★過去ログ資料室(2007年・3月)★

↓最下へ

=================================================================================================
 

警視庁パトカー盗難事件他  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月30日(金)21時51分40秒  
  BGMに使われた「ダンシング・オールナイト」、YMOの曲・・・1980年当時に流行った曲を聴くと、妙に懐かしい気持ちになります。

KAJITA巡査様
島谷刑事こと宮内洋さんも、「ヒーロー神髄」で、Gメンの香港ロケは暑かったと語っておられます。

ひんしゅく小僧様
「ジャッカー」での石橋さんと宮内さんの立ち回りは、私も好きです。
 
三信ビル  投稿者:高見兵吾巡査部長  投稿日: 3月30日(金)19時09分45秒  
  本日の関東地区朝日新聞経済面に「昭和の思い出 三信ビル解体へ」という
記事が出ています。

ビルは1930年の完成。外壁のレンガや館内のアーチ状の吹き抜けが特徴的。
近く解体工事に入り、南隣の日比谷三井ビルと一体で再開発されるそうです。
新ビルには三信ビルのデザインが生かされるようですが、残念です。
 
追記・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月29日(木)22時57分4秒  
  >アメデオさん
 音と画像が合ってない部分や音が揺れてしまうのは、フィルムの経年劣化が意外にも早く
 進んでいることの証でしょうか?「特別機動捜査隊」のように再生不可能な作品が出て
 しまわぬうちに放送あるいはDVD化していただきたいですね。

>ひんしゅく小僧さん
 シナリオ検証は、用語解説同様必ずやりますのでお時間下さいませ。m(_ _)m
 271話の元となった作品、情報ありがとうございました。こっそり追記しておきました。
 サブタイトルリスト表には前々から掲載していましたが、あらすじのページには
 未記入でした^^;

 

 
これもリメイク?  投稿者:ひんしゅく小僧  投稿日: 3月27日(火)13時18分49秒  
  271話、シナリオ検証楽しみに待ってます。本放送時の出来事には書いてありませんでしたが、ベースはあのエピソードですよね?(詳しくは書けませんが)
後、269話について以前伊吹剛さんが『刑事マガジンVol.2』で「山梨の山小屋に泊まってロケをした」と語られていましたが、その映像も見たかったですね。
(P.S.270話ゲストの石橋雅史さん、私の中では戦隊シリーズの悪役の印象が強かったです。最近DVD化された『バトルフィーバーJ』や『ジャッカー電撃隊』『科学戦隊ダイナマン』等‥。特に『ジャッカー』では島谷刑事との対決もあって好きな作品です。)
 
無言の先回、揺れの今回  投稿者:アメデオ  投稿日: 3月26日(月)14時40分7秒  
  Gメンの271話は、オープニングでは音楽が揺れ、ラストでは陽炎で画面が揺れていて、揺れの多い今回でした。
それはともかく、部下(今回で言うと立花警部)からの申し出の前にいきなり黒木警視正が「独自の捜査を…。」と指示するシーンは珍しい気がします。
先回は、亜子ちゃんと田口刑事の楽しそうな電話に対して警視正は身を乗り出しただけで一言のセリフもなかっただけに、淋しかったです。
先回は、その田口刑事が荒らされた部屋から飛び出していくシーンで吹雪刑事の口が動いているのにセリフが消えていましたね。無言が多い先回でした。
 
灼熱のロケ・・ほか  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月26日(月)03時17分45秒  
  >ブイスリャーさん
 貴重なお話をありがとうございました^^
 空の色が真っ青でしたし、前回2部作ともども相当な暑さだったと思われます。
 しかも格闘したところはコンクリートですし、じりじり照りつける太陽の下、かなりの
 ご苦労があったと思われますね。

>チャボ&飛鳥さん
 自分だけではなかったのですね^^;てっきりDVDレコーダが音を上げた。。と
 思い込んでいました。シナリオ検証、過去の作品もたまっていますのでもうしばらく
 お時間を頂戴いたします。m(_ _)m
 田口刑事も同僚に恵まれていませんね。遊佐(#205)似の眉村もいましたしね^^

 

 
音揺れ  投稿者:チャボ&飛鳥  投稿日: 3月26日(月)01時46分7秒  
  ■KAJITA巡査さん

 271話奥多摩・秩父ロケ編、同じく音揺れでした。しかも前半の劇伴も揺れていました。残念でしたね。
 今回シナリオ所有だったのですがシーン入れ替えやラストシーンに変更がありましたね。これはKAJITA巡査さんの「シナリオ検証」を楽しみにしたいと思います。しかし立花警部の同期生はなにかしら問題が起きますね。

http://chabo-and-aska.hp.infoseek.co.jp/

 
香港カラテ殺人旅行  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月26日(月)01時23分40秒   
  KAJITA巡査様
先日、石橋雅史さんの舞台を拝見した際、少しだけ石橋さんとお話しすることができました。
「石橋さんも立ち回りをやっていただきたかった。CSで、Gメンの香港カラテアクション編を観たばかりだったので・・・。」と私が切り出したところ、
石橋さんは、「ブルース・リー似の台湾の俳優さんが出られた話ですか。あのロケは、大変でした。現場がフライパンを熱したように暑くてね。」と当時の思い出を話してくださいました。
若い俳優さんとのアクションをやっていくため、40歳で煙草をやめられたお話もしてくださり。
俳優としての真摯な姿勢にも感動しました。
 
気になる271話  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月25日(日)23時48分40秒  
  昼間に「警視庁パトカー盗難事件」を見直していましたが、気になる点がひとつ。
オープニングテーマって音揺れしてませんでした?
自分のDVDデッキが不調になったのかな。。(;´Д`)
皆さんはいかがでした?

 

 
降板編・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月22日(木)19時48分5秒  
  >ふじともさん
 九龍城駐車場駅は草野刑事が苦戦を強いられた因縁の場所でもありますね。
 (Gメン対香港カラテ軍団)
 田口刑事は素人離れ(失礼^^;)したアクションで当時驚いた記憶が蘇ってきました。
 草野刑事と型が似ているような気がしますがいかがでしょう?

>ikuさん
 千葉裕さんは2年以上も田口刑事で親しまれたレギュラーだけにボスの一言でおさらば
 とは哀しかったですね。。
 他のレギュラーにも当然同じ気持ちを抱いたものでした。『Gメン』シリーズの最終回
 も『キイハンター』や『アイフル』などとは異なり幕引きを感じさせない終わり方でし
 たね。

>VBCテレビさん
>降板編が、今一つ不明瞭
 自分もこの点がイチバン気になっている部分です。視聴者から放送サイドへの意見を
 記した資料は手元にありませんが、同級生やFCでも不満の声は多く聞かれましたね。
 ファンとしては殉職ではなくてもキッチリ結末を描いてほしかったです。

>ブイスリャーさん
 石橋さん、今もご活躍ですね。東映カラテ映画でも何度かお見かけしましたが、Gメン
 でも手抜きなしのアクションを披露していただいけたことは嬉しく思いました。
 次回香港編は3部作。まだ先の放送ですが島谷刑事の活躍にも期待したいですね^^

 

 
石橋雅史さん  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月21日(水)23時06分58秒  
  今日、初めて石橋雅史さんの舞台を観劇しました。「Gメン’75」でも、空手アクションを披露されておられた石橋さんは、剛柔流空手八段。存在感の大きさ、押し出しの良さに、さすが空手高段者と思いました。

KAJITA巡査様
そうですねえ。宮内さんのファンとしては、もっと島谷刑事の空手アクションが観たかったです。石橋雅史さんとの立ち回りも。しかし、膝蹴りはかっこ良かったなあ。
 
腑に落ちない?降板編  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月21日(水)20時56分32秒  
   管理人さん今晩は。今回は、ikuさんの投稿にもあった様に、Gメンをはじめこの時間帯の作品の出演者の降板編が、今一つ不明瞭なケースが多いのが気になったからです。(近藤照男様の意向だったのでしょうか?)「バーディ」のココ、韋駄典介、「Gメン」の小田切警視、村井刑事、津川蛍子警部補、南雲警視・・・(田口刑事、マリコ・寺岡刑事は、ナレーションでのみ理由が語られていたと思いましたが・・・。ただこちらも不自然な部分があったと思いました。)放送当時、視聴者から制作サイド等ヘの反応は、どうだったのでしょうか?個人的には、小田切警視の降板は、とても残念でした。黒木警視正共々第一話からの出演者だっただけに(毎回は出ていませんでしたが)、殉職とまではいかなくても視聴者が納得しうる降板理由を描いて欲しかったです・・・。  
感想  投稿者:iku  投稿日: 3月20日(火)21時56分28秒  
  管理人さん早速ありがとうございます。それも早朝3時だなんてビックリしました。
最近はGメンを見ることとこの掲示板をのぞいてみることが楽しみです。
>翌年 田口刑事がFBIに去ったことを機にこの作品の最終話だとわかりました。
当時は考えもしなかったけど今だとそう思えますね。当時は急な降板にショックを受けて
その後のGメンは見なかったと思います。倉田保明さんが降板したときはあらかじめ企画があったけど(他の刑事たちも)千葉さんの時は全く企画がなかった様に記憶してます。倉田保明さんがいたからこそできた作品『香港カラテシリーズ』がなんだか一人あるきしている気がしました。勿論それなりにいい作品ではあるけれど、管理人さんがおっしゃっているように香港カラテV香港カラテになってましたね。せめてGメンが危機に陥った時に助けに入ったのが草野刑事だったらと思うのは私だけでしょうか?
 
