No.118 踊れ 
     墓場で幽霊ワルツ 
  
                (脚本)高久進、佐藤肇(撮影)不明(監督)佐藤肇
                (出演)国景子、成瀬昌彦、藤木孝、春日章良、大塚道子ほか

                
(登場レギュラー)啓子、ユミ、島、風間  
             
(主役)ユミ
             
−調査協力−NWP夏目プロダクツ

 ☆再放送(愛知、CS)欠落作品。
 夏目さまによると、関東地区では1972年の再放送(16時〜)では放送されたとのことで
 ある。放送コード改変が欠落の原因であったようだ。
 世界の指導者を呪い殺そうとする悪魔主義者の集団と、悪魔主義追放委員会との奇想
 天外な対決。ドラマの随所に火あぶりの刑やギロチンシーンが登場。
 ロケは東京タワーの蝋人形館。
 恐怖場面の続出で、さすがの大川栄子さんも冷や汗もののロケだったそうだ。
 佐藤肇監督お得意の幻想的な夏のスリラー編。
 おそらくBGMはGメン75黒谷編でもお馴染みのおどろおどろしい曲が流されたと思われる
 が、私(管理人)はリアルタイムでしか観ておらず、詳細は不明。

 
 週間TVガイド誌より(調査:夏目さま)
   
−あらすじ− 
 黒木の部屋で、西洋占星術という一冊の本に見入っている啓子とユミ。ユミは自分の
 運勢を見て愕然とした。[大凶、調子に乗ると命を落とす]というのだ。
 そこへ一羽の鴉が飛び込んできた。
 足には、「助けて、イザベラ」の通信文。占星術の著者・マダム
Xが予言したのは悪魔の
 森というところ。
 ユミが森に足を踏み入れた途端、恐怖、恐怖の連続。マダム
Xの占いでイザベラの
 居場所を突き止めた彼女は、森の墓地の中にある洋館へ。
 その洋館の中に、一つの棺。イザベラはその棺の中で死体となっていた。
 その死体は、ユミの顔を見ると立ち上がった。そして、ユミは悪魔主義者の3人に捕われ
 てしまった・・・。彼らは国家の指導者を呪い殺そうとしていた集団だった・・。
   

     



−大凶− 
 調子に乗ると命を落とす・・ 




                                          ☆戻る

                                          ☆TOPへ戻る