-->

 シナリオワールドNo.317、318
   
 女の裏窓24時間
  女の裏窓24時間
PART2    
                
  


       ★新宿を封鎖せよ!!            

  タイトル  相違点
本編
「女の裏窓
 24時間」 
「女の裏窓
 24時間
 PART2」
     
 
 
◎シナリオナンバー317&318(合本)
シナリオ
「女の裏窓
 24時間」
「女の裏窓
 24時間
 PART2」
シナリオの展開
 
 ・
××刑務所。赤木、腹痛を装い看守を倒して逃走を図る。
 ・町外れの電話BOX。若い女性ミッチーを絞殺。小銭を奪う。
 ・Gメン本部。立花を殺すと赤木から警告の電話がかかってくる。
 ・(回想)米軍基地で警官を射殺する赤木。映画館の表で赤木を逮捕する立花。
  −タイトル−
 
  
 
※シナリオでは結城警視正はリセット。警察庁幹部・平賀警視正として再デビューの予定だった!

 ・街道。黒木以下Gメン、電話BOX到着。
警察庁幹部・平賀警視正と合流。
 ・黒木は
平賀立花らGメンに紹介する
 ・県道の橋。トラック運転手を殺す赤木。服を奪い逃走。Gメン、所轄署、平賀が到着。
 ・黒木、聞き込みのため××刑務所へ陽子を派遣するよう立花に指示を出す。
 ・田口、マリコは平賀が指揮する合同捜査本部に待機。黒木と冴子はGメン本部へ。
 
 ・××刑務所。陽子は面会人と接触した後、赤木の態度が急変したことを知る。
 ・面会人は横山満。
 ・国道。釣り人のクルマを奪う赤木。
 ・警視庁会議室。

  結城(*)
が刑事らと包囲網を敷くべく検討。田口、マリコは黒木に報告。
 ・お台場。パトロール巡査を射殺する赤木。

 ・(立花の回想)赤木をおびき出すため伸江を説得。赤木を逮捕する立花。
 ・Gメン本部。巡査殺しの報告をする田口。
 ・捜査本部。
平賀が全警察官に指令を下す。
 ・Gメンルーム。伸江宅を張り込むよう指示する黒木。冴子、マリコは横山をマーク。
 ・住宅街。幼稚園バスをジャックする赤木。
 ・商店街、横山の店。冴子とマリコ、赤木からの連絡を通報するよう横山へ要求。

 ・ある会社の廊下。張り込み部屋の借用を総務課長に申し出る立花、陽子。
 ・伸江の部屋を見張る立花ら。
 ・(立花の回想)赤木逮捕のお礼を告げる伸江。
 ・電話BOX。横山へ電話する赤木。かくまうよう要求。拒む横山。人質は保母。
 ・新宿で落ち合う約束を取り付ける赤木。
 ・横山の店。張り込む冴子、マリコ。
 ・新宿。検問を突破する赤木を乗せた幼稚園バス。

 ・スナック律子裏口。マリコ、男を追う!スリだった。マリコと男の格闘。
 ・姿を消す横山。
 ・地下駐車場。保母を人質に運転手へ指図する赤木。
運転手を射殺。逃げる保母。
  
保母を射殺
 ・スナック律子。TVで赤木逃走のニュースを伝えるアナウンサー。
 ・Gメン本部。黒木が電話に出る。立花を出せと告げる赤木。
  
  <つづく>


 
  
※大きな犯罪と小さな犯罪に悩むマリコ。
 
 ・前編の解説。
 ・Gメン本部。赤木の電話を受ける黒木。
 ・律子の店。伸江の住所を聞き出そうと横山へ詰め寄る赤木。
  拒む横山と律子を射殺。
  −タイトル−

 ・地下駐車場。幼稚園バスの惨劇を目の当たりにする若いアベック。
 ・新宿。集まるパトカー、白バイ。
 ・捜査本部。
平賀の怒鳴る声が響く。
 ・律子の店。
律子の洋服を身にまとう赤木。化粧し女装する。
 
・Gメン本部。横山逃走を報告する冴子。
 ・会社の一室。小さな犯罪を見逃すべきだったか悩むマリコ。立花に問いかける。
  マリコの疑問に耳を傾けながら陽子に指示する立花。

 ・伸江の部屋。着替えを始める伸江。
 ・会社の一室。立花に目隠しし代わりに見張るマリコ。立花は田口にマリコとともに
  伸江を見張るよう指示する。
 ・律子の店。
女装した赤木。気づかない機動隊員。殺しの現場を発見する機動隊員。
 ・道。
スカートをなびかせスクーターに乗って逃走する赤木
 ・商店街。尾行する田口、マリコ。
肉屋の主人と伸江の会話の意味をたずねるマリコ
 ・
立花に訊けと困惑しながら告げる田口


 
 ※立花と伸江を殺す!脱獄囚VS立花の死闘!