誕生日 など  投稿者:ふじとも  投稿日: 3月20日(火)19時05分4秒   
   本日3月20日は倉田保昭さん61回目のお誕生日です。
おめでとうございます!!年々若々しくなられてるように見えます
よね。今後もどんなアクション作品が見られるか楽しみです。

 Gメン香港ロケ編、新しい空手ゲストの石橋雅史さん、東映系
の悪役らしくシースルーのシャツが似合ってました。九龍駅駐車
場でのアクションシーンでは男性Gメンもよく動いてましたね。
特に田口刑事の足技はかっこよかったです。何氏ははにかんだ表
情がかわいいですね。ブルース・リャンだったらこの顔は向かな
かったと思います(^^;)
 
タイミング?  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月20日(火)03時21分3秒  
  >ikuさん
 「香港カラテ殺人旅行」のアクションシーンで、スタジオ撮影っぽいのが随所にありま
 したが「香港カラテ対GメンPART2」のクライマックスでもありましたね。
 (揚斯氏好演の仔がレンガ塀に突進して壁をぶち抜く^^)

 今回はまたしても田口刑事の元同僚が絡んだ事件でしたが、香港編というイベント性の
 高い素材ゆえ肩の力を抜いて楽しめました。
 ただ、初期〜三期の頃のGメンとは作り方も随分と変わって、特にライトなラストシー
 ンはGメンでは異色の幕引きだったと思います。
 放送当時、亜子ちゃん姉妹が今回で降板するとは思いもよらず、翌年、田口刑事が突然
 FBIに去ったことを機にこの作品が最終編だとわかりました。
 田口と眉村の絡みも然ることながら、Gメンに新風を吹き込んだ水上姉妹のファイナル
 アクション総決算といったところでしょうか。

 「Gメン対世界最強の香港カラテ」から従来の”GメンVS香港カラテ”ではなく徐々に
 ”香港カラテVS香港カラテ”の色合いが濃くなってゆく点は少々残念ではありました。
 中屋の柔道、島谷カラテ、田口カラテが短いなりにも見せ場を作ってくれていた点は
 救いでした。シナリオでは若手Gメントリオがカラテ軍団に踊りかかろうとした際、
 ”ドラゴン「Gメン、手出し無用だ!」”などと言われる予定でしたからね^^;

 前作は”香港カラテVSドラゴンwithGメン”といった感じだったので、一本は
 ”Gメン対香港カラテ”モノを制作していただければとも思いました。

 口とセリフのタイミングは気づきませんでした。^^;もう一度ゆっくり楽しんで
 みますね。

 

 
おしいなぁ  投稿者:iku  投稿日: 3月19日(月)22時13分39秒  
  管理人さんこんばんわ。前々から楽しみにしていた今回の270話。香港カラテ殺人旅行での千葉さんの活躍。無様に殴られて捕らえられてしまうところはなんとなく覚えてましたが
変な箇所にセリフが流れていたり、口が動いていないのにセリフが流れてたりで、あれはニュープリント版によるミスですよね・・・?子供の頃は純粋にみていたから疑問にも思わなかったけど今回みていたらお馴染みの喫茶店でのシーンでの田口刑事こと千葉さんが友人でもある眉村を人事のように銀行強盗の指名手配者といっていることと、ラストシーンが亜子ちゃんで終了してたことがクエスチョンでした。もう少し眉村と田口刑事に絡ませた終わり方をしてほしかったなぁと思います。あとアクションでのシーンですね。スタジオでの別撮りっていうのか違和感を感じました。
 あの眉村さんこと佐藤仁哉さんは田口刑事登場版のときのユサさんでしたね。けっこう田口さんとカラミがあったんですね(笑) 気がついたんですが、登場版と今回の270での会話ですが、回想シーンはお互いの向かい合ってのシーンはあるのですが、現実に戻ると全く会話がないんですね。眉村が死んでいると前回と同じで(登場版)この馬鹿やろーのセリフで片付けられてました。それといかにも時代背景といいますか、仕事中にプライベートの電話で顰蹙していた田口さんでしたが、今じゃあまり見られない光景ですが現代には大切かもと思いました。
 ところでこの場で書き込みしていいのかわかりませんがまずいなら削除して下さいね。
他の刑事もので、華麗なる刑事(デカ)26話。特捜最前線32話に千葉さんが出演していると思います。特捜刑事はGメンを降板した後の千葉さんです。タイトルは車椅子のマラソンランナー。藤岡弘さんのカラミで出ていました。もし良かったらみて下さい。長々と失礼しました。管理人さんの感想もお聞きしたいです。
 
脚本集  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月19日(月)22時02分22秒   
  >睡蓮75さん
 高久進先生にもお願いしたことがあります。出版していただきたいですね。
 シナリオ検証は必ず行います。一本作るのにかなり時間を要しますのでCS中断時が
 チャンスですね^^;今しばらくお時間下さい。m(_ _)m

 

 
シナリオ  投稿者:睡蓮75  投稿日: 3月19日(月)14時31分46秒  
  最近思いますが、Gメンの脚本集って、出版されないんでしょうか?
せひ一読してみたいものです
そういえば管理人様。シナリオ検証も、されてない作品が、かなりありますね
毎回楽しみにしていますので・・・・・
 
時代の移り変わり・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月19日(月)02時07分20秒  
  >脇役王さん
 今回の「香港カラテ殺人旅行」は”ドラゴン&GメンVS日本製香港カラテ使い”
 でしたね。竜崎隼人氏の動きもなかなか迫力がありました。
 シナリオでは香港シンジケートとなっていましたが、町のゴロツキのような雰囲気だった
 のは、アジトや揚斯氏が出てこなかったからでしょうか。

>珪一さん
 5〜6週、間隔を空けた方がドラゴンと田口刑事の再会シーンにもっと感情移入できた
 のかなと思いました。

>ブイスリャーさん
 日本側Gメンも今回は田口刑事が健闘していましたが、島谷刑事のアクションももう
 少し見たかったですね。

>荒馬宗介さん
 劇中に使用された曲が、劇伴のように自然に作品に溶け込んでゆく70年代の頃の描写は
 いいですね。時代の流れでしょうか70年代と80年代との移り変わりを感じさせてくれ
 ます。

昨日、「アイフル大作戦」49話を見ましたが、ラストが面白すぎ^^♪
アイフル史上最高の展開かなと思いました。校長にとってはいいお仕事だったのにね。

 

 
ベル  投稿者:荒馬宗介  投稿日: 3月19日(月)01時27分16秒  
   『Gメン75』第270話で、Gメン本部に掛かってきた電話のベルの音が変更されましたね。その前に本部では黒電話はとっくに消えていたと思いますが、先週は警視庁の新庁舎が登場しましたし、当時、80年代というと電話に限らず、いろいろと変化したのですね。
 第269話でラジカセから掛かっていた曲もそんな気がします。関係者、ファンの方々には申し訳ないですが、ああいうのはどうも耳に馴染みません。むしろ昔、例えば第32話の「シクラメンのかほり」、それも演奏だけが挿入されていた頃の方が、Gメンらしい気がするのは私だけでしょうか?

