-->


 シナリオワールド
No.66 
 警視庁
密室殺人  
              中丸忠雄さん追悼

 


            ★私はオトリか?!

  タイトル  相違点
題名 「警視庁の
中の密室
殺人 」
 ◎シナリオナンバー66

シナリオの展開
 
 ・警視庁・取調室/哲を取り調べる新庄警部補。
 ・ガード下/人影がぶつかり拳銃を奪われ殺される新庄。かけよるパトロール警官。
  Gメン・山田、草野、津坂、圭子到着。警官に事情聴取する。
  走り去るオートバイの存在を確認。
 ・Gメンの部屋/報告を聞く黒木警視。目撃者なし。凶器はナイフ。車種は
ホンダ×××
  
物証なし。犯人は新庄と面識がある?内ゲバ以外の線も視野に入れるよう指示。

  −タイトル−

 
・警視庁取調室/連行されてくる哲。哲のアリバイを確かめる山田。
  別件逮捕に怒りをぶつける哲。山田の反論に肩をすくめる哲。
 ・繁華街/新庄に恨みを持つ男を探して捜査する津坂、草野、山田、圭子。
 ・バー店内/マダムから石崎弘志という男を聞き出す。新庄を殺すと言っていた。
 ・Gメンの部屋/黒木に報告する圭子。石崎が内ゲバ殺人容疑でマークされたこと。
  アリバイがないこと。石崎が新庄に逮捕された調書を黒木に渡す。
 ・回想/駅前広場。三か月前の内ゲバ、市民を殺傷。捜査難航。

 ・Gメンの部屋/流れ弾にあたって死んだ通行人の身元は暴力団組員。
  二つに分かれた捜査見解@過激派同士の内ゲバA暴力団抗争。
  石崎は
××組と対立する▽▽組のチンピラ。
 ・取調室(回想)/怯える石崎、向かい合う新庄。ツケ未払い容疑で別件逮捕。
 ・Gメンの部屋/三日後に釈放された石崎。石崎が犯人なら拳銃を持ってる筈と
  にらむ黒木。草野、津坂に指示。

 ・繁華街(夜)/石崎を追う圭子、山田。乗用車に轢かれる石崎。
 ・東京都監察医務院/石崎の妹・ふみと友人の渡辺卓。
  石崎の容疑を圭子に尋ねる卓。ふみに石崎が新庄を恨んでいたか訊く圭子。
  石崎が犯人じゃなかった場合はどうすると迫る卓。

 ・Gメンの部屋/結城警視正に報告を電話でする黒木。(敬語)
 ・捜査本部/物証を固めるよう指示する結城。
 ・警視庁玄関/結城が出てくる。迎えの車に乗る結城。尾行するオートバイ。
 ・料亭/女たちに送られて出てくる結城。上機嫌で車に乗り込む結城。
  尾行するオートバイ。
  
 

 ・住宅街/ 車を降りる結城。
門をくぐって玄関へ歩む結城。
  弾丸発射。身を伏せる結城。弾丸は
玄関の扉に。走り去るオートバイ。
 
 
・Gメンの部屋/石崎が犯人じゃなかった場合のことを黒木に告げる圭子。
  石崎は勝手に飛び出し勝手に轢かれたと一蹴する黒木。

  結城暗殺未遂の電話を受ける黒木。弾丸は奪われた新庄の拳銃。
  オートバイ。新庄殺しは石崎ではなかった。黒木に反論する圭子。
  共犯説を唱える黒木。真犯人は別にいると反論する草野。
  怨恨の線で幅広く真犯人をあぶり出すよう指示する黒木。

 ・結城家・門前/警戒態勢の中、黒木が入る。
 ・応接間/結城と向かい合う黒木。
テーブルにおかれた弾丸
  結城に怨恨の心当たりを尋ねる黒木。(
敬語
  心当たりはないと言い放つ結城。
 
