-->

★過去ログ資料室(2003・1月−1−)★

↓最下へ

==============================================================================================

25年前と同じ気持ちです 投稿者:セツ子  投稿日: 1月15日(水)23時38分16秒

深作欣二監督のご冥福を心からお祈り申し上げます。
>連休3日間インフルエンザに襲われて寝込んでしまい、今年初の災難でした・・・
>シャーロックホームズさん
連続誘拐事件のシナリオ掲載をありがとうございました。25年ぶりにあのラストシーンに再会したとたん、思わず涙しそうになりました。
子供が助かってよかったという気持ちもありましたが、それ以上に澄子の迎えた結末があまりにも哀しくて・・・
当時も同じ思い出このシーンを拝見しました。
最初は冷酷な犯人が許せませんでしたが、あの澄子の娘の流血シーンはあまりにも生々しく、それ以降彼女を憎めなくなりました。
(かといって、その場に居合わせた親たちも仮に勇気を持って助けようとしても逆に彼らが致命的な目に合わされたのでは・・・と思うと軽々しく非難はできない・・・)
 

何話でしょうか 投稿者:早坂警部補  投稿日: 1月15日(水)23時29分02秒

1/14フジテレビで「激動の大昭和芸能文化史」(午後7時から)という番組の中でGメンの6人体制がワンシーンが流れました。監督佐藤純弥、脚本高久進、新井光の各氏。消去法で行くと#43か#57話になるようなのですが(どっちも刑法11条絡みですね)。覚せい剤を密売していたビリヤード場の経営者が殺害されたストーリーです。ご覧になったからいらっしゃいますか?Gメンの再放送がない時期に色々な番組を張り込んでいた癖が未だに抜けません・・・・
>シャーロック・ホームズさん
貴重な資料を拝見でき本当に感謝です。関屋殉職編だけでなく、どの話も全力投球,妥協しない作品だったのですね。時々、予告編のシーンが本編にないときがあるので,本編で放映されていないシーンが沢山あってその中から選びに選んでいるという努力の気配は十分に伝わってきていました。
血糊といえば,「映画秘宝男泣きTVランド」(119p)のなかで「婦人警官連続射殺事件」で婦警が撃たれるたびにバケツ1杯の血糊をぶちまけた話が出てきますね。(連続誘拐とは全く関係ないです,すみません)東映って画面の外でもなかなか激しい会社だったようですね。

極秘作戦 逆探知 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月15日(水)23時11分50秒

>シャーロック・ホームズさん
 後編「極秘作戦逆探知」の検証興味深く拝見させていただきました。ありがとうございます。
 ラストシーンの変更は、やはり視聴者に問題提起したいという制作側の意図の表れでしょうか。
 澄子に手錠をかけてしまえば刑事と犯人という構図だけしか印象に残りませんが、犯行に隠
 された動機、犯行現場に遭遇した人々の思い、共犯者、車内のチンピラ。誰にでも日常、
 遭遇し得る問題でしたし当時も今も見るたびに考えさせられます。
 Gメンのシナリオにはシリーズものはサブタイトルの上に”○△シリーズ”と銘打たれて
 いますが、この前後編にはどのように記されていたのでしょうか?
 ちなみに「Gメン恐怖の四日間」「死体の首を折る男」、「白バイに乗った暗殺者」「警視庁
 の女スパイ」前後編は特に記されていませんでした。

モノローグ・1977年10月-連続誘拐事件・後編 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月15日(水)02時38分44秒

和枝「恵美子!」
恵美子「ママ!」
と顔を埋める。
眺める澄子。
悲しそうなその目。
死んでいる小沢。
母親に抱かれた少女。
眺める澄子。
澄子「みんな・・・みんななくなっちまった・・・私には、もう何もない・・
   ・・でも、きっとナナが・・・私を・・・」

             第124話・シーン178「もとの道」より

人質殺害・数々の脅迫電話・挑戦的な態度・・・Gメン達を苦しめた血も涙もない、姿なき凶悪犯の正体は哀しい過去を持つ一人の女だった・・・前編のスリリングな展開から一転し、後半は犯人に秘められた忌まわしき過去とそれ故の優しさに焦点が移って来ます。今回は連続誘拐事件後編・第124話「極秘作戦逆探知」のシナリオ検証です。
まずは本編とシナリオの相違点です。

>中屋と速水刑事が実少年の病室を訪ねるのは本編では話の後半にあるが、シナリオでは前半〔水野氏が会社に出ようとするシーンの次〕になっている。恐らく「モンタージュ写真の照合」のシーンを入れる為に移されたと思われる。

>小田切と立花が車の中から水野家を張り込むシーンで、本編では小田切が運転席に座っているが、シナリオでは立花が運転席にいる。また立花が水野氏を尾行しようとする時も本編では車から降りようとするが、シナリオでは車のエンジンを掛けようとする〔共に小田切に制止されるところは同じ〕

>岡村婦警が水野氏を尾行するシーンで、本編ではターミナル駅で水野氏を待ち受けるがシナリオでは途中の駅から電車に乗り込み、さらに「鞄はまだ水野さんの手にある・・取引はこれからだ!」という岡村巡査のナレーションがある。また、鑑識でライターの指紋検出の所で、岡村巡査が尾行失敗を詫びて、小田切がそれを擁護するシーンがある。

>シナリオでは澄子の勤務先が「未亡人サロン」と特定されている。

>シナリオでは電車内で澄子の娘が切り付けられて流血するシーンはない。
〔モノローグは刃物を突きつけられたところで終わっていて、あとは立花の説明のみ〕

>共犯の小沢が射殺されるシーンで、本編では小田切と立花が撃つが、シナリオでは小田切のみが撃っている。その代わりに「Gメン達の誰もが、怒りの引き金を引いている」という描写がある。

>本編のラストは澄子のストップモーションで終わっているが、シナリオではその後に澄子が両手を差し出し、小田切が手錠を掛け、澄子が涙を落とすシーンがある。

まず驚くのが澄子の娘の「流血シーン」の追加です。ともすると残虐なシーンとして、今だったらシナリオにあってもカットされてしまいそうですが、それまでの凶悪な犯行の動機をより強く鮮明にする為〜「目には目を」的になってしまいますが、それでもあえて追加したのではと思います。今のドラマの「逃げ腰」とは違い、スタッフの挑戦的な製作姿勢が感じられます。

そしてラストシーンの変更です。なぜ澄子に手錠を掛けるシーンをカットしたのか・・ありきたりのシーンにしたくなかったというのが本音かもしれませんが、そこで出て来るのが以前書き込みをした「本当の悪は誰か」という事です。主犯の澄子か、共犯の小沢か、電車で見て見ぬふりをした誘拐の被害者達か、あるいは少女を刺したチンピラか・・本編の後半を見ると特定出来なくなってきます。そこにもし澄子が手錠を掛けられるシーンがあったら「悪いのは澄子」と決め付けられてしまいます。その判断を視聴者に委ねるようにする為に澄子に手錠を掛けずに終わらせたと思うのですが、いかがでしょうか?

最初の人質の死、その実行犯はGメン達が倒し、もう一人の人質は母親の元へ帰って行った・・・あのラストシーンからは澄子に対する憎悪は消えています。一番悪いのは誰だったのか、私は今も分かりませんが、少なくとも主犯の澄子ではない事は確かです。

>セツ子さま
前回の書き込みで字数がオーバーしたため[!]レスが書けずに申し訳ありませんでした。
小学生の頃に見たGメンを思い出して頂ければ幸いです。
>荒馬宗介さま
私の落札した台本の話数はこちらのサイトに出ています。残念ながら深作欣二監督の作品はありませんが、6人体制時の作品は結構あります。

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d24809149

香港カラテ・・・など 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月15日(水)01時18分11秒

>木林森さん
 香港カラテ編はGメン名物でしたし、何と言っても倉田保昭さんのご尽力も感じられるような
 現地アクションスターの大量出演という本格派。香港映画にも勝るとも劣らない作風、
 水準が落ちないテーマなど見応えがありました。まずは香港編から・・というのも面白いです
 ね。

>ふじともさん
 『テレビジョンドラマ』掲載のスチールはおそらく第一回「連続ピストル強盗団」の合間に
 撮られたものだと思います。Gメンでも「ブリュッセル国際空港の女」で監督らしき方が
 登場されていますが見直してみたいと思います。(ブリュッセルのホテルのロビーで范文雀
 さんに言い寄る2人組の一人)

>荒馬宗介さん
 監督の鷹森立一氏ならびに池田雄一氏の降板理由は私もわかりません。東映内の人事異動
 なのでしょうか?池田雄一氏は後にスペシャルで復帰されましたね。

>速水涼子刑事さん
 藤田さん個展情報ありがとうございます。またお邪魔してみたいですね。
 香港入管情報も詳細ありがとうございます。私は今年の夏休みに行く予定です。
 もう一度新界地区を散策してみようかと思っています。香港は返還前、後と出入国スタンプ
 も変更ないですね。返還後行った時は本土同様(中華人民共和国公安部出入境管理局)かな?
 と思いましたが(香 HONGKONG 港)のままでした。

ファミ劇ロゴマークと、それによる「キイハンター」最終回の予測 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月15日(水)01時06分15秒

 毎度連続の書き込み、すみません。
 ファミ劇のロゴマークについて皆さんいろいろ思いがあると思います。私もできれば被らない方がいいと思っています。
 ところで、木林森さんのご指摘のように「西部警察」からロゴマークが変更されましたが、その他の番組では遅れて変更されました。「キイハンター」最終回は平成12年12月にファミ劇で初めて放映されましたが、そのときは変更前でした。実は私も赤覆面を取るシーンを待っていましたが、アンコール放送で旧式ロゴだったので諦めていたところ案の定でした。恐らく素材を借り直さず再利用したのでしょうね。

推察の域内ですが・・・・・・ほか 投稿者:速水涼子刑事  投稿日: 1月15日(水)00時47分44秒

>荒馬 宗介さん
 鷹森監督に関しては杞憂でしょう。と言いますのは、昨年11月に都内で開催された
藤田三保子さんの個展で、私は幸運にも鷹森令夫人にお目にかかることができたからです。
ご家族が大変な状況では、展覧会のようなハレの場へは顔を出されないと思うのですが・・・

 ついでと言っては何ですが、以下の催し物に藤田さんが出品されます。
「ねこ・ネコ・猫展」 1/21(火)〜1/28(火) 於 三越本店(日本橋)5Fリビングステージ
個人的には藤田さんの青い猫は、染め付けの洋食器のデザインに相応しいかな、と思って
ますので、絶好の会場だと感じます。

>KAJITA巡査さん
 香港の入管に関しては、返還前・後ほとんど変わっていません。私は返還ブームに沸いた
96年にも深セン(先日王ヘンと書きましたが、土ヘンですね)には行きましたが、その時も
今回も査証無しでは行かれませんでした。ただ、団体ツアーだと深セン特区内に関しては
旅行会社の用紙(メモ用紙の様でしたが)にツアー参加者名の一覧をパスポートコントロールに
提出することで、査証の代わりとしている様です。
一年程前に主人の深セン特区外(つまり中国本土)出張の際には通常の中国査証が必要で、
近くの旅行会社に手配を依頼した覚えがあります。
マカオには今回初めて行きましたが、往路は香港の出国カード・マカオの入国カード、復路は
逆の用紙を書かされました。

鷹森立一監督の近況!?など 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月14日(火)23時38分13秒

 一週間前、鷹森立一監督のことを書き込みましたが、先程まで日本テレビ系で放送されていた「監察医室生亜季子」シリーズ最新作でいつものように監督を務めておられました。ただ、私の杞憂ならばいいのですが、二時間ドラマはだいぶ後になってから放送されるケースもあり、深作監督のこともあり、お元気であれば…と、ふと考えてしまいました。ところで、鷹森監督が「Gメン75」第289話でもって降板されたのは、何か理由があったのでしょうか?時期は少しずれますが、脚本の池田雄一氏も、担当されなくなっていますよね…?どうしてなのかなあ?

合掌 投稿者:ふじとも  投稿日: 1月14日(火)19時18分11秒

 昨年、深作監督が癌であることを告白し、なおBR2の製作に
とりかかってらっしゃる姿をテレビで見かけました。完成をみる
ことなく亡くなられたのが残念です。
 今まで作品はそう多く見てる方ではないですが、大胆で迫力あ
り緊迫感あり娯楽要素もたっぷり、活劇という言葉が似合います。
 監督のお顔で私がすぐに思い出すのは『テレビジョンドラマ』
の中で「バーディ大作戦」の面々に囲まれて写っているお顔です。
監督の名前も知らないうちから楽しませてもらったんだなぁと改
めて感じます。
 心からご冥福をお祈り申し上げます。

ファミリー劇場マークについて。 投稿者:木林森  投稿日: 1月14日(火)00時15分38秒

>荒馬宗介さん
はじめまして。
ファミリー劇場のマーク挿入についての丁寧な解説をいただき、
ありがとうございます。
私の予想も、解説いただいたとおりでした。
かつて大学祭等でTV作品が上映されているのを見たとき、
いいのかな? と思ったことがあったので、
画面へのこういった挿入にはピンと来るものがありました。
このような、画面への言ってみれば「余計なもの」の挿入は、
東宝ビデオが、黒澤監督作品をビデオ化し始め、
怪獣映画のLDをリニューアルするようになった頃に
エンドマークにcopyright云々と焼き付けたのを見たのが初めてでした。
気持はわかるけど金返せ、という気分になったのを覚えています。
(現在発売中のDVDでは、いずれの作品にも一切余計なものは挿入されていません)

スカパー各局でも、全く入らない局(362・ホームドラマchなど)、
最初と最後、多くてももうひとつ中盤にはいるくらいの局
(ファミリー劇場、708・東映ch、718・時代劇専門chなど)、
全編マークがはいったままの局(285・skyAなど)、
とそれぞれですね。
Gメンが全編マークが入ったままの局での放送でなくてよかったと思っていますが、
その代わり、唐突に終わってしまう話でも、マークが入ったときに
「ここでラストだ」とわかってしまうのはとても残念です。
先日の#30に関しての書き込みでも、そういう意味で書きました。
ですが、#33で関屋警部補が倒れる瞬間にマークを外したのを
ファミリー劇場の良心だと受け取っています。
また、「西部警察」スタートあたり(平成12年10月だったと思います)で、
非情なラストに挿入されるのには辛いデザインのマークから
小ぶりな「ファミリー劇場」の文字に変わったのも、
よくぞ改善してくれたと思っています。

