★過去ログ資料室(2007年・4月)★

↓最下へ

=================================================================================================
 

今西正男氏  投稿者:川井出警視  投稿日:2007年 4月30日(月)21時25分39秒   
  黒谷署署長役の今西正男氏、声優もされる俳優さんですよね(007のM、バロム1のドルゲ魔人など)、今週放送のキイハンター82話のボーマン博士(演じるは東宝特撮映画でおなじみハロルドコンウェイ氏)の吹き替えも今西氏だったのでは?ところでキイハンターには架空の謎の国が数多く登場しますよね、その国名はなんとなくモデルとなった国が分かるような国名ですが(ブリタニア、マランポールなど)今回82話に登場するのは「ツーロン共和国」、いろいろ考えたのですがモデルが分かりません、なにかシャレた意味でもあるのでしょうか?  
追記  投稿者:睡蓮75  投稿日:2007年 4月30日(月)21時22分2秒  
  ちなみに手元には11話の単発決定稿(最後に続くと書かれてます)11話最終回2時間スペシャルの2種類の台本が存在してます(数年前神田のG書店で一括で1万前後で購入しました)
今となっては貴重なものですので大切にしたいと思います
 
HOTEL  投稿者:睡蓮75  投稿日:2007年 4月30日(月)21時16分15秒  
  管理人様、ご無沙汰しています
昨日、ふと思い立って所持してる「HOTEL V]のシナリオ全話を見ていて気づいたのですが、最終話は2時間SPになっていますが手元のシナリオを見ると、最終話は前後編の単発になってるんです。ということは企画では前11話が全12話ということになります。
しかも最終回SPシナリオは第11話と、ほぼ同じ・・・ということは企画段階では全然別の
ストーリーだったかもしれません
Gメンでも同様のことがあったかもしれません(沖縄シリーズが2部作から3部作になった事例もありますので。
やはりシナリオ検証は番組の事実を知る上で重要な物ですね
 
草鹿刑事、熱演!  投稿者:ブイスリャー  投稿日:2007年 4月29日(日)23時15分41秒  
  本日、草鹿刑事こと鹿賀丈史さんの舞台を観劇しました。ミュージカル「ジキル&ハイド」。Gメンの時もそうでしたが、鹿賀さんには独特の存在感があって、いい役者だなあと思いました。

KAJITA巡査様
沖さんはお元気な頃は、「太陽にほえろ」で、派手なアクションを披露されていました。
「Gメン’75」と「太陽にほえろ」は、衣装協力の会社(タイムリー紳士服)が同じ。そのせいか、Gメンの島谷刑事と七曲署のスコッチ刑事の衣装は、とても雰囲気が似ている時があり、ドキッとしてしまうことがあります。

ふじとも様
「新・江戸の旋風」は、私も観ておりました。沖雅也さんも素敵でしたが、同心の役なのに、刀を抜かず、空手で悪を倒してしまう倉田保昭さんが印象的でした。「Gメン’75」「闘え!ドラゴン」を彷彿させます。
 
望月源治  投稿者:珪一  投稿日:2007年 4月29日(日)22時30分46秒  
  最も有名な凶悪犯が、ついに登場しましたね。
ここから源治らの暴れぶりはGメン75の大きな見せ場ですから、じっくりと
見て行きたいと思います。

今回の作品、確かにトラオさんの言われるように2部作の方が良かったような気がします。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gmen-fubuki/

 
源治と太陽  投稿者:ふじとも  投稿日:2007年 4月29日(日)20時18分25秒  
   望月源治・・・あーなんて嫌なヤツ、とつい石を投げたくなる
極悪人登場ですね。リアルタイムから数十年、細かい事は忘れて
しまってましたが、立花警部が恐怖を抱いてるような表情での危
機一髪のシーンははらはらさせられました。立花をあんなにまで
追いつめた犯人はそういないでしょう。今後も源治の悪ぶりが楽
しみ(恐怖)です。

 「太陽にほえろ」、倉田さん出演のも2週終わりました。あの
頃刑事物等ゲスト出演したドラマを思い出すと、空手アクション
はあまりないんですよね。特に良い役では少なく、悪役だったら
「西部警察2」では渡哲也さんと、「服部半蔵」では千葉真一さ
んと、「瀬戸内殺人海流」では西郷輝彦さん(これは空手アクショ
ンとまではいかないかな)と、等あります。時代劇では日本刀アク
ションですね。沖雅也さんとは「新・江戸の旋風」で共演してまし
た。沖さんはこの時もクールな役所でバーディーとは全く違う雰囲
気でした。
 
連打  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月29日(日)10時33分2秒  
  >トラオさん
 立花警部!取調室のシーンも良かったです。
 「親を撃ち殺す子供たち」以来のマジギレで血圧上げながら
 観てしまいました。源治の豹変ぶり、抵抗ぶりには血が逆流しましたよ^^
 徳永精一もびっくり?!
 立花の連打は、草野VS仔に匹敵するものがありますね!次回はどんな展開になるのか
 目が離せません。
 このシリーズに徳永精一編も加えてもらえればと思いました^^;

 立花「徳永、、お前望月源治に似てるな。お赤飯だ。食えよ。」
 徳永「・・・、タ、、タダってわけかぃ?気に入ったぜ」

 

 
ゲンジ!  投稿者:トラオ  投稿日:2007年 4月29日(日)07時21分45秒  
  源治の活躍(!?)、実におもしろかった!
もう少し展開を丁寧に描いて2話連続にしてもよかったかも。
KAJITA巡査さんの言うように、立花警部との壮絶なシーンもとても
見ごたえありましたね。
次回が待ち遠しい!