 ・Gメンの部屋/石崎を死に追いやったことに責任を感じ調書を読み返す圭子。
  渡辺卓の名を発見する。
 ・江東地区/町工場。石崎ふみと会う圭子。
  ふみは聾啞者であることを卓から聞く圭子。
  卓のアリバイを尋ねる圭子。また別件逮捕かとののしる卓。作業中負傷するふみ。
  卓には動機があるが物証はないことを確認する圭子。
 

 

 ・渋谷 大橋 卓のアパート/卓のアリバイを洗う圭子。
  住人に尋ねる圭子。確証なし。
 ・町工場/卓をマーク。卓の警察への異常な憎しみがひっかかる。
  ふみと卓が出てくる。卓を尾行する圭子。
 ・修理工場/オートバイで走り去る卓。整備工が卓にオートバイを貸した事実を確認。
  車種は
ホンダの×××
 
 ・Gメンの部屋/圭子の報告にムッとする黒木。
  卓を取り逃がしたことを責める黒木。証拠がないと反論する圭子。
  身柄を拘束した後証拠をつかめばよいと激怒する黒木。
  別件逮捕のやり方に疑問を投げかける圭子。
  卓逮捕を要請する黒木。抗議する圭子。
  結城を狙ってるかもしれないリスク。それとヒューマニズムを問いかける黒木。
  草野に結城へ連絡するよう指示する黒木。

 ・自動車修理工場/免許証不携帯の嫌疑で卓を連行する山田。
 ・警視庁地下取調室/新庄が殺された晩のアリバイを尋ねる山田。
  完全黙秘する卓。

 ・Gメンの部屋/完全黙秘を黒木に報告する圭子。
  電話に出る黒木。凶器のナイフ発見、指紋は石崎のものと判明。
  卓は無実。
 
 ・地下取調室/卓に帰宅を促す黒木。
  石崎の犯行を卓に告げる圭子。
  警察のやり方に不満をぶつける卓。
  片目をつぶされた理由をぶちまける卓。
  道交法違反容疑で新庄が卓を逮捕。嫌疑は内ゲバ殺人。逃げる卓。
  有刺鉄線で目を負傷する卓。
  卓にはアリバイが成立し憎悪だけが残るというものだった。

  
卓に詫びる圭子。出て行く卓。
  卓の尾行を津坂に指示する黒木。抗議する圭子。
  結城暗殺未遂の容疑を向ける黒木。
  動機よりも結城ガードを優先する方針を告げる黒木。
  ふみの自殺未遂を電話で知る圭子。

 ・病室/命を取り留めるふみ。心配する工場主。
  卓が釈放されたことを告げる圭子。
  石崎が新庄を恨んでいた理由を語る工場主。



 ・石崎のアパート/釈放されたことを石崎、ふみに告げる卓。
  目を負傷したことを話す卓。
  石崎が新庄と結城の取り調べで、罪を卓になすりつけたことを告白する。
  前日。卓に殴られたことを恨んでのことだった。卓の学生運動の過去を利用。
  ふみに泣かれて自分の行為を恥じた石崎。
  部屋を飛び出す石崎。
  結城と新庄の名を知る卓。

 ・病室/
石崎が新庄を殺すとは思えなかったと語る工場主。 
  結城暗殺の動機を知る圭子。
  手話で卓を救ってほしいと語るふみ。

 ・Gメンの部屋/結城の警護を指示する黒木。
 ・公園/油紙で包んだ拳銃を取り出す卓。
 ・警視庁玄関/結城ガードを告げる山田らGメン。
  不満そうに言い放つ。「私はオトリか?」
ニヤリとする山田

 ・町(
)/結城の車を尾行するGメン車。見つめる卓。
 ・Gメンの部屋/結城が
羽田空港に向かったことを知る黒木。
 ・
羽田空港/結城が車から降り立つ。見張る山田、津坂、草野。
 ・車の中/黒木、圭子、ふみが乗っている。
  