でも、いくら改善してくれても、やはりDVDで余計なものの入らない
「Gメン」を堪能したいですね。
売れ線を狙って「香港カラテselection」みたいな形から始めてもかまわないので
まずはDVD発売が実現しないかと願いつつ、失礼いたします。
(「香港カラテ」というタイトルが面白そうだったので見たかったけれども、
 親に「Gメンは子供の見る番組じゃない」と言って見せてもらえなかった私と

ご冥福をお祈り申し上げます 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月13日(月)21時08分23秒

>吹雪一郎さん
 昨晩の『キイハンター』最終回は深作欣二監督の悲報とともにかみ締めて拝見しました。
 丹波御大と雪村いずみさんが共演された「キイハンター皆殺し作戦」からも映像がピックアップ
 されてましたが深作欣二監督作品(3周年記念)でしたね。

>ボーリーさん
 今日の各ワイドショーでも悲報が取り上げられていましたが、映画のみならずドラマでも数々
 の演出をされ名作を手がけられたことも忘れられませんね。

>関屋二郎さん
 Gメンのみならず必殺シリーズなどでの演出も忘れられません。私たちに多くの作品を通して
 色々な夢を与えて下さった監督のご冥福をお祈りします。

>とらおさん
 Gメンでは「Gメン皆殺しの予告」が初の監督作品でしたね。この作品からレギュラーの
 劇中ナレーションが始まり新しい制作手法が定着したことも思い起こされます。
 犯人の社会に対する思いの”熱さ”は深作監督ならではの演出だったと思います。

>たぬさん
 はじめまして。珪一さんの仰る通りです。もし環境が許されればぜひファミリー劇場で
 お楽しみください。ちなみに19日はNo.41「白銀の現金輸送車襲撃事件」(北海道大雪山
 ロケ)No.42「殺人の条件」が放映されます。これからもどうぞよろしくお願いします。

>chetさん
 私も昨晩は複雑な思いで『キイハンター』最終回を拝見してました。『アイフル大作戦』から
 は佐藤純弥監督とともに構成を担当され、『バーディ大作戦』『Gメン75』『Gメン82』
 『スーパーポリス』・・と近藤照男氏のアクションドラマに深く携わられたことが思い起こされ
 ます。

>速水涼子刑事さん
 『宇宙からのメッセージ』も忘れられない作品ですね。昨晩、今日と私も深作監督の作品を
 思わずにはいられませんでした。

>木林森さん
 往年の巨匠や名優の訃報を知るにつけ、時の流れを感じずにはいられません。
 幼少の頃からご活躍を拝見していただけに残念でなりません。

>珪一さん
 突然の訃報で私も驚きました。心に残る作品は数有りますが、『バーディ大作戦』第一話の
 「連続ピストル強盗団」も忘れられません。スピーディなコマ割り、桜田と冴子の軽快な
 やりとり、クライマックスの大立ち回り・・などアクションの見せ方など深作監督ならでは
 の面白さでした。もう一度再放送で拝見したいです。

>荒馬宗介さん
 ロゴマークの詳細なご教授ありがとうございました。視聴者から見たら違和感があっても
 著作権などから考え、やむを得ない部分も確かにありますね。
 地上波ではなかなか再放送される機会に恵まれていませんし、CSでの再放送はCM抜きで
 基本的に予告編つき。本当に感謝しています。

昨日のキイハンター 投稿者:吹雪一郎  投稿日: 1月13日(月)19時54分18秒

昨日は、夜飲みに出てしまったので録画していたのを今日観ました。
しかし、261話の天本英世氏は、死神博士の雰囲気まんまでしたね。
たしか同時期に「仮面ライダー」で、死神博士をやられていた前後ですよね?
あと同じころ「プレイガール」にも出ていらっしゃいましたね。
最終回は赤い覆面を取るシーンはやはりカットされていましたね。
あとはまた再放送してくれることを願わずにはいられません。

ファミ劇での放映時にロゴマークが被ることについて 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月13日(月)14時14分12秒

 つづけての書き込み、話題が全く変わることをお詫びしつつ…
 >KAJITA巡査さん、こんにちは
 >木林森さん、はじめまして
 ファミ劇で放映される時にロゴマークが被ることについて、作品により被る時間が違ったり(「Gメン75」初期に30秒被ったことがありました)「キイハンター」では三回被ったことがあったため、だいぶ前に問い合わせたことがありますが、そのときの回答としては、
 @ 複製、つまり違法コピーおよびそれによる著作権侵害の防止の為
 A ファミ劇で放映します/しました、ということを知らせる為
というものでした。

私の印象に残る深作監督作品、など… 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月13日(月)13時42分39秒

 昨日の深作監督の訃報から一日経ちましたが、まだ残念な思いで一杯です。スポーツ紙のほか地元地方紙でも大きく取り上げられており、改めて監督の偉大さに敬服するばかりです。私の最も印象に残る監督の作品は『Gメン75』第85話「'77元旦デカ部屋ぶっ飛ぶ!」です。第20話同様、夫人の中原早苗さんの好演とラストが気に入っています。

 >シャーロック・ホームズさん
 落札された台本の中に深作監督作品(第16、20、85、354話、スペシャル)また6人体制編(第34〜104話)は含まれていますか?御多忙とは思いますが、もしお手元にありましたらご紹介ください。

本当に残念です 投稿者:珪一  投稿日: 1月13日(月)13時18分00秒

深作監督は2月に復帰!と新聞に出ていたので、少し安心しておりましたが、
本当に突然の訃報にショックでした。

Gメン75での監督は5本だったようですが、「Gメン皆殺しの予告」「長島対Gメン」、
「Gメン最終回」と、印象に強く残る作品があります。
最後は必ず完成させると言われた言葉を信じておりましたが、残念です。
心から御冥福をお祈りいたします。

>たぬさん
 >Gメンの再放送情報など知っていらしたら教えてください。
現在ファミリー劇場で再放送中です。
これはスカパーや、ケーブルテレビ等で見れます。
 (スカパーは衛星のため方角に制約があり、ケーブルの場合は地域によります)
現在は40話まで放映されています。
その他、157話まで放送されたレギュラー放送もありますが、これは現在中断しています  (判り難いかも知れませんが、要するに2つ放送されていました)

背番号3長島対Gメン! 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月13日(月)13時00分32秒

深作欣二監督・・・また一人、Gメン75の功労者が逝ってしまいました。残念でなりません。

私が深作監督のGメン75で一番印象的だったのは何と言っても第20話「背番号3長島対Gメン」です。それまでのGメンとはちょっと違い、ハードボイルドの中にもユーモラス感も含んだ、娯楽性に満ちた作品でした。あの浅間山荘事件のフィルムを見て「手ブレ映像の迫力」を見出した深作監督だけあって、躍動感ある動きの激しい演出が素晴らしかったです。そんな演出に原田大二郎さんと、犯人であり深作夫人の中原早苗さんの熱い演技もそれに答えていました。関屋と犯人とが激しい電話のやり取りの後、二人同時にガチャン!と電話を叩き切るシーンは迫力がありました。またモノローグで関屋が川谷拓三さんを射殺するシーンも、たった一発の銃弾であんな壮絶な死に方・・・まるで「仁義なき戦い」を思わせるようなシーンで、さすが「殺され役No1」の川谷さんらしい最期で、深作監督の作品に対する熱意が感じられまました。テレビドラマにもかかわらず、どこか映画的なスケールの大きさを感じさせる一編でした。

「寿命というものはどうしようもない。燃え尽きたら燃え尽きた時。精いっぱい出来ることをやっていきたい」とメガホンを握り、文字通り最後まで映画監督として燃え尽きた深作監督のご冥福を心からお祈りします


訂正です。 投稿者:木林森  投稿日: 1月13日(月)00時39分00秒

失礼しました。先の書き込みを、記憶が混乱したまま書いてしまいました。
「富岳百景」に出演していたのは、息子の子猫さんです。
いずれにしても、関係ある方なので驚いたのは確かでした。
その混乱を、今まで引きずっていたようです。

キイハンター最終回、そして。 投稿者:木林森  投稿日: 1月13日(月)00時34分27秒

ずいぶん前に「なつかしの番組特集」のような番組で放送された際
ラスト近くだけ観て、フルサイズ観たいなと思い続けていた
「キイハンター」最終回を観る機会を得ました。
またひとつ、念願が叶いました。スカパーさまさまです。

さて、最終回の放映日に深作監督が亡くなりました。
近年ではこの他にも、「新必殺からくり人」で
レギュラーの塩八が死亡する話が放送される日に
塩八を演じた古今亭志ん朝師匠が亡くなったり、
「必殺からくり人富岳百景殺し旅」放映中に、
出演者だった江戸屋猫八師匠が亡くなったりと、
番組に関連した方が亡くなることが続いており、
複雑な心境で観ることが多くなっています。
いずれも放映から時間が経っているとはいえ、
こんな偶然にはもう出会いたくありません…。

最終回 投稿者:chet  投稿日: 1月12日(日)23時53分11秒

今、最終回を見終えました。
キーハンターは解散しましたが、
後のGメンに受け継がれるのでしょうか?
深作監督の訃報と重なりましたが、
何故か悲しいラストでした。

数日前の夕刊では・・・ 投稿者:速水涼子刑事  投稿日: 1月12日(日)23時37分41秒

 深作監督が入院され、復帰までの一時的措置としてご子息が「BR2」の監督代行をされる、
と書かれていました。なので突然の訃報にただ驚いております。
氏の監督作品にはGメン以外でも親しんだものが多数あり、(特に「柳生一族の陰謀」と
「宇宙からのメッセージ」)ショックは隠せません。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

ショックです 投稿者:chet  投稿日: 1月12日(日)22時55分08秒

今HP見ました。
深作監督がなくなられたとは
本当にショックです。
監督がなくなられた日にキーハンター
の最終回とは
何という巡り合わせでしょうか 

初めまして 投稿者:たぬ  投稿日: 1月12日(日)22時54分32秒

初めての投稿です。Gメン75の大ファンなのですが、再放送もないよいうで、身近にファンもいず、いつも1人で思い出してなつかしんでいました。こんなHPがあるなんて知ってうれしいです。
私は、田口刑事が好きでした。田口刑事、今どうされているのか・・・って思っていると、既に
俳優を辞められたようで悲しい・・・。
田口刑事(千葉裕さん)が出された「モノローグ」という本も当時購入したかったのに、書店に
はなく、不完全燃焼です。
Gメンの再放送情報など知っていらしたら教えてください。
それと、田口刑事を囲む会なんて素敵なイベントがあったんですね。楽しく読ませていただき
ました。
突然の投稿すみません。

深作監督の訃報は残念です。心よりご冥福をお祈りします。

ああ、深作欣二監督 投稿者:とらお  投稿日: 1月12日(日)21時55分36秒

とても残念な知らせで残念でなりません。
全ての作品を拝見したわけではありませんが、数少ない好きな監督の一人が
亡くなった事に正直、ショックを受けています。
Gメンにおいては「#16 Gメン皆殺しの予告」が真っ先に思い出します。
あの独特の製作に対する”熱い”もの、社会に対する”熱い”もの、、、
いまなお私の心には残っています。
深作欣二監督に、心から御冥福をお祈りいたします。

残念です… 投稿者:関屋二郎  投稿日: 1月12日(日)19時37分34秒

深作欣二監督の訃報に、私もショックを受けております。
深作監督は、必殺シリーズ第1作『必殺仕掛人』の第1話と2話を演出しています。放送前の制作会議でも、「時代劇のヒーローは、クライマックスで何の罪も無い家臣もまとめて斬り殺しているが、それはおかしいんじゃないか。悪行の首謀者は、ほんの数人しかいないのだから。我々は<本当に悪い奴だけを殺す>時代劇を作っていこうよ」と提案されたそうです。
…必殺シリーズの精神を、見事に表現されているではありませんか!(第2作『必殺仕置人』では、中村主水のキャラクター設定も担当)。『キイハンター』や『Gメン’75』においても、深作監督が提示されたアイデアは、計り知れない程重要だったと思います。
男泣きに泣けるアクション映画『資金源強奪』『県警対組織暴力』『仁義の墓場』他多数。
そしてTV映画でも、近藤照男プロデュース作品をはじめ『傷だらけの天使』『影同心』『影の軍団U』と数多くの名作を手掛けてくださった深作監督に、心から御冥福をお祈りいたします。

(無題) 投稿者:ボーリー  投稿日: 1月12日(日)19時07分24秒

深作監督、年末には危篤状態だったが奇跡的な回復力で持ち直した・・
と聞いて少し安心して「BR2」の再開もたぶん大丈夫と思っていただけに残念です。
日本映画だけでなくテレビドラマにもおおきな足跡を残した監督。
ご冥福をお祈りいたします。

急な訃報で・・・・ 投稿者:吹雪一郎  投稿日: 1月12日(日)18時51分09秒

深作欣二監督の訃報を知ったのは、東京からの帰りの新幹線「はやて」の中でした。
電光掲示板のニュースで流れたのを見て驚きました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

ところで、今日でいよいよ「キイハンター」が終了してしまいますね。
今、観てる「グレートマザー物語」に、キハンターのオープニングがチラッと出ておりました。
キイハンターよ永遠に・・・・

深作欣二監督・・ 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月12日(日)16時07分43秒

>ボヘミアンさん
 皆様それぞれのGメン感をお伺いし作品の魅力を再認識させていただきました。ありがとう
 ございました。放映終了後20年が経ちますが、今も熱く語れる当時の作品群の水準の高さを
 改めてかみ締めています。

>木林森さん
 ラストシーンのスカパーのマーク。賛否両論ありますが私も違和感を覚えています。。(^^;)
 地上波再放送では放送局のマークはほとんど入らなかった(一部の地域では入ったと思います
 が)ので良かったのですが。作品の中に挿入する以外方法がないものでしょうか。

>ボーリーさん
 最近のドラマは予告編も力が入ってませんね。途中でスポンサーテロップを入れたりして、
 どの作品も同じような構成です。Gメンは予告編すらも独立した作品として楽しめたのですが。

>シャーロック・ホームズさん
 「野球場ナイター殺人事件」の検証楽しく拝見させていただきました。
 お忙しい中ありがとうございました。
 本編では実君が吊るされたのはコンテナ基地ですが、舞台を広がりのある港にすることで
 まだ伺い知ることができない心の闇を持った誘拐犯と緊迫した捜査を強いられるGメンたち
 との今後の死闘に期待感をつなげる効果が高まったと思います。
 ちなみに、仰る通りGメンでは前後編モノは1冊にまとめられていましたがキイハンターでは
 別々の冊子にわけられていたものもありましたね。(No.88〜89スパイ忠臣蔵 前後編)