>VBCテレビさん
 当地・岐阜放送で『Gメン75』を放送していたときも同じ状況(黒いところが赤みがかっていたり、一方タイトル中の星印などの赤いところが不鮮明だったり、映像と音声とずれていてCM前のアイキャッチの音声が途切れたりしていたり)でした。その数年前にCBC(TBS系列、名古屋のトップ放送局)で放送されたものがそんなことがなかった点を考慮すると、失礼ながら、劣化・古さのみならず放送局の力?みたいなものを感じました(笑)。

 『Gメン75』のルームでは置かれなかった、女性が選びそうなおしゃれな電話が出てくる『アイフル大作戦』、2週間ほどお休みです。これまた、ファンの方々には申し訳ないのですが、ほっとしています。なにせ寝不足がたたって、しかも絶不調でして気持ち的にかなり参っていました。ここいらで充電しないと・・・。ところで不眠と鬱が関係あるそうです。また、その二つが重なった際の影響も意外と大きいそうです。皆さんは大丈夫でしょうか・・・。
 
’80香港カラテアクション再び  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月19日(月)00時21分43秒  
  蹴りが炸裂する香港カラテアクション編。胸のすくようなアクションは、最近のドラマにはない良さがあります。

KAJITA巡査様
香港カラテアクション編・・・空手家の端くれとしては、やはり血が騒ぎます(笑)。
蟹江さんは、望月源治が一番インパクトがありました。斧を持って登場したシーンが、子供心にすご〜く怖かったなあ。
 
カラテ作品と、ヒロミツさん  投稿者:珪一  投稿日: 3月18日(日)10時46分29秒  
  昨日270話香港カラテが放送されましたが、KAJITA巡査さんが書かれた
ように、数週間あけて貰った方が良かったと思います。
折角のシリーズですから、もったいないですから。

>アメデオさん VBCテレビさん
私も鈴木ヒロミツさんといえば、tbcチャンネルで放送中の「明日の刑事」を見て
おりますが、あのドラマではなくてはならないほどの個性的な演技で、毎週楽しみに
しています。    まだ60歳とは本当にお若い。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gmen-fubuki/

 
今夜、ついに・・・!  投稿者:脇役王  投稿日: 3月17日(土)17時32分26秒  
  どうも!こんにちは!
遅くなってすみません。

KAJITA巡査さん

>今から考えれば香港映画を一本、無料で観させていただいたような豪華キャストですね。

そうですね。これだけでもお腹いっぱいです(笑)

>ちなみにクライマックスの廃工場跡(将軍墺/九龍半島側)へ以前足を運んだことがありますが高層マンションが立ち並ぶ住宅街と化していました。写真を紛失してしまたのが悔やまれます。。

凄いですね!ああゆう所がカンフー映画にはぴったしの場所です!

珪一さん

>揚斯さんや何宗道さんやディック・ウェイさんなどの情報を、色々と投稿して頂いた
おかげで、知らなかったことも良く判りました。

いえいえどうも(笑)
私もまだ「香港カラテ」について研究中です。
まだ私が知っている香港俳優もいるっぽいです。

今夜はとうとう「香港カラテ」が放送されますよね?もちろん友人に録画させてもらいます。早く見たいですね。
 
結城警視正の現場時代?  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月17日(土)02時44分18秒  
  >ブイスリャーさん
 今晩の香港編、楽しみですね!Gメンもカラテで応戦、、?^^
 望月源治にももう少しで再会できます。一度は宿泊してみたい”油屋旅館”。
 こちらも堪能したいものです。

>こんきりプーさん
 「悪魔の棲む家」ですね^^ 結末は『アイフル大作戦』でも似たようなパターンが
 ありました。『キイハンター』で培われた手法が活かされている興味深い展開が
 楽しめました。

>VBCテレビさん
 そういえば中丸忠雄さん、お見かけしませんね。舞台とかに活動をシフトされていら
 しゃるかもしれません。
 『キイハンター』末期は小田切慎二主役のエピソードが多かったですが、トレンチコ
 ート着用で都内を捜査するシーン。若き結城警視正の現場活躍シーンを想像せずには
 いられませんでした。

 

 
気になるあのお方  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月16日(金)22時03分51秒  
   去る14日、他界された鈴木ヒロミツさんというと、現在CS・tbsチャンネルにて放送中の「明日の刑事」に出演されてますね。この作品を見ていますが、まだまだお若いのに・・・。
 話は変わりますが、Gメン関係者で最近テレビ等でお目にかからない方でとても気になっている方がいます。元祖・小田切こと「キイハンター」の小田切慎二役「Gメン75」の結城警視正役の中丸忠雄さんです。今から5年位前に放送された通販番組「二重マル健康テレビ」という番組にゲスト出演された時、体を壊された等のお話をされておりましたが、その後どうなされているのか・・・。「Gメン」の時には夏木陽介さん演じる小田切警視との新旧小田切対決がとても印象的でした。(Gメンで初めて見たときは、キイハンターの小田切慎二がムコ養子になって苗字が代わり、性格も変わってしまった・・・と勝手に解釈していましたが・・・)ただ、南雲警視とは比較的仲が良さそうでしたね?
 
こんばんは  投稿者:こんきりプー  投稿日: 3月16日(金)20時09分56秒   
  こんばんは!
以前、「岡本富士太さんにぞっこん!」とメールを送ったこんきりぷーです。
皆さんがドラマをじっくりいろんな角度で見ているのでちょっとびっくりです。
遅ればせながら最近CSに加入した私は素人ですが、先日放送されたGメン75(タイトルは忘れました)が、どんでん返しにつぐ、どんでん返しではらはらして面白かったです。Gメンたちが次々と犯人に捕まり、『どうなる?』と思ったら実は・・・・というのです。(あまり説明してはいけないのかな?でもこれだけでは何というタイトルかはわからないかも?しかし、カルトクイズでも答えられそうな皆さんなのでわかるのでしょうね!)わたしももうすぐGメン75のDVDが見られます(TUTAYAにリクエストしました。)ので、津坂刑事だけではなく、いろいろ研究し楽しみたいと思います。長々とすみませんでした。
 
次回は、再び香港カラテ・アクション  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月16日(金)00時14分29秒  
  蟹江啓三さんも、「Gメン’75」出演回が多いですね。248話「警察の中に出た幽霊」にも、犯人役でご出演。一番印象に残っているのは、殺人鬼・望月ですが。本放送当時は、ビデオを持っていなかったので、記憶が曖昧。それでも、蟹江さんの望月は、なぜか鮮明に覚えている。

次回は、再び香港カラテ・アクション編。予告編を観ただけで、目がキラリン☆ スピーディーで、迫力満点の技の数々。一応、空手家の端くれとしては、血が騒ぎます(笑)。
あの白いスリー・ピースの男性は、石橋雅史さんかしら。
 
Gメンビル、撮影所・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月15日(木)22時11分8秒  
  警邏中に東映東京撮影所近くへ行きました。
撮影所の前の道路はかなり交通量が多くなっている気がします。当時はショッピングセン
ターなんてなかったですし^^

>VBCテレビさん
 私も未だに東京海上ビルへ行くと立ち止まって物思いにふけっています。
 当時も今もビルの概観は変わってないですね。立花警部らGメンが出てきそうな雰囲気
 ですね。

 

 
憧れのGメンビル  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月15日(木)21時12分31秒  
  >高見兵吾巡査部長さん
はじめまして!自分にとっては、Gメンビル(東京海上ビル)というと、何時かは行ってみたい!と長らく思い続け、3年前遂に実現!東京なんて右も左も分からなかった田舎者の自分でしたが、(丸の内南口)を目印になんとかGメンビルに辿り着き、「この場所で山田刑事が撃たれた回があったなぁ・・・」とビルの壁を触ってみたり、又、付近を暫く歩いて、「この場所から、手前に黒色の初代日産プレジデントの後部が写った後、ビルのアップが撮影された回もあったな」などとしばし感傷に浸ったり・・・。最近、上京する機会が多いのですが、東京駅に着くと、やはりGメンビルの方角が気になります。(ただ、電車内からだとよく見えないんですけどね・・・)
 
残念です  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月15日(木)03時01分33秒  
  >アメデオさん
 訃報がネットでも取り上げられていますね。情報ありがとうございます。
 『五つの顔の変装刑事 右京警部補ファイルE』(黒木長官がGメンだったと告げる
 後日談スペシャル)でも出演されていらっしゃいました。
 60歳ですか。。若すぎます。ご冥福をお祈りいたします。

 

 
まだお若いのに  投稿者:アメデオ  投稿日: 3月15日(木)01時38分50秒  
  近藤プロ作品にときどきご出演されていた鈴木ヒロミツさんが昨日亡くなられました。60歳は若すぎますね。ご冥福をお祈り申しあげます。
近藤プロといえば、ドラマ「ホテル」のスペシャル版が新たにいくつかDVDで発売されるみたいですね。
 
カット・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月14日(水)04時07分44秒  
  >高見兵吾巡査部長さん
 Gメンではパリ警視庁、マドリッド警察本部庁舎内でおなじみの三信ビルも今は閉鎖。
 解体を待つばかりといった感じで通るたびに寂しさがこみ上げてきます。
 東京海上ビルはいつまでも雄姿を見せてほしいですね。

>VBCテレビさん
>エンディングの画像とテーマ曲のバランスが合わず
 ううむ。。こんな再放送もあるんですね><
 76年頃に東海地区で再放送された『キイハンター』は予告編はおろかエンディング
 カットで泣きましたからね。。

>Gメン15さん
 近藤照男プロデューサーが生み出すアクションドラマのキャラクターには一本通じる
 ものがありますが微妙な違いも要注目ですね^^

 