 

 
魔物の時間・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月29日(日)03時02分2秒  
  >荒馬宗介さん
 いよいよ始まりましたね。源治編。とてつもないジコチュウ悪党ぶりでした^^;
 シナリオ検証を先ほど完了しましたので30日深夜の更新時にアップいたします。
 GWは録り貯めた「アイフル大作戦」を順番に楽しむつもりです。

 源治編をはじめてご覧になられる方も多いと思います。当時も賛否両論ありました。
 今までのGメンとは世界観も異なりますし相手の武器が手斧ですからね。。劇伴も
 怪奇色を深めて行きます。立花警部渾身のアクションも見所でしょうか。

>スコッチ刑事さん
 谷川でのクライマックスは迫力満点でしたね。詳しくは月曜日になりますが、あのシーン
 は河口湖周辺で撮影されたそうです。設定は長野県ですが五日市、山梨を結んでロケ
 隊が走り回ったようですね。以後、魔物の代表格として君臨する源治ファミリー。
 外国の宿敵に香港コネクションあれば日本には源治あり・・といわれたGメン。
 今までとは異なる世界観に触れてみるのもいいかもしれません。

>ブイスリャーさん
 今回はボスと立花警部を除いたら皆、1カットのみの出演でしたね。
 『太陽-』の鹿児島編、自分も倉田さんのアクションがきっとある・・・と信じて
 当時チャンネルを合わせたものでした。香港編だったら間違いなく魅せてくれたで
 しょうけど^^
 沖さんは『バーディ』の頃はハイテンションでしたが『太陽-』では別の側面を見せて
 くださいましたね。

 

 
恐怖!望月源治  投稿者:ブイスリャー  投稿日:2007年 4月29日(日)01時17分40秒  
  Gメンの悪役で、怖くて印象に残っているのは、ヤンスエさんと蟹江啓三さんです。お二人とも、何度も復活されましたし(笑)。

アクションドラマ好きの私は、「太陽にほえろ!」もよく観ておりました。倉田保昭さんゲスト回である「東京、鹿児島大捜査線」は、出演者が豪華で、凝ったストーリーですが、倉田保昭さんのカラテアクションが観られないのは、やはり残念です。
この当時(1981年)の「太陽にほえろ!」には、沖雅也さんもレギュラーで出演されておられますが、当時の沖さんは体調不良で、アクションはほとんどなく・・・。倉田さんと沖さんだったら、見ごたえのあるアクションが期待できたと思うのですが。ちょっと脱線で、すみません。
 
警部対源治  投稿者:スコッチ刑事  投稿日:2007年 4月28日(土)21時22分36秒  
  管理人様・皆様こんばんわ。今、源治編見ました。若林さんと蟹江さん良い演技してますね〜、ただし最悪の凶悪犯ですね!最後の対決シーンでは思わず体かたまりながら目を点にしてみてました。
それにしてもこれからの黒谷町シリーズ今回逮捕された源治はどのように復活してくるのか・・・   一層Gメン75、たのしみです。  失礼します。
 
最低  投稿者:荒馬宗介  投稿日:2007年 4月28日(土)11時56分46秒  
   ご無沙汰しております。

 このゴールデンウィークにはアンコール集中放送も行われる『Gメン75』ですが、第272話、第275話では警察官の犯罪が描かれていました。第1話から警察官の犯罪を描いた番組ですから、今更驚くことはないのですが、止むに止まれず罪を犯したのと違い、同情の余地がこれっぽっちもない最低な警察官の犯罪でしたね。

 最低の犯罪者といえば、望月源治もそのひとりでしょう。今晩からいよいよCSで望月編が放送されますが、演じられた蟹江敬三さんを、私はそれまでも犯人役で観ていましたが、望月役になってから蟹江さんが大嫌いになりました(笑・・・今は違いますよ)。
 初めてご覧になる方も意外と多くいらっしゃると思いますが、望月編はなぜか1本もDVD化されておらず、また中部地方での再放送も(6年前まで岐阜放送で放送されていた時は第273話で終了してしまったため、中部日本放送での再放送以来)10数年ぶりでして、私自身も久々の再会になります。手斧の怖さをまた味わうことになりそうです。

 過去を振り返らない『Gメン75』において、同じ犯人が複数回登場したのは望月ぐらいではなかったでしょうか?(遊佐哲次のように名前だけは3度?も使用されたことがありましたが、別人の設定でした。)しかも比較的早期にシリーズ化が決まったように思えるのですが、人気が高かったために決まったのか、それとも水上牧子・亜子姉妹に代わる準レギュラー(?)として企画されたのでしょうか?因みに思ってもみませんでしたが、水上姉妹と望月源治は重なっていないのですね。

