-->


 シナリオワールド
No.15 密輸死体  

 


    ★在日米軍から強硬な抗議が来ているんだ!!

  タイトル  相違点
題名 「密輸死体」  ◎シナリオナンバー15

シナリオの展開
 
 ・軍用基地/1973年ベトナム戦争の末期
   米兵の死体復旧作業に従事する新倉、藤平、石津、医学生の北室拓也、健次。
  
ベトナム戦場のインサーフラッシュなし。
 ・基地の街〜基地への道/逃げる北室兄弟。追う秋月警部、関屋警部補。
 ・
基地への道/拓也を射殺する秋月。
  −タイトル−
 
・警視庁刑事部長の部屋/査問委員会にかけられている関屋。結城に反論する関屋。
 ・関屋を庇い結城を睨みつけて立つ秋月。
 ・警視庁の屋上/辞職願を提出したことを関屋に語る秋月。
 ・二年後−脱獄する北室健次ら。新倉らと合流する健次。
 ・Gメンの部屋/健次の足取りを追うよう圭子らに支持をだす黒木警視。
  
 

 ・
××ホテル/ 夏山を背にして立つホテル。(本編:高湯高原花月ハイランドホテル
 ・秋月と会う関屋。由美子を紹介される。退職後の由美子との馴れ初めを語る秋月。
 ・刑務所/健次脱獄の捜査をする山田ら。看守の岩永を疑う山田。
 ・山荘/秋月の後を追って来た関屋、由美子。
  山荘に打ち込まれる狙撃銃の弾丸。
 ・山荘/電話線が切られていることが判明する。関屋の車の無線機も破壊されている。
 ・鳩を飛ばし救援連絡を試みる由美子。撃たれる鳩。
 ・関屋の弾丸は三発。林の中でカービン銃を構える健次、石津、藤平。
 ・基地の町/キャバレーを捜査する津坂、草野、山田。
  看守・岩永がキャバレーの女朱美にいれあげていた事実をつかむ津坂。
  
 ・Gメンの部屋/関屋応答なし。
××まで行かせてほしいと黒木に頼む圭子。頷く黒木。
 ・基地の町キャバレー店内/新倉がカオルに接触。Gメンに目をつけられたことを
  責められる岩永。新倉、朱美に会いたかったら米軍宿舎跡まで来るよう岩永に告げる。
 ・山荘の表/散った夢を語る健次、藤平。回想:米軍基地で夢を語る拓也、健次ら。
 ・山荘/外に出ようとする関屋。止める秋月。
  
関屋の回想:地下射撃場・秋月のコーチを受け射撃訓練に励む関屋。
 ・催涙ガス弾が撃ち込まれる山荘。逃げる関屋、秋月、由美子。
  飛び出す健次、藤平、石津。林の中を通って渓流にたどり着く関屋ら。

 ・渓流/催涙ガスにやられた目を洗う三人。健次らの車が山道を行く。
 ・渓流/自分が健次らをひきつけるから逃げるよう秋月に告げる関屋。
  
 ・廃墟/三発の弾丸を確認する関屋。健次らが入ってくる。藤平を撃つ関屋。
 ・
廃墟/ 二発目を放つ関屋。闇の中を移動する関屋。気付きカービン銃を放つ健次。
  
残り一発の弾丸を石津めがけて放つ。
  弾丸がなくなり焦る関屋。
 ・基地の町/朱美を探しにきた岩永。新倉が岩永を刺す。
  立ちふさがる草野、山田、津坂。ベトナム戦争のスチール。北室兄弟らの回想。

 

 ・地下取調室/取り調べを受ける新倉。諸悪の根源は米兵だとぶちまける。
  朱美の身元を津坂がつきとめる。朱美は由美子だった。
  新倉が由美子は、健次の恋人だと語る。
 ・渓流/関屋の身を案じる秋月。憎悪の目を向ける由美子。
 ・
廃墟の中/ 物陰に潜む関屋。弾がないのではと悟る石津、健次。
  関屋を追い詰めた北室と石津。
  飛び込んできた秋月が、藤平の落とした
カービン銃に飛びつき、転がりざま石津を
  撃つ秋月。表に逃げる健次。
  