 
どんな時も冷静が一番  投稿者:Gメン15  投稿日: 3月14日(水)01時11分42秒  
  以前の書き込みで誤りがあったことを深くお詫び申し上げます、

【感想】
105話:香港−マカオ 警官ギャング

この話で最初に疑問点が出てきたのは、爆弾処理班が来るのは早すぎるという事でした、
結局偽者だったわけですが、ギャング逃走途中でひき逃げされた親子が、立花警部補(現、警部)の息子と奥さんとは知りませんでした。知ったのは立花警部補がお葬式に出ているときで、でも現場に出てきた時は、いたって冷静で驚きました、でも小田切警視の指令に納得いかないと言って、辞表を出すとは、少しだけ田口刑事に似ていた一面があります、でもあの時から熱血の立花吾郎だったんだな〜と
思います。辞任までしてギャングを追いかける立花警部補、でも黒木警視と小田切警視は
最初っから受け取る気はもうとうなかったのでしょうね。初登場時からあの熱血ぶりは、 正に関屋警部補そのものです。でも関屋警部補は熱血のところはいいのですが。高飛車な所が少しだけある気もしますが、立花警部補はいたって冷静ですね。ラストのガラガラを香港の海に投げ捨てるシーンはとてもジーンと来ます、ギャングは金だけ盗むだけではなく、立花警部補の母子の命まで盗んでいった。ただこの話いこう、立花警部の怒鳴る回数が増えて来た感じがあるのですが、そこがカッコよくていいですね。
 
Gメンと地上波  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月13日(火)21時21分11秒  
  >荒馬宗介さん、始めまして!「とちぎテレビ」の情報有難う御座います。「アイフル」今時地上波のゴールデンタイムで週一回の放送なんて、栃木の方は羨ましいですね!岐阜では「Gメン」第104話までと、第274話以降は再放送されなかったのでしょうか?だとしたら少々腑に落ちないですね・・・。「隣の女」は未だCBC等では放送されていないのですね・・・。東北でもまだ隣県のTBS系列局では放送されていないようです。でも、岐阜は放送局が多くていいですね!秋田では民放局が三局(日テレ、フジ、テレ朝系列)しかありませんから・・・。
>にゃるるさん、始めまして!8年前、地元局で放送された「Gメン」ですが、KAJITA巡査様のおっしゃっていた通り、フィルムの経年劣化(変色)が酷く、オープニングやアイキャッチ時の黒色の部分が赤みがかっていたり、人の肌が紫色っぽかったり、次回予告も第7話以降は全てカットされ、ひどい時は、エンディングの画像とテーマ曲のバランスが合わず(曲の方が遅い)曲の演奏が全部終わらない内にCMに入ったり・・・。後にファミリー劇場で改めて第1話を見たときは、リマスター版でなくとも感動したものです!今後更にDVD化される事を期待したいですね!
 
東京海上ビル  投稿者:高見兵吾巡査部長  投稿日: 3月13日(火)21時04分27秒  
  丸の内界隈も「Gメン」放映時とは様変わりしました。
個人的には、東京海上ビルが再開発計画に引っかからずに、
現況のまま維持されるのか気になります。
私が好きだった旧ニッポン放送社屋や第一生命ビルも立て替えられ、
趣がある昭和の建築物が、姿を消してしまうのが残念でなりません。

相模県警本部は立派な建物になりましたが、同所轄署は外見上
老朽化している建物が多いです。
 
新庁舎  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月13日(火)19時57分35秒  
  >チャボ&飛鳥さん
 気づきませんでした^^;並木町ばかりに気を取られてましたね。
 それにしても相模県警に抜かれるとは。いっそのこと公安関係の秘密部隊(?)は
 東京海上ビル内に設置していただけると面白いかもしれません。

 

 
警視庁新庁舎登場  投稿者:チャボ&飛鳥  投稿日: 3月13日(火)04時02分59秒  
   今回の269話より警視庁新庁舎(現庁舎)が登場しましたね。この庁舎、1980年(昭和55年)6月17日に完成したのですが着工が1977年6月8日なので約3年かかって完成しました。
 当時は警察庁舎の中では世界一の高さ(74m、地下4階、地上18階)と言われていましたが現在では神奈川県警本部や兵庫県警本部に抜かれています。そんな警視庁ですが一時噂で新築の計画があったそうですがその後はどうなったのでしょうか?交通管制センターは新橋庁舎に移動したり、都内各所に分庁舎があったりと組織の巨大化によって分散しているようです。まあGメンでの新庁舎のシーンを楽しみましょう。

http://chabo-and-aska.hp.infoseek.co.jp/

 
蟹江さん・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月12日(月)23時27分2秒   
  >荒馬宗介さん
 歌手の小林幸子さんだと私も思います。当時は女優もされていたのでしょうか?
 詳細はわかりませんが^^
 とちぎテレビでも放送されているんですね。CSと地上波で録画包囲網が固められますね。

>ふじともさん
 確かに芥川さん、お間違いのようで^^;
 Gメンでもたまにありましたね。「コートダジュール-パリ-紺碧海岸縦断捜査」とか。
 あるいは仮題が原稿に書かれてあり、そのまま読まれてしまったとか。
 アイフルは来週以降一旦お休みですが、たまったDVDをゆっくり堪能するチャンス
 かもしれません♪

>Gメン15さん
 津坂刑事の殉職カットは、数パターンの番宣写真が存在します。最後のシーンは
 スタッフの中でもどんな最後がよいか試行錯誤があったことでしょうね。
 他のドラマとは一線を画する幕引きはGメンならではの世界観が垣間見れます。

>にゃるるさん
 DVD-BOXはGメンのほんの一部ですし、「特捜-」のようにリクエスト方式にして
 発売再開していただきたいですね。

>ひんしゅく小僧さん
 蟹江さんにスイカは似合いますね。たしか望月源治にもこんなシーンがあったような気が
 しますが思い出せません。。
 「夜囁く女の骸骨」から望月編がスタートしますね。今から楽しみです^^

 

 
蟹江さんの好物?  投稿者:ひんしゅく小僧  投稿日: 3月12日(月)21時38分20秒  
  久しぶりにお邪魔させていただきます。

269話での蟹江さん、管理人様のシナリオ検証にもありましたが自転車シーン良かったですね。黒谷町シリーズも近づきつつありますし…後、アパートですいかにかぶりつく場面は
やはり「梟の森みな殺しの夜」へのオマージュといったところでしょうか?
個人的には中屋刑事と少年の1年前の出会いがすごく気になっています。なぜGメンの
中で中屋刑事だけが現場に駆けつけたのか?(しかもその時乗っていた車もGメン車では
ない様でしたし。)非番の日にたまたまと言う設定だったのかも知れませんね。
 
出来るなら・・・  投稿者:にゃるる  投稿日: 3月12日(月)21時03分3秒   
  >VBCテレビさん、はじめまして
お気持ちわかります!私も出来るなら地上波で再放送されないかなって・・・
「Gメン」には、もっと面白い物語があるはず!
本当はDVD完全版が出て欲しいと思っていますが
これこそ無理でしょうね(^^;)

>こんきりプーさんのお気持ちもわかります
当時の岡本富士太さん、かっこよかったですよね!
今風で言うとイケメン俳優ですよね
実は私もDVDを見て、気に入った刑事さんが
1人います(^^)
 
響刑事、津坂刑事の勲章「男の勲章パロディ」  投稿者:Gメン15  投稿日: 3月12日(月)19時58分46秒   
  まずは管理人さんに

管理人様>
書いてあったんですが記載ちがいです。ただエアポートの意味が分からなかったんですが。空港の事だと知りました。ただGメンが結成された話にしてはすごいなと思いました。

【感想】
103話『また会う日まで響圭子刑事』
この話では正直泣く事もなかったですが。犯人の態度に腹が立ちますね、犯人の態度は悪魔でした、響刑事に憧れていた女性はとてもかわいそうです。そして取調べでは犯人は『人を食ったような顔』をしている。ああいう犯人には、できれば黒木流の取調べ「第1話での黒木警視の取調べ」を行ってほしい。そして犯人を追いかけるためにインターポールに行く事になった響圭子刑事ですが。黒木警視のさりげない優しい言葉で、響刑事の海外に行く事が許可をされた時に、ものすごく黒木警視が仲間思いと思いました、そして何よりも響刑事が友人思いだと思いました。転属が決まった時私は、「がんばってくれよ」と思いました

104話『77.5.14 津坂刑事殉職』

この話は正直頭から離れません犯人はスナイパーライフル(?)なのに津坂刑事は一般拳銃、私が津坂刑事だとしても考えられない。又、銃を撃つ姿が関屋警部補と同じ態勢でした、 関屋警部補の面影が物凄くありました。津坂刑事が食べていた場所は有名な場所なのでしょうか?でも犯人は女性を容赦なく撃った事に腹が立ちました。又、第1話でも同じ光景があった事にも驚きでした、ラストは泣きました。とても格好良かったです

アイフル大作戦>

もうすぐでラスト即ち最終回が近づいています。しかしバーディー大作戦が放送される確立は、低いです、ですから金曜日夜にファミリー劇場ホームページにリクエストしてきましたでもこれで放送されるとは限らないですね。果たして最終回は笑って終れるでしょうか?