 『Gメン75』のアンコール放送ですが、これまで一部の例外を除き、1度しか放送されていないのが気に掛かります。『アイフル大作戦』のような帯番組としてせめて最低2度は放送していただいてもよいのでは?と思うのは私だけでしょうか?ただ、前回の'79年度上半期分に続いて、5ヶ月後という早い時期に下半期分が放送されるのは嬉しいことです。
 
ウィンザーホテル・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月28日(土)01時25分13秒  
  >ひんしゅく小僧さん
 『華麗なる刑事』にもゲスト出演されていたんですね。
 77年の千葉裕さんは『Gメン』では「思春期病棟」の頃ですね。

>Shouju13さん
 鬼平シリ−ズからも6年が経過しましたね。先日久しぶりに観てみましたが、懐かしい
 音源の使用はよかったです。まさかサミットにも使われるとは。
 屋内プールでSPが吊るされることのないようがんばって警備していただきたいもの
 です^^

>ikuさん
 Gメンのリピート放送CM、自分も収録しました。「零下50度からの逃亡者」からも
 フィルムが流用されていましたね。今年のGWは特番でGメンが中断しない分こちらも
 感謝したいです。

 

 
(無題)  投稿者:iku  投稿日:2007年 4月25日(水)23時13分20秒  
  『華麗なる刑事』 以前からチェックしていたので楽しみにしていました。どんな千葉さんがみられるかなぁーと。『おこれ 男だ』にも出演してますが、まだ17ぐらいで細身な千葉さんから少し変わってましたが影のある役が似合いますね。現在も俳優業を続けていたらどんな役者になっていたかな? ところでGメンのリピート放送のCMやってますね。今から楽しみです。  
時代を先取りしていたGメン  投稿者:Shouju13  投稿日:2007年 4月25日(水)20時39分14秒   
  またひとつ、Gメンが時代を先取りしていたことが証明されました。
今回、サミットが行われることに決まった北海道の『ウィンザーホテル洞爺』。
環境も良い上に、要人を招くには好都合な警備しやすい場所ですが、
2001年のGメン75スペシャル『東京−北海道・トリック殺人事件』で舞台になりました。
海外の要人を守るために黒木長官が手配したホテルとして登場しました。

また、以前にも書きましたが、このウィンザーホテル洞爺は、TVドラマ「ホテル」で
松方弘樹さんが演じた東堂マネージャーのモデルとなった窪山哲雄さんが支配人を
していました。近藤照男プロデューサーの力で、オープン前のホテルでGメンが死闘を
演じたあのストーリーが思い出されます。
 
火曜は千葉裕さんデー  投稿者:ひんしゅく小僧  投稿日:2007年 4月25日(水)09時59分33秒  
  昨晩、リピート放送前の『華麗なる刑事』を見ていたら、ゲスト主役に千葉裕さんが出ていました。
田口刑事の2年前ですが、その後のGメンと見比べるとやっぱり若かったですね。雰囲気
は274話での学生時代の回想シーンに近いでしょうか?他の作品では『俺たちの勲章』にも
出てたのは覚えてますが…
それにしても、275話はこれぞ悪徳警察!と言うべきキャスティングで感心してしまいました。すぐにGメンに目を付けられそうですが。
 
視聴者のお願い  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月23日(月)23時45分16秒   
  >高見兵吾巡査部長さん
 同感です。原版を尊重する旨の告知のみで極力放送していただくカタチでお願いしたい
 ところですね。『特別機動捜査隊』(東映CH)も結構欠番がありましたが作品によっ
 ては難しいのかもしれません。
 視聴料をお支払いしてますので何卒ファンの願いを汲み取っていただきたいですね^^

 

 
「キイハンター」カラー編  投稿者:高見兵吾巡査部長  投稿日:2007年 4月23日(月)14時59分42秒  
  私は月に一回程度、東映CH様にカラー編の放送をリクエストしています。
今後は「バーディ」「アイフル」もしていくつもりです。
ファミ劇様が放送していただけるのは嬉しいのですが、編集が多すぎて。
ある程度、放送コードは各社ごとに任せられているのかもしれませんが、
東映CH様はありのままを放送してくれていますね。
せっかくのCSなので、原版のままの編集無しで放送していただきたいものです。
 
キイハンター  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月23日(月)02時14分29秒  
  >川井出警視さん
 はじめまして。『キイハンター』モノクロ編見ごたえある作品が多いですね。洋画や
 邦画を研究されているスタッフが制作に携わっておられるため顔がほころぶシーンも
 ありますね^^
 私が知る限りでは『キイハンター』はモノクロ編の最終話「足のある幽霊部隊」まで
 の放送です。カラー編はファミリー劇場で96年から中断や欠番を交えて最終回まで
 放送されましたがそれ以降はどのチャンネルでも放送されていません。
 もう一度ニュープリントで観てみたいものですね。
 これからもよろしくお願いいたします。

 

 
初めまして  投稿者:川井出警視  投稿日:2007年 4月23日(月)00時33分39秒  
  KAJITA巡査さん初めまして、よろしくお願いします、CS放送Gメン75及びキイハンター毎週視聴しています、黒谷町で盛り上がっているところすいませんがキイハンターについて語らせてください、今週放送の80話『暗闇でドッキリ大作戦』、盲目で仕込み杖の室田日出男さん、まるで座頭市みたいでしたね、暗闇にして形勢を有利にするあたりは「暗くなるまで待って」の影響でしょうか?クライマックスの室田さんと啓子の対決はモノクロの効果もあって見応えがありました。
モノクロ編もそろそろ終盤でしょうか、是非カラー編も放送してもらいたいですが情報ありますでしょうか?
 
