No.159 腰抜けギャング 
      がい骨争奪戦 
  
                (脚本)池田雄一(撮影)不明(監督)降旗康男
                (出演)大辻司郎、高木均、国景子、上田吉二郎、後藤ルミ、藤山浩二、
                     佐藤京一ほか

                
(登場レギュラー)黒木、啓子、吹雪、ユミ、島 
             
(主役)啓子
             
−調査協力−NWP夏目プロダクツ

 ☆再放送(CS)欠落作品であるが、78年頃の愛知では再放送された作品。
 リアルタイムでの記憶はないが、なぜこの作品を覚えているかというと、香港の実写
 があったからである。
 TVのスイッチを入れたら、香港島のビクトリアピークから九龍半島を見降ろした風景
 に行き交う客船の実写が現れ、「キイハンター」香港カラテ編か??と一瞬思った
 からである。
 Gメン75「エアポート捜査線」のサンフランシスコ実写を思い浮かべていただけたら
 と思う。ゴールデンゲートブリッジ全景に行き交う車。あのような1カットであった。
 この作品が欠落してしまった理由としては、死体になりすます啓子・・あたりの表現
 か描写が現在の放送コードにひっかかったと思われる。
 
−あらすじ− 
 15年の刑を終えて出所したやくざの親分・金山は、ライバル組織から強奪して隠し
 ていた10億円をもとに、組織の再建を計ろうとしていた。
 金山は大量の麻薬を買うため、香港暗黒街のボス・陳に連絡をとり取引を持ちかけた。
 快く取引に応じた陳は、15年前に金山から預かり現在は自分の情婦にしている金山
 の娘・富子を、打ち合わせのため東京に行かせる事にした。
 この情報を得たキイハンターは、啓子を富子に成りすまさせ、取引現場を押さえる事
 にした。
 だが、富子が金山を恨む大山と小池に撃たれ、啓子は富子の死体を装うはめに…。
 ここまでは順調に来たが、金山が陳との取引を有利にするため、富子が生きているよ
 うに見せようと計画。金山の部屋に運び込まれた啓子は・・・。
 
 
    



香港暗黒街の 
  麻薬ルートを追う啓子! 




                                          ☆戻る

                                          ☆TOPへ戻る