GMEN75『269話少年とギャングの自転車レース』>

自分的には大したギャングでは無いなと思いました。しかもギャングじゃなくてただの強盗としか言い様のない男でした。しかもこの犯人役の人が蟹江敬三さん、この人はGメンでも犯人役が多い気がします。(218話梟の森みな殺しの夜)でもかなりの悪役で犯人を演じきっていましたし。今回は怖いイメージより大人気ないイメージが強くあった気もします。

そして管理人さんの言うとおり、あの音楽は意味が分からないというか。頭からまだ離れません、まだ頭の仲で(ハワイユー〜♪)と聞こえてきます。

吉野家の牛丼・・・ほぼ再開しましたね〜
 
アイフルの予告など  投稿者:ふじとも  投稿日: 3月12日(月)17時39分37秒  
   アイフルが今週で一旦中断ですが、一気に放送して終わって
しまうのも寂しいし、しばらくガマンですね。
 第46話「スキーで婚約殺人旅行」、予告では芥川さんが「〜
さつじんじけん」と読んでしまってました。こういうのもあり
かと大らかな気分で笑えました。

 Gメンは次回も香港。亜子ちゃん姉妹が最後のエピソード、
またゲストに石橋雅史さんも加わりアクションも楽しみです。
当時のテレビガイドに「この香港ロケのオフタイムに中島はる
みさんが海水浴を楽しんだ」というような記事があったと思い
ます。
 珪一さんもおっしゃってましたが香港スターの情報で盛り上
がっていい勉強になりました。感謝です(^^)
 
二つ  投稿者:荒馬宗介  投稿日: 3月12日(月)02時59分38秒  
   『アイフル大作戦』、頑張って観ています。おかげで寝不足。明日はメンテナンスでお休みのようですね。
 そのアイフルについて二つほど・・・。
 これまで二度、「小林さち子」さんが出演されました。歌手の幸子さんでしょうか?当時二十歳、顔はよく似ていますが・・・。
 少し時間があったので、面白半分に「アイフル大作戦」に関してネットで検索していたところ、「とちぎテレビ」が出てきました。調べてみたら、なんと現在日曜の夜9時から放送中なんですね!今年第1話から放送されているようです。栃木県の方はCSと地上波の両方で楽しめるのですね・・・。

>睡蓮75さん
 当地岐阜では先週夏木陽介さんのパチンコを放送しておりました。録画を後で観るつもりでしたが、結局リアルタイムで観てしまいました。懐かしいシーンが出てきて楽しかったですよ。メタばれにてここまでにします。

>VBCテレビさん
 はじめまして。私は岐阜に住んでおりますが、14年ほどから数年掛けて『Gメン75』の第105話から第273話まで放送されていました。これが地上波最後の放送かと思っておりました。情報有難うございます。そちら、秋田の放送が地上波最後でしょうか・・・。それにしても視聴者としては放映権というのが些か厄介ですね。
 『隣の女』、当地では未放送です。観たいです。
 
朱美の曲  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月12日(月)01時44分39秒  
  「少年とギャングの自転車レース」
朱美が持っていたラジカセから流れていた曲。当時ラジオで流れていたことがありましたが
曲名がわかりません。しかし耳から離れない音楽ですね^^;

>Gメン15さん
 お久しぶりです。感想ありがとうございます。
 「エアポート捜査線」、DVDのパッケージに第1話と記されてませんでした?T_T
 初期はまだ皆さん、前作のキャラクターを引きづった演技をされてましたね。

 

 
おっさんじゃないぞー  投稿者:Gメン15  投稿日: 3月12日(月)00時57分20秒  
  長らくご無沙汰でした。すいません、今回GメンのDVDについての評価を行いたいと思います

DVD1巻>

【エアポート捜査線】
タイトル自体最初分からなかったのですが、見てゆくうちに気付きました。これが最初に放送されたGメンがと思いました。ストーリーはとても面白かったです、正直驚く事もあり犯人が関屋警部補の●●「←ネタバレ防止」だった事に驚きました。とにかく面白かったです。そして藤木悠さんが山田刑事なのに「おっさんじゃないぞー」発言で追出刑事に見えた事に笑えました

【1月3日関屋警部補殉職】
この話はとても関屋警部補がどれほど勇気ある男だと知りました、立花警部と並ぶほどの素晴らしい正義感持った男です。でも特典映像で原田大二郎さんが「劇中でけっこう走っていた」と言っていたんで確かに良く見てみるとかなり走っていた気がします。特に田口刑事っぽいところもある気もします。何と言うかガッツな感が、でも倒れた時正直泣きました。

まだいっぱいあるのですが。本日はここまでという事で。
             管理人さんいつもお世話になっています。
「妹と一緒にGメン75を見ました」
 
絞りきれず・・・  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月12日(月)00時31分57秒  
  >珪一さん
 屠龍=ディック・ウェイ氏ということは私も知らずいい勉強になりました。
 次回は何宗道氏登場の第三弾。もう少し間隔を空けても良かったかなと思います^^;

>ikuさん
>ところで管理人さんはGメンの放送の中で一番思い出のある作品は何ですか?
 当時、睡蓮75さんと東映撮影所にお邪魔したとき同じ質問をデスクの方からいただき
 絞りきれません。。とお応えした記憶があります^^
 難しいんですよね。。沖縄3部作、刑法240条、、関屋警部補殉職、、、
 「女が掘った落とし穴」も印象深い作品ですよね。生身の人間のもろさを感じたり。
 これから放映される作品群でも面白いものがありますね。

 

 
Gメンラブ  投稿者:iku  投稿日: 3月11日(日)22時23分34秒  
  管理人さんことKAJITA巡査さんへ
 早速ありがとうございました。驚きました。98年から放送されていたんですねー。
これって約10年で#270話(今週土曜日の回)になったと言うことでしょうか。気を長くして待ってもおかしくなりそうです。^^。
1年間毎日タイトル別に放送してくれれば1年間で終了するんですよねぇ。
ところで管理人さんはGメンの放送の中で一番思い出のある作品は何ですか?
私は関谷巡査殉職と倉田さんのドラゴンシリーズ、千葉さんの「女の掘った落とし穴」が妙に記憶に残っています。私も頑張ってリクエストしますね。
 
お礼  投稿者:珪一  投稿日: 3月11日(日)21時48分18秒  
  >香港カラテファンの皆様
どうもありがとうございました。
揚斯さんや何宗道さんやディック・ウェイさんなどの情報を、色々と投稿して頂いた
おかげで、知らなかったことも良く判りました。参考にさせて頂きます。
それにしても今となっては、当時の作品を見ることが難しいのが残念です。

http://8016.teacup.com/k68e73b74g75/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww7a.biglobe.ne.jp%2F%7Egmen-fubuki%2F

 
ニュープリント再放送を  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月11日(日)18時47分20秒  
  >ikuさん
 はじめまして^^
 CSでは途中中断もありましたが98年から放送が続いています。現在は80年夏に放送され
 ていた作品までたどりつきましたが初期は画質も良くなかったです。
 私も時折、ファミリー劇場にニュープリントでの再放送をリクエストしています。
 期待したいですね^^これからもよろしくお願いいたします。

 

 
Gメンラブ  投稿者:iku  投稿日: 3月11日(日)18時05分38秒  
  管理人さんはじめまして。Gメンの倉田保明さん千葉裕さんが大好きなikuと申します。よろしくお願いします。GメンのDVDを購入して以来、20数年前のあの場面が蘇ってしまいました。CSで放送されているのを知り即加入。毎週土曜日が楽しみになりました(夜9時放送ならもっと良かったんですが) でもおしいことに、千葉さんや宮内さんシリーズも中盤に入っていてその前をのがしてしまったことです。もう少し早く気がつけばと後悔しきりです。また再放送される事を願うしかないんでしょうかね。  
涼子の事業、津坂刑事・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月11日(日)13時16分39秒  
  >睡蓮75さん
 うまく録画できるといいですね。夏木陽介さんの近況をお楽しみ下さい。
 パチンコも特集本が少なくなってきましたね。

>アメデオさん
 「アイフル探偵学校」の校長・涼子は学校経営と並行して探偵社も経営しているよう
 です。7話「今晩わ!悪魔のノック」でも描かれていたと思います^^。
 「バーディ大作戦」第一話ではアイフル探偵学校の臨時校長に裕二が納まって経営難に
 陥り新校長を探す羽目になるというエピソードが描かれていましたが、学校が並行して
 存在していたことを描写しています。
 しかし、アイフル初期に見られた他の生徒集団や講義シーンが画面に登場しなくなった
 のはちょっとさびしい気もしますね^^
 事件の描き方によっては”探偵学校”だと無理が出てくるので最近は”探偵社”を前面に
 出しているのかもしれません。