第二の魔物・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月22日(日)20時54分18秒  
  >クリックトックさん
 全く気づきませんでした^^;
 小道具のスタッフさんのミスでしょうか。今のような録画時代でなければ見落とされて
 ましたね。

>ふじともさん
 「東京・鹿児島大捜査線」は自分もリアルタイムに観たことがあります。
 カラテアクションを期待していたのですが。^^;桜島でヘリコプターを飛ばしていた
 と思いましたが詳細は忘却のかなたです。

>チャボ&飛鳥さん
 ロケ地調査ではいろいろヒントをいただきありがとうございました。
 長年の懸案事項だったバーディー探偵局の名残にも触れることができて嬉しかったです。

>アメデオさん
 「バーディ大作戦」では近藤照男ドラマにしては異例で「アイフル」の経緯を引きずった
 エピソードがありましたね。第三話でもセリフ上ですが校長・涼子のことに触れて
 います。Gメン降板でも活かしてほしかったです^^;

>ヘロヘロさん
 いよいよ次回は望月編です。立花警部に感情移入できるシーンも控えているだけに
 待ち遠しくて仕方ありません。

>スコッチ刑事さん
 ご無沙汰しています。長かったですね。ココまで来るのに。第一話をCSで放送していた
 だいたのは98年6月。二年間の中断ではどうなることやらと思っていましたが。。
 ともあれ手斧を持った望月VS立花の活躍を心待ちにしましょう。

 

 
源治登場!!!  投稿者:スコッチ刑事  投稿日:2007年 4月22日(日)19時50分56秒  
  管理人様大変お久ぶりでございます。スコッチ刑事でございます。 ヘロヘロ様同様、ついに源治登場ですね! Gメンを1話から見てきてやっと待ちに待った黒谷町シリーズ、来週が楽しみです。どんなストーリーで警部とどんな死闘をするかと考えると早く見たくてたまりません。蟹江敬三さん・・「さすらい刑事旅情編」などはベテラン刑事でかっこいいですが、立花警部との死闘を繰り返す蟹江さんはどんななのか・・ とても楽しみです。  
いよいよですね  投稿者:ヘロヘロ  投稿日:2007年 4月22日(日)13時36分10秒  
  管理人様お久しぶりです。いよいよ来週は望月源治登場ですね。予告拝見しただけでも、来週の立花警部との凄まじい死闘が判り今からとても、楽しみです。  
アイフル大作戦からバーディ大作戦への流れ  投稿者:アメデオ  投稿日:2007年 4月21日(土)17時03分47秒  
  ようやくアイフル大作戦の放送が終了し、一通り見終わりました。
今月放送分の一本のみ、オープニングで岸校長の口元にeyefulの文字が表れる辺りで顔が一瞬モザイクになってしまった以外は乱れなく収録できました。一発勝負の録画でしたので満足です。
最終回を見たあと、自分は以前収録したバーディ大作戦の第一回を見てみました。新番組予告編があるとよかったですが。改めて見てみて理解できた点が多かったですが、丘大介が消え、韋駄典介が突如登場したのはどんな経緯だったかなと感じました。
バーディの映像、ものすごく美しく見えます(笑)。
 
合同捜査  投稿者:チャボ&飛鳥  投稿日:2007年 4月19日(木)22時07分17秒   
  ■ふじともさん

 合同捜査と言っても今回は自分はデスクワークでした。衛星写真、地形図、周辺建物名などを参考に深夜まで指令本部に座りっぱなしでした。実際に現場捜査された(しかも2日間連続)KAJITA巡査さんには頭が下がる思いです。
 太陽にほえろの倉田さんも非常に楽しみです。特捜では警視庁音楽隊員という意外な役を演じられていたのを思い出します。

 

 
倉田さん  投稿者:ふじとも  投稿日:2007年 4月19日(木)17時20分37秒  
    続けての投稿させていただきます。
 あさって21日の夜10時「太陽にほえろ」で倉田保昭さんが
ゲスト出演する「東京、鹿児島大捜査線」(2週もの)が放送で
す。翌週はこの後編になります。Gメン降板から3年後で、髪は
リーゼントヘアーからすっきり短くなってます。
 