卓の行動を止めるにはふみの力が必要だと黒木に告げる圭子(カット)。
  出すぎた行動を詫びる圭子。否定し卓の身を案じる黒木(カット)。



 
 ・
羽田空港国際線ロビー上司を見送って談笑する結城。  
  見送った結城の前に拳銃を構えた卓が立ちふさがる。
  制止する津坂。
三方を取り囲む山田、草野。
  拳銃を捨てるよう命じる草野。
  卓の両手が震える。
  Gメン全員の手には拳銃。
  撃たせるなと言い放つ山田。
  駆けつける黒木、ふみ、圭子。

  
ふみの絶叫(カット:聾啞者の設定)
  卓が引き金を引く。
  
三方からGメンの銃弾を浴びる卓。

  
倒れている結城(カット)
  倒れている卓。

  青ざめた表情
で起き上がる結城(カット)
  絶命する卓。苦渋の思いの山田、草野、津坂。
  ふみが卓の拳銃をつかむ。Gメンに向ける。
  圭子、ふみと向き合う。
  圭子、ふみの肩を抱き寄せる。

  眺める黒木、山田、草野、津坂。

 −END−
 
  
レギュラー以上の存在感?
 
 -END- 
  
     
  

  


  
 ▲シナリオナンバーも本編と同じ。 

  
 
▲響刑事と黒木のぶつかりあいが見どころ。                            

  

 


 
 
 ▲ニヤリとする山田刑事が笑えます^^

  
 ▲クライマックスはシナリオ段階では、羽田空港国際線ロビー。ラスト・圭子の涙は予定なし。

◆役名表記:
石崎弘志
・石崎ふみ

・渡辺 卓
・新庄刑事
・工場主
・自動車整備士
・哲(ヤクザ)
・遊び人風の男
・バーのマダム

・パトロール警官
結城警視正=中丸忠雄
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 ★黒木警視のワンポイント解説
 タメ口?気にするこたぁ、ないな。

 -------------------------------------------------------------------------------------
 
 ☆権力の象徴として描かれる警察の、行きすぎた捜査体制への痛烈な警鐘。
 そんな捜査体制に疑問を持ち、権力と真っ向からぶつかりあう人間・響圭子の目を通して描かれる悲劇。
 反権力志向の強いテーマが近藤照男プロデュース作品らしさを惹き立てている。
 今回は圭子を除いたGメンですらも行きすぎ捜査の危険性をはらんでいる側として描かれている点が
 ユニークである。

 見所は、何と言っても圭子と黒木の何度かのぶつかりあいである。潜在的な危険性を持つ強引な捜査体制
 に疑問を投げかける圭子と、犯罪は社会の敵であり撲滅するためには手段は選ばず余計なヒューマニズム
 は不用と言い放つ黒木とのやりとりである。
 作品の本筋からは離れるが、結城警視正の自宅シーンや上司(結城)相手ですら、タメ口をきく部下(黒木)
 という構図も興味深い。

 この作品は、「新GメンVSニセ白バイ軍団」同様、結城警視正(中丸忠雄)の露出が多い。
 結城警視正の豪華な私邸も披露され、暮らしぶりや趣味嗜好も見え隠れするシーンが興味深い。
 Gメン75での結城警視正を語る上で、外せない作品だけに、追悼の意を込めたいと思う。

 シナリオでの大きな相違点は、石崎を取り調べる新庄と結城。
 このとき、石崎が結城のシャツを破くシーンはなし。

 クライマックスの舞台は、横浜地裁ではなく、羽田空港国際線ロビー。
 外遊する上司を見送りに来た結城という設定で、卓に狙われるのだが、ロケの許可が下りなかったか、
 あるいは裁判所に行かせる方が、より自然な展開になるという意向があったのであろうか。
 本編では空港でのクライマックスは見送られた。
 
 あと、ドラマの進行上、若干場面が入れ替わる個所もあった。
 (黄色の部分は、料亭から出る結城警視正の前のシーン 等)

 それにしても、身辺警護を申し出るGメンに<要らんよ!勝手にしろ>と言い放つ結城警視正のセリフ。
 黒木の上司でもありGメンの監視役としての官僚的で、高圧的なキャラクターを如実に表わしている。
 尚、この作品の予告編音楽のみ、しまざき由理さんのハミングなしのものが流された。


 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る