>ロメロ警部さん
 ・不精ヒゲについての考察。スタッフの方にとっても神経を使われる部分でしょうね。
 「警視庁の中のスパイ」では丹波御大が散髪されスタッフも慌てられたようですが、シーンが
 若かった(前の方)だったため事なきを得たそうですね。
 (「原田大二郎はなぜ殺されたか」記載)

>chetさん
 いよいよ『キイハンター』は今晩が最終回ですね。久しぶりに9人全員揃いますので
 ぜひご覧下さい。今年もどうぞよろしくお願いします。

>荒馬宗介さん
 深作欣二監督情報ありがとうございます。本当に残念でなりません。『バトルロワイヤル2』
 も途中からご子息に監督をバトンタッチされたそうですが完成半ばにしてさぞ悔やまれたこと
 と思います。
 キイハンターをはじめGメン75、スーパーポリスでも構成を担当されるほど近藤照男氏の
 作品にもお力を注がれ、私も多くの夢をいただきました。ご冥福をお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。

御冥福をお祈り申し上げます 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月12日(日)12時00分29秒

 たった今、TBS系「アッコにおまかせ」でも、深作監督死去の速報を安東アナウンサーが伝えていました。私も、御冥福をお祈り申し上げます。
 因みに、テレビでは、そのあと例のGメン風コマーシャルが流れていました。

キーハンター 投稿者:chet  投稿日: 1月12日(日)11時37分23秒

こんばんわ。
今年もよろしくお願いします。

いよいよ今日で、キーハンターも最終回です。
伝説のラストシーンが見られるのを楽しみにしております。

台本は口ほどにものを言う 投稿者:ロメロ警部  投稿日: 1月12日(日)00時31分54秒

>シャーロック・ホームズさん
関屋殉職編に続いて、素敵なプレゼントをありがとうございます。
お忙しい中、恐縮しながらも興味深く拝見させていただきました。

・町田教授がGメンたちを詰問する場所
 確かに火葬場の方が、悲壮感が高められています。
 Gメンでは、しばしばお骨拾いのシーンが見られましたが、
 本放送時も現在も、何とも言えない後味の悪さを感じます。
・志村実少年の遊びの内容
 経営者とは言え、しがない町工場なので「鉄屑遊び」の方が
 より生活と密着しているように思えますが、
 野球の方が「せめて子供ぐらい好きな遊戯をさせてやりたい」という両親の愛情が
 実少年に注がれるような気がします。
 ゆえに、実少年の安否が切実なものとなり、臨場感が高められると思います。

・不精ヒゲについての考察
 なるほど、後ろからさかのぼって撮影されたという
 シャーロック・ホームズさんの推理に私も同意します。

 お体にお気をつけて。どうもありがとうございました。

モノローグ・1977年9月-連続誘拐事件・前編 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月11日(土)23時36分12秒

女の声
「同情だけなら誰だって出来るもの!ただ、本気になってあなたを助けようなんて殊勝な人は誰一人いやしないのよ!」
「どんなにくやしくたって、どんなに歯痒くったって、私の思いの儘にもてあそばれ   る・・それがあんた達親子の運命なのさ!」
                   
女の言葉に秘められた憎悪と哀しみ・・・前代未聞の「人質殺害」で幕を開けた連続誘拐事件。今回はこのシナリオの前編-第123話「野球場ナイター殺人事件」の検証です。昨日の書き込みを見てもこの作品のファンも多いので今日改めて見直してみました。「前編・後編」になっている脚本は2話で1冊になっていて、途中に黄色い紙のページがあってそこで仕切られています。シーンの番号は全て通しになっていて最終的に178シーンにも及びます。まずは「本編とシナリオの相違点」です。

>野球場での取引のシーンは本編では3塁側だが、シナリオでは1塁側になっている。

>本編では町田教授がGメン達を詰るシーンは火葬場になっているが、シナリオでは野球 場での死体発見現場になっていて、火葬場のシーンはない。

>シナリオには、澄代が歩行者天国で誘拐した恵美子を抱き抱えて歩いていくシーンがあ るが、本編ではワーゲンに恵美子を押し込むシーンになっている。

>シナリオには小田切の部屋に岡村婦警が恵美子ちゃんの捜索依頼の書類を持ってくるシ ーンがあるが、本編ではカットされている〔出演していない結城なほ子さんの名前がエ ンディングでクレジットされているのはその為と思われる〕

>本編には立花が小田切の公開捜査を反対するシーンがあるが、シナリオにはない。その 代わり黒木が立花に小田切の公開捜査案の意見を聞くシーンがある。

>本編では志村鉄工所の実君は野球をして遊んでいるが、シナリオではトンカチで鉄屑を
 叩いて遊んでいる。

>小田切が立花の後を追って犯人を追跡するシーンで、シナリオでは小田切がGメンビル の前から車に乗り込むシーンがあるが、本編にはない〔シナリオには「Gメン本部・  表」というシーンが「走っている車の中」にボールペンで訂正されている〕ちなみに
 シナリオの段階では犯人の車はワーゲンになっておらず「××」と伏字になっている。

>本編では実君が吊るされていたのはコンテナ基地のクレーンだが、シナリオではビルの 工事現場になっている。

>本編では子供をクレーンから降ろすのは立花と中屋が自分達の手でロープを引くが、シ ナリオではクレーンはリモコンになっていて、立花が操作して降ろしている。

前編はとにかく事件の悲壮感や緊迫感を高める事にウエイトを置かれていて、火葬場で殺された娘の骨を拾うシーンや立花が小田切の公開捜査案に反対するシーン、さらに立花が体を張って子供をクレーンから降ろすようにシーンが追加、変更されています。とは言え、脚本の段階でも完成度が極めて高いため、大きな変更はされてません〔むしろ関屋殉職編のようにあれだけ手を加えられる方が珍しい〕

残念ながら今回のシナリオには撮影日のメモ書きが少なく、撮影順番を探ることが出来ませんが、こんな面白い発見もありました。Gメンたちが水野家にガス会社に化けて潜入するシーンと、数日後犯人から連絡もなくじっと電話の前で耐えている水野と和枝のシーンは同じ日〜8月27日に撮影されています。ここで気になるのがこの記述です。

「無精ヒゲが目立っている水野」

確かに後者のシーンの西沢利明さんには不精ヒゲが生えています。しかし同じ日に撮ったとなると実際の時間の順番ではヒゲは生えて来ません。つまりあのシーンは実際とは逆に憔悴しきったシーンを先に撮影し、ヒゲを剃ってから最初のシーンを撮影したのではと思います。普通の人は「クランクインしてからヒゲを剃らずに伸ばし続ける」と思いがちですが、もし撮影日程の間にヒゲが伸びなかったら台無しです。つまりシナリオに「無精ヒゲ」という記述があった時点から役者さんはヒゲを伸ばし始めるのでしょう。それで思い出すのが第35話「豚箱の中の刑事」の山田刑事です。過剰防衛の容疑で投獄され、黒木の計らいで出獄し捜査にあたる山田刑事には無精ヒゲが伸びています。これを先ほどの法則に当てはめると、出獄してからのシーンを先に撮影し、後からヒゲを剃って前半部を撮影したのではないかと思います。もちろん、撮影日程や役者さんのヒゲの生え具合によっては順番どおりに撮影されるのかもしれませんが。

さて次回は「後編」の検証ですが、実は当方明日から泊まり勤務なので次回のシナリオ検証の書き込みは火曜日になります。しばらくお待ち下さい。

>ロメロ警部さま
いちばん悪いのはチンピラ3人組だぁ・・・まさにその通りです。恐れ入りました!しかしこれに関する事項も後半に出てきますのでご期待下さい。

EDの余韻 投稿者:ボーリー  投稿日: 1月11日(土)22時19分27秒

何度かEDの余韻について書かれていましたが、
最近のドラマは後日談やらなんやらでかなりクドイ終わり方でEDというのが多い・・と、
ひどい時には最終回・7分延長!とか15分延長!なんて具合で、Gメンを観ていてホントに
時間内に解決するのか?と観ていて心配になったりして。
「面影」「追想」「遥かな旅路」の余韻のある感じが好きでした。

つづいて、私のGメン感です。 投稿者:木林森  投稿日: 1月11日(土)18時57分22秒

ボヘミアンさんにつづいて、私もGメン感について書かせていただきます。
「画面に映っている事実が全てで、正面から受け止めるしかない。
ただし、画面は『言わなければならないこと』だけしか語らない」
こういうことになると思います。

たとえ罪のない人でも死ぬときもあるし、
悪党を助けたり釈放したりしなければならないこともある。
これをGメンは正面から受け止めるしかないですし、視聴者もしかり。
ただ、自分(視聴者)が非情な「事実」を突きつけられたときの呆然とした状態や、
やりきれない感情までも快感のように思わせる作劇がGメンのうまさだと思います。
そこに至る緊張した展開があってこそですね。
そして、必要以上には語らないままそのエピソードは終了する…。
「面影」「追想」は、本編の余韻に充分浸らせてくれるEDですね(特にイントロ)。
「道」は、非情なラストの後でなんだか間延びしたイントロがかかっている気がして、
EDとしては好きではないんです。歌としては好きなんですが。
「レクイエム」以降は画面を観たことがないので、どんな想いを抱くか楽しみです。

いつも、私は本編を「これからどうなるんだろう」とだけ思って観ているんです。
「この人は死んじゃうだろうな」とか、もちろん予想はしますけれども。
一例を挙げると(この回を観て、自分のGメンの見方がわかった気がします)、
#30で、海に人形を流して無事を祈った女の子のことは「けなげだなあ」と思うくらいで、
むしろ考えていたのは「あの二人は、あの状態の海からあの舟で帰って来られるかな?
おそらくは行き着く前に死んじゃうんじゃないかな? この後どうなるんだろう」
ということでした。帰ってきてほしい、じゃなくて、可能か不可能か。
ただ、事実を追いかけてるだけなんです。
他のドラマを観ているときならば、「あの娘が人形を流してくれたんだ、
きっと助かるよ」ぐらいのことを考えるかもしれないのですが。
人形がようやく流れたところで終わってしまったとき、「やられた!」と思いました。
舟が出てから時間が経っていましたが、二人は全く映らないまま終わってしまったので。
スカパーのマークが出なければ、さらにインパクト強かっただろうに…。

「救いのなさ」について言えば、画面=展開にのめり込めれば、救いがあってもなくても、
どちらでもいいと思っています。

うまく伝わるように言葉にできたかわかりませんが、以上にて失礼します。
本当に、人それぞれですよね。皆様の「Gメン感」も聞かせていただければ幸いです。

(蛇足)「そのときそのときの画面が事実である」と考えていますので、
フルネームが以前と違う刑事がいるとか、#145でGメンの設立時期がおかしいとか、
そういうことも矛盾としてではなく、「目の前の画面が今の真実だ」と思っています。
口にするほどのことではないのですが。

私のGメン感 投稿者:ボヘミアン  投稿日: 1月11日(土)13時10分55秒

みなさんこんにちは。
先日の雅代生死議論では皆さんと解釈の仕方が異なってしまいましたが、結論については視聴者の感性にゆだねられると言う事でこれ以上は私も申し上げません。
ただ、私にとってのGメン感は「救いがあってはならない」ということに尽きます。
「犯罪を犯していない人」までもが救われずに死んでしまい、「本当は悪くない人、根は善良な人」が犯罪を犯さざる負えなくなり、それを逮捕する事でしか救ってやれないGメンの苦悩、時には非情な捜査のあまりGメンが「悪」として描かれる場合もある、これこそが私にとっての「Gメン的世界」であります。


多くの方は関屋警部補の死を「市民をまもるため自身を犠牲にして散って行った」ことの美学で捉えられていらっしゃると思いますが、主人公・関屋の死をもってしても雅代が死んでしまった事の本当の意味での救いのなさこそが私のGメン感であります。
関屋の死は決して美化される必要はないと思っております。絶対的ヒーローが無様に死んでしまう方が私は好きです。(33話の殉職は決して無様ではありませんが)

恐らく多くの方はあそこで雅代に助かって欲しいと思い、Gメンの非情な世界にも「救い」を求めていたのではないでしょうか?
私は少数派かも知れませんが「Gメンに救いはあってはならない」という持論ですので雅代は死ぬべきであったと考えております。(もちろんGメンの中だけの話で現実だったら助かって欲しいですが・・・)

余談ですがGメンで最高の救いのなさは2度目の欧州ロケのラスト、犯罪者である田口文夫のみならず、法に触れる事は一切していないその恋人(島かおり演)までも死んでしまう、あのドラゴアのシーンだと思っております。あそこで田口のみがテロリストに撃たれ、女性は間一髪黒木警視のテロリスト射殺で救われるという安っぽい救いがあったら欧州ロケはあんなに傑作にはならなかったと思います。




この愚文は自分の主観であり、皆さんに考えを押し付けるつもりは毛頭ありません。10人いれば10人それぞれの「Gメン感」があると思います。救いが必要とのお考えの方を否定するつもりも決してありません。不快に感じた方がいらっしゃいましたら深くお詫び申し上げます。

Gメンならではの魅力 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月11日(土)05時30分16秒

>WOMEN'72さん
 まだ寒い日が続きますがお大事になさって下さい。私も年末にやられまして仕事の多忙さと
 忘年会に重なり参りました。(^^;)本年もどうぞよろしくお願いいたします。

>荒馬宗介さん
 雅代さんの生死は色々なご意見が交わされ改めてGメンの奥深さを感じさせていただきました。
 他の刑事ドラマと一線を画する制作手法は当時も今も魅せられますね。

>シャーロック・ホームズさん
 「突き放す美学」、これはGメンならではの手法だと思います。当時は刑事ドラマが毎日1本
 どこかで放映されていましたが、それぞれの制作スタンスがありどの作品も味がありました。
 その中で事実をありのまま描写し視聴者へ問題提起するGメンの手法は当時最も酔いしれた
 ものでした。

>ロメロ警部さん
 余韻を感じながらエンディングテーマをかみ締める・・、現代のドラマでは見られなくなった
 映画的な作風に当時の制作スタッフのこだわりが感じられます。
 Gメンの主題歌「面影」EPレコードのジャケットに”テレビ映画”と記されていますが
 この表現に私は大きな意味を感じたものです。(TVドラマに対する当時の表現だったかも
 しれませんが^^;)

>セツ子さん
 「関屋のテーマ」はライトタッチなアレンジのものもありましたが、やはり郵便配達員が
 遊佐である!と断定し走り出した関屋警部補に被せられたこの曲が最高ですね。
 ミュージックファイルに収録されていなかったのは残念で仕方ありませんでした。
 間奏も胸躍りますね。

 「連続誘拐事件」前後編では様々な問題を考えさせてくれましたが、あの極限状態の電車内に
 自分が居合わせたらどんな行動をとったのだろうか・・と放送当時悩んだものでした。
 今も勤務先から帰宅する時、車内でふと前後編を思い出します。

この迫力こそGメンですね!! 投稿者:セツ子  投稿日: 1月11日(土)00時53分38秒

>シャーロックホームズさん
 123〜4話、連続誘拐シリーズは本放送時、最も印象に残った作品のひとつです。
当時小学生でしたが前半はただもう恐ろしく、しかもこの日に限っていつも一緒に見てる父親も弟もおらず、一人で姿の見えない犯人の不気味さに怯えてました...(T T)
後半は、殺された被害者のみならずその家族の悲惨なその後、娘を見殺しにされた犯人の激しい憎悪、そして必死に事件に食らいついてくGメンたちの姿・・・もう画面から片時も目を離せませんでした。
 ラスト、すべての思いに決着をつけるかのように闇の中、ヘッドライトがいっせいに照らされた瞬間、もう・・・鳥肌が立ってしまいました!!
 電車の中で女の子を殺したチンピラどもは文句なしに「悪!」ですが(^^;)、被害者の親たち、そして犯人のことはあれから4半世紀たった今もなんと言ってよいのか、私自身の答を出せずにいます・・・。
 もし、そのチンピラどもを惨殺したのならば、「ある種の勧善懲悪」かな・・と犯人に同調したと思いますが・・
 ロメロ警部さん、私も彼らが一番悪いと思ってますよ・・、 今も当時も・・・(笑)
 被害者の家族、犯人、そしてGメンたちそれぞれの理屈で割り切れない思いが激しくぶつかり合い、それを通して不条理な現実をリアルに訴えかけてくる気迫がドラマ全体から感じられました。
 このすさまじさに魅かれて、早25年以上・・・今もこちらで皆さまと語り合うのが楽しみになってる次第です!