あのスナックは・・・  投稿者:ふじとも  投稿日:2007年 4月18日(水)19時56分36秒  
  KAJITA巡査さん、チャボ&飛鳥さんの 合同捜査、ご苦労様です!
やはりあのスナックはバーディーでしたか。あの坂道や扉の丸い窓
などを見てあーっと思ったんです。まさにアップされてたシーンを
思い出しました。掃除当番を忘れた三平ちゃんが車ごとジャックさ
れましたね。
 
今日DVDを見返していて…発見♪  投稿者:クリックトック  投稿日:2007年 4月18日(水)18時27分31秒  
  今日先週の「怪談・死霊のすむ家」を見返していて気付いたのですが、犯人の川田青年が
乗る実家の米屋の軽トラックは店名が「川田米殻店」となっていましたね。
かわだこめがらてん…(汗)。
実家の大きな看板の方はちゃんと「川田米穀店」となっていましたが。
皆さんは些細な間違いに気付かれましたか?
こういうすかしたミステイクも「黒谷町シリーズ」の伝説のひとつと言えるかもしれませんね♪
 
流行歌&滝田のスナック  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月17日(火)23時01分3秒  
  >ikuさん
 すみません。。ずっとサブタイトルリスト表の主役欄に”立花”と打ち込んでいました
 ^^;
 274話で多用されていた曲、私も松山千春さんの歌と思っていましたが詳細がわかり
 ません。気になりますね。都会で懸命に生きるカップルの姿を流行歌または哀愁の
 メロディに乗せて謳いあげるエピソードは近藤照男氏のお得意ジャンル。
 古くは「キイハンター」から使われた素材でした。自分も好きなジャンルです。

※昨晩のチャボ&飛鳥さんとの深夜捜査会議で当たりをつけた場所に行ってみました。
”滝田のスナック”(=元バーディー探偵局)
スナックこそ既にありませんでしたが、上り坂のカーブなどに当時の面影がありました。
画像を参考までにアップしておきました。

 

 
竹の子族も  投稿者:iku  投稿日:2007年 4月16日(月)23時27分52秒  
  懐かしかった今回の「東京原宿この夏の犯罪」。メインは立花警部と思っていましたが田口さんがメインでちょっと得した気分でした。竹の子族も懐かしかったけど、この番組のなかでよく流れていた曲が耳につきました。♪ひとりぼってになって、気がついたことといえば本当は誰かがそばにいてほしいと思うこと・・・全くしらない曲ですがなんとなく松山千春さんの声に似ていました。でも千春さんではないと思います。エンディングでみていても
テロップにでてこないのでわかりませんでしたが、わかる方いらしゃいましたら教えてください。
 
アイフル、ニュープリント・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月16日(月)00時32分50秒   
  >珪一さん
 私も『アイフル−』の視聴が遅れています^^;更新していない作品はまだじっくり
 観ていません。録画が成功していることは確認済ですが。
 現在放送中の『Gメン75』も本放送から27年経過。ニュープリントで放送していただける
 のはありがたいことです。ぜひ最終回スペシャル、『Gメン82』も同様に継続して
 いただきたいですね。

>ふじともさん
 『アイフル−』の放送は日にちに間隔がなかったため悪天候のときが心配でしたが
 なんとか関東地方は支障なく収録できました。一気に録画スケジュールが楽になり
 ましたね^^;
 最終回は草野刑事同様、雑踏に消えるまで目で校長を追ってましたね。

「東京原宿族この夏の犯罪」冒頭、竹の子族がいっぱい出てきました。
一瞬、ポロシャツで踊ってる男が映りましたが、大学時代の友人※※に似てるような
似てないような。^^;

 

 
アイフル終了  投稿者:ふじとも  投稿日:2007年 4月15日(日)17時16分35秒   
   寝る前に録画予約をするのが週間になりつつあったのに、とうとう
放送も終わってしまい寂しいですね。これが最終回とわかっているの
に、急に卒業証書を渡された生徒たちのような気分です(^^;)
 最終回のラスト、校長が街の雑踏に消えていくシーンでは、KAJITA巡
査さんと同じく、草野刑事の去り際を思い出しました。去っていったけ
ど、どこかにいる、といった感じでしょうか?
 「ストッキングをかぶった男」で緑魔子さんが坂道で車に襲われるシ
ーンではGメンの「ウソ発見器」を思い出しました。この時は山田刑事
を襲う方でしたね。それにあのロケ地の坂道も同じ場所?と思うほど似
て見えましたがどうなんでしょうね。
 
ニュープリントなど  投稿者:珪一  投稿日:2007年 4月14日(土)20時44分52秒   
  ニュープリントについてですが、刑事ドラマの中で「Gメン75」だけがニュープリントに
なっているんですね。 確認してわかりました。
他にも、「太陽にほえろ」「特捜最前線」「ザ・ガードマン」という人気長寿番組が同時に
放送されているのに、Gメン75だけが特別な扱いをして頂いているようでファミ劇には
感謝したいです。

アイフル大作戦を、私も無事に全話録画に成功したので、ホッとしています。
但し視聴が大幅に遅れているので、挽回しなければと思っています。
それにしても、録画したのに見ていないドラマが多いので、困っています。

 

