-->

 シナリオワールドNo.51
 刑事訴訟法47条
 女子大生ジャック  
 


               ★撃たないで!!

     相違点
     ◎シナリオナンバー51 シナリオタイトル 「女子大生ジャック」

シナリオの展開
 
 ・ターミナル駅構内/中川和男が構内に入って行く。電話をかける。
 ・綜合開発庁総裁室/陳情団と向かい合う片山総裁。
 ・秘書室から電話がまわってくる。片山竜生が取る。
  和男の声で娘の誘拐が知らされる。

 ・Gメンの部屋/警視庁からの極秘捜査指令をGメンに伝える黒木警視。
 ・片山家/二台の電話機に逆探知気などをセットするGメン。
 ・由美の部屋/由美の写真を見つめる圭子。

 ・高速道路(回想)/由美が乗るジャガー
  無謀なカーレースをする由美。由美が仕掛けた車がガードレールに激突。
  車から飛び降り事故処理に当たる圭子。 
 ・ドライブイン(回想)/由美に警察手帳をつきつける圭子。
 
  
 

 ・所轄署取調室(回想)/圭子の取り調べに弁護士を要求する由美。
 ・片山家/電話で一億円の現金を要求する和男。
  切れる電話。

 − タイトル −

 ・片山家/由美のマンションを聞きだす圭子、津坂。
 ・マンション/室内に入る圭子、津坂。ラリってる若者たちと遭遇。誘拐の手がかりなし。
 ・高架下ガード/由美の車・ジャガーのナンバープレートと血の痕を発見する圭子。
 ・片山家/現金ケースを持ってきた竜生。鳴る電話。逆探知をセットする山田。
  現金の確認をする和男の声(電話)、飛行場へ行くよう指令を下す。

 ・Gメンの部屋/電話を受ける黒木。飛行場へ行くよう津坂らGメンに無線で指示。
 ・飛行場/待機するセスナ。
  飛行場職員に極秘捜査を説明する津坂。チャーターされているセスナを確認。
  チャーターした人物が片山と名乗ったことを知る。
  フライトの時刻を確認。和男から片山総裁に電話が入る。
  片山総裁名義でチャーターしておいたセスナ機に乗るよう要求。
  片山総裁、竜生、現金一億円の入ったケース、草野がセスナに乗り込む。
 ・滑走路/離陸するセスナ。大空を飛ぶセスナ。

 ・飛行場/電波探知車に乗り込む津坂、圭子。係員とセスナの無線を傍受。
  不法電波をキャッチ。
 ・大空/飛ぶセスナ。
 ・機内/無線から和男の声が流れる。国会議事堂へ向かうよう要求。
  ショーの主役は片山総裁だと告げる竜生。
 ・大空/国会議事堂上空を旋回するセスナ。
 ・国道/走るGメン車、電波車。
 ・セスナ機内/一億円を国会議事堂へバラまけと無線が入る。
  由美の命と引き換えに一億円投下を要求。拒む片山総裁。
  綜合開発庁上空、草野が庁舎屋上の人影に気づく。

 
 

 ・セスナ機内/不審な人影を津坂らに知らせる草野。
  現場へ向かう津坂ら。
 ・綜合開発庁屋上/給水塔に花束があるのを見る圭子。

 ・片山家/黒木がやってくる。
  ジャガーから検出された指紋を照合。付着していた血が由美の血液型と一致した
  ことを黒木に告げる津坂。
  黒木が片山総裁と話す。
  個人的に総裁を恨んでいる人間がいることを告げる。
  一億円投下を拒んだ総裁に困ることがあるのかと詰め寄る黒木。
  電話を受ける竜生。
  レシーバーに耳を当てる黒木。
  由美の声が受話器から聞こえる。
  逆探知を指示する津坂。
  なぜ一億円投下しなかったか叫ぶ由美。
  逆探知していた山田が局番判明を告げる。

 ・電話ボックス/急行するがもぬけの殻。
 ・Gメンの部屋(夜更け)/圭子、草野、津坂の報告を受ける黒木。
  犯人が電話をかけた場所、を壁の地図に赤丸を付ける。
  犯人とのやりとりを録った録音テープを科研に回すよう津坂に指示。
  公社ビルの屋上にあった花束を当たるよう指示。

 

 ・所轄署刑事部屋/刑事Aから中川課長投身自殺の事件を聞かされる。
 ・公社ビル屋上/給水塔に立てかけられた花束をみつめる圭子。
 ・Gメンの部屋/総合開発公社による国有地払い下げの裏工作と中川課長の
  自殺、黒いリベートを受け取った政府高官、片山総裁などの件を語る黒木、圭子。
  中川課長遺族を洗うよう指示する黒木。

 ・中川家/売りはらわれた家、遺族の転居先はわからなかった。
 ・犯人が使用した公衆電話ボックスを調べる圭子。
 ・有刺鉄線に囲まれた問題の国有地に足を運ぶ圭子。
 ・廃墟/シートをかぶせたクルマに近づく圭子。鈍器で打ちのめされ昏倒する。
 ・中川和男、次郎が圭子のショルダーバックの中身を見て、警官だということを知る。
 ・科学警察研究所/和男の声を分析。