>こんきりプーさん
 Gメン75DVD収録の第一回予告によると、津坂刑事は”ハッスルする男”として
 紹介されていました。初期は長髪にラフなスタイルで町を走るシーンも魅力でしたが
 後記の落ち着いた雰囲気も印象的です。スキーやロッククライミングにも心得がある
 エピソードもありましたね。お店によってDVDレンタルとして置いてあるところも
 ありますので機会があればぜひ活躍をご覧になってください。
 いきなり104話の殉職編はつらいかもしれませんが^^

 

 
ありがとうございます  投稿者:こんきりプー  投稿日: 3月11日(日)12時34分52秒  
  >KAJITA巡査殿
お返事ありがとうございます!
津坂刑事、一条吾郎ともにぜひ会いたいです!
私がなぜ津坂刑事(岡本富士太さん)にはまったか・・・?実は友達に連れられて初めて行ったパチンコ屋さん・・・ここで睡蓮75さんのメールにもあった「Gメン’75」をしたのがきっかけです。ビギナーズラックもあってかすぐにジャラジャラとにぎやかに玉がでてきました。そのときの画面で『この人かっこいいなあ・・・』と思ったのがきっかけです。
友達に「この番組に出ていた人はほとんど亡くなっている」と聞き、一目ぼれしたのに切なくなってしまいました。帰って調べてみるとご存命!しかし、お年はかなり・・・そうですよね「Gメン’75」だもの・・・でも、今もかっこいいですよね!若き日のお姿を追ってこの掲示板を見つけ、ついついお話したくなりました。長くなってごめんなさい。
 
探偵社?  投稿者:アメデオ  投稿日: 3月10日(土)15時29分2秒  
  「アイフル大作戦」の舞台は探偵学校だったはずですが、話がすすむにつれて、探偵社という表現がセリフに出てくるようになっています。レギュラー以外の生徒も授業のシーンも全く出てこなくなったし、あれは本当はどういう建物なのか、すごく高層のビルにあるという設定ですね。校長から社長になったのでしょうか。
次番組のバーディ大作戦では探偵局・局長という、学校・校長、会社・社長とも違う設定になりましたが、事情があったからでしょうか。
 
パチンコ  投稿者:睡蓮75  投稿日: 3月 9日(金)01時31分34秒  
  話題のパチンコ「Gメン75」ですが。夏木陽介さんゲストの「今夜もドル箱」
三重テレビでは3月15日放送です。。録画しなければ
 
津坂刑事、一条吾郎・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 8日(木)22時07分12秒   
  >VBCテレビさん
 地上波では比較的新しい作品しか再放送されませんし、今はCSでのみ昔の名作を
 放送していただけます。当時のフィルムは経年劣化を伴ってくるでしょうし、名作は
 今のうちにDVD化して後世に残していただきたいものですね。

>チャボ&飛鳥さん
 「ザ・ウィンザー・ホテル洞爺」、、しっかり警備していただきたいものです。
 黒木ボスの知人が経営しているホテルという触れ込みでしたね。(スペシャルでは。)
 くれぐれも室内プールでSPが宙吊りにされませんように^^

>こんきりプーさん
 岡本富士太さんは『バーディー大作戦』では一条吾郎というレーサー出身の若手探偵を
 好演されていました。末期はスーツ姿のときもありましたがGメン津坂刑事を思わせる
 雰囲気でしたね。またいつの日か再放送があればと思います。『Gメン75』では
 既に降板していますが、ミステリータッチの作品で際立った魅力を発揮されていま
 した。本放送当時、岡本さんの人気はすごかったです^^

 

 
好きです!愛してます  投稿者:こんきりプー  投稿日: 3月 8日(木)19時58分45秒  
  岡本富士太さんにぞっこんです!
津坂刑事見たさに最近CSに入りました。
しかし・・・津坂刑事が出ているころのGメンは放送されてしまった後だったんですね・・・ショックです・・・でも、時代劇や戦隊物などで会えました!!
津坂刑事や、バーディー大作戦の吾郎(?)は見たことないので見たいです!
もう放送されないのでしょうか?
 
洞爺湖サミットであのホテルが  投稿者:チャボ&飛鳥  投稿日: 3月 8日(木)03時10分6秒  
  昨日のニュースを見ていましたら来年日本で行われるサミット(先進国首脳会議)の国内候補地として北海道が立候補したのですがその会場予定地として、洞爺湖にある「ザ・ウィンザー・ホテル洞爺」が挙げられていました。このホテルは2001年4月に放送された「Gメン75スペシャルII 東京・北海道 トリック殺人事件」のメインロケ地となったところです。
 ニュースによると「ホテルに通じる道がひとつしかなく警備がしやすい」ということなんですがドラマではテロリストに簡単に侵入されてしまったのでとても心配です。w 実際には相当数の警察官が動員されるので警備は万全と思いますが昨今の情勢では何が起きるかわかりませんので是非関係者、警備当局は「Gメン75スペシャルII」を見て頂いて警備の参考にしてもらいたいものです。 ニュースのあと自分もDVDを引っ張り出して久しぶりにスペシャルIIを見てしまいました。

http://chabo-and-aska.hp.infoseek.co.jp/

 
もう地上波では・・・  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月 7日(水)21時49分58秒   
  >KAJITA巡査様
同感です!!見た目は、黒木長官なのに何故黒沢?当時、制作サイドはGメンと線引きしたかったのでしょうか?(早くBS−iやtbsチャンネル等でも放送されるといいですね)
話は変わりますが、以前ここの書き込みで、「CSに入ってないので・・・」等の書き込みがあったと思いますが、もはや地上波では「Gメン」の様な昔の刑事ドラマの放送は無理なのでしょうか・・・。8年前、地元のテレ朝系(秋田朝日放送)の日中の帯ドラマ枠で「特捜最前線」の後番組として「Gメン'75」が第1話から放送されたのですが、第152話「女だけの通夜」で放送が打ち切られてしまい、局に電話するも「その回迄しか放映権を得ていない」との回答で、結局それ以後同局の帯ドラマ枠では「はぐれ刑事純情派」等キー局の割と新しい作品しか放送されなくなってしまいました。(余談ですが、Gメン放送開始当時、新聞のラテ欄の出演者欄には連日"丹波哲郎 若林豪ほか"と書かれていました。ラテ欄担当者は、「Gメンというと丹波哲郎と若林豪だ!」という思い込みがあったのでしょうか)昔の作品になると、著作権とか色々と難しいのでしょうが、Gメンの様なこんな素晴らしい作品が地上波でなかなか放送されないのは残念です。せめてDVDで発売されればいいのですが、最近そちらも御無沙汰気味で・・・。自分はCSに加入していますが、DVDボックス第四弾の発売が待ち遠しいですね!
 
アイフル全56話・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 6日(火)21時14分36秒   
  >3DのWさん
 千葉真一さんと倉田保昭さんのアクション競演は貴重ですね!『キイハンター』では
 一度だけ共演しましたがアクションはさることながら顔合わせもなかったです。

>高見兵吾巡査部長さん
 速報ありがとうございました^^安心しました!全56話完全収録目指していただけに
 嬉しいです。あとは天候次第ですね。作品はまだ全部観ていないので、放送中断中に
 堪能し、サイトも更新して行きます。

>脇役王さん
 今から考えれば香港映画を一本、無料で観させていただいたような豪華キャストですね。
 他のドラマではおそらくマネができない質感だと思います。
 ちなみにクライマックスの廃工場跡(将軍墺/九龍半島側)へ以前足を運んだことが
 ありますが高層マンションが立ち並ぶ住宅街と化していました。写真を紛失してしま
 たのが悔やまれます。。

>ブイスリャーさん
 今回アクション面で出番が少ないものの、千葉裕さんの動きにも注目してしまいました。
 カラテアクションもなかなかスピーディで見ごたえありましたね。

>VBCテレビさん
 この作品がお蔵入りになっていた理由が私もわかりません。
 (ストーリーのベースは『キイハンター』「現金と舌を切られた女」です)
 残念ながらTBSでは月曜ミステリー劇場のテーマ曲は流れませんでした^^;
 丹波ボスが車の中で「黒沢だ」というシーンがありましたが、「黒木」で通して
 いただければ、、、、と思いましたね。

 

 
又々、秋田で・・・  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月 6日(火)20時49分56秒  
  遅れましたが、KAJITA巡査様、「隣の女」情報、有難う御座いました!かつて「月曜ミステリー劇場」が放送されていた時間(月曜21時)に合わせて見ました。各種装飾品や、登場した車等に若干の時の流れを感じました・・・。(何故これまで未放送のままだったのでしょうか?)
あと、細かい事で恐縮ですが、地元局ではエンディングの提供表示画面で「月曜ミステリー劇場」のテーマ曲が流れたのですが、TBSで放送された時も流れたのでしょうか?(この曲が好きだったもので・・・)
話は変わりますが、また地元(秋田県)ネタで恐縮ですが、3月6日深夜0時50分からAKT秋田テレビで夏木陽介さん出演の「今夜もドル箱!!R」が放送されます!普段パチンコを
まったくやらない自分も以前「CRGメン'75」をやろうとしたのですが、場内のあまりの喧騒に10分でやめてしまったので、番組の方で少しでも楽しめたら・・・と思います。(出来ればPS2等でソフト化されればいいんですけどね!)
 