 
アイフル最終回・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日:2007年 4月14日(土)13時52分34秒  
  >こんきりプーさん
 津坂刑事いいですね。「暗闇の密室殺人」での推理や「三本指の刑事」、「警視庁の
 中のスパイ」、「密航船」などにキラッと光る魅力があります。第一話からニュープリ
 ント予告付で自分も観てみたいです。

>高見兵吾巡査部長さん
 自分もアイフル全話収録完了しました。これから少しずつ見直してみます^^
 最終2部作(と勝手に呼んでいますが^^;)などの予告編が欠落していたのは
 残念でしたがいつの日かニュープリントで再放送していただけることを楽しみにして
 います。
 最終回のラストは草野刑事降板編を思わせる興味深い幕引きでしたね。

>芥川公報さん
 黒木警視正の黒谷入りは驚きでしたね。たしかまだあったと記憶しています。
 以後、続々と登場する”魔物”にもご注目!興味深いシリーズですね^^

 

 
また黒谷へ  投稿者:芥川公報  投稿日:2007年 4月14日(土)01時52分28秒  
  皆様、お久しぶりです。
4月からCSに入り、なんとか黒谷町シリーズ開始に間に合いました。
このシリーズを見るのは、本放送以来。細かいことはまったく記憶にありません。
黒木警視正が、黒谷町に行っていたとは・・・

これから先のシリーズが楽しみです。
これは記憶に残っている、黒谷町へ向かう立花警部の車中のシーンが早く見たい(笑)
 
「アイフル」放送終了  投稿者:高見兵吾巡査部長  投稿日:2007年 4月12日(木)13時40分22秒   
  今日の放送で全編欠番無しで無事放送完了しました。
私もなんとか全話録画に成功してホッとしております。
残念だったのはフィルムの劣化と予告編の欠落が数話あったことです。
作品は思っていたよりコミカルで、藤木悠さんにぴったりマッチしていて
「Gメン」の山田刑事とは違う一面が見られ、よかったです。
出来ればニュープリントで、台詞カットがない東映CH様での放送があればと
思っています。「バーディ」共々リクエストしていきたいです。

>こんきりプーさん
 丹波御大と藤木さんがご逝去された現在、あの座談会は大変貴重なものと
 なってしまいました。倉田さんがスケジュールの都合で欠席されていたのが
 残念でなりません。
 
DVDみました!  投稿者:こんきりプー  投稿日:2007年 4月11日(水)21時08分14秒  
  お久しぶりです!津坂刑事こと岡本富士太さんが大好きなこんきりプーです!
Gメン75のDVDを借りてみました!3種類とも!
殉職した回以外に目立つ話はありませんでしたが、チラッと映るどの顔も
やはりかっこいい岡本さん!ますます大好きになりました。友達には『かっこいいけど昭和の顔だね!』といわれましたが・・・
津坂刑事殉職の回はなかなか見る踏ん切りがつかなかったのですが、最後の資材置き場の上から落ちて息絶える直前のシーンで目が開いていたのが、次のカットでは瞑っていたり(反対でしたっけ?)、犯人の娘役の人が高畑淳子さんだったりと、ドラマの内容もさることながらいろんな意味で楽しめました。
ほかの回でも、「え〜これって放送していい言葉?」というのや、「あれ?またこの人犯人?」とか、「あっ!また犯人の苗字が一緒!」とかいろいろと???で面白かったです。
DVD以外の話も見てみたいので早く一巡してもう一度最初からCSで放送されるのを待ちたいと思います。
それからDVDの中で3年ぐらい前(?)の初代メンバーが集合して座談会を開いていましたね。あまりのお変わり様に失礼ながら笑ってしまいました。
 
黒谷編、アイフル終焉2部作  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月11日(水)11時17分41秒  
  >木林森さん
 望月家が出てこない黒谷編はあと※本あります。魔物シリーズが望月編を軸に
 拡大して行く展開も見逃せませんね。おそらく望月編が最も好評を博した結果と思われ
 ます。

 『アイフル大作戦』もあと一本。本日未明に放送された「探偵専科 愛と死のたわむれ」
 は好きな作品のひとつです。南条京太郎の経歴が全て判明する終焉2部作のひとつ。
 ”追想”アレンジの劇伴もドラマを盛り上げて行きますね。
 南条、大ちゃんともどもハードボイルドな幕引きでした。。

 

 
22日の金曜日!  投稿者:木林森  投稿日: 4月10日(火)23時52分35秒  
  黒谷町シリーズ、いよいよ始まりましたね。
楽しみに待っていました。
#218「梟の森みな殺しの夜」を観たときには、まだまだ先のことだと
思っていましたが…早いものです。

ところで、#273には話に聞いていた望月源治が出ないのですね。驚きました。
映画「13日の金曜日」の1作目が、展開自体は以降のシリーズの原点でありながら
ある1点が決定的に違うのを思い出しました。
望月源治がどのような演出で登場するのか、次回が今から楽しみです。
 
来ましたね^^  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 9日(月)22時52分52秒  
  >トラオさん
 いよいよですね。いよいよ^^
 カキが食べたくなりましたよ。概観は変わっちゃいましたが油屋旅館も健在ですし♪
 「夜囁く女の骸骨」は必見ですね。