 ・廃墟の地下室/意識を失った圭子、監禁されている由美。次郎の手に圭子の拳銃。
  次郎、和男が自殺した中川課長の息子たちだと知らされる由美。
  自殺の原因が片山総裁の汚職だと告げる次郎たち。
 ・科学警察研究所/由美の声のバックに教会の鐘の音が聞こえるのが判明。

 ・廃墟地下室/手錠をかけられた圭子。由美に現金輸送車襲撃の手伝いを要求。
  現金輸送車には開発公社に運び込まれる現金が乗せられる。
  由美に手伝わせることで片山総裁を社会的に抹殺しようとたくらむ和男たち。
  説得する圭子。由美を連れたまま立ち去る和男、次郎。

 ・公社ビル地下駐車場/由美、次郎、和男。現金輸送車襲撃を決行する。
  非常ベルが鳴り響く。警備員ともみ合う和男らに躍りかかる。クルマの運転席に
  飛び乗る由美。ライフルをぶっ放す和男。拳銃を構えた警官隊に撃たれ倒れる和男。
  由美が次郎をクルマに乗せて駐車場から飛び出す。 

  
 

 ・走る中古車/逃げなかった理由を由美に尋ねる次郎。無言の由美。
 ・公社ビル地下駐車場/Gメン車到着。草野と津坂が和男の遺体を確認。
 ・所轄署刑事部屋/次郎たちの車のナンバーを捜査員に伝える捜査主任。
 ・公社ビル警備室/地下駐車場での和男たちの動きをモニターで観る草野ら。
 ・Gメンの部屋/由美が襲撃に加わった事実を知らされる黒木。
  中川課長の遺族を洗いに行ったまま消息を絶った圭子を探すよう厳命する黒木。

 ・廃墟の地下室/次郎と由美が戻ってくる。監禁されている圭子。和男が射殺された
  ことを圭子に語り、警察への怒りをぶつける次郎。
 ・教会近くの道/パトカーが疾走してくる。
 ・廃墟の地下室/由美に出て行くよう促す次郎。拒む由美。
  中川課長が片山総裁の家に来たことを告げる由美。
 ・片山家(回想)/項垂れている中川課長。向かい合う片山、竜生。
  息子二人の面倒と引き換えに、司法の手が伸びるのを恐れる政府高官の話を
  する片山。玄関で聴いてしまう由美。

 ・廃墟地下室/翌日、中川課長の自殺の記事を見たことを語る由美。
  今更聴いても遅いと言い放つ次郎。証言の確約を取る圭子。
  片山総裁を裁く法律がないことをぶちまける次郎。
  世間の人々に知ってもらうことを提案する圭子。
  手錠のカギを由美に渡す次郎。圭子の手錠を外す由美。拳銃を渡す次郎。
  ライフルは渡さない次郎。

 ・廃墟の中/地下室から出てくる圭子、次郎、由美。
  ライフルを圭子に渡そうとする次郎。周りの警官隊に気づく次郎。  
 

 

 ・廃墟の中/逆上したまま階段を駆け上がる次郎。
  草野、津坂、山田が駆ける。警官隊に発砲する次郎。
  圭子の制止を聞かぬまま警官隊の拳銃が一斉に火を吹く!
  ハチの巣にされる次郎。建物から落下。

 ・開発公社総裁室/入り口を見て驚く片山総裁。竜生。
  立っている由美。
  無事を喜ぶ総裁。駆けよるが拒む由美。
  黒木、草野、津坂、山田、圭子が現れる。

  片山を裁く法はないが世間が裁くだろうと告げる黒木。

  −END−   
  


            
 
 

   
     
  

  


  
 ▲シナリオ・「刑事訴訟法」文字なし

    
                             
▲シナリオでは、 ヘリコプターではなくセスナ機

 
  
                             
▲刑事訴訟法47条のセリフなし                                 

◆役名表記:
中川和男
・中川次郎

・中川課長
・片山由美
・片山総裁
・片山竜生
・加代
・捜査主任
・飛行場の事務員

・電波車の係員
・技官
・女の秘書
・主婦
・青年A
・刑事A
・警備主任
 
 

*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記記
 

 -------------------------------------------------------------------------------------
 

 
 本編との大きな相違点は、国会議事堂上空を旋回するシーンは当初ヘリコプターではなくセスナ機が
 予定されていたこと。(今ではおそらく映像化できないと思われる国会議事堂上空からの空撮。)
 本編ではラストに「刑事訴訟法47条があることをお忘れなく」という黒木のセリフがあるが、シナリオでは
 一切なし。本編、シナリオとも刑訴法の内容についての記載がないため、視聴者は六法全書を開かないと
 詳細がわからない点が残念。条文の記載と片山総裁とのかかわりもわかりにくく、決定稿と本編撮影の
 どこかで抜けおちてしまった部分があったのだろう。 

 刑事訴訟法47条
 第47条 訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。但し、公益上の必要
 その他の事由があつて、相当と認められる場合は、この限りでない。

 −WIKIBOOKSより−

   
 -------------------------------------------------------------------------------------
 
Gメン75放送1周年記念と称してもよい作品。
 前週の予告編は、「 特報 」文字なしの特報予告。
 同一プロットではないが参考として⇒ 
バーディ大作戦No.13「俺たちはダーティ・ハリー3」>

 

 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 


      
                       


                ☆戻る

                ☆TOPへ戻る