>関屋警部補さま
 私も昨年落ち込んだときに「関屋のテーマ」、そして原田さんの熱い演技に励ましていただきました。 今後158話再開とともに黒谷町シリーズをはじめとする後期の名作も楽しみですが、関屋警部補のあの雄姿は私たちファンにとって永遠の思い出ですね!
 どうぞ本年もよろしくお願いします。
 

いろいろ考えてみたのですが 投稿者:ロメロ警部  投稿日: 1月10日(金)23時18分07秒

>Gメンにはある種の「突き放す美学」
すなわちカタルシス性があり、それによって独特の余韻が残りますよね。
それが私がGメンを愛する理由の、大きな部分であることを認めます。
ただしあくまで私見(あるいは素人目)ですが、
33話のラストは、とてつもなく大きな存在である関屋警部補の「死」によって
強固なカタルシスが生まれています。
ゆえに雅代の「死」が重なると複雑化あるいはピンボケになり、
それは必然的ではないような気がします。

>ボヘミアンさん
お気を悪くなさらないでください。

>シャーロック・ホームズさん
いちばん悪いのはチンピラ3人組だぁ・・・バカなことを言ってすみません。
この作品、後編の方はあまり人気ないみたいですが、私は好きです。
仰るようにやりきれない結末を迎えるのですが、崩れ落ちる大村澄子のセリフの末尾に
一抹の救いが感じられました。
そしてトランペット・ソロのテーマが流れ、小田切警視のモノローグが。
なかなかの名作だと思います。

突き放す美学 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月10日(金)22時41分20秒

>荒馬宗介さま
Gメンには人質が殺される、あるいは生命的以外にも救われないケースが結構ありました。第6話「コルト自動小銃1911A1」では留学生キムが自分の家族を殺されたベトナム国家警察長官・グエンに復讐を誓います。響刑事が彼の恋人を説得し、復讐を止める為に宿泊先のホテルに駆けつけますが、非情にも圭子の目の前で彼の銃弾はグエンとその妻を貫いてしまい、周りにいた人間が全て呆然となってしまったラストシーンは印象的です。今までの刑事物なら彼を説得して復讐を思い止まらせるのが普通ですが、見方を変えれば「キムは復讐をやり遂げた」わけですからある種の「勧善懲悪」は成立しているのです。これをどのように見るかは視聴者の判断という訳で、これこそGメンならではの作風でしょう。

それから第123〜124話の「連続誘拐事件シリーズ」でも冒頭でいきなり最初の人質が殺されてしまいます。これが捜査側、被害者側に大きな影となってのしかかり、最後に犯人を捕まえても失われた生命は戻ってこない・・・という後ろめたさを残す事になりました。さらに犯人の子供が電車の中で見殺しにされた事が誘拐の動機となって現われ、いったい誰が本当の悪なのか・・犯人か、共犯者か、被害者か・・と考えさせるような作品でした。後に「特捜最前線」の誘拐シリーズでも冒頭で誘拐された子供が殺されるという作品があり、これも素晴らしい出来でした。

このようにGメンにはある種の「突き放す美学」というものがあります。つまらない同情はしない、現実の不条理をありのままに描き、視聴者に訴え、判断を委ねる・・このような作風があの「雅代の生死」の話になったのだと思います。他の刑事ドラマなら無条件で「助かっている」シーンですからね・・・

「Gメン75」のパターン…ラストで死ぬか助かるか? 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月10日(金)22時03分03秒

 第33話の雅代さんの生死で多くの意見が出ましたが、私も、助かったと捉えています。それは、皆さんが述べておられる点に加えて、以下のような、私の大雑把な考察によるからです。
 それは、ラストで死ぬ人は、少なくとも初期の作品では、一応、法に触れるようなことをした人と警察官が殆どだからです。前者の例は、第1話の朝倉節子、第36話の岡本正彦…、後者の例は、第4話の紅林刑事、第9話の犬養刑事、第22話の志賀刑事、第28話の仁科刑事…、また、第13話の鷲見もそうです。ただ、助かった人にも悪人がいますし、例外もあると思いますが…。(詰めが甘くてすみません。)

もう10日経ちましたが・・・ 投稿者:WOMEN '72  投稿日: 1月10日(金)01時24分22秒

明けましておめでとうございます(遅くなりまして申し訳ありません)
元旦からいきなり、今冬2度目のインフルエンザ(?)にかかり断食、2日は高熱にうなされていました。食べ物のCMを見るのが嫌でTVも観ず、ひたすら眠り続けたツラ〜い三が日でした。年の始めに出端をくじかれた形で何もする気がせず、パソコンを開くのも遅くなってしまいましたが・・・

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。今年も皆様の貴重な情報、頼りにしております。

こんな状態だったので、私は今のところGメン関連の情報は持ち合わせていませんが、とりあえず御挨拶だけでお許し下さい。

香港のお話など拝見すると、ますます「Gメン75」レギュラー放送への思いが募ってまいります。初詣も未だなので、第158話以降の放送再開を是非是非祈願したいと思います(もう神頼みしかない・・・)

若き黒木ボス&結城? 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月10日(金)00時20分08秒

>ひろさん
 『キイハンター』は制作スタッフ側にとっても様々なジャンルにトライできる面白い現場
 だったようですね。
 また、黒スーツ黒ソフト帽姿の黒木ボスが颯爽と登場するシーンやアダルトな魅力が炸裂する
 小田切さんの活躍はGメンの黒木ボス、結城警視正の若き捜査員時代を想像しながら楽しめ
 ました。黒木ボスのダイナミックなキックやチョップも今では貴重なシーンですね。

キイハンターとGメン香港編 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月10日(金)00時06分05秒

>シャーロック・ホームズさん
 私にとっての『キイハンター』は何でもアリの不思議な世界を楽しませてくれた作品でした。
 ほとんどの映画のジャンルが凝縮されてましたし、後にも先にもこんな作品は記憶にあり
 ません。次に何が登場するか、予告編が楽しみでしたね。正しく週末の夜にふさわしい
 エンタテインメントに徹した雰囲気がありました。アクション編も然ることながら、時折
 登場する洋館サスペンスモノに胸躍らせてた幼少期が思い起こされます。
 国際的な視野に立ったストーリーも面白かったですね。

>吹雪一郎さん
 今度再放送される時はぜひモノクロ編から放送していただきたいですね。川口浩さん加入編
 のスカイダイビングアクション「パラシュート殺人部隊」や初の海外ロケ占領下の沖縄編、
 村岡&啓子のアベック捜査モノなど見所の多い作品がありましたね。初期の本格ハードボイ
 ルド作品は『Gメン75』に繋がる雰囲気がありました。

>速水涼子刑事さん
 深センもミニ香港化したような高層ビルが建ちつつありますね。香港と深センは今では同じ中国
 ですが深センへ入る国境では中国査証が必要でした。(97年)
 マカオへは行かれました?あそこもGメンのロケ時代より高層ビルが増えてきましたね。
 何と言ってもタイパ島、コロアネ島が徐々に陸続きのようになって行くのには驚きました。
 モンテの砦に通じる坂道を行くと、ランニングシャツ姿の揚斯さんが出てきそうで
 たまりませんでした。(注:南シナ海の殺し屋)

>ふじともさん
 Gメンの香港編では「香港カラテ対Gメン」以降、新界地区でのロケが増えてきましたね。
 他の刑事ドラマの香港ロケ編と比較して、ロケ地選定においても倉田保昭さんのこだわりが
 感じられます。そういえば九龍側のネイザンロード沿いにイスラム教のモスクがあります。
 斜め向かいに「南シナ海の殺し屋」「マカオの殺し屋」でおなじみの明子さん(風吹ジュン
 さん)が勤めていた診療所の建物がありますが、今は幼稚園になっていました。(02年)

気楽に行こうよ。我が道を。 投稿者:ひろ  投稿日: 1月 9日(木)23時25分43秒

 シャーロック・ホームズさん。
 
 確かに、言われるとおりですね。末期にはどうしてもしんみり<ードが出ますが、『キイハンター』の放映リストにはそれは希薄な感がしますね。
 サブタイトルを見ても、喜劇・サイコロGメン・怪奇・ハードボイルド、そして児童もの(?!/#252)・・・。本当に、自由に制作できた環境だったのでしょうね・・・。それが、名作たる所以でしょうね(芥川降行氏もいい事を言われましたね)。

 ホームズさん&吹雪一郎さん。ちなみに私は、『キイハンター』#128放映の日に生まれました(まだ『ザ・ガードマン』もやっていましたね)。それだけに、本放送時の『キイハンター』〜『大作戦』2部作の記憶はありません・・・。

 ファミ劇の方は終わりだそうですが、節目の2003年には何か動きがあるといいですね。全262話か・・・。DVD化だと、大変そうですね(全話やってほしいけど)・・・。

昔の粉嶺 投稿者:ふじとも  投稿日: 1月 9日(木)17時25分41秒

速水涼子刑事さん
 明けましてあめでとうございます。
 香港コネクションの捜査おつかれさまでした!!今や新界地区も住宅地
化し、アジトも転々としているのでしょう(^^)
 私は83年に初めて訪港したときに、現地在住の親戚に新界地区にドラ
イブに連れて行ってもらいました。一番の目当ては、倉田さんも所属して
いた映画会社「ショウ・ブラザーズ」の建物を見ることで、その後中国と
の国境展望台がある所まで行きました。その途中で粉嶺を通ったのです。
車中見学(^^;)なので廟まではわかりませんでしたが、当時はまだまだ田
舎、高層ビルなんてとんでもないようなのどかな田園風景でした。香港と
いうより中国の田舎、っていう感じでした。市内を走る2階建バスも見かけ
ませんでした。
 大都市・九龍から獅子山のトンネルを越えると、すぐの沙田という所で
もいきなり田舎になって、ものすごい差がありましたよ。

粉嶺と丹波ボス 投稿者:速水涼子刑事  投稿日: 1月 9日(木)15時53分36秒

>KAJITA巡査さん
 粉嶺って、かなり国境寄りですよね。実は今回、深セン(王へんに川の、センという字は
どうやっても変換不可能)までバスツアーに乗ったので、高速道路から粉嶺の駅は見ました。
新界地区って駅の周りだけやけに高層アパート群が目立ちますね。

>荒馬宗介さん
 丹波ボス、6日の「水戸黄門」にもご出演だったようですね。この日の朝、香港のホテルにて
日本の新聞及びTV欄を見て「夜8:00までに帰宅したい!」と思いましたが、成田着20:00の
身の上でしたので、非常に悔しい思いをしました。
年末年始不在だから、とTV番組誌を購入・番組チェックを怠ったのは大失敗でしたね。

キイハンターは永久に不滅ですっ! 投稿者:吹雪一郎  投稿日: 1月 9日(木)12時15分29秒

ついにあと1回で終ってしまいますねぇ。
キイハンターが終了した時は私はまだ生まれておりませんでした。
生まれた頃は「アイフル」が始まっていた頃です。
ただ、パーフェクTVを付けたのが昨年春でしたのでキイハンターは200話をとっくに過ぎておりました。また再放送してほしいです。でもDVD化されたら膨大な枚数になりそうです。カラー編だけでも二年ちょっと分ありますので・・・・

あとキイハンターの小道具についてですが、殆ど電着のブローニング1910で
撃っても撃っても弾無くなんないんですね、でも小田切さんはたまにガバメントを
とかってました。こちらもなかなか弾切れしない電着ですが・・・

キイハンターの終焉 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 8日(水)23時58分40秒

Gメンの関屋殉職編で盛り上がりましたが、考えてみると次回の放送でキイハンターが終わってしまうんですね。ファミリー劇場が開局した頃から長期に渡り放映されていたキイハンターがレギュラー放送・リピート放送共にひとまず終了になるのですから感慨深いものがあります。そうなるとキイハンターが今後どのような展開を見せるのかが注目です。モノクロ編の放送が始まるのか、ファミ劇を離れて別の局で再び放送されるのか、はたまたDVD化もあるのか注目したいと思います。
それはさておき、30年前にキイハンターは何故終了したのでしょうか?Gメンや特捜最前線、太陽にほえろ!などは作風や番組の状況などから「これは終わるな」という予感があったのですが、毎回毎回あらゆる作風で様々な表情を見せてくれたキイハンターにはそういったものが見えてこないのです。私はリアルタイム時の事が分からない〔番組終了時は
4歳!〕ので当時を知る方がいらっしゃったら是非教えてください。
私が印象に残っているのは「さらば眺望遠銃の標的」の翌週に放送された「がい骨は赤と緑のパンツが大好き!」です。前の週の「さらば〜」はあんなにシリアスな内容だったのにこの「がい骨は〜」のマヌケぶりに唖然としてしまいました。劇中の芥川隆行さんのナレーションに「電気紙芝居キイハンター」というナレーションがありましたが、まさにキイハンターは東映が作り出した偉大なる電気紙芝居だったと思います。