 

 
黒谷  投稿者:トラオ  投稿日: 4月 9日(月)21時59分25秒  
  >KAJITA巡査さん
 いよいよ始まりましたね、黒谷町シリーズ。
 今回のはちょっと非現実的であまりお好みではないのですが、次回以降の作品は
 期待度
 ★★★★★って感じです。
 ここ数年はファミ劇もきちんと放送してくれたので良かった。
 昔は10年後ですら放送するのか?といった感じでしたね。
 
南海綺譚・魔物の時間  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 8日(日)23時59分45秒   
  >珪一さん
 シナリオ「夜囁く女の骸骨」(黒谷第二弾)では今回の「怪談 死霊の棲む家」は
 269話に予定されていたことが記されていました。(今回の回想シーンがあります。)
 津本陽先生の「南海綺譚」編集後記では高久進先生がコメントを寄せられています。
 ぜひ真夜中にご一読下さい^^

 

 
シナリオナンバーなど  投稿者:珪一  投稿日: 4月 8日(日)22時30分49秒   
  >KAJITA巡査さん
シナリオナンバーの情報をありがとうございます。
かなりバラバラですね。1話ずれている程度かと思っていましたが。
他の時期はシナリオと話数が同じようなので、この時期だけがなぜこれほど順序が
違うのか不思議です。

シナリオでは、「初夏の夜」の方が「悪魔の結婚式」よりも早いんですね。
両方とも中島はるみさんが、主役なので撮影が間に合うとかではないでしょうし。

昨日放送の「怪談 死霊の棲む家」に触発されて、津本陽さんの「南海綺譚」を、
読んでみたい気もしますが、怖そうですね。(笑)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gmen-fubuki/

 
情報  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 8日(日)22時24分9秒  
  >ikuさん
 自分もパトロール中のBGMはGメンです^^
 リピート放送は時期が来たらファミ劇のサイトで確認できますが、秘密情報をこっそり
 教えていただける方もいらっしゃいます。公式ページの発表も待ちたいですね。

 

 
リピート放送  投稿者:iku  投稿日: 4月 8日(日)20時25分41秒  
  KAJITA巡査さんこんばんわ。
リピート放送が本当ならうれしいですね〜(^^)最近、仕事中のBGMはGメン一色です。意外とリズムにのって仕事がはかどるんですねーこれが・・・。ところで、こういった
情報はファミリー劇場のホームページでわかるんでしょうか?
 
宮内洋さん  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 8日(日)17時17分54秒  
  >ブイスリャーさん
 詳細ありがとうございます。おぼろげな記憶で申し訳ございません。
 何か情報がありましたらよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

 
1975年の宮内さん  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 4月 7日(土)23時08分53秒  
  KAJITA巡査様
Gメン75スタート当初、 宮内洋さんにレギュラーとして出演のオファーがあったか・・・そういうお話は、私は聞いたことがありません。
1975年の宮内さんは、丹波プロにいらしたので、出演のオファーがあっても、不思議ではありませんが。当時の宮内さんは、「ゴレンジャー」「刑事くん」などレギュラー番組を抱えておられたので、Gメンのレギュラーは難しかったのかも。
お役に立てず、すみません。5月に、宮内さんの舞台を観劇する予定なので、その時にお聞きするチャンスがあったら、お聞きしてみます。
 
帰って来た・シリーズ  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 7日(土)20時25分48秒   
  >黒木ふうロメロ警部さん
 警視正、そういえば男性Gメンでもありましたね。「帰って来たラーメン屋刑事」。
 ラーメン屋に下宿という設定は『アイフル』の南条がルーツでしたね^^

>クレスタさん
 情報ありがとうございます^^録画漏れの方はチャンスですね。

 

 
5月  投稿者:クレスタ  投稿日: 4月 7日(土)19時30分26秒  
  5月より227話たぶん(香港の人食いトラ)あたりでしょうかリピート放送?が
ファミ劇で始まるそうです
 
Gメンはだな、  投稿者:黒木ふうロメロ警部  投稿日: 4月 7日(土)07時47分38秒  
  「サヨナラ」「また逢う日まで」を避けて通れないのは、これ相違ない事実だ。
ただし、「帰ってきた」シリーズもあることをよく覚えておくことだな(笑)。
 
宮内さん・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 7日(土)04時37分21秒  
  >ブイスリャーさん
 おぼろげな記憶で申し訳ございませんが、もしご存知でしたらお知らせ下さい。
 m(_ _)m。以前、どこかの雑誌に書かれてあったと思いますが、Gメン75スタート当初、
 宮内洋さんにレギュラーとしてオファーがあったそうです。本当でしょうか?

