-->

 シナリオワールドNo.145
ヨーロッパロケーション
   ロケ手帳
  


               ★北の果てへ・・・

  シナリオタイトル  スケジュール
     
 
シナリオナンバー
 144〜147、157
   
シナリオ 「北極回りSK980便」
「マドリッド闘牛場の殺し屋」
「スペイン特急大追跡」
「ヨーロッパ縦断大捜査」
----
「日本人死体安置所」
 
 ◎制作:東映企画プロモーション Gメン75制作室
 ◎海外ロケエージェンシー:日新航空株式会社
 ◎宿泊ホテル
 コペンハーゲン:パレスホテル
 パリ:ホテルニッコード・パリ
 マドリッド:パレスホテル
 トレド:ホテル・カルロス・V
 ローマ:空欄(未定)
 
 ◎日程:1978年1月11日(水)〜27日(金)
 ◎ロケ国:デンマーク、スペイン、フランス
 ◎国内撮影日程:1978年1月29日〜2月20日

 
コペンハーゲンAMALIENBORG 

ロケ参加スタッフ
 
プロデューサー:近藤照男
 監督:鷹森立一、山口和彦、山内柏
 撮影:下村和夫、吉田重業
 撮影助手:宮沢愉次、原田清一
 照明:渡辺俊亮
 記録:吉沢幸子
 助監督:高須準之助
 制作担当:加藤直三、中村泰明
 TBS:森本佳秀


 
キャスト
 
レギュラー:丹波哲郎、夏木陽介、倉田保昭、藤木悠、
 伊吹剛、森マリア
 ゲスト:江波杏子、佐々木功、島かおり

  

1月11日(水)
 16:00(関係スタッフ)東映出発−
 カルネ 貨物扱分荷物のチェックイン
 20:00(全員)羽田空港・SASカウンター前集合 
 ※SAS・・・スカンジナビア航空

 チェックイン終了後 VIPルーム<HI室>に集合
 22:00(SK980便)羽田発 ※SK・・・スカンジナビア航空
 東京−アンカレッジ間 機内撮影

 
1月12日(木)
 6:00 コペンハーゲン・カストラップ空港着
 09:30〜11:00 CITY HALL/SQUARE
 11:00〜11:20 TIVOLI
 11:30〜13:30 CENTRAL STATION
 13:50〜14:20 AMALIENBORG
 14:30〜14:50 VED STRAMDEN
 15:00〜15:30 NY HAVN
 B班/市内

 
1月13日(金)
 ホテル9:00出発
 09:30〜13:00 DRAGORE
 13:30〜15:00 カストラップ空港
 B班/滑走路
 20:05 SK569便コペンハーゲン発
 21:55 パリ・ドゴール空港着

 
 
 コペンハーゲン市庁舎前           デンマーク・ドラゴア

 
1月14日(土)
 8:30ホテル出発
 09:30〜14:30 モンマルトル
 15:00〜16:00 北駅

 
1月15日(日)
 8:30ホテル出発
 09:30〜16:30 サンマルタン運河、ポンヌーフ、ルーブル前の道、
 ビルアケイム橋、パッシイ駅、トロカデロ駅、エトアール駅
 山口班/ポン・ヌーフ

 パリ


 
1月16日(月)
 7:40ホテル出発
 09:30〜12:30 シャンティ
 13:30〜17:00 ドゴール空港
 B班/13:30〜 ドゴール空港

 
1月17日(火)
 8:30 準備開始 9:00開始
 09:00〜12:30〜15:00 ニッコードパリ、ルーブル美術館、
 チュイルリー庭園、コンコルドホテル コンチネンタル内庭
 17:30ホテル出発
 20:00 IB161便 パリ発 ※IB・・・イベリア航空
 21:45 マドリッド バラハス空港着

  
 
1月18日(水)
 鷹森班/
 08:30〜11:00 ヌエス・トラセノ・ラディアルムネス
 山口班/
 08:30〜10:00 ヌエス・トラセノ・ラディアルムネス
 鷹森班/
 12:00〜14:30 チャマルチン駅
 15:00〜16:30 タブラオの表、マドリッドの街
 B班/イベリア半島を走るプエルタデルソル号

 
1月19日(木)
 8:00ホテル出発
 鷹森班/
 08:30〜13:30 レティーロ公園
 14:00〜16:00 裏街、下町のタブラオ周辺
 山口班/
 08:30〜11:00 州立病院、下町A、下町B
 11:30〜13:30 ソフィアのアパート表、裏町、ある建物の表
 撮影終了後、トレドへ移動 トレド泊

