海を渡ったGメン75−  
   

日本の刑事ドラマは、海外へも輸出されることがあり、ハワイでは「特別機動捜査隊」
「ザ・ゴリラ7」などが放送されたこともある。(76年頃)
「Gメン75」のアメリカ進出は79年頃。
<ジャパンナイト>というスペシャル枠で「水戸黄門」ともども日本のドラマということで
紹介された。
当時の「週刊TVガイド」誌によると、アメリカでの「Gメン」の評判は(犯罪を美的に
描いたドラマ)という酷評が成されており、残酷なシーンのみが評されるという本来の
番組のテーマとは逸脱した部分しかクローズアップされない点にもどかしさを感じたもの
である。放送された作品は内容から見て<危機一髪!車椅子の女刑事>と思われる。




☆89年当時、台湾では2種類の「Gメン75」ビデオシリーズが存在した。
ブルーの背表紙のシリーズ(画像上)と、グリーンの背表紙のシリーズである。
当時、確認したのは、グリーンのシリーズだった。
現地のレンタルビデオ店に並べられ、原産国である日本ですら存在しない商品構成に
度肝を抜かれたものである。

内容は日本語放送で、画面に北京語の字幕スーパーが表記されていた。
予告編は無し。
半年遅れで放送されていた香港の「Gメン75」(猛龍特警隊)は広東語で吹き替えられて
放送されていたそうである。
こちらのビデオは出まわっておらず、香港でも見つける事はできなかった。

台湾で見つけた「Gメン75」は正規に輸出されたものであるか否かは今となっては
不明である。しかし、日本国内のみならず、海外でも通用する番組であり、評価の
高い番組だったという証ではないだろうか?
尚、他の日本版刑事ドラマとしては「西部警察」「特捜最前線」が店頭に並んでいた。
92年、三度目に現地へ足を運んだ時は、「Gメン75シリーズ」は店頭から姿を消し、
「ゴリラ警視庁捜査第8班」が「新・西部警察」というタイトルで並んでいたこと
しか確認できなかった。

ちなみに「キイハンター」は「警爆突撃隊」というタイトルであった。

★★★

作品内容<グリーンパッケージシリーズ>
VOL1:盗まれた女たち(1)(2)
VOL2:
悪魔の棲む家
    少年とギャングの自転車レース

VOL3:カーアクション強盗団
・・・画像右
VOL4:香港カラテ殺人旅行
・・・画像左
    
真夜中の偽装殺人
VOL5:
ノーパン喫茶殺人事件
    ジングルベルに呼ばれた幽霊

VOL6:
金髪女性連続殺人事件
    警官の妻たちの連続殺人

VOL7:
闇に囁く連続女性殺人鬼
    怪談 死霊の棲む家

VOL8:
悪魔の結婚式
    死化粧の女

VOL9:
東京−神戸 電話殺人
    プロ野球殺人事件


<資料協力:中内さま>
   

                                          ☆戻る

                                          ☆TOPへ戻る