粉嶺の廟 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 8日(水)23時38分29秒

>速水涼子刑事さん
 香港コネクションとの死闘、お疲れ様でした。張雲龍の助っ人は要りませんでした?(^^;)
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 ところで粉嶺ですが、九広鉄道に乗って新界地区へ入り中国広東省国境方面へ向かう途中に
 あります。最後に行ったのは93年ですが、既に駅周辺は高層マンションが濫立していて
 Gメン放送時ののんびりした雰囲気は駅周辺の丘などにはありませんでした。
 おなじみの山頂にある『粉嶺の廟』は探したのですが、未発見です。いつかまた行ってみたい
 です。
 ちなみに「Gメン対世界最強の香港カラテPART2」クライマックスの廃工場があった
 九龍東側の湾にある『将軍襖』は既に団地になっていました。

>ボーリーさん
 「魚の戦争」は撮影当時、地元ラジオでも大きく取り上げられたそうですね。
 海上保安庁の巡視船による壮大なクライマックスも忘れられません。
 80年頃の学生時代、境港まで行ったとき弓ヶ浜などロケ地巡りもしたことを思い
 出しました。(^^)

>荒馬宗介さん
 鷹森立一監督はNo.289「裸の女囚たち」が最後でGメンを降板されましたが、
 毎回その2時間作品でお名前を拝見し嬉しく思ったものです。
 次回作でまたご活躍されることを楽しみにしたいですね。

丹波ボスの近況!?/鷹森立一監督は? 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月 8日(水)22時31分59秒

 今、盛り上がっている事柄とは無関係であること、近藤照男プロデュース作品とも無関係であること、そして、はからずも再び丹波ボスの話題になったことを御了承ください。
 昨日、日本テレビ系列にて「弁護士高林鮎子」シリーズの最新作が放送されました。何を隠そう、「Gメン75」で私がすっかりファンになった丹波ボスもレギュラーということで毎回みています。いつもと変わらぬ演技でした。因みに、このシリーズでは殆どの作品で、関屋警部補殉職編も担当された鷹森立一氏が監督を務めておられるのですが、昨日分では、違う方が監督でした。

未見エピソード発見 投稿者:ボーリー  投稿日: 1月 8日(水)19時26分47秒

関屋警部補殉職編のエピソードや小道具・ロケ地情報とものすごい事になってますね(笑)
年末年始、それほど休みがありませんでしたがヒマを見つけては未整理のビデオを観てました。
未見だったGメンも発見できてちょっとうれしかったりして。録画を頼んでいた人間がえらいアバウトだったもので・・
「ピストル市場」「死刑実験室」「魚の戦争」を観る事ができました。
特に「魚の戦争」はロケ地も合間って画面に釘付けでした。
速水涼子刑事さま、香港捜査とはうらやましいです。

i Pro'spero An~o Nuevo! 投稿者:速水涼子刑事  投稿日: 1月 8日(水)16時45分48秒

・・・という題名よりも「寒中見舞」の時季になってしまいましたね。(気がついたら
松の内が過ぎていた)本年も宜しくお願い致します。

 年末年始は香港などへ出向き、香港コネクション撲滅のために動き回っておりました(笑)。
香港仔にて、水上タクシーに乗り、速水刑事・小田切警視ご対面シーンに思いを馳せたり、
中環の香港警察の前を通ったり(見学はしていません)・・・・・・
子連れの香港は亜子ちゃん姉妹を香港コネクションから庇う吹雪刑事の気分でした。
いつか粉嶺の廟を訪れてみたいのですが、粉嶺って、地図で凡その場所は判るけれど、
ガイドブックには載ってないんですよね。どなたか、行かれたことありますか?

 年越しした某国(香港ではない)のホテルは、インターネットが無料だったので、時々
こちらへも訪問可能でした。URLはメモっていなかったのですが、その国のYAHOOから
YAHOO JAPANに飛び、日本語入力は出来なかったので、「G 75」と入れたら、ちゃんと
辿り着けました。日本語が文字化けせず見られたので、感動モノでした!
(自宅でYAHOO SPAINを出すとn~の字が文字化けするから、不安でした)

小道具 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 8日(水)00時32分49秒

>吹雪一郎さん、シャーロック・ホームズさん
 小道具は当初予定されていたものと撮影時点では変わることも考えられますので、おそらく
 モーゼルが手に入らなかったか急遽変更された可能性もあります。
 
>吹雪一郎さん
 警察拳銃等のことはあまり詳しくありませんが『太陽にほえろ!』ドック刑事使用で
 イメージがつかめました。詳細な解説ありがとうございました。
 そういえば吹雪杏子刑事が登場したときもニューナンブとは異なった拳銃でしたね。

関屋警部補編 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 8日(水)00時16分22秒

>木林森さん
 携帯電話がある現代では作品の展開も異なってくるでしょうね。No.1「エアポート捜査線」
 ではモノレールの車内で響刑事が大きな無線機のアンテナを伸ばしながら交信するシーン
 がありましたが当時ではあまりにも目立ちすぎますし、だからこそ北斗(寺田農さん)
 にみつかった時の緊迫度が感じられたものです。
 『バーディ大作戦』No.43「電話で人を殺す方法」では大家が電話を取り次がなかった
 ばかりに・・という事件が題材でしたが、時の流れを感じずにはいられません。
 
 関屋警部補は仰る通りいつもと変わらない捜査でしたね。常に身体を張って悪党と死闘
 を展開してきただけに常に殉職の危険はあったと私も思います。
 全力でぶつかり、結果たまたま殉職してしまった・・という感じを放送当時も思いました。
 原田さんが完全燃焼しながら演じた関屋警部補と全力疾走の関屋警部補のキャラクター
 がマッチしたからこそ短い出演期間であっても強烈なインパクトを視聴者に残したのだと
 思います。
 関屋編は番組初期ゆえ、その後のGメンとは作風もやや異なりますが、未だに印象的な
 シリーズとして心に焼き付いています。

>吹雪一郎さん
 雅代さんの室内もすさまじいシーンでしたね。「原田大二郎はなぜ殺されたか?」記事に
 よると、室内ロケをするのに日本住宅公団(現:都市基盤整備公団)とまる3日交渉された
 そうです。スタッフのご親族が住んでいらっしゃったのでうまく借りられたと記されて
 います。

>シャーロック・ホームズさん
 27年経っても現場スタッフや出演者にとっては今も印象的な作品かと思われます。
 原田大二郎さんや溝口舜亮さんにお会いできたらぜひとも33話の裏話等もお尋ね
 してみたいですね。
 当時の撮影に偶然出遭った団地にお住まいの方々が羨ましいです。(^^;)
 ちなみに2年前になりますが関屋警部補殉職ロケ地見学を行い、撮影現場となった
 団地棟をGメンファン数名で観て歩いたことがありました。雰囲気は当時と大きく変わっては
 いませんでしたね。

続.遊佐の拳銃など 投稿者:吹雪一郎  投稿日: 1月 7日(火)23時20分20秒

>シャーロック・ホームズさま
遊佐の拳銃ですが「ルガーP08・8インチ・ランゲラウフ」というのが正式名称のようです。
銃身の後部にタンジェントサイトが付いているのでたぶん間違いないかと・・・・
劇中モーゼルと呼ばれておりますがモーゼルは全く別の形の拳銃であります。

あと昨日ニュースで見たのですが、年頭の警察の装備点検の模様が映っておりまして、
おまわりさんがホルスターから拳銃を抜いたのを見てびっくり!今までのニューナンブM60のリボルバーを携帯しているおまわりさんの他に、S&Wのステンレスのオートマチックを携帯しているおまわりさんが映っていたのです。おお!ついに・・・と思いつつ驚いておりました。
S&Wのオートと言えば「太陽にほえろ」でドック刑事こと神田正輝氏が使用していたS&WM59のシルバーフレームモデルが有名です。あと、「警視庁捜査第8班ゴリラ」の風間刑事役の時も初期にM59のオールシルバーモデルを使用しておりました。また、「月曜ミステリー劇場」で犯人役をやられた時も同じ銃を使用しておりました。よほどM59と縁のある方のようで・・・以上です。

郵便配達員の謎 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 7日(火)20時04分00秒

>KAJITA巡査さま
「平凡スタア」の記事掲載ありがとうございました。当方の台本と合わせて大変参考になりました。私もノベルスを持ってるので写真を見てみましたが「う〜ん、これはどちらとも〔本人とも替え玉とも〕取れるなぁ」といった感じです。撮影日メモを見ると関屋の最期が撮影された12月19日に「マンションの階段を登る遊佐のシーン」の撮影がありましたが、これはロングショットなので溝口さん本人でない可能性があります。逆に12月20日の屋上での遊佐のシーンは入念に撮影されているので「遊佐発砲」のシーンもその時一緒に撮られたのではと考えたのですが、これらの推測を大きく揺るがすのが「草野、山田、津坂が射殺された遊佐を眺めるシーン」です。いわゆる血のりの付いた遊佐が倒れているシーンで、モノローグを除いて唯一Gメン達と遊佐が同じ画面に現れるシーンです。ちゃんと顔のアップもあって、これが別人ならよっぽど似た人がいた事になりますが、平凡スタアの各キャストの集合状況の記事とあわせると、やはりあのシーンは関屋の殉職シーンと同じ日に撮られたのかなという感じです。しかし宣伝用の写真が後姿しかないこと、倒れたシーンのアップもサングラスとヘルメット姿で素顔ではないこと、それとマンションまでスクーターを運転してきた郵便局員がいますが、役者が撮影中に転倒事故を起しては困るとスタントマン等を使ったかもしれず、そうなると「第二の郵便配達員」が存在した可能性も否定できません。いずれにしても27年前の裏側のシーンでは我々の想像はこれが限界です。あとは「現場にいた人のみが知る」事であります。

>吹雪一郎さま
遊佐の拳銃の情報ありがとうございます。シナリオで拳銃を組み立てるシーンに「モーゼルにホルスターを装備しカービン銃に仕立て上げ」とあります。

生か死か? 投稿者:吹雪一郎  投稿日: 1月 6日(月)19時05分05秒

あけましておめでとうございます。
私も改めて33話のラストシーンを見直してみましたが、
かなり微妙〜ですねぇ。ただ遊佐の撃った弾が窓に当たる前に雅代さんは
響刑事に窓から引き離されています。その後響刑事が覆い被さるように伏せているので
あの場合、当たるとすれば響刑事に当たっている可能性の方が高い訳で雅代さんが無事
であると考えるのが妥当かと・・・割れたガラス越しに雅代さんが映ったシーンですが、雅代さんの動きが微妙ですね、どちらにも採れる感じもしますが、長かった恐怖と緊張から解放された場合あのように実際動けずぐったりとなるのではないでしょうか?(私個人の考えですが。)

あと遊佐の拳銃ですが、モーゼルと呼ばれていましたがアップで見る限り「ルガーP08」の銃身長の長いやつですね。たしか・・・「アーティーラリー」だったか「キャルバリー」だったと思いますが・・・

改めて、#33ラストを観なおしてみました。 投稿者:木林森  投稿日: 1月 6日(月)00時42分45秒

初めてここを訪れた私の問いかけに対して、たくさんのご意見ありがとうございます。
人それぞれに、見方、解釈があるなと改めて思わずにはいられませんでした。
さて、疑問を投げかけた本人として、Gメン#33のラストを数回観なおして、
改めて画面上での雅代さんの生存を確信したのですが、なぜそう思ったのか、
先日の書き込みでは充分に伝えられなかったことや気づかなかったことなどを
書かせていただきます。
管理人さんが総括的な書き込みをされた後でもあり、今更のようで恐縮ですが、
決して強要ではなく、このような捉え方もあるんだな、と読んでいただければ幸いです。

T 遊佐が発砲した瞬間
遊佐が最初に発砲したとき、響刑事は覆いかぶさるように雅代さんをかばっています。
さらなる数発の発砲の後、響刑事は屋上の方向をにらみつけるように見ていますが、
これは遊佐のいる場所を確認したのではないかと思います。
この時、両者とも当たったようには見えず、また悲鳴などの声もありません。
響刑事に、この時雅代さんを気遣う余裕がなかったようにも見えません。
当たっていれば、「雅代さん!」というような言葉があってしかるべきだと思います。

U 響刑事が屋上に現れた理由
関屋警部補と遊佐の撃ち合う銃声を聞き、雅代さんの体の無事を確認した上で、
遊佐が死亡したか、雅代さんが助かったかを確認するためではないかと思います。
先ほど書いたとおり、どこから撃ったのかわかっていると思われるので、
他の刑事より極端に遅くなることはないと思います。
黒木警視たちと同時なのは偶然としか言いようがないのですが。
本来は、ボヘミアンさんの仰るように、それでも響刑事はその場に留まらなければ
ならないのでしょうね。それでも、現在のように携帯電話等の連絡方法がない以上、
あえて屋上へ確認に向かってもおかしくはないのかなとも思います。

V 雅代さんのラストカット
響刑事にかばわれた後、一人で伏せている雅代さんですが、
思ったよりも大きく動いています。(特に手)
何度か見るうちに、どこかしら安堵している表情にも見えてきたのですが…
これは私だけかもしれませんね。
できるだけ「画面上の事実」だけで考えたいのですが、「演出」として一点。
撃ち合って倒れたときには遊佐の上着の前が閉まっていたのに対して、
Gメンたちが屋上に駆けつけたときには上着の前が大きく開いていて、
白いシャツが血に染まっているのがはっきりわかります。
これはミスではなく、関屋警部補が倒れたときに背後の壁に血が付いているのを
効果的に見せるため、関屋警部補だけでなく遊佐にも弾着を行わないために
とられた演出だと思います。
もし雅代さんに弾が当たっているのなら、やはり流血が見られるのではないでしょうか。

最後に。
雅代さんが死んで関屋警部補が遊佐を射殺して生き残っていたら、
Gメンのいわゆる「通常編」みたいですね。
ですから、最初観て雅代さんの生死がわからなかったときに、どちらでもアリだなと
思いました。(再度観たときに、はっきりさせたくなったのですが)
そこで気づいたのですが、このエピソードは、「通常の捜査でも常に抱えている危険」が描かれたことが大きいと思います。
他の事件でも、常に殉職の怖れは充分にあったんだな、と。
#33視聴後、たまたま#14「マフィアの招待旅行」ラストの正面での撃ち合いを観て
特にそう思いました。それぞれを比較して違うところはいろいろ見つかるかも
しれませんが、これはまた別の機会に…。
あくまでも、関屋警部補は今回の事件が特別ということではなく、
いつもと変わらない捜査を行っていたのではないかと思っています。
一面識もない人を守るため、凶悪犯を捕らえるために。