  
チンチョン

 
1月20日(金)
 8:30ホテル出発
 鷹森班/
 08:30〜16:00 トレド
 山口班/
 13:00〜16:00 トレド

 
1月21日(土)
 08:30〜17:00 トレド、チンチョン、マドリッド マドリッド泊

  スペイン・トレド
 
スペイン・チンチョン

 
1月22日(日)
 8:30ホテル出発
 08:30〜18:00 マヨール広場、スペイン広場、ホセアントニオ通り、
 オリエンテ広場、パレスホテル

 
1月23日(月)
 山口班/
 08:30〜09:00 バラハス空港
 鷹森班/
 09:30〜13:00 闘牛場
 13:30〜15:30 北駅
 山口班/13:30〜15:30 北駅
 B班/ 実景 (一部は22日) アルカラ門、市内、マヨール広場
 
 
1月24日(火)
 11:30 マドリッド発 TWA900便
 13:35 ローマ着

 
1月25日(水)
 ローマにて自由行動

 
1月26日(木)
 08:05 ローマ発 AZ392便 ※AZ・・アリタリア航空
 11:55 コペンハーゲン着
 15:20 コペンハーゲン発 SK989便
 
 
1月27日(金)
 16:55 羽田着

 ======= 国内撮影 =======

 
1月29日(日)
 09:00〜18:00 SET(拘置所)
 
 
1月30日(月)
 08:00〜16:30 大塚、OPENSET(空地)、
 石神井(坂口家/本編では田口家)
 
 
1月31日(火)
 09:00〜18:00 SET (ロメロの部屋、山口班刑事部屋 
 死体安置所)

 
2月1日(水)
 08:00〜17:00 SET 
 (下町のタブラオ、アジトへ通じる酒場、紀子のマンション廊下)

 2月2日(木)
 09:00〜17:00 SET 下町のタブラオ

 
2月3日(金)
 07:30〜17:00 厚木(マドリッド警察地下取調室)

 
2月4日(土)
 08:00〜19:00 厚木(パリ警視庁取調室、廊下)

 
2月5日(日)
 08:00〜16:00 ヨコハマ新港埠頭(マドリッド北駅操車場)

 
2月6日(月)
 09:00〜21:00 SET(マドリッド 紀子のマンション)

 
2月7日(火)
 09:00〜21:00 SET(マドリッド 紀子のマンション、
 チンチャオのバーの内部)

 
2月8日(水)
 羽田 SAS機内 またはNo.144、145のアフレコ

 
2月9日(木)
 09:00〜17:00 SET(パリ 田口たちのアジト)

 
2月10日(金)
 09:00〜17:00 SET(パリ 田口たちのアジト、
 マドリッド警察 取調室)

 
2月11日(土)
 08:00〜20:00 六本木(マドリッド レストラン店内)、
 日比谷 三信ビル(警視庁屋上、マドリッド警察廊下)

 
2月12日(日)
 09:00〜20:00 渋谷 ”パティオ フラメンコ”(下町のタブラオ)

 
2月13日(月)
 09:30〜17:00 銀座東急ホテル(ニッコードパリ 特別室)

 
2月14日(火)
 アフレコ 又は 機内

 
2月15日(水)
 アフレコ

 
2月15日〜20日(月) 
 No.157山口組 東京分

 

 
 
   
 
▲日本人死体安置所=国外逃亡者     ▲若林豪氏は渡航していなかった。        ▲ローマの休日 

   
 
▲帰国後一日休んで国内撮影          ▲実在したSK980便                ▲シーン毎に小道具が記されてある。

   
 ==========================================================================================

 78年に敢行されたヨーロッパロケシリーズ4部作&番外編1部のロケ手帳を転記。
 シーン毎の登場人物、小道具は時期を見て追記して行く予定です。
 シナリオ上の展開は、シナリオ検証時にまとめて行います。
 (本編では暈されていた関係国名、組織名がシナリオでは予想通り明確に打ち出されていた。)

 室内シーンは、レストラン、タブラオも含め国内のお店で撮影されたことが判明。
 ロメロ警部とGメンがフラメンコを見ながら捜査会議をするシーンは渋谷のパティオ・
 フラメンコというお店だったが、現在ではもうないとのこと。
 団塊の広場 参照
 
 黒木&小田切警視、草野刑事が警視庁屋上でテロリスト釈放に関して苦渋の思いを吐露
 した三信ビル(日比谷)も解体済み。
 放送から30年経過した現在ではロケ地もどんどん様変わりして撮影時の面影がなくなって
 行くのは寂しいものですね。

  

 消えた三信ビル                        三信ビル屋上


 蛇足・・
 少数精鋭でロケを敢行する海外編。
 覆面の暗殺者役は、おそらくスタッフの何方かであろう。
 
                      


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る