-->

 シナリオワールド 
Gメン75スペシャル
帰って来た若き獅子たち 


★那須岳、那須高原を舞台にした
                  ハードアクション!


  タイトル  相違点
本編 「帰って来た若き獅子たち」  ◎舞台は架空の町・甲南。実際のロケ場所は相模湖畔。
 ◎冒頭のレギュラー紹介シーンは地下射撃場。
 ◎オープニングシーンは『Gメン』の由来のナレーション後。
 ◎高木圭子の役職は”刑事”
 
◎護送車は4WD車
 
◎ラストシーンは黒木長官室
 
シナリオ 「帰って来た若き獅子たち」  ◎舞台は那須高原が予定されていた。
 ◎冒頭のレギュラー紹介シーンは各々の活躍シーン。
 ◎オープニングシーンは各レギュラー紹介シーンの後。
 ◎高木圭子の役職はシナリオ内では”警部補”
   但し、登場人物欄では”高木圭子刑事” 
 ◎護送車はジープ
 ◎ラストシーンは警察庁ビルの屋上

 

 
 ☆本編と最も異なる設定は、舞台である。
 シナリオ段階では、栃木県の那須高原が予定されていた。ヘリコプターの飛行許可か提携ホテルの問題
 であろうか。ロケ地は映像化する時点で変更を余儀なくされた。
 
 本編では滑走路を横並びで歩くオープニングが復活。これなくして『Gメン75』無し。
 ストーリー展開はシナリオも本編もほぼ同じ。
 
 シナリオを入手した際、本編でのGメン75結成ナレーション”・・・1975年、当時
警視正だった黒木長官は、
 
落ちこぼれ刑事たちの・・・”の部分がどう表現されているか気になっていた。
 しかし、やはり本編と同じセリフに少々落胆してしまった。
 往年のメインライター高久進氏、池田雄一氏、西島大氏の起用であれば随分と違った結果になったこと
 であろう。

 Gメンは落ちこぼれ警官の集団ではなく、  ”
警察の中の警察”  。
 正に捜査のスペシャリストであることをお忘れなく。^^;)

 シナリオの表紙、メンバーの”圭子”という表記に当時の面影があるだけに、ページをめくるごとに
 めくるめく感動、興奮が薄らいでしまうのは仕方のないことであろうか。。
 ”
変装の達人!!警部・鬼沢平吉のファイルE”を無理やり”Gメン”にしてしまった形であるが、”Gメン75”
 が21世紀に継承された”事実”は一ファンとして嬉しいものである。
 雰囲気が全く異なる新生Gメンだが、腐敗した権力との死闘に当時の流れが感じられる。
 

  

 
 ■シナリオは昔の『Gメン75』と同じロゴを使用。

 
冊子の質感は光沢のある白。裏表紙に『GMEN75』ロゴ。このパターンも土曜夜9時時代のオリジナルと同様であった。
 
サブタイトル「−帰って来た若き獅子たち−」はシナリオ段階では(仮題)
 


                ☆戻る

                
☆TOPへ戻る