 ・道。赤木のスクーターが陽子のクルマを尾行。
 ・Gメン本部。伸江の部屋に入って直接ガードするよう指示を出す黒木。
 ・
マンション一室。若い主婦に拳銃をつきつける赤木
 ・伸江の部屋。伸江に会う立花。赤木脱獄を告げる。青ざめる伸江。
  伸江の主人から電報が来る。帰宅時間が遅れるとのこと。(一時間後)
 ・伸江の部屋から出てくる立花。
 ・マンションの一室。拳銃を構え伸江の部屋を見張る赤木。
  赤木に殺された主婦が横たわる。
 ・キッチン。ビールを飲み干す赤木。
 
 ・伸江の部屋。赤木とのいまわしい思い出を振り返る伸江。今の幸せを壊されたく
  ないと陽子に告げる。
 ・アパートの前の道。怪しげな男を発見するマリコ。
 ・田口とマリコが追う!下着泥棒だった。本部に報告するマリコ。赤木に気づかれる
  のを警戒する立花。
下着を盗まれた経験を語るマリコ
 
 ・マンションの一室。一部始終を見て笑う赤木。電気会社の職員が来る。
 ・漏電の検査中、職員を倒す赤木。
 ・Gメン本部。立花に
差し入れする冴子。
 ・アパート2階の廊下。東電職員に化けた赤木。漏電の検査を装う。
 ・伸江の部屋。赤木が入ってくる。
 ・驚く伸江。拳銃をつきつける赤木。陽子と伸江が赤木の手に落ちる。
 ・トランシーバーから立花に向かってしゃべり出す赤木。

 ・事態の急変を知る立花。迫る赤木と格闘する陽子。
 ・アパートの表。
赤木射殺指令を田口、マリコに告げる立花
 ・アパート2階の廊下。伸江の部屋に立つ立花。
 ・背中のベルトに挟んだ拳銃で赤木を撃つ!抵抗する赤木を取り押さえる立花。
 ・拳銃を拾う伸江。赤木につきつける伸江。制止する立花。夫の三杉が伸江を制止。
 ・伸江のアパート。Gメンを見送る伸江と三杉。
 ・
6ヵ月後赤木は死刑宣告を受ける


 
 
※栄ちゃんもビックリ!!

 −END−


 
  
  
                
  

 
      
       
      
                               ★警察庁・平賀警視正登場!
       

      
                      
    ★結城警視正も登場?

     
 

        

        
                                           

 ◆役名表記:
 平賀警視正(中丸忠雄)、三杉<安田>伸江、伸江の主人、赤木則男、横山満、その母、律子、ミッチー、トラック運転手、
 殺される巡査、幼稚園バスの運転手、幼稚園バスの保母、幼稚園バスの園児達、看守A、刑事A、B、C、釣りの男、
 総務課長、スリ、駐車場のアベック(PARTU)、機動隊員A、電報配達夫、漏電検査員、下着泥棒、肉屋の親父

 ミッチー・・・本編ではフルネーム(桂木美代子 18歳)も記される。
 殺される巡査・・・本編でのフルネーム(神林三郎巡査)


*上記( )は出演者欄の記入内容。< >はメモ書きより転記
 

 ------------------------------------------------------------------------------
 

 本編の展開
 
≫ 主な相違点/上記シナリオ展開のグレーの文字参照 ≪

 ・変更またはカット
  
 -------------------------------------------------------------------------
 ’81サマーサスペンスシリーズの第一弾、第二弾。
 新宿、目黒、山梨県を舞台に大掛かりな包囲網のシーンも見所の今回。ストーリーのベースは306話に
 引き続き「1月3日 関屋警部補・殉職」。半年も経たないうちに同じプロットを使用するのもいかがなものか・・
 と思うが・・・^^;
 研修生マリコの視点を加えたことは新鮮だった。

 さて、今回。シナリオ上では最も大きな展開が用意されていた。
 警視庁幹部・結城警視正役で75年初期から君臨していた中丸忠雄を、別の役名で再登場させる作品でも
 あったのだ!


 
警察庁幹部・平賀警視正登場!


 ・・・となるはずだったが、本編では見送り。結城警視正のまま続投。

 しかし、シナリオでは結城の名前が一箇所出てくることから、結城をリセットするか、新警視正登場とするか
 揺れ動くスタッフ間の思案が読み取れる。
 どことなく結城の角が丸くなった感じを受けるのも、こんな設定が用意されていたことが原因では・・と思える。
 それにしても凶悪犯・赤木の女装姿が予定されていたとは。
 逃走シーンはぜひ映像化していただきたかったものである^^;
 
 
以上敬称略
 -------------------------------------------------------------------------
  
- 
あらすじ 
 

 
                       

 


☆戻る

☆TOPへ戻る