長々と失礼しました。
次回は、また新たな話題でお邪魔したいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。

Gメンの奥深さ・・など 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 5日(日)23時20分13秒

>蘭々さん
 はじめまして。『キイハンター』は私も幼少のとき(小2〜6)にはまった作品で、親と良く
 観ていました。『キイハンター』の意味がわからず勝手に『こくさいけいさつ』だと解釈して
 いましたが、親に『鍵の狩人』や・・と言われてますますわけがわからなくなったことを昨日
 のことのように覚えています。(^^;)蘭々さんも土曜9時のシリーズを続けてご覧になられて
 ましたでしょうか。『アイフル大作戦』の最終回を見逃してしまい、『バーディ大作戦』の
 新番組予告がどのようなものだったかわかりませんのでご存知でしたらご教授いただけますと
 嬉しいです。これからも宜しくお願いします。

>ロメロ警部さん
 No.54「密航船」のラストもご覧になられる方によってはさまざまな解釈ができるシーン
 でした。全てをさらすのではなく視聴者の感性に委ねたり、作品が言わんとすることを
 考えさせるような観終わった後の余韻がGメンの面白さでしたね。

33話撮影の検証 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 5日(日)22時48分35秒

>珪一さん
 そうですね。私が撮影所で拝見させていただいた時も、臨機応変にシーンやセリフの変更が
 ありました。シナリオの決定稿と言えども撮影現場で協議されてシーンの削除や追加も
 ありました。

>シャーロック・ホームズさん
 私の手元にある番宣写真、雑誌に掲載されているスチール写真では原田さん、溝口さんの
 明確な現場共演シーンはありませんが、ノベルズ2巻にあるスチール写真には溝口さん
 の後姿と撃たれて拳銃を落としながら崩れ落ちる原田さんのコマ送り3カットがありますね。
 (後姿なのでスタッフの方が化けていらっしゃる可能性もアリ?^^;)
 
 【原田大二郎はなぜ殺されたか?】掲載スチール写真コメント引用と(私の解説<敬称略>)
 ●記事には溝口さんの登場シーンの明確な紹介は無し。
 @凄絶!断末魔の最終シーンに仲間はただ呆然
 (P114〜115倒れる寸前の原田最大の写真:左側背景に血のり)
 A冷たい北風の中、岡本富士太らロケ隊一行を見守る団地ファン(P114藤木、岡本、団地奥様)
 B倉田保昭は白いベンツに乗って現われた(P116ベンツに倉田)
 C原田大二郎は豆ファンのサイン校正にタジタジ(P116原田と団地奥様、子供4人)
 D拳銃で撃たれて・・・(P116@の正面から撮った原田)
 E14階建ての高層アパートの屋上にカメラを持ち込んでの撮影
  (P117屋上を給水塔から見下ろすカット:ヘルメット姿の溝口、スタッフ11名)
 F子供部屋で着替えする岡本富士太(P118スタッフ2名、岡本、藤木)
 G珍しいヒゲの持ち主・藤木悠(P118ヒゲを引っ張る藤木)
 H死を前にした原田をかこんで談笑中のGメンたち(P119原田、藤木、岡本、倉田)
 I出前の親子丼をパクつくGメンたち(P120スタッフ、岡本、藤木、倉田)
 その他Gメンルームでの写真2点、イラスト1点ほか

 シナリオの日時に記事の内容を加え整理してみますと・・・
 19日:関屋殉職シーン(記事では圭子が既にいて、草野、山田、関屋、夏木、黒木の順に
     到着とのこと)
     ●藤木さんらが集結した時遅い昼食を取る藤田さんのコメントがあるため午後の集合
      と思われます。殉職シーンは15時予定。
     朝8時〜学校帰りの時刻まで・・雅代の部屋のシーン(圭子、津坂、山田、倉田)
     ●藤田さんは朝から撮影され、その他の方は午後に合流と思われます。
 20日:正午〜20時・・34話Gメン部屋セットでの撮影
     ●シナリオでは団地での圭子と雅代のシーン、屋上での遊佐のシーンなので
      藤田さんは夕刻から合流でしょうか?
     20時〜深夜・・33話冒頭シーン(関屋、津坂、山田、黒木、小田切、草野、圭子)
     ●仕事打ち上げの乾杯シーンですが、記事では33話の最終シーンと記されています。
      間違えなければ、シナリオの21日撮影分は早い時期に日にちが変更された
      可能性もあります。

>ボヘミアンさん
 Gメンでは視聴者に判断を委ねる描写も多々有り、雅代の生死も真相は正に視聴者それぞれ
 の感じたままが答えなのかもしれませんね。
 私は今まで「生」と思っていましたが、再度見直してみると「死」も捨てきれないと思えて
 来ました。   
 
  

やはり33話は金字塔 投稿者:ロメロ警部  投稿日: 1月 5日(日)21時54分33秒

シャーロック・ホームズさんが入手された資料も加わり、
45分間の作品で、ここまで奥深く、熱く議論できるのは素晴らしいことだと思います。
雅代の生死に関しては、私も「関屋のおかげで助かったんだなぁ」というのが正直な印象です。
でも観る人ごとの世界観や、裏側に対する想像があっていいと思います。
それだけの幅広さが、Gメン作品にはあると思います。

はじめまして 投稿者:蘭々  投稿日: 1月 5日(日)21時00分22秒

初めてお邪魔します。キイハンターの頃は幼稚園児でしたが大好きで
キイハンターごっこをしてました。私が当時好きだったのは川口浩さんでした。
今思えば実に渋い趣味だと思います。
Gメンは大好きで私が初めて買ったレコードはGメンのLPでした。
Gメンの中では岡本富士太さん,原田大二郎さんが大好きでした。
当時平凡スタアという雑誌によくGメンのロケのことなど載っていたので
よく買っていました。原田さんがロケ中に車の中で愛息虎太郎くんのオムツを
替えていたことなどが載っていたのを今でも覚えています。
原田さんがお休みされていて予告で原田さんが出るのを見たとき、親が呆れるほど
喜びの涙を流しました。でもそのあとすぐ殉職になりもっと涙したのですが・・・。
千葉裕さんのことずっと気になってました。今日謎?がとけて嬉しく思ってます。
またこちらにお邪魔させてください。

追記 投稿者:ボヘミアン  投稿日: 1月 5日(日)17時37分15秒

度々すみません。

>そのあとで響刑事が関屋警部補のところに駆けつけたこと

これは私は決め手にならないと思います。
響刑事は雅代が助かったにしろ、まだ安全が100%確証出来ず放心状態の雅代を放り出して1分程度の時間で関屋の所に駆けつけるのは難しかったと思います。
雅代の生死に係わらず職務上、響はあの場所にしばらくは留まらなければならなかったと思います。
なのに関屋絶命の瞬間に響が屋上にいたのは矛盾していますが、そこはドラマの世界、やはり絵的にGメン全員が揃わないと様にならないからだと思います。

雅代の生死に関する主観的考察 投稿者:ボヘミアン  投稿日: 1月 5日(日)17時23分02秒

みなさんこんにちは。33話の雅代の生死について、「生」という意見が多いようですね。
あくまで個人的見解ですが、私は「死」を推したいと思います。

雅代がうつぶせになって倒れているカット、確かに微かに動いて息をしているように見えますが、通常拳銃で撃たれた場合、頭を破壊された以外は瞬時に絶命する確立は低いです。従って撃たれた直後息をしていても不思議でないはずです。
さらに雅代役の女優が演技のミスで微かに動いてしまったが過密スケジュールの為取り直す時間がなかった可能性も考えられます。

更に、もし響刑事が雅代を避けさせたなら、響刑事が雅代の上になって倒れているかもしくは雅代を抱きかかえているシーンがくるのが自然ではないでしょうか。
雅代が助かった事を描くのであればあんなに紛らわしく倒れているシーンではなく響刑事に抱きしめられたりしてはっきりと安がわかるようにするように思うのですが。

更に、雅代の部屋に銃弾が撃ち込まれてから関屋が遊佐と相撃ちになり絶命するまでの時間、1分もないと思われます。もし雅代が助かったとしても響刑事が雅代を放って関屋のもとへ急行したとは考えにくいのですが・・・。

以上の点から、脚本では雅代は間一髪助かり主人と再会したとなっていたが、関屋の最後のシーン同様、直前に死んだ事にしたのではないでしょうか?

私としては関屋が正義の為若い命を散らしても尚、雅代は死んでしまった方が、いかにも救いようがなくGメンらしくて良いと思います。その方が関屋の殉職の悲劇性が強調されると思います。

以上はあくまでも私個人の意見であり、不愉快に感じた方もいらっしゃいましたらお詫び申し上げます。

最後にあの二人は… 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 5日(日)15時22分03秒

>KAJITA巡査さま
やはり33話のラストは編集の賜物だったのですね。ドラマというのは役者、監督、スタッフのほかにもこういった「編集」などの撮影後の仕上げの部分にも大きなウエイトがあるのでしょう。
そんな事を考えているうちに、私はある大きな疑問にぶつかりました。
それは関屋と遊佐、というより原田大二郎さんと溝口舜亮さんは一度も顔を合わせていないのではないか?ということです。あの最後の銃撃戦のシーンで二人は初めて顔を合わせるのですが、この時関屋と遊佐が「一つの画面」に一緒に映っているシーンがないのです。シナリオの撮影日メモによると関屋が最後に倒れるシーンが撮影されたのが12月19日、遊佐が郵便局員に化けて団地に潜入するシーンが撮影されたのが12月20日です。つまり関屋が拳銃を撃つシーンと、遊佐が拳銃を撃つシーンは各々別の日に撮影され、後で編集してあのラストを創り出したのではないでしょうか?撮影日メモにはこの銃撃戦「シーン109」の撮影日が記入されていません。つまりこのシーンは編集で作られる事が既に分かっていたのではないでしょうか?あの壮絶な最期の銃撃戦で、実は双方とも相手の顔を見ていなかった!?もしこれが事実ならどえらい事です。双方の芝居がきっちり出来なければこのシーンが成立しませんし、またどちらかの日に天候が崩れていたらそれまでです。そこまで計算してあのシナリオが作られたとしたら本当に大したものです。あくまで私の想像で何の根拠もない事ですので間違っていたらスミマセン!〔原田さんと溝口さんがいっしょに映っているシーンやスチール写真が存在したらこの想像はそれまでです〕

>珪一さま
シナリオご感想ありがとうございます。私も台本片手に33話を見てとても興奮しました。何よりも画面に出ている役者さんやスタッフの方がこれと同じ台本を持って撮影していたかと思うと感無量です。

第33話 投稿者:珪一  投稿日: 1月 5日(日)12時58分55秒

>シャーロック・ホームズさん
何日もの台本からの書き込み、どうもありがとうございました。
私も1日遅れの昨日、33話を再見致しました。
これもシャーロック・ホームズさんの書き込みがなければ、見なかったと思います。

再見とホームズさんのカキコを読んで思ったのは、シナリオは素晴らしくとも、
映像における躍動感、スピード感だけは、シナリオだけでは描ききれず、現場スタッフと
俳優が共同で工夫して、撮影現場で盛り上げていったのだと思います。

皆様
33話のラストで、話題になっている「雅代の最後」ですが、
私も台本は別としても、テレビでのシーンは雅代は撃たれていないと思います。
銃弾がガラスを撃ち破る寸前に響刑事が避けさせていますし、雅代の姿も撃たれた様子が
ないこと、そのあとで響刑事が関屋警部補のところに駆けつけたこと。
等々の状況証拠もありますが、加えて、

この作品のテーマとして「関屋警部補は、市民をまもるため自身を犠牲にして散って行った」
ということだと思います。
つまり雅代が死んでしまっては、関屋の死もインパクトが低下してしまいます。
ということからも、雅代は助かっていると思います。

最期の瞬間の一文 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 5日(日)02時46分59秒

>シャーロック・ホームズさん
 関屋警部補の絶命シーン。おそらく編集段階でのシーン決定と思われます。壮絶なる銃撃戦は
 正に関屋発砲シーン、遊佐発砲シーンを細切れにカットし編集した賜物ですし、絶命する
 最後のシーンも編集段階でもかなり意見交換されたものと思われます。
 また関屋警部補殉職シーンは、女性誌記事『原田大二郎はなぜ殺されたのか?』によると
 リハーサルを含め何度もテストされたという記載があります。
 (・・原田は凶弾に倒れるシーンを繰り返し繰り返し練習する・・)(・・頭から前のめりに
  一回転するたびに砂ぼこりが舞い上がり、・・)(・・原田は一回転して、コンクリートの
   床に倒れた。「OK!」・・)
 そして目を見開いたまま絶命している関屋の番宣写真。演じる側、制作側が最後の最後まで
 最高の作品を作ろうとしたこだわりが感じられます。
 改めて関屋殉職シーンを見直してみるとその奥深さに脱帽せざるを得ません。

あれから一日… 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 5日(日)01時17分30秒

>荒間宗介さま・ひろさま・関屋二郎様・ボヘミアンさま・木林森さま・ポーリーさま・早坂警部補さま〜台本の感想ありがとうございます。こちらも寝不足を押して書き込みをした甲斐がありました。

ところで今懸案になっている「雅代の最後」ですが、たしかにあれは紛らわしいシーンですね。私も最初見たとき「撃たれたのか?」と思いました。でも雅代は傷ついておらず、息もしているので助かっています。ちなみにシナリオではこうなっています。

シーン110 高層団地・雅代の部屋
帰ってきた早川に物も言わずしがみつく雅代
事情を知らない早川は、一瞬吃驚するが強く雅代を抱きしめる。

これですと、主人があれだけの銃声を聞きながら何も知らずに帰ってくるのは少々不自然ですね。早坂警部補さまがおっしゃるように、あの呆然としている様子の方が演出効果がありますね。先にも述べましたが、シナリオでは雅代はあんまりうろたえていないのです。この作品をリメイクした「女の裏窓24時間」がこんな感じではなかったかと思いますが、どうだったでしょうか?

それからもう一つ、関屋の最期の瞬間にあるこの一文を気にしている方も多いのではないでしょうか?

