-->

 シナリオワールドNo.1
 エアポート
    捜査線  
 


              ★一発で殺しては罪が軽すぎる!!

  タイトル  相違点
本編 「エアポート
捜査線」
 ◎シナリオナンバー1

シナリオの展開
 
 ・大都会/螺旋階段から見る殺し屋・北斗、ルガー銃の引き金を引く
 ・レストラン/ルミの眉間に撃ち込まれる弾丸
 ・スナック/
ママと会話する関屋警部補のもとに津坂刑事が現れる。
 
・レストラン/朝倉警部らの現場検証に加わる関屋と津坂。プロの殺しと睨む。
 ・羽田空港国際線/婚約者・朝倉節子と落ち合う関屋。殺されたルミはスチュアーデス。
 ・送迎デッキ/
ジャンボ機から姿を現すルミの同期。響圭子。

 −タイトル−

 ・
スチュアーデス控室/スチュアーデスABからルミの死亡を知る圭子。
 ・副都心の地下道/ロッカーにコアラのぬいぐるみを隠す圭子。津坂の尾行。
 ・街/若い女スリを追う山田刑事。女スリのバックからルガー拳銃をつかみだす。
 ・STOP−捜査三課・山田刑事−

 ・地下道/ロッカーから品物を取り出す恩田。追う関屋。
 ・広場の通り/追い詰められた恩田。バスジャック。
  
 

 ・
裏街/若い女を囲みカツアゲしているチンピラA,B
 ・
草野刑事につかまるチンピラたち。
 ・
STOP−捜査四課・草野刑事−

 ・大通り/横断歩道を渡りかけた草野に突っ込む観光バス。
  女スリを連行中の山田と出会う草野。山田のクルマに乗る草野。
  クラクションを鳴らして逃走するバスの中に恩田。
 ・国道/山田の車から飛び降りる草野。バスを止めようと歩道橋へ走る草野。
  バスに飛び乗る草野。ジグザグ運転をする恩田。拳銃を突きつける草野。
 ・国道/バスから逃げ出す恩田。草野のカラテでぶっ倒れる恩田。
  道交法違反で恩田を逮捕しようとした草野の前に関屋が現れる。
 

 

 ・
シャレたレストランの中/ソフト帽の男と落ち合う圭子。
 ・淋しい通り/尾行していた津坂を投げ飛ばす圭子。拳銃を抜く津坂。
  仁王立ちになっているソフト帽の男。
  STOP−警視庁・黒木警視−

 ・取調室/朝倉が恩田を取調中、関屋が合流。
  縫いぐるみから出てきたのは幸福駅行きのキーホルダー。
  サンフランシスコからの密輸品がない。黒木に呼ばれる関屋。
 ・黒木の執務室/容疑者を泳がせて背後関係を探ることの重要性を関屋に説く黒木。
  隣室から入ってくる圭子と津坂。
  圭子の素性を関屋に告げる黒木。
  STOP−外事課刑事・響 圭子−

 ・迷宮入りのスチュアーデス殺しと拳銃密輸組織を追ってサンフランシスコに潜入
  していたことを告げる圭子。
  捜査から手を引くよう関屋に命令する黒木。頭に来て出て行く関屋。
  
 ・サンフランシスコ(回想)/外人サリバンから100ドルで縫いぐるみを運ぶ依頼を
  受ける圭子。だが縫いぐるみには何も入っていなかった。
  スチュアーデスをマークするよう指令を下す黒木。行動を開始する圭子。

 ・洋館/拳銃密輸組織の男・滝上。恩田が警視庁につかまった事実を知る。

 ・留置場/津坂の制止を振り切り、恩田を吐かせようとする関屋。朝倉に制止される。

 ・小田切警視の部屋/電話が鳴る。恩田釈放の要求。
  STOP−警視庁・小田切警視−
  黒木を呼ぶよう婦人警官(後の岡村節子巡査)にメモを渡す。

 ・屋上/関屋を諭す朝倉。

 ・小田切の部屋/黒木、津坂、小田切の下に警官一人を射殺する予告をする滝上。


 

 ・屋上/関屋の前で狙撃される朝倉。
 ・小田切の部屋/関屋が飛び込んでくる。朝倉狙撃を知る黒木ら。
  無差別殺人の予告に、滝上らの要求を呑むことを告げる黒木。
 ・警視庁病院廊下/命に別条がない朝倉。関屋を捜査に戻すことを告げる黒木。

 ・雑踏の中を釈放された恩田が歩く。尾行する関屋と津坂。
 ・街/二人組のチンピラを尾行する草野、山田。
  山田がパクったスリが、組織の人間からルガー拳銃を盗んだことを知らされる草野。
  チンピラは恩田を見つけて走り出す。追う草野、山田。草野らに気づくチンピラ。
  新聞で隠したサイレンサーを持つ殺し屋・北斗。撃たれのけぞる恩田。

