メン75トピックス−がっちりスクラム若手トリオ!−
              
”型破りな刑事を演じる「Gメン75」の藤田美保子
                        倉田保昭 岡本富士太
                            −週刊TVガイド76年3月26日号より−

                          
                 資料協力:関屋二郎さま
-->


 7575    


「カラー・ワイドアングル」と称して見開き3ページの特集!

☆6人体制となって3ヶ月近くになろうとしたこの時期。4月以降も続投が決まり、人気もウナギのぼりとなった
『Gメン75』。TVガイド誌では表紙&カラー特集の記事が登場!
撮影場所は東京・大井埠頭。当時人気急上昇だった若手Gメントリオが紙面狭しと爽やかな笑顔を披露。
当時へタイムスリップした気分でお楽しみください。
なお、この号では特集記事として、<『Gメン75』キミもなれるゾ!!和製ブルース・リー ガッツスター倉田保昭の
素顔は・・・・>と題して倉田保昭氏、藤田美保子氏(現・藤田三保子)へのインタビューが掲載されています。
雑誌発売からすでに27年が過ぎ、今となっては目にすることもできないもの。
資料のご協力をいただいた関屋二郎さまへ改めて御礼を申し上げます。

★「オレたち三人寄ればこわい者なし」。
倉田保昭の草野刑事 岡本富士太の津坂刑事 そして紅一点・藤田美保子の響刑事。
「Gメン75」ではこの若手トリオが大活躍。
倉田の空手は通称”ドラゴン”チビッコに大の人気。もちろんドラマの中でもビシッときめている。
岡本は特技はないが、若さを売りものによく動いて調べまわる。藤田は女ながら柔道のつかい手
男なんかひとひねりとスゴイ。
この三人、撮影を離れても仲がいい。そのチームワークの良さがこのドラマの人気を支えている
原因のひとつだろう。


撮影/谷古宇正彦氏

                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る