腹ばいになったまま狙い撃つ秋月。背中をぶち抜かれ絶命する健次。
  
愕然とする由美子。関屋に駆け寄る秋月。
 ・
××ホテル/黒木からの電話を受け取る圭子。電話を切って飛び出す圭子。
 ・荒涼とした場所/カービン銃を構える由美子。秋月の足元めがけて銃を発射する。
  ブーツの先からこぼれ落ちるダイヤモンド。
  驚く関屋。
 ・基地への道/(
関屋の推理
  拓也が秋月を買収する。心を動かされる秋月。ダイヤを受け取る秋月。
  
隙をうかがって秋月にとびかかる拓也。秋月の拳銃が火を噴く。関屋が駆け付ける。
 ・荒涼とした場所/由美子が秋月に恨みと過去を語る。(基地の回想)
 ・荒涼とした場所/圭子が弾丸を放つ。由美子のカービン銃が弾ける。
  由美子に近づく圭子。噴火口に身を投げる由美子。
  由美子の脳裏に健次らとの思い出がめまぐるしく交錯する。

  秋月に手錠をかけ虚しく立ちつくす関屋。

 
  
渓谷でのハードアクションも見所!
 
 -END- 

   
     
  

  


  
 ▲「決定稿」と強調。準備稿から大幅に書き換えられている可能性がある。 

  
 
▲結城警視正・・・初期は”中丸忠雄”と記載されていない。                            

 
 
 ▲結城は警視庁刑事部長。本編は査問委員会というよりは、自室に関屋を呼び出しカツを入れている結城といった
 感じであった。


 
 
 ▲ホテルとのタイアップ発言は現場でのアドリブか?シナリオでは黒木のことを”ボス”と言っていない圭子。

  ★本編とほぼ同じ展開

◆役名表記:
秋月元警部
・由美子

・北室拓也
・北室健次
・新倉
・藤平
・石津
・岩永
・カオル

・支配人
・牧師
・MP
・監察官
・結城=結城警視正
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 ★黒木警視のワンポイント解説
 響刑事のタイアップ発言?シナリオ段階では、ロケ地は未定。だから無かったんだな。これが。
 草野は山田のことをシナリオでも、”おっさん”と呼んでるぞぅ。
 関屋の廃墟での死闘はだな、一部を渓流に変更し映像化したんだ。
 真っ暗な場所ばかりじゃ、関屋のカッコよさが引き立たんだろう?
 監督か近プロが変更したに相違ない。
 -------------------------------------------------------------------------------------
 
 初期Gメン75では、過激派、ベトナム戦争終結、不況という世相を反映したストーリーが目立つ。
 今回は、ベトナム戦争を背景に、戦場で抑圧された精神状況に悩まされる米兵が加担する犯罪行為と、
 夢を失った医学生たちが絡み、一瞬の心の迷いから警官の職務を捨てた元警部の末路を描くハードボイ
 ルドタッチのアクション作品。
 プロットは「キイハンター」No.96「死刑結婚式」 。関屋警部補の役は、吹雪一郎におきかえることができる。
 単なるリメイクではなく、当時の世相を持ち込み料理しなおしたところにGメン75としての独自性を確立し
 ようとするスタッフの狙いが感じられる。

 シナリオ上の展開は、本篇と大差はなく、廃墟での一部のシーンが渓流での死闘に場面変更されている
 くらいである。決定稿段階でもロケ地は決まってなく、噴火口が紙面に登場すること、東京近郊を匂わせる
 響圭子刑事のセリフから、イメージとしては群馬県の白根火山、本編で使用した福島県の高湯高原が
 ライターの頭の中にあったと推察できる。

 東映制作のドラマは、特撮モノを含め、同じような場所に行きたがる傾向にあるので、あながち的外れな
 推測ではなさそうである。
 
 山荘や渓流でのガンアクションは、ハードな演出でも定評のある野田幸男監督の底力が感じられる迫力
 あるシーンに仕上がっている。劇伴もアップテンポなものを多用。
 まだまだキイハンターからの前シリーズのムードを引きずったタッチでドラマは展開して行くのである。 

 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る