-->

 シナリオワールドNo.133死体の首を折る男   


         ★GメンVS日本政府−解決編−

  タイトル  相違点
本編 「死体の首を折る男」  ◎133話。
   麻生の所属する政府機関は<内閣特命室>。
   助かる見込みが少ない患者を救おうと僅かの可能性に賭けた松宮。
   門馬委員長に呼ばれた黒木。顔色が悪い理由などカット。
   顔を洗いながら時間経過を気にする黒木のシーンはカット。
   松宮院長の死因を知り即座にプロの仕業と判断するGメン。
   
シナリオ 「死体の首を折る男」  ◎予定では134話。
   麻生の所属する政府機関は<内閣情報室>。
   シーン234・松宮が訴えられたのは助手による手術ミスが原因。
   シーン240・門馬委員長の前で顔色が悪いことを指摘される黒木。
          理由は<飲みすぎ>と応える黒木。
   シーン248・顔を洗いながら時間経過を気にする黒木。
   シーン252〜松宮院長の死因は一課時代の立花が手がけた汚職
          事件と同一だったというエピソード有り。

  

  
 No.133 死体の首を 
         折る男 
−後編−

        (脚本)高久進(撮影)吉田重業(監督)鷹森立一
        (照明)渡辺俊亮(記録)吉沢幸子(助監督)萩谷泰夫(製作主任)中村賢一
        (美術)大瀬賢一(美粧)入江美粧(衣装)東京衣装、タイムリー紳士服、
        サレーヌ佐橋よしこ、サンダーシューズ(製作担当)金子元昭(仕上制作)映広音響
        (整音)岩田広一(効果)稲田充甫(選曲)山本逸美(編集)飯塚勝(現像)東映化学
        

 

 ☆ロッキード疑獄事件をヒントにした作品。国際汚職事件を追うGメンの死闘を描くシリーズの後編。
 証人の死を隠し通す事で、政府高官の黒幕を暴こうとするGメンの国家権力への挑戦。
 黒木警視のナレーションも然ることながら、実に重々しく、緊迫した度合いを強めて行く解決編となって
 いる。
 結局、糸を引いていた人物は判明するが、その上の黒幕の人物特定はなされなかった。
 黒幕の存在を臭わせつつも、あえて描かないところがGメン75らしいリアリズムである。
 FBIからの情報によるアメリカでの公聴会で全てが明らかになると告げて幕を引くラスト。
 国家権力という巨大な敵ゆえ、黒幕逮捕で幕を引いていたら逆に重厚感は薄れていたであろう。
 高久進脚本の見事な処理である。

 また、特殊部隊員の死亡で捜査が暗礁に乗り上げたGメン本部での各員の焦り。
 この頃のGメンでは珍しい食事を取りながらの意見交換のシーン。
 中屋刑事のセリフに人間として刑事としての素の感情が描かれていた点も見応えがあった。

 松宮院長の手術で患者が死に裁判沙汰になったという本編設定だが、シナリオ段階では、助手が患者
 の体内に器具を入れたまま気づかなかったことで患者は死亡という設定であった。
 より説得力ある内容に変更されたと思われる。

−あらすじ−
 
国際汚職事件の証人として日本政府の依頼で来日したシュナイダーは死亡。その死を必死に隠し通し
 黒幕を焙り出そうとする黒木警視らGメンたち。シュナイダーの死を執拗に確認しようとする謎の暗殺団。
 シュナイダーを手術した松宮院長も両手を縛られ天井からロープで吊るされ首の骨を折られて殺された。
 迫り来る国会での疑獄事件解明の特別委員会。
 松宮院長の娘・朝子の協力で黒木は殺しのプロの介在を知る。西ドイツのGSG9、イギリスのSASと
 同一の特殊訓練を受けた特殊部隊の存在が明るみに。
 彼らは政府直属の対テロ組織用に編成された秘密部隊だった。その一員をおびき出したGメンだが
 追い詰められた特殊部隊隊員・内海は自殺。捜査は暗礁に乗り上げる。
 一方、黒木は背後で糸を引いている人物に気づきはじめる・・・。
 
 前編に戻る

                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る