-->

 シナリオワールドNo.209女が見ていた焼殺事件      


     ★我々は我々の手で
      事件の真相を解明してみせる!


  タイトル  相違点
本編 「 女が見ていた焼殺事件」  ◎展開上、大きな変更点は無し。
シナリオ 「女が見ていた焼殺事件」  シーン28・結城の部屋
 本編では、結城が状況証拠から中屋の犯行と断定せざるを
 得ないと断言しているが、
シナリオでは結城のセリフが大幅
 にカットされている。

 
結城「中屋・・・私たちも同じ警察官の中から縄付きを出した
     くないと、強く願っている・・・これが何かの間違いで
     あってくれればいいと・・・・・。だが、(以下略)

 
本編では、結城の揺れ動く心情はバッサリと切り捨てられ、
 あくまでも証拠から疑惑を問いただす姿勢のみをドライに
 描写している。


 シナリオでは五十嵐の事件は実際に起きたニセ白バイ
 警官による三億円現金輸送車襲撃事件の犯人として記され
 ているが、
本編では、銀行の模擬訓練を利用した一億円強
 奪事件の犯人に変更されている。
 

 

  
 No.209 女が見ていた 
         焼殺事件


        (脚本)池田雄一(撮影)内田安夫(監督)山内柏
       

  
  ◆”殺人容疑者・中屋 武”−Gメンは一丸となって事件の真相を追うが・・・

 
☆週間テレビ番組特集記事より抜粋
 
制作者からひと言〜プロデューサー樋口祐三〜
 『Gメン75』はスタート以来、社会的に問題になったニュースをネタに、”社会派刑事ドラマ”の路線
 を追求してきました。今後もこの姿勢は貫いていくつもりです。
 ただ、五月のメンバー交代で、性格が多少変わりました。千葉裕、有希俊彦、夏木マリの加入で
 、平均年齢が下がったため、アクションがふえ、ヤングにも受け入れられやすくなったのでは
 ないでしょうか。
 また、従来のGメンたちは猟犬のように鋭い目つきをした”笑顔”のない刑事でしたが、今回から
 千葉裕に”おっちょこちょい”な性格を持たせ、”笑い”の部分も取り入れています。
 新メンバーは、レギュラー陣にもいい刺激となりました。特にいままで”新人”だった伊吹剛に、
 ”兄貴”の風格が出てきたことは、大きな収穫だと思います。新刑事たちもレギュラー同様応援
 してやってください。

 ◆今回の異動に伴い、レギュラー陣も昇進。丹波哲郎が警視から警視正、若林豪が警部補から
 警部へ。伊吹剛の警部補昇進の話もあったが、今回は見送り。
 
 ◆モデル出身の有希俊彦は『Gメン75』がデビュー作。「役柄の村井刑事と自分自身と、どちら
 が先に一人前になるか、競争です」スタッフの評価は「未完の大器。」これからが楽しみ・・・

 ◆千葉裕は大のカーキチ。A級ライセンスを所持していて、レース出場が楽しみ。ただレギュラー
 入りしてヒマがなくなってしまった。「だから、欲求不満の分は、アクションで爆発させますよ」

 ◆新任刑事を迎えて責任の増した丹波哲郎、もう一つの悩み?は家族ぐるみの付き合いを
 している若林豪の存在。「最近、態度がデカイんだよナ。でもウチのカミさんが大ファンだから
 叱ることもできやしない・・・」
  

 -------------------------------------------------------------------------------
  新メンバーになってからの『Gメン75』を語る上で欠かせない作風の変化。
 作品の水準はそのままに、若き新レギュラーの性格付けでフレッシュさを出した時期の作品
 である。シナリオでは展開上、大きな変更はないものの、事情聴取等のセリフカットが非常に多く、
 贅肉をそぎ落として、中屋の苦悩、仲間のGメンの心情、事件の背後にうごめく犯罪者の心理
 を浮き彫りにしようとした感じを受ける。
 相当、苦労して出来上がった作品のひとつであると感じられた。
 それだけに見所も多く、幕引きまで飽きさせない構成となっている。

 本編では明和銀行から一億円を奪った五十嵐が、シナリオでは昭和43年に起こった白バイ警官
 に扮した三億円強奪事件の犯人として描かれている。(但し、7年前、つまり1972年の事件という
 設定だが)
 
 Gメン史上では三億円事件は解決済(No.8688ヨーロッパロケシリーズ)なので、急遽変更
 したものと思われる。

 本編では、結城の部屋で黒木が中屋の逮捕状執行を待つよう懇願するシーンがある。
 (シナリオではシーン36)
 中屋の将来を含んだ会話、不祥事が横行し綱紀粛正が叫ばれる警察側の立場が黒木と結城の
 重みの有るセリフによってぶつかりあうシーンである。
 私も好きなシーンなのだが、もともとシナリオ上ではこのシーンがなかった。
 ただ黒木がなぜ多くの専従捜査員の中から中屋が選ばれたのか?それを追求せよと結城の前
 で捜査一課の岡部に指示するだけのものだった。

 本編では結城が黒木に猶予を一日与え、限られた時間内に中屋の無実を立証しようと行動を
 開始するGメンのスリリングな捜査を描いているが、シナリオでは、”限られた時間”として
 記すのみである。”1日”という期限を明確にすることで、よりいっそう緊迫度が増している。

 ドラマがプロデューサー、シナリオ作家、現場、など多くのスタッフによってカタチ作られている
 証であると改めて感じる熱い一作である。

 興味深い点をもうひとつ。黒木&結城のやりとりである。
 警視正昇進となった黒木も、ドラマ本編ではますます馴れ馴れしく接しているが、
 シナリオ上では随分低姿勢なのである。
 例を挙げてみると・・・・

 
◆シーン6・Gメンの部屋
 ・・・
 鳴る電話、取り上げる黒木、
 
黒木  「黒木ですが・・・・・」
 
結城 「結城だ」
 
黒木 「 はっ、お早うございます」
 
結城の声 「 中屋刑事の一身上のことで、重大な話がある。急いで来てほしい」
 ・・・以下略
 
 これが本編だと・・・

 鳴る電話、取り上げる黒木、
 
結城 「結城だ」
 
黒木  「あ〜、お早う!」
 
結城の声 「 中屋刑事の一身上のことで、重大な話がある。急いで来てほしい」
 
黒木  「・・・・うむ。わかった」

 
◆シーン57・留置場
 ・・・留置場で身体検査を受ける中屋であるが、さすがに以下のシーンはカット。

 看守 「ネクタイとベルトはこっちで預かる」
 パンツ一枚にされて調べられる中屋。その屈辱とくやしさがキリキリと中屋の胸をつきあげる。
 
 
あらすじ
 

 
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る