>Gメン15さん
 こちらこそいつもご訪問いただきありがとうございました。
 新居でもパソコンが使えるといいですね。

 

 
GMEN75、第S話・ナンバー15は、二度死ぬ  投稿者:Gメン15  投稿日: 4月 6日(金)17時38分25秒  
  実は私は引越しが決まりまして、いきなりですがここでお別れとなってしまいます。

自分は引越しが決まりまして明日の9時くらいにはもうここ現在住んでいるところを去ります。
正直自分はここに会えた方々に感謝しています。引越し先ではパソコンが使えるか使えないか分からなくて。もしかしたら使えずお別れになってしまうかもしれないんです。

管理人さんにはお世話になりました。短い間でしたがありがとうございました
最初に入ってきた時私を支えてくれて何よりもやさしくGメンについてでもお話していただけました。本当にありがとうございました。

今回で最後になるかもしれません「Gメン15刑事また会う日まで」と
終わらせていただきます。
 
空手  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 4月 5日(木)21時18分34秒
  KAJITA巡査様
島谷刑事こと宮内洋さんは、トークショーで、Gメンのお話をされたことがあります。Gメンの撮影は、ハードスケジュールで大変だったとか。

珪一様
ときどきですが、拝見しております。
石橋雅史さんは、昇段されたそうです。ご本人が「剛柔流空手八段」とおっしゃっておられますから。カラテアクション編には、欠かせない方です。
 
シナリオナンバー  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 5日(木)02時11分21秒  
  >珪一さん
 こんな感じです。#がシナリオナンバーです。
 理由はわかりませんが黒谷シリーズの組み込み方とかが関係してるのでしょうか?
 「大暴走!ガソリンタンクローリー」は割りと早めに放送される予定だったみたい
 ですね。

 #258「女湯帰りOL殺人事件」(No.259銭湯帰りのOL殺人事件)
 #259「大空港の逃亡者」(No.258)
 #260「初夏の夜女の部屋に忍ぶコソ泥」(No.261)
 #261「悪魔の結婚式」(No.260)
 #262「真夜中の偽装殺人」(No.262)
 #263「四本指のアリバイ」(No.263痴漢のアリバイ)
 #270「少年とギャングの自転車レース」(No.269)
 #271「香港カラテ殺人旅行」(No.270)
 #272「警視庁パトカー盗難事件」(No.271)
 #273「東京-神戸 電話殺人」(No.272)
 #274「大暴走!ガソリンタンクローリー」(No.277)
 #275「警官の妻たちの連続殺人」(No.275)
 #276「東京原宿族この夏の犯罪」(No.274)
 #277「夜囁く女の骸骨」(No.276)

 

 
「東京−神戸」とシナリオナンバー  投稿者:珪一  投稿日: 4月 5日(木)00時27分58秒  
  少し前からですが、シナリオナンバーと実際の話数が1話ずれています。
これまでになかったと思いますが、この時期だけずれています。
ということは、シナリオが書かれながら作られなかった、あるいは放送されなかった
作品があるということですが、どうなのでしょうか?

>ブイスリャーさん
石橋雅史さんは「剛柔流空手の八段」だったんですね。情報をありがとうございます。
以前6段と見た記憶があったのですが、現在は昇段されたのでしょうね。
私のHPも修正しておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gmen-fubuki/

 
ヒーロー真髄・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 4月 2日(月)00時14分7秒  
  >高見兵吾巡査部長さん
 いよいよ解体ですか。あるときはパリ警視庁、あるときはマドリッド警察本部。
 それ以前は旧警視庁庁舎屋上としても使われたお馴染みのビルだけに残念ですね。
 何度か中に入ったことがありますが今となっては懐かしい思い出です。

>ブイスリャーさん
 「ヒーロー真髄」私も持っています。「Gメン」の裏話や「キイハンター」の当時の
 エピソードも興味深いものがありますね。

>VBCテレビさん
 この45話は当時友人宅で観たのですが、藤木悠さんのお人柄も感じられる一作でした。
 私も好きな作品です。小林稔侍さんも「Gメン」になってからは行内刑事とは違った
 側面を見せてくれましたね。たまには追出&行内を彷彿とさせるようなエピソードも
 いいかなと思いましたが、おそらくスタッフ間では意識的に前作のキャラから遠ざける
 手法をとっていたのでしょうね。初期は黒木ボスも桜田っぽい雰囲気でしたが^^

 

 
名コンビ復活?  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 4月 1日(日)21時01分4秒
   自分は、今ファミ劇で放送されている「Gメン」と、過去に放送した分と週二回見ているのですが、今日見た第45話「警視庁広域手配NO.307」では、山田刑事役の藤木悠さんと、所轄の刑事役の小林稔侍さんとのカラみがあり、前番組「バーディー大作戦」で名コンビぶりを見せてくれた、追出、行内刑事の事を思い出してしまいました。小林稔侍さん演じる所轄の刑事の方が態度が偉そうで「行内刑事も生意気になったな」と思ったりしてしまいました。当然、追出、行内の設定では無いので、「バーディ」の時の様な名コンビ復活とまでは行かなかったのが、残念でしたが・・・。
 この45話では、山田刑事の人情味を感じさせるストーリーがとても心地よい作品でした。演じられた藤木悠さんの人柄もあったのではないかと思います!
 

==========================================================================================================================

↑最上へ



表紙へ戻る

TOPへ戻る