 ・
警察病院/新聞記者にもみくちゃにされる津坂。
  釈放した容疑者が射殺されたことが問題視されている。小田切が記者に説明する。

 ・
病室/恩田の死体。恩田を乗せたワゴン車が走り去る。

 ・羽田空港/スチュアーデスを監視する関屋。

 ・警視庁地下室/
恩田死亡の新聞記事を語る黒木と小田切
  草野と山田が黒木と顔合わせ。
  死んだはずの恩田を連れてくる津坂。困惑する恩田。
  津坂から拳銃を渡された黒木は、いきなり恩田を撃つ。防弾チョッキの恩田。
  組織のことを喋らないなら街に放り出すと詰め寄る黒木。
  交渉する恩田。
  恩田の口から拳銃密輸組織の名前が判明。「コサ・ノストラ」
  シカゴに本拠を持つ世界最大の犯罪組織・マフィア。
  スチュアーデスを利用した日本上陸計画が明るみに。

 ・洋館/恩田を覆面パトカーに乗せた、草野、津坂、山田が洋館に乗り込む。
  
逃げようとした恩田がサイレンサーで撃たれ絶命。
  プールサイドに浮かぶ滝上の射殺死体。

 ・サンフランシスコ/黒木からの電話を受ける圭子。
  拳銃密輸の事実を黒木に話す圭子。
 
 ・羽田空港送迎デッキ/帰国した圭子と合流する関屋。
  拳銃密輸のスチュアーデスを知らされる関屋。
  なんと関屋の婚約者である節子だった。

 ・税関/
税関員に変装した山田が、節子の荷物を調べる。
  草野と津坂が尾行する。
  関屋と視線が合う節子。

 ・空港の表/モノレール乗り場に歩く節子。

 ・国際線ロビー/関屋宛の節子のメモを読む関屋。
  拳銃を受け取りに来る男に会い真相を確かめると書かれてあった。
  節子が組織に利用されていたことを知る関屋。

 ・モノレール乗り場/節子を乗せて走るモノレール。殺し屋・北斗の姿を車内で発見
  する関屋。

 ・草野と関屋の乗った車がモノレールを追う。
  北斗が節子に接近。
  駅で停車せず暴走するモノレール。
  無線で車内の様子を関屋に報告する圭子。
  節子を連れた北斗が駅の階段下を走る。

 ・
倉庫街/関屋に節子を突き飛ばしサイレンサーを発射!  
   

 
 

 ・追う関屋!一瞬立ち往生。駆け寄ろうとするがそのまま北斗を追う関屋。
 ・埋立地/朝倉警部と落ち合う北斗。北斗を射殺する朝倉。
  駆けつけた関屋と対峙する朝倉。
  二人の拳銃が同時に火を噴く。
  お互いの腕が撃ち抜かれる。
  草野の空手が朝倉を連打。
  崩れ落ち折る朝倉!
  関屋の怒りの銃口が朝倉に向けられる。
  制止する黒木、小田切。山田、津坂。
  朝倉に手錠を打つ関屋。
  
  節子が圭子に指輪を渡す。息を引き取る節子。

 ・
大都会/黒木以下、7人の刑事が立っている。
  黒木は山田らに共に闘う決意を語る。
  同意する山田ら。
  小田切が協力を申し出る。
  7人の意志が固まる。


  −END−   
  


            

 
 -END- 

   
     
  

  


  
 ▲シナリオ復刻版・ロゴカラーが当初は3色。第三話以降とは異なっていた。 

  
 
▲シナリオでは、警視庁・黒木警視(本編では”警視庁”文字なし)

 
 
 
▲まだGメン組織は結成されていないが、7人が決意を固めるシーンがあった。                                 

◆役名表記:
朝倉警部
・朝倉節子

・恩田
・北斗
・滝上
・サリバン
・ルミ
・スナックのマダム
・検視官

・婦警<後の岡村節子巡査>
・スチュアーデスA、B
・チンピラA、B
・スリの女
・新聞記者A、B
・運転手
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------------------
 
Gメン75BEST SELECT BOX 特典として封入されていたシナリオ復刻版。
 第一話シナリオは、本編同様、7人の警視庁捜査員が出会い手を組むまでを描いている。
 本編では、7人の決意の部分をカット。
 各々所属する部署がある七人がなぜ黒木の下、行動を共にするかは
 シナリオには記載されていない。

 世界最大のマフィアが警視庁に潜入していた背景と、「警察の中の警察」という任務を
 課すための警察庁が突きつけた条件はシナリオでも記されていない。

 第二話のシナリオが手元にあれば、Gメン結成までの描き方がもう少し細かくわかるところであるが、
 高久進先生、近藤照男プロデューサー、丹波哲郎ボス・・・と関係者の他界。
 今となっては、ノベルズと第二話の予告編のみが、詳細を補完してくれる重要な資料である。
 

 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る