東映ドラマの空手家  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月 6日(火)20時23分48秒  
  KAJITA巡査様
島谷刑事と田口刑事によるダブル飛び蹴り、島谷刑事の回し蹴り。空手を習ってから観ると、おもしろさが増します。宮内さんの空手アクションは、力強さが魅力。

ふじとも様
空手のイベントや試合では、東映ドラマでお馴染みの俳優の方々をお見かけすることがあります。倉田保昭さんの他に、石橋雅史さん、千波丈太郎さん。みなさん、腰がすわっておられて、武道家のオーラを感じます。

東映ドラマを彩った名悪役の、石橋雅史さんと千波丈太郎さんは、今月、銀座博品館劇場の舞台で共演されるそうです。
 
レア対決!  投稿者:脇役王  投稿日: 3月 6日(火)19時56分33秒   
  こんばんは!

>KAJITA巡査さん
>おめでとうございます!今頃、ご堪能されていらっしゃるのでは^^
 またよろしければ感想などお聞かせ下さい。

一日遅れで今見てます(涙)
いやー、後編だけでも面白いですね。
最初のシーン(あらすじ?)では何宗道が出まくりですね!これまた嬉しいです!
江島とヤン・スエもよくいろんな映画でコンビとして出てますね。嬉しいです!

>ふじともさん
>自分で尋ねておいてなんですが、ディック・ウェイ=屠龍と
いうことがわかりました。

そうみたいですね。
実は彼の昔の名前が「屠龍」ということは知ってたのですが、すっかり忘れてました(笑)

とにかく最初のシーンから何宗道vsディック・ウェイなんて、何とレアな対決だこと!
いつもはブルース・リーの真似をしてる彼ですが今回の彼はホントカッコいいですね!
 
「アイフル」完全放送へ  投稿者:高見兵吾巡査部長  投稿日: 3月 6日(火)19時37分56秒  
  本日、ファミ劇さまの4月分番組表がUPされました。
嬉しいことに、最終話の第56話まで欠番もなく完全放送です。
続けて「バーディ」へという希望はお預けになってしまいましたが、
とりあえずホッとした感じです。

http://www.fami-geki.com/pdf/200704.pdf

さきほど夏木陽介さんの会社の公式サイトを拝見しました。
「はみ刑事」ファミリーの志村東吾さんが所属されていたので
ビックリ。自分の無知さを改めて悟ってしまいました。
 
千葉さんVS倉田さん  投稿者:3DのW  投稿日: 3月 6日(火)02時04分52秒   
  「影の軍団」のDVD買ってしまいました。
もちろん千葉さんVS倉田さん観たかったからです。
リアルタイムでも観ましたが、久しぶりに観て見ると、
あらためてキレのいいアクションに感動!

80年4月からの放送なので、
長門勇さん、頭師佳孝さんらGメンゲスト出演されていた方も出ていて、
幼君を、ねちねちいじめる御台所役の三浦真弓さんの悪女ぶりや、
松橋登さんの怪しい僧などは必見です。
 
香港カラテスター  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 5日(月)21時28分51秒  
  >ふじともさん
 やはりディック・ウェイ=屠龍氏でしたか^^;
 勉強不足でした。今のお姿を検索して拝見しましたが髪型こそ違えども当時の面影が
 残っていましたね。

>脇役王さん
 おめでとうございます!今頃、ご堪能されていらっしゃるのでは^^
 またよろしければ感想などお聞かせ下さい。

>ブイスリャーさん
 島谷VS香港カラテ!一騎打ちも見たかったですね。今回は見せ場は少ないものの
 力強い宮内カラテアクションも見ることができました。

>香港カラテ小僧さん
 はじめまして^^
 髪型が随分と変わってますね。もうアクション映画には出演されていないのでしょうか?
 気になります。

>にゃるるさん
 Gメンの香港カラテといえば、どうしても”倉田さんVS香港カラテ”のクライマックス
 ですね。一対一の死闘は今も心に焼き付いています。
 CSも当初はニュープリントではないため、新たなDVDを企画していただき堪能したい
 ものです。

 

 
CSの話題  投稿者:にゃるる  投稿日: 3月 5日(月)20時40分20秒  
  こんばんは
最近CSの話題で盛り上がっていますね
残念ながら私は契約していませんので話に
混ざれないのが悲しい
新しいDVDが出るのを、是非期待したいと思います
動画で見ることが出来れば嬉しいんですが・・・

カラテシリーズといえば倉田さんのイメージが強いですね
 
判明  投稿者:ふじとも  投稿日: 3月 5日(月)17時36分7秒  
   自分で尋ねておいてなんですが、ディック・ウェイ=屠龍と
いうことがわかりました。昔の香港映画本を引っ張り出してみ
て判りました。77年に「屠龍」という名でデビューしたそう
で、確かにキャストにもこの名前がありました。
脇役王さんもきっと検証してくださってると思います。お騒が
せしました(^^;)

ブイスリャーさん
 はじめまして。偶然倉田さんを見かけるなんてなんとラッキー
な!私もイベントで何度かお目にかかったことがありますが、最
近はスーツ姿が多いようですが、初めて会った時は(本のサイン
会)アロハシャツというラフな衣装で貴重だったかもしれません
ね。
 
何宗道氏について  投稿者:香港カラテ小僧  投稿日: 3月 5日(月)13時11分8秒  
  管理人様 はじめまして。いつも楽しくサイトを拝見させていただいています。
私もGメンをリアルタイムで見ていました。特に香港カラテシリーズが大好きです。
先日の香港カラテ編で活躍された何宗道氏の近況についてですが、台湾のサイトの「整復師健康支援網」の中の「金級整復師」のページに掲載されています。
恐らく、整復専門学校の講師をされているのではないかと思われます。
写真を見ると放送当時の面影が伺えます。
下記ページをご参照ください。

http://www.inyoung.com.tw/personnel_list.asp?s=3

 
’80香港カラテ  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月 4日(日)23時17分59秒  
  KAJITA巡査様
香港カラテアクション編はいいです。最近の刑事ドラマにはない迫力があります。
島谷刑事の蹴りにシビれました。

ふじとも様
倉田保昭さんも素敵ですね。
先日、都内で「武道ライブ」という空手のイベントがありました。会場で倉田保昭さんに遭遇して、驚いてしまいました。空手の高段者だけあって、スーツ姿も颯爽としておられ、とても素敵でした。
 
ブルース・リー物語  投稿者:脇役王  投稿日: 3月 4日(日)22時23分49秒   
  >KAJITA巡査さん
こんばんは!
後編は無事に録画できました(笑)
明日、友人から受け取る予定です!(楽)

>ふじともさん
>私も香港アクション、特に倉田保昭さん大好きです(^^)

私はまだ数年しか経ってないコレクターです。
もちろん倉田さんも大好きですよ!

>ディックウェイ、悪役が多いと思いますが「セブンス・カース」では珍しく良い役でしたし倉田さんも警官役で少しでてましたね。

「セブンス・カース」・・・持ってます(笑)
何かちょっとグロテクスなモンスターがうじゃうじゃ出てますね。
この作品のディック・ウェイはメッチャかっこいいですよね。
倉田さんもゲスト出演みたいな感じ・・・です(笑)

>「ブルース・リー物語」はテレビから録画したのを持ってますよ。当時は佳作だという印象でしたが長く見ずにいて忘れてしまいました(^^;)

いいですね!私はただDVDでしか持ってません(涙)正直、うらやましいです(笑)

ちなみにディック・ウェイらしき人物(主人公のボディガード役?)が出演している台湾カンフー映画持ってます(笑)
 
ネタばれ、すいません  投稿者:ふじとも  投稿日: 3月 4日(日)22時12分23秒   
  脇役王さん
 はじめまして。先日来詳しいお話を拝見してました。私も香港
アクション、特に倉田保昭さん大好きです(^^)前編のテープは見
直しておらず昨日の後編で気づいたもので書き込みましたが、前
編出てなかったとしたらネタばれになってしまってすいません。
KAJITA巡査さん、未見の方、すいません。ディックウェイ、
悪役が多いと思いますが「セブンス・カース」では珍しく良い役
でしたし倉田さんも警官役で少しでてましたね。昔台湾の警察学
校で武術教官をしてたように聞いたことがありますが、何氏もそ
うですか。「ブルース・リー物語」はテレビから録画したのを持
ってますよ。当時は佳作だという印象でしたが長く見ずにいて忘
れてしまいました(^^;)
 
