No.141 殺し屋大統領 
     お手やわらかに 
  
                (脚本)池田雄一(撮影)不明(監督)村山新治
                (出演)岡田真澄、原良子、田口計、上野山功一、
                     宮川和子ほか

                
(登場レギュラー)黒木、啓子、吹雪、島、ユミ、風間 
             
(主役)啓子
             
−調査協力−NWP夏目プロダクツ

 ☆再放送(愛知、CS)欠落作品。
 時価4億円の黒真珠の首飾り盗難事件を追うキイハンターの活躍を描く。
 事件の背後に隠された某国女王と側近の意外な秘密。
 再放送欠落の理由は定かではないが、リアルタイム以来観る機会がなかったため
 検証不能。ロケ地は、お馴染みの草津高原・ホテルヴィレッジであった。
 Gメン75No.72「
恐怖のロープウェイ」、No.338「刑事が許可した殺人事件」でもタイアップ
 された場所として記憶に新しい。
 特撮モノでも何度かロケされたことから、当時の東映ご用達ホテルであったと思われる。
 初期の「キイハンター」No.41「
殺し屋たちの舞踏会」のほか、後の「バーディー大作戦」
 No.30「
グラマー殺し屋部隊」の基となったシーンも興味深い。

  
毎日新聞番宣記事掲載の写真
 
(出典:夏目プロダクツ発行 キイハンターACTW カラーバージョンより)
 
 
★きょうの話題 12月5日より(週刊TVガイド誌より)
 『キイハンター』が草津に出かけた。「お医者様でも草津の湯でもォ」という古い唄の
 ある草津温泉の近くの高原に、来週放送の「殺し屋大統領お手やわらかに」のロケ。
 ところが、あいにく雨で、千葉真一たちは久しぶりでマルマル1日身体が開いてしまっ
 た。では、何をしたか?麻雀?とんでもないこと。
 高原のホテルは完全暖房で温水プールがあり、プールサイドにはトレーニング用の
 各種機材完備。「こりゃゴキゲンだぜ」と千葉真一は、各種の機材を片っ端から試して
 汗を流し、ドボンとプールに飛び込み、さらにプールサイドを何10周もランニング。
 いかにもアクションスターらしいバカンスだった。

−あらすじ− 
 都内のある宝石店に、覆面をした4人の強盗が押し入り、時価4億円の黒真珠を盗ん
 で逃走した。
 保険会社の依頼で捜査に当たったキイハンターの黒木は、4人の強盗が草津高原
 のホテル・ビレッジで落ち合うことをつきとめ、啓子とユミを現地へ派遣した。
 実は4人の強盗は、正体不明のある男から、別々に仕事を頼まれたもので、その
 ホテルで1人1億円の報酬を受け取る事になっていた。
 そしてお互いの素顔を伏せるため、集会は覆面をしたままで行われる事になっていた。
 それに目をつけた啓子は、覆面を被ってその集会に潜入した。
 ホテル内のバーを貸し切った会場は、キャンドルの炎だけの光で、異様な空気に
 包まれていた。
 覆面をした4人の強盗が揃う。そこへ、顎鬚を生やして腕にコブラの刺青をした
 依頼者が、車椅子で現われた。啓子は、事件の背後に来日中の某国のエバ女王と
 腹心の部下・ロベールの意外な素顔が隠されていることを突きとめた。

    



 ナナを車椅子に乗せた
       ロベールの正体は・・?! 




                                          ☆戻る

                                          ☆TOPへ戻る