-->

 シナリオワールドNo.216口裂け女連続殺人事件      


     ★刑事を辞めなければ
             警官の命を貰う!


  タイトル  相違点
本編 「 口裂け女連続殺人事件」  
 
◎展開上、大きな変更点は無し。
シナリオ 「口裂け女連続殺人事件」  ★シーン4・映画館の客席
 本編では、ドリルで殺される野瀬刑事が絶命したところで
 サブタイトルとなっているが、
シナリオではシーン2・Gメンの
 部屋 で、1度目の脅迫電話が切れた後、サブタイトル。
 
 ★シーン16・Gメンのビル
 
本編では、恐くて本部に戻れない・・と中屋に告げた後、
 中屋が螢子を励ますセリフがあるが、
シナリオでは明確な
 
セリフはない。
 
 ★シーン17・Gメンの部屋

 本編ではテープレコーダのヘッドホンを当てるのは村井。

 シナリオでは黒木ボス自らがヘッドホンを当て現場に協力
 をしている。 
 

 ★本編では、青年を釈放した後、泳がせるシーンは全て
 カットされているが、
シナリオでは、シーン34〜37までが
 中屋、田口による尾行シーンとなっている。

 
 ★本編では、シーン38もカット。
シナリオでのシーン38は
 Gメンの部屋。脅迫者からの電話を受けた村井だったが、
 応対途中に電話をひったくる立花。犯人との激しいやりとり
 が予定されていた。
 

 ★深夜の路上を安代と歩き、殺された社長が悪いと蛍子に
 告げるシーンが本編にあるが、シナリオでは次の通り。
 
シーン61・ラーメン屋(夜)
 蛍子と安代はラーメンをすすりながら語り合う内容であっ
 た。
 

  
 No.215 口裂け女 
       連続殺人事件


        (脚本)池田雄一(撮影)吉田重業(監督)山内柏
       

  
  ◆迫る電気ドリルの恐怖・・・!画像右は冒頭、蛍子の帰宅シーンである。

 
-------------------------------------------------------------------------------
 
※執拗にかかってくる殺人予告と脅迫電話!

 シナリオナンバー218。
 「梟の森みな殺しの夜」(79年8月4日放送)のときに放送される予定だった作品。
 本編とシナリオでは大きな差は無いが、サブタイトルを出すシーンを変える事によって、ショッキング
 な演出を高めようとした意図が読み取れる。
 第一番目の脅迫電話を切ったところよりも、第一の犯行後にしたほうが、衝撃度が増し、作品
 への興味がつきなくなるという効果がある。

 興味深い点がふたつ。

 
◆シーン17
 脅迫者からの電話を逆探知するシーンであるが、シナリオでは黒木警視正がヘッドホンを当てる
 予定であった。実際は村井刑事に変更された。
 ほんの一瞬、実に短いシーンだったが、ヘッドホンを当て、無言で頷く村井刑事は、存在感が
 あった。日本人離れしたマスクにシャープな動きは、爽快である。
 主役に恵まれないレギュラーであったが、ちょっとした仕草に個性がキラリと光る。

 
※秘密捜査(Secret investigation)が似合う村井刑事
 
 
◆シーン61
 夜道を安代とともに歩く蛍子の本編。
 シナリオではラーメンをすすりながら語り合うシーンが予定されていた。
 津川警部補のキャリア捜査員としてのイメージか、あるいは適当な屋台がみつからなかったのか
 幻のシーンと化してしまった。
 
 サブタイトルに”
口裂け女”という当時の流行語がノスタルジックな気分にさせてくれる。
 マスクをした髪の長い女性が、人と出会うたびにマスクを取り、微笑む。
 しかし、その口は耳まで裂けている・・という小学生?から広まった”噂”。

  Gメンではどう料理するのかな?と思っていたら、”津川警部補”のことだった。
 だまされた安代が ”嘘つき” ”口裂け女” と罵るのである。
 (ちょっと無理があるかな^^; と個人的には思います。)

 Gメン流ハッタリによる集客といったところだろうか。
 
 それだけ ”口裂け女” は社会現象になるほど、当時の話題を独占していた出来事だった。
 
あらすじ
 

 
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る