目を盗んで中屋と落ち合った清が、最後に
 は母親にみつかってしまう。

 本編:みつからずにすむ。(*^^)v


 ★シーン32・○○銀行・支店の表 

 本編:出動要請が下った!と黒木が告げた後、ヘリコプター
 飛行シーンに移る。
 
シナリオ:ヘリコプターシーンは無し。
 

 
 
★シーン34・銀行内部
 シナリオ:中屋(N)
 「支店長はなぜ?・・・俺が刑事であることを・・(略)・・・」
 
本編:シーン36・銀行内部 冒頭に移行。

 

 
★シーン47・銀行内部
 
本編:下着姿の女子行員、子供を保育園に・・と犯人に哀願
 する女性客のセリフ
 
シナリオ:無し

 
 
★シーン57・フラッシュイメージ
 
シナリオ:中屋射殺3度目のシーン
 本編:射殺のシーンは2回。


 
★シーン73・電話局
 シナリオ:立花、村井が銀行の電話回線を遮断するよう指示
 する。
 
本編:カット。


 
★シーン74・銀行内部
 シナリオ:電話が通じないことに不信感を募らせる犯人。
 
本編:カット。


 
★シーン80・銀行内部<ラストシーン>
 
本編:手錠を外された中屋を軽く小突く立花。
 シナリオ:無し。
 
本編:中屋に両手をさしむける佐川。無言の中屋。
 
シナリオ:
 佐川「こいつが、私に、本当の生きる道を教えてくれた。
     嘘つきは卑怯だと・・・・・・・」
 中屋(N)「だが、俺は、この人を轢き逃げ犯人として、逮捕
       しなければならない」−終− 
 
 

  
 No.217 3時間30分 
       銀行支店長夫妻の秘密


        (脚本)池田雄一(撮影)内田安夫(監督)山口和彦
       

  
  ◆役名表記:佐川(敏之)、絹子、清、並木、本田、指令係官、警官A、主婦、ポンコツ屋親爺、女子行員A・B、
  銀行員たち、人質の客たち、男の声、アナウンサー

 
(出演者は空欄) 
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
※Gメン総出の大包囲網!

 シナリオナンバー215。
 「白バイに乗った痴漢」(79年7月14日放送)のときに放送される予定だった作品。
 本編とシナリオでは大きな差は無いが、撮影段階で79年1月に起こった三菱銀行篭城事件を
 ベースにした内容に変更。(1話分飛ばされた制作サイドの腹いせでしょうか^^;)
 小刻みな修正が目立つ一作である。

 興味深い点が今回もふたつ。

 
◆シーン32
 
※No.158「警官だけを殺せ!」159「刑事が銃殺される時」のシーンから流用。
 緊迫した銀行ジャック事件を、よりスリリングに・・と本編では旋回するヘリコプターシーンを登場
 させた。予算の関係からか、「78ハードアクションシリーズ」の空中アクションシーンを再び使用。
 劇伴も”Gメンの誓い”を採用し、気分は一気に盛り上がる。静から動へのカット割はGメンならで
 はの編集テクニックである。

 
◆シーン80
 中盤からクライマックスにかけては、エリート行員・佐川敏之の心の変遷が見所となっている。
 トランシーバーから流れる少年・清の言葉に胸を熱くした佐川が、心を入れ替え、銀行に戻る。
 ケースは違うが、No.77「指の無いタクシー運転手」を彷彿とさせるシーンである。
 ラストシーンは、シナリオ以上に、”佐川の改心”、それを包み込む中屋の無言の表情で締めくく
 られている実に深みのある幕引きになっている。

 ※村井刑事のセリフはほとんど無いが、田口と共に銀行内部に踏み込む際の行動、的確な射撃
 シーンは印象的だった。個人的には、村井を主役にしてみたい作品である。
 清少年とのたわむれ、佐川とのやりとり、犯人・並木らと対峙する時に村井のキャラクターが光る
 ・・と思うのです。しかし今はもう叶わぬ夢。27年の月日が重い。。。 
 
あらすじ
 

 
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る