香港カラテ2  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 4日(日)22時05分8秒  
  >睡蓮75さん
 まだ他にもあるかもしれませんね。TBS広報誌も検索対象ですね^^
 この特集は雑誌の後ろの方に掲載されていて目次にも載っていなかったので
 見落としてました。。

>脇役王さん
 後編が入手できるといいですね!何宗道氏のアクションはスピーディかつ華麗で
 見ていてもスカッとします。

>珪一さん
 オープニング前のスポンサーCMをEDと予告の間に挟むとリアルタイムの頃の
 雰囲気が楽しめますね。CMの後の期待感が忘れられません^^

>ふじともさん
 トンロウ氏かと思っていましたが、脇役王さんの捜査レポートに期待したいです^^;
 もう一度後編を今から堪能します。やっぱりニュープリントはきれいで迫力が増しま
 すね。

 

 
ディック・ウェイ?  投稿者:脇役王  投稿日: 3月 4日(日)20時34分7秒  
  こんばんは。

>珪一さん
>何宗道さんの「新死亡遊戯」面白そうですね〜。
ブルース・リーの「死亡遊戯」公開前に公開ということで、相当熱の入った格闘技を
見せてくれているように思います。 でもいま見ることは難しそうですね。
何宗道さんの流れるような、美しいアクションは何か機会があれば是非みたいです。

作品は個人的にまぁまぁですよ・・・(笑)
やっぱり本物の「死亡遊戯」より前に公開されたということは実は「新死亡遊戯」は犯罪的作品なんですよね(苦笑)
ちなみに何宗道主演の作品は国内でもいくつかビデオまたはDVDで発売されてます。
入手しやすいのが「ブルース・リー物語」ですね。
中には現在廃盤ビデオで激レアとなっている珍作品も存在しますよ。

>ふじともさん
>今回のシリーズで手下の一人の赤シャツはディック・ウェイでは
ないでしょうか?キャストにその名前はなかったのですがどうも
見たことあるような気がして最後の最後にはっと名前がでてきま
した。香港映画に詳しい方いらっしゃるしどう思われますか?(^^;)

はじめまして!香港映画(主にカンフー映画)大好きです!(笑)
今回のロケシリーズとは昨日放送された話のですか?
だったら友人に録画を頼んでいまして明日その友人から録画テープを貰うつもりです。
そして調べてみたいと思います。
ちなみに彼といったらジャッキー・チェンの「プロジェクトA」ですね(笑)
それと彼についての話ですが以前あるサイトで何宗道とディック・ウェイが台湾の大学?で武術みたいなのを教えているっていう話がありましたよ。
 
新たな発見?  投稿者:ふじとも  投稿日: 3月 4日(日)15時35分4秒   
   香港ロケ編はゲストなど本編以外の楽しみも大きいのですが、
今回のシリーズで手下の一人の赤シャツはディック・ウェイでは
ないでしょうか?キャストにその名前はなかったのですがどうも
見たことあるような気がして最後の最後にはっと名前がでてきま
した。香港映画に詳しい方いらっしゃるしどう思われますか?(^^;)

 ところで宣伝がすっかり遅くなってましたが、昨年公開された
「マスター・オブ・サンダー」のセル&レンタルが始まってます。
倉田さんVS千葉さんのアクション対決、ぜひご覧ください。ちな
みに倉田さんの長男の竜太郎さんもちょこっと出演してます。
 
何宗道  投稿者:珪一  投稿日: 3月 3日(土)23時46分9秒  
  >脇役王さん
何宗道さんの「新死亡遊戯」面白そうですね〜。
ブルース・リーの「死亡遊戯」公開前に公開ということで、相当熱の入った格闘技を
見せてくれているように思います。 でもいま見ることは難しそうですね。
何宗道さんの流れるような、美しいアクションは何か機会があれば是非みたいです。

<予告について>
先週放送された267話の前編が放送された時に、
本編終了の直後に、予告編が始まりましたが、作品の余韻にひたる時間がありません。
この作品はEDがなくファミ劇はCMもないので、こうなってしまうんですね。
多分難しいとは思いますが、何とかして欲しい気がします。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gmen-fubuki/

 
殺人マシーン・ヤン・スエ!  投稿者:脇役王  投稿日: 3月 3日(土)18時50分15秒   
  KAJITA巡査さん、こんばんは!

>やられっぷりが「香港カラテ対Gメン」の”草野VS仔”を彷彿とさせますね^^
 短パンより白いパンツの方が似合うような気がしますが。

そうですね(笑)
確か役はコリアンファイターだったような・・・(うる覚え)
この映画では彼相手に闘う人たちを素手で殺しまくってますよ!(怖)
ちなみに今日も友人に録画を頼んでます。早く見てみたいです。
 
週刊誌  投稿者:睡蓮75  投稿日: 3月 3日(土)09時48分18秒   
  KAJITA巡査様、ご無沙汰しています
まさか週刊明星までヨーロッパロケを取材してるとは思いませんでした
貴重な記事掲載ありがとうございます。いろんな雑誌から注目されてたんですね
 
隣の女  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 3日(土)00時00分44秒   
  >VBCテレビさん
 はじめまして!良かったですね^^
 この作品は黒木ボスシリーズではないものの、丹波さんはおなじみ黒ソフトに黒スーツ
 姿で登場されます。地下射撃場のシーンは正に往年のGメンという雰囲気です。
 お楽しみに♪

/

 
「隣の女」が秋田県で!  投稿者:VBCテレビ  投稿日: 3月 2日(金)20時53分0秒  
  初めてメールいたします。なんと、自分の住んでいる秋田県で、来る3月4日(日)に「隣の女・幽霊屋敷の殺人事件!!」が放送されます!この作品は、まだ首都圏(TBS)以外では放送されていないんですよね?しかも、秋田県ではTBS系の放送局が無いにもかかわらず、フジテレビ系のAKT秋田テレビで放送されるとは!局にリクエストのメールを出した甲斐がありました。同局の「日曜ワイド劇場」(午後1時10分〜午後3時)枠内で放送されます。今から放送が楽しみです!!  
サスペンスシリーズ  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 2日(金)02時34分9秒  
  >ブイスリャーさん
 Gメンでも81年頃から特別企画シリーズでも”サスペンス”を名乗るものも出てきまし
 たね。
 317話〜「女の裏窓24時間」(前・後)”81サマーサスペンスシリーズ”
 347話〜「生き返った5年前の死体」(前・後)”82女のサスペンスシリーズ”
 裏番組の『土曜ワイド劇場』を意識したのでしょうか。時代の流れを感じます。

 >GメンカラテVSテコンドー軍団
 某国でのロケを敢行したりして。監視体制がキビシそう^^

 

 
島谷刑事の空手の型(演武)  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月 2日(金)00時07分11秒  
  KAJITA巡査様
島谷刑事退任後、香港編は8本も制作されましたか。失礼いたしました。
1982年頃は、2時間ドラマが増え始めた時期だったかと思います。視聴者の関心は、サスペンスやミステリーへいってしまったような・・・。
21世紀に入ってからは、格闘技ブーム。もし今「Gメン」が制作されたとしたら、GメンカラテVSテコンドー軍団なんて、展開になったり!?黒木ボスは、デジタル出演!?

それにしても、島谷刑事の登場は素敵でした。空手着姿で、颯爽と空手の型を披露されたシーンには、感動しました。私が習っている流派に、島谷刑事が披露した型と、非常によく似た型があります。
宮内洋さんのイベントの時、思い切って、「Gメンでやっておられる型は、何という型なのですか?平安(ピンアン)の型ですか?」とお聞きしてみました。宮内さんは、「あれは、殺陣師が作った型で、僕が習っていた流派にあの型はない。」と答えてくださいました。
 
その後の香港編・・など  投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 3月 1日(木)01時16分57秒  
  >脇役王さん
>「ブラッドスポーツ」
 やられっぷりが「香港カラテ対Gメン」の”草野VS仔”を彷彿とさせますね^^
 短パンより白いパンツの方が似合うような気がしますが。

>ブイスリャーさん
 実は島谷刑事降板後Gメン82も含め8本香港編が制作されました^^。が、しかし
 日本側アクション面ではパワーダウンは否めませんでしたね。
 「香港カラテ対北京原人」での千葉裕さんは健闘されてましたが。
 「-82」にいたっては 評価も良くなかったです。宮内洋さんの「キイハンター」
 での衣装、風見志郎の原型を思わせてくれますね^^

 

 
Gメン 海外ロケ編  投稿者:ブイスリャー  投稿日: 3月 1日(木)00時20分37秒   
  KAJITA巡査様
島谷刑事退任後は、香港ロケ自体なくなってしまいました。ヨーロッパロケやシンガポールロケは、ありましたが。80年代に入ってから、Gメンの路線はかなり変わっていったな、という印象を持っております。
画像、しっかりと拝見いたしました。東映特撮作品のあれに見えますね(笑)。
 

==========================================================================================================================

↑最上へ



表紙へ戻る

TOPへ戻る