「カッと目を見開いたまま絶命している関屋-」

ご存知の通り、本編では倒れた瞬間にストップモーションになって字幕が出て終わりになっていますが、当然あのシーンは完全に倒れてしまう所までカメラは回っていた筈です。さらに私は見たことがないのですが、倒れた関屋を眺めるGメン達のスチール写真があると聞いています。それらを推測するとこの「カッと目を見開いたまま絶命している関屋」のカットも撮られていた可能性は高いです。これらを合わせるると、当初考えられた最期のシーンはあの「津坂刑事の殉職シーン」に近いものだったのではないでしょうか?津坂の場合、犯人と相撃ちになり〔この編の描写も「雅代」の場合と同じで微妙です〕全弾撃ちつくした後、駆けつけたGメン達の前で崩れるように材木の上から落下、絶命した津坂の姿とそれを眺めるGメン達の姿で終わっています。これをそのまま関屋のシーンと重ね合わせると「なるほど、こういうシーンもありかも」と思えてきます。現場のディスカッションなのか、あるいは編集段階でなのか分かりませんが、私が想像するに、編集の際に、倒れるシーンをGメンお得意のストップモーションを掛けて「これだ!」と思って採用したのではないでしょうか?

最後に1月3日分の撮影日メモを記しますが、これもよく見てください。

シーン74・黒木がGメン部屋で呟くシーン・12月16日
シーン76〜77・79・関屋と草野がパチンコ屋で安岡を逮捕し、取調べをする
一連のシーン・12月21日
シーン80,81・関屋と草野がきさらぎ荘のドアーを蹴破り、部屋に踏み込む
一連のシーン・12月16日〜17日
シーン87・関屋が高島平でGメン達に指示を出すシーン・12月17日
シーン88・97雅代の部屋での雅代と響刑事の一連のシーン・12月20日
シーン94・96・102・郵便局員に化けた遊佐が団地に潜入し、屋上で拳銃を
セットする一連のシーン・12月20日
シーン111・関屋が凶弾に倒れる最期のシーン・12月19日

そうなんです。安岡を逮捕し取り調べるシーンは関屋が殉職した後に撮影されているのです。つまり関屋は死んだ後も〔!?〕捜査をしていたのです。ドラマの撮影はスケジュールの事もあってシナリオ順に撮影はされないので、こうなったのでしょう。例えば遊佐が屋上で拳銃を組み立てるシーンと、関屋と撃ち合うシーンは別の日になっています。考えてみると関屋と遊佐はあの瞬間まで顔を合わせていないので、関屋のいないシーンは別の日に撮影し、原田さんのスケジュールに合わせて最期のシーンが撮影されたのではと思います。また関屋と草野が遊佐の潜伏先の部屋のドアーを蹴破るシーンと踏み込むシーンが別の日になっているのは、あれが別々の場所だった可能性もあります〔実在の部屋のドアーを蹴るわけにはいかなかったのかも〕もっともこの日付けが正確なものだったかは確証がないので、間違っていたらお詫びいたします。

以上、5日間に渡ってお送りした「関屋殉職編」シナリオ紹介はこれでひとまず終了します。本当に長い書き込みにお付き合い頂き、ありがとうございました。他にもまだ36冊ものシナリオがありますのでまたいつか紹介したいと思います。

あけましておめでとうございます! 投稿者:KAJITA巡査(ビル管理人)  投稿日: 1月 5日(日)00時34分22秒

>吹雪一郎さん、YOUさん、関屋二郎さん、シャーロック・ホームズさん、
 ロメロ警部さん、チャボ&飛鳥さん、荒馬宗介さん、珪一さん、ボヘミアンさん、
 早坂警部補さん、セツ子さん、関屋警部補さん、ふじともさん、木林森さん、
 ボーリーさん、私の不在中にご訪問いただきました皆様

 あけましておめでとうございます。小田切警視の指揮の下、麻薬の水際撃滅作戦ではありませ
 んが、Gメン関屋警部補よろしくしばし欠場してしまったご無礼をお許し下さい。(_ _)
 今年一年はGメンファンの皆様(キイハンター等のファンの皆様も含め)のお声を作品同様
 記録して行けるようがんばります。そんな思いも込めまして、今年初の更新は『過去ログ
 資料室』とさせていただきました。
 また、チャボ&飛鳥さんとも昨年お話しましたが、Gメン制作に携わられたある方とのオフ会
 も実現できたら・・と打診中です。毎年年賀状をいただいておりますが、今年のお言葉に一縷
 の望みを託しています。(まだ詳細をご報告できる段階ではないことをお許し下さい)
 皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

>シャーロック・ホームズさん
 関屋警部補命日に正に新春特別企画!資料性に富むご紹介、本当にありがとうございました。
 私も遅ればせながら本編と見比べながら堪能させていただきます。これからもご迷惑で
 なければぜひご紹介いただけますと嬉しいです。

>YOUさん、荒馬宗介さん
 健康GメンのCM、私はラストのみの拝見です。。CM制作者はGメンファンに違いない
 と確信しています。(^^;)

>木林森さん
 はじめまして。私もたまにオークションでシナリオを発見しますが、なかなか勝てません。
 でもGメンを大切に思って下さる方が入手されると嬉しく思います。
 これからもどうぞよろしくお願いします。


#33
 投稿者:早坂警部補  投稿日: 1月 4日(土)23時05分01秒

33話のラストについてですが,私も初めて見たときには,雅代は生きていて,放心状態だったと思っていました。(関屋二郎さんの仰ったとおりの理由です)しかし,ボヘミアンさんの感想を拝見してみてみると、なるほど,そのようにもとれるような気がします。Gメンの中で撃たれた人はなかなか助かりませんからね・・。
 シャーロック・ホームズさんのシナリオの紹介を拝見した後、改めてノベライズ本を見てみました。本は本編よりもシナリオに近い感じがします。219ページ(第4刷)の白黒反転の関屋が拳銃を落としそうなシーンも本編ではなかったと思うのですが・・・撮影から放映まで相当熱のこもったやりとりがあったものと想像できます。
本編では、何が起こったのかわからない雅代の夫が立ち止まっているシーンが関屋の殉職を一層悲しくしていたと思ったのですが、シナリオ通りだったら全然違ったものになっていたのでしょう。正月休みにあらためてGメンの凄さを思い知らされました。 

第33話のラスト 投稿者:関屋二郎  投稿日: 1月 4日(土)20時25分52秒

KAJITA巡査さん、皆さん、今晩は、
千葉真一さん主演で人気を博した『影の軍団』が、映画でリメイクされるそうです。
今回も「CGを使わず、身体をはったアクションを見せる」との事で、千葉さんの映画に賭ける意気込みが伝わってきます。
ちなみに『影の軍団W』(85年)には、范文雀さんが「お才」役でレギュラー出演していました。
今でも根強い人気を誇る『影の軍団』シリーズ(全119話)…。これを機に、是非DVD化をお願いしたいところです。ファミ劇で放送されるプリントは赤茶けていて、予告編も無いので…。
>ボヘミアン様、木林森様
『Gメン』第33話のラストについてですが、私も木林さん(はじめまして)と同様、雅代は生きていると感じました。理由は@響刑事が彼女を窓から引き離した後、弾が命中した描写は全くありませんし(関屋が屋上に駆けつけなければ、彼女が致命傷を負った可能性は極めて高いですが)、
Aうつ伏せになった雅代が怯えながらも、息をしているカットが存在しますので。
そういえば、関屋警部補と雅代が対面するシーンは、劇中には無かったですね。それ故に「一般市民を凶悪犯から守る為に、若い命を散らす」という悲劇性が高まったのだと思います。

http://sports.nifty.com/headline/entertainment/20030104_3.htm

明けまして・・ 投稿者:ボーリー  投稿日: 1月 4日(土)18時15分28秒

少し明けすぎてしまいましたが・・今年もよろしくお願いを・・
33話の完成品とシナリオの違い、なるほどナと拝見させていただきました。
現場のディスカションの賜物で演出がヒートアップしていったという感じでしょうか?
今年はなんだかの形で「Gメン」のソフト化されればうれしいかぎりですが。
ブックレットや映像特典付きで(笑)

はじめまして。 投稿者:木林森  投稿日: 1月 4日(土)01時09分06秒

はじめまして。こばやししんと読みます。Gメン初心者ですが、よろしくお願いします。

さて、私も1月3日に33話を再見しました。
その後ここを覗いたのですが、さきほどのボヘミアンさんの書き込みを見て
疑問に思いましたので、書き込ませていただきました。
というのは、ラスト、雅代さんは生きてるのではないでしょうか?
倒れたままでも息はしているぐらいに動いていましたので、
まだ身動きできるところまでは精神的に回復していないまでも、
無傷ではあったと思います。
もし死んだ、あるいは弾丸が当たっていたなら、
響刑事はその件の連絡に追われ、その場を離れられなかったと思います。
雅代さんが無事だったので、屋上へ黒木警視たちとともに到着できたのだと
私は解釈しました。
初見時には私の中でも生死どちらかわからなかったので、
再見してこのように確信したのですが、
みなさんはどのようにお考えなのでしょうか?
教えていただければ幸いです。

ps.台本の入札、私も参加していました。良い方に落札されて良かったと思います(^-^)

名作誕生の過程に触れて… 投稿者:関屋二郎  投稿日: 1月 3日(金)23時41分59秒

>シャーロック・ホームズ様
関屋警部補殉職編のシナリオ解説、本当に有難うございました。特にクライマックスでは、ホームズさんの卓越した洞察力が、パソコンの画面からビンビンと伝わってきました。
仰る通り、第33話は脚本・音楽・演出・演技が渾然一体となって生み出された傑作だと思います。
凶悪犯に対する怒り・団地の住民への配慮・安岡を吐かせる手段など、関屋のキャラクターを最大限に膨らませた鷹森監督の演出には脱帽です。前回も書きましたが、「凧糸が切れ空の彼方に…」という高久氏のト書きも象徴的ですね。
関屋警部補の最後の激走を盛り上げたBGMは、第34話以降ほとんど使用されなくなりました…。逆にそうであるが故に、私達はこの曲を「関屋のテーマ」として認識しているのですよね。

最後になりますが、関屋一郎警部補の命日に、このような素晴らしい解説をして下さったシャーロック・ホームズ様。本当にありがとうございました。




33話シナリオ 投稿者:ボヘミアン  投稿日: 1月 3日(金)23時40分36秒

シャーロックホームズ様、貴重な台本GET、おめでとうございます。内容公開してくださって有難うございます。
私も関屋警部補の27回忌にちなんで33話を見ました。
台本と相違箇所がかなりあるようですが、台本でも雅代が死ぬ事になっているか教えてくだされば幸いです。
通常のドラマだとあそこで雅代が死ぬことはまずないと思います。主人と式を挙げめでたく終わるパターンですが、やはり遊佐に撃たれ死んでしまうところがハードボイルド・Gメンの魅力だと個人的には思います。

丹波ボスの新聞広告 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月 3日(金)23時15分49秒

 本題の前に…
 >シャーロック・ホームズさん
 第三十三話の台本検証、遅ればせ乍ら私からもお礼申し上げます。もう一度本編を見直してみたいと思います。
 ところで、今日の地元紙朝刊に丹波ボスの広告が1ページ全体に大きく出ています。日曜の昼に流れているあのコマーシャルの会社の広告です。ニンマリしながらお茶をストローで飲んでいます。皆さんは御覧になったことがありましたか?

そして、運命の日…モノローグ1976年1月3日 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 3日(金)22時39分00秒

じっとスクーターを見ている関屋
関屋のN「郵便配達員が入ったまま出てこない。どうしたんだ?」
〔中略〕
スクーターを睨みつけている関屋。
関屋のN「奴はまだこない!」
関屋の脳裏に閃く遊佐の顔。
ハッとなった関屋、向い側の建物めがけてダッと突っ走る。
それを見てとった草野達も駈け出す。

〜第33話 シーン98・101「高層団地の広場」より〜

遊佐の企みを見破った関屋は、自分を待ち受けている運命を知る事なく、猟犬のように突っ走って行きます。今までの3日間はシナリオにはあるのに本編でカットされたシーンが多かったのですが、この1月3日のパートはその逆でシナリオにはないシーンが本編に多数出てきます。それを踏まえた上での相違点の検証です。

>遊佐を匿った安岡の取調べシーンで、関屋は本編では拳銃を撃って脅すが、シナリオでは安岡の頬を殴って吐かせる。

>「正月の生活を乱さないように解決しろ」という黒木の命令を関屋がGメン達に伝える台詞はシナリオでは関屋のナレーションになっているが本編では関屋自身が語っている。

>関屋が雅代の部屋の響刑事に注意を促す電話を入れるシーンは、シナリオにはない。

>雅代の主人はシナリオではバスで〔12時着という設定〕帰ってきて、バスを降りるシーンもあるが、本編では普通に歩いて帰ってくる。

さてここから「最期のシーン」を左右させる重大な相違点が出てきます。

>関屋がスクーターに気付いて高島平団地を捜索するシーンはシナリオには一切ない。

>雅代はシナリオでは本編のように遊佐に怯えておらず、逆に主人の帰りを楽しみにしているような雰囲気で、何と迎えに行く為に化粧までしている。なので本編のように取り乱す雅代を響刑事が「落ち着きなさい!」とたしなめるシーンもシナリオにはない。

驚きました。関屋がスクーターを発見し「関屋のテーマ」をバックに高島平団地を疾走する、あの2分30秒ものシーンはシナリオには全くないのです。ではスクーター発見から銃撃戦まで具体的にどうなっていたのかというと、

@関屋がスクーターの異変に気付き、突っ走る。
A遊佐がスコープを覗く
Bバスが停まり、雅代の主人が降りてきて、雅代が窓から手を振る。
C遊佐がモーゼルの引き金を引こうとする。
Dスコープの光に気付いた響刑事が雅代を突き飛ばす。
E遊佐が発砲し、花瓶が砕ける。
Fさらに乱射しようとする遊佐の所に関屋が飛び込み、双方の銃が火を噴く。

どうでしょう。@〜Fまでの間、関屋の出てくる場面がないのです。スクーター発見の次がいきなり銃撃戦になっているのです。もしこのまま映像化されていたらあのような緊迫感に満ちたシーンになっていたでしょうか?恐らく当初は脱獄した男の復讐劇+関屋の殉職として撮影していたのが、作品が出来上がっていくにつれて関屋の華々しい最期を描いていく方向にシフトしていったのではと考えられます。序盤の細かい描写はカットし、シナリオになかったクライマックスへの演出を強化していったのではないでしょうか。主人の帰りを楽しみにしていた雅代を極限まで追い込むようにしたのもその為かもしれません。また編集段階でもかなり手を加えているかもしれません。

さらに関屋が遊佐への怒りをより強くする為に、こんな台詞の変更もされています。

シーン88「Gメンの部屋」より

シナリオでは…
黒木「遊佐は狂犬だ!」
関屋「狂犬?」
黒木「狂犬には真直ぐな道しか見えない。
その道の行き着く先には奴が命を狙う女がいる」

これが本編では…
関屋「黒木警視!」
黒木「遊佐は狂犬だ!」
関屋「狂犬を野放しには出来ません!」
黒木「狂犬には真直ぐな道しか見えないんだよ。
その道の行き着く先にはだな…奴が命を狙う女がいる」

ご覧の通り、たった一ヶ所台詞のニュアンスが違うだけで、こうも雰囲気が変わるのです〔丹波御大の「○○にはだな…」という独特の言い回しも効果絶大です〕どんなに素晴らしい台本でもそれを生かすのは演じる役者であり、演出する監督であり、またスタッフなのです。そのような作り手の作品に対する熱い思いが結集したからこそ、このような素晴らしい作品になったのだと改めて感じました。27年前に散った一人のGメンの物語を振り返って見ました…


 給水塔に凭れていた関屋の体がガクンと崩れ折れる
 カッと目を見開いたまま絶命している関屋-
 字幕「1976年1月3日正午・殉職・関屋警部補」

                      END

PS・撮影日データーなど、まだまだ興味深い事がたくさんありますので、また後日書き込みします。4日間に渡る書き込みにお付き合いをして頂いた皆様、本当にありがとうございました。またレスを頂いたロメロ警部様・早坂警部補様・セツ子様・関屋警部補様・ふじとも様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

  

謹賀新年 投稿者:ふじとも  投稿日: 1月 3日(金)22時09分19秒

KAJITA巡査さま、みなさま
 新年好!(明けましておめでとうございます)
 昨年もみなさまの貴重な情報等、大いに楽しませていただきました。
 本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(--)m

シャーロック・ホームズさま
 昨年はレコード「心影」やシナリオと、大変貴重な物をゲットされまし
たね。書き込み作業が大変だと思うのですが、それらをご披露して下さっ
て、ありがたく拝見しています。 

Gメンファン全員にとってよき年となりますように。 投稿者:関屋警部補  投稿日: 1月 3日(金)20時31分25秒

>管理人さん・皆さん
新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
1月3日。今年もまたこの特別な日がやってきました(笑。複雑。)。
昨年は念願叶って、ファミ劇で「関屋編」の再放映が実現!
ただ、私自身の仕事が忙しく、皆さんとこちらの掲示板で熱く語り合う機会を持てなかったのが
残念です。(時折、拝見はしていましたが・・・。)

今年は皆さんと願いは1つ。ファミ劇レギュラー放送の復活!若林豪さんや森マリアさん達の活躍、期待しましょう。
私的には新たなGメンBGM集の発売。厳しい現状ではあるようですが、昨年仕事でキツイ状況の時、「関屋のテーマ」が何度私の中で鳴り響き、頑張れた事か(笑)。
この初期のクライマックスを飾った名曲がまだCD化されてないのですから・・・。

今年も私自身の状況は変わらず多忙な1年になると思います。
どの位カキコして参加できるかは疑問ですが、皆さんと「Gメン」を応援していく気持ちは一緒です。
このような場を提供して下さる管理人さんに感謝の気持ちと共に一層の活躍を祈っております。
今年1年が我々Gメンファン1人1人にとって素晴らしい年でありますように!!!

>シャーロック・ホームズさん
33話のシナリオからの情報、楽しく拝読してます。今後の展開に期待大!ですね。
ファンとして嬉しい限りです。ありがとうございます。

>関屋二郎さん・セツ子さん
今年もよろしくお願いします。忙しくてなかなか参加できず悔しい思いをしております。
同じ関屋ファンとして今年も応援していきましょう!
二郎さんの多岐に渡る知識・情報には今年も脱帽させられそうですね。

賀正  投稿者:セツ子  投稿日: 1月 3日(金)12時57分03秒

  KAJITA巡査さま、皆さま
 あけましておめでとうございます。昨年9月にはじめてラウンジにおじゃましていらい、こちらで皆さんの書込みを拝見するのが楽しみになっております。
 どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。
 
 >シャーロックホームズさん
 33話のシナリオを掲載してくださいましてありがとうございます。
 年末年始と大忙しでしたが、寝る前にこれを読むと楽しくなって元気が出ました。
 セリフや背景が少し(だいぶ!?)変わるだけで印象がぜんぜん違ってきますね。
 このまま放映されてたら・・・と新年早々妄想癖が出てしまいました ^^;
  今日は関屋警部補の命日なので私も33話を拝もうと思ってます。

迎春! 投稿者:早坂警部補  投稿日: 1月 2日(木)23時40分56秒

 KAJITA巡査さん,みなさま
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 シャーロック・ホームズさん
33話のシナリオをご紹介いただき,本当に感謝しています。シャーロック・ホームズさんが貴重な資料を落札されて本当に良かったと思います。ぎりぎりまで最前を尽くして奔走するスタッフの方々の努力が良く伝わってきて,こちらまでやる気が湧いてきました。世間はお休みです,無理されないで,貴重な資料をご紹介ください。関屋警部補の命日は明日ですが,午後9時にあわせてもう一度33話の素晴らしさを味わいたいと思います。
 
 

モノローグ・1976年1月2日 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 2日(木)15時02分24秒

第33話 シーン65 Gメンビルの屋上

正月の街を瞶めている黒木
黒木のN「遊佐は姿を消した。警視庁管内全域に渡る捜査網に引っかからない。
      奴はどこにふけたんだ?」       

1月2日のシーンは遊佐が学生寮に潜伏するシーンと関屋、草野が手引きした男を捜査するシーンぐらいで長さは4分ほど、シナリオでも6ページしかなく、シナリオでも殆ど変更点はありませんが、しいて言うなら冒頭に挙げたシーンです。

>本編では朝焼けの街の風景に黒木のナレーションが出るが、シナリオではGメンビルの屋上から正月の街を眺める黒木のシーンになっている。

おそらく例の「三信ビル」の屋上からのシーンを想定してたのでしょうが、帽子をかぶった黒木警視が朝焼けの屋上に立つシーンも見てみたかったですね。

また学生寮のところに「渋谷」という書き込みがあり、この時点であの山手線の脇の道にある洋風の建物が決まったのでしょう。

そんな訳で、今日1月2日は物語の上でも「小休止」といった感じです。そして明日はいよいよ「運命の日」です!

撮影日メモ〔1月3日に編集で追加しました〕
シーン64・70-Gメン部屋で遊佐の拳銃が判明し、関屋が刑務所からの手掛かりを伝える一連のシーン・12月16日
シーン67〜69-遊佐が渋谷の学生寮に潜伏する一連のシーン・12月10日

謹賀新年-モノローグ・1976年1月1日 投稿者:シャーロック・ホームズ  投稿日: 1月 2日(木)00時30分21秒

苦々しい表情の関屋が、津坂と共にやって来る。

津坂「どうしたんですか?関屋警部補?」
関屋「なんて事だ。無期懲役の受刑者をやすやすと逃がすとは!
   たるんどるぞ、皆んな!」
津坂「…」
関屋「遊佐は、俺が見つけ必ずワッパを掛けてやる!」

  〜第33話・シーン23「廊下」〔刑務所の〕より〜

>KAJITA巡査さま・皆さま・あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。皆さんはすっかり御屠蘇気分でしょうが、Gメンのメンバーは昨日起きた「脱獄事件」の為に正月休みもありません。今日のシナリオ検証は1月1日「Gメン捜査開始」のパートです。

この33話は途中でかなり変更されたのか、編集段階でのカットや挿入が多く、シナリオと本編とはかなり異なっています。その相違点から挙げてみます。

>本編では遊佐は看守を絞め殺して脱獄するが、シナリオでは看守の頭に毛布を被せ、 鉄製のベッドに叩きつけて、鍵束を拾って逃げる。

>本編では遊佐に面会に来た男の名前は「中川貢」だがシナリオでは「落合貢」になっていて、シナリオの台詞の名前も全て「落合」と書かれている。

>シナリオでは遊佐が拳銃を隠した木の幹に×印がついていたが、本編にはない。

>ゲームセンターに遊佐から電話が掛かってくるシーン及びヌードスタジオを訪ねるシーンはシナリオでは本編よりずっと長い。

>響・津坂両刑事が雅代の部屋を訪ねるシーンも本編では警察手帳を示したところでアイキャッチが入るが、シナリオではその後にも会話がある。

>シナリオには雅代の旦那の姓が「早川」という記述がある。ちなみに雅代と旦那のツーショット写真の描写として「遊佐のようにハンサムでもなければ、かっこよくもないが、温味が感じられる」とある。

>「三年前、遊佐を捕まえるとき約束した、身の安全は必ず守る…」という件の台詞は本編では雅代が言っているが、シナリオでは黒木が言っている。

シナリオの段階では具体的なロケ場所は特定されていませんが、シーン44の雅代の部屋の描写のところに初めて「高島平」という書き込みが出て来ます〔それまでは「高層団地」とだけ記されている〕この時点で「関屋警部補の殉職場所」が決まったのでしょう。その他にも書き込まれた地名として下記の場所があります。

ゲームセンター>新宿ミノラ座
雅代が主人と腕を組んで歩いていた場所>サブナード
遊佐が奪った盗難車が見つかった現場>コマ
ヌードスタジオ>二丁目
小田切が女から手がかりを聞きだす病院>麻布病室
また遊佐が拳銃を掘り起こす所に「ハモ雪」と書かれていますが、何のことでしょうか?

最後に台本に書き込まれているロケが行われたと思われる日付けを記しておきます。

シーン19-遊佐が看守を襲うシーン・12月20日
シーン22.23-関屋と津坂が刑務所を訪れるシーン・12月9日
シーン15.22.26遊佐が夫婦の車を強奪し、拳銃を掘り起こし、警官を射殺する一連の
      シーン・12月12日
シーン28.30小田切がGメン本部に遊佐の拳銃入手の情報をもたらし、響刑事が年賀状から雅代の住所を調べるシーン・12月17日
シーン33.雅代が旦那と街を歩くシーン・12月19日
シーン35.遊佐が刑務所で落合と〔本編では中川〕と面会するシーン・12月8日
シーン39〜41.遊佐がゲームセンターに電話をするシーン・12月16日
シーン47-ヌードスタジオのシーン・12月13日
シーン57-小田切が撃たれた女から手掛かりを聞き出すシーン・12月13日
シーン60-遊佐が雅代に暴力をふるうインサートフラッシュ・12月16日
シーン44.59.61-雅代の部屋でのGメン達との一連のやりとりのシーン・12月14日

以上、1月1日のモノローグです。大変なスペースを割いてしまって申し訳ありませんが、シナリオに記されていることは出来るだけお伝えしたいと思います。宜しくお願いします。

謹賀新年 投稿者:関屋二郎  投稿日: 1月 1日(水)21時47分00秒

KAJITA巡査さん、Gメンファンの皆さま
昨年中は大変お世話になりました。仕事が辛くても、このBBSを拝見すると疲れが取れます。
今年も宜しくお願い致します。

CSの東映チャンネルでは、1月3日からいよいよ『警視庁殺人課』(81年・東映+テレビ朝日 主演/菅原文太氏)が始まりますね。伝説の最終回「さらばミスター・全員殉職」。そして毎回必ずお色気シーンを披露してくれた(^^;)「エンジェル」こと一色彩子さんの熱演も忘れられません。
『Gメン』のレギュラー放送再開は勿論ですが、今年こそ『アイフル大作戦』『バーディ大作戦』の再放送をお願いしたいものです。

(無題) 投稿者:ボヘミアン  投稿日: 1月 1日(水)17時44分39秒

KAJITA巡査さん、その他Gメンファンの皆さん
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
昨年は千葉氏のオフ会等で大変お世話になりました。

一日も早いレギュラー放送の再開、今年こそDVD発売される事を今年の願にしたいですね。

賀正! 投稿者:珪一  投稿日: 1月 1日(水)17時03分36秒

KAJITA巡査さん 皆様
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
昨年4月に、当地のケーブルテレビでファミ劇の放送が始まり、それ以来Gメン75を初め、
過去の素晴らしいドラマ群を堪能させて頂いております。

今はGメン75のレギュラー放送は中断中で、キイハンターももうすぐ終了という状態では
ありますが、今年もこのHPがますます発展し、Gメンファンが増えることを願っています。
皆様の書き込みも楽しみにしておりますので、宜しくお願いします。

賀正 投稿者:荒馬 宗介  投稿日: 1月 1日(水)15時29分06秒

 >KAJITA巡査さん、ほか皆さん
 新年明けましておめでとうございます。昨年は私の書き込みに対し、多くの方のご意見をいただき有難く思っております。今年も折りをみて書き込みをさせていただきたいと考えておりますので、まだまだ新参者ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。暇があれば、例えば、藤田三保子さんの個展や千葉裕さんのオフ会などのイベントへの参加も望むところではありますが、時間的そして距離的(東海地方在住の身)にて難しいと思われますので、催し物があった際には、皆様のレポートを楽しみにしております。

謹賀新年 投稿者:チャボ&飛鳥  投稿日: 1月 1日(水)14時13分43秒

 KAJITA巡査さん、そして皆様、新年あけましておめでとうございます。
昨年は千葉裕さんオフ会共同プロデュース、ロケ地合同捜査など大変お疲れ様でした。本年も大物スタッフオフ会(企画中)など楽しい企画をよろしくお願い致します。またご活躍を祈念するとともに楽しいホームページを今年も期待しております。

Feliz an~o nuevo 投稿者:ロメロ警部  投稿日: 1月 1日(水)10時10分08秒

明けましておめでとうございます。
今年も昨年と同様に素晴らしいGメン作品を鑑賞し、
またラウンジの場で楽しい交流をしたいと考えております。

昨日、民放で「2002年の鎮魂歌」と題し、こころざし半ばで旅立たれた著名人の小特集がありました。
その劈頭に「サインはV、サンダース役の范文雀さん」が出ておられました。あとGメン関連では室田日出男さんも。
新春ネタにしてはいささか不適切かもしれませんが、ご一報申し上げます。

シャーロック・ホームズさんの特集・「関屋殉職編の裏側」、すごく期待しています。
個人的にはまっサラな台本よりも、数倍価値があろうことかと思います。

迎春 投稿者:ひろ  投稿日: 1月 1日(水)00時48分18秒

 KAJITA巡査様、そしてラウンジの皆様。
 新年、明けましておめでとうございます。

 昨年は、未熟者な私を暖かく迎えてくださりありがとうございました。
 今年(2003年)は、『一匹狼{ローンウルフ}』完結&キイハンター結成=35周年・キイハンター解散&アイフル探偵学校開校=30周年・Gメン海外異動=20周年の記念年です。
 これからも、奥の深い近藤照男氏プロデュース作の研究に頑張ってください。

 本年も、よろしくお願いいたします。

======================================================================================================================

↑最上へ

表紙へ